スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに家族が揃いました♪

こんばんは☆
やっと雨も上がって気持ちよく晴れた日曜日、皆さまはいかがお過ごしでしたでしょうか。
我が家では久しぶりに家族全員が同じ食卓を囲むこととなりまして
おじいちゃまおススメの鉄板焼き屋さんでご馳走になりました♪
01_20150124211047058.jpg
広島焼きゅうちゃんです。京都だけど広島焼き(笑)
親しみやすい庶民感覚の外観とアットホームな雰囲気の気取らないお店です。
油が飛び散りやすい店種ですが、厨房も客席のカウンターもピカピカに磨かれていて気持ちいい~☆
ご店主さんやスタッフさんの心意気が感じられますね(^^)

バイトや外出続きでなかなか一緒に晩ごはんを食べられなかった娘も、今夜はパパの隣で
ゆっくりリラックスです💛💛💛
022.jpg

・・・・・・・・・・おや?お気づきの方はいらっしゃるかしらん。。。

実は娘、ロングヘアーをばっさりカットしました!

1ヶ月前はこんな感じでした(^^)・・・あ、もちろんほうれい線のない左の彼女ですよ~(笑)
03_20150124211049aca.jpg
高校以来のショートカットですが、以前に比べてなんだかちょっとオトナっぽくなったような気がします。
しばらくずっと髪が長かったので、後ろ姿が見慣れな~~い!ついつい2度見しちゃいますwww

閑話休題(笑)
それでは美味しいお料理の数々をご覧いただきましょう♪
04_20150124211052179.jpg
鉄板焼き系。。。左上から時計回りに、タン塩焼き、鶏モモ塩焼き、ホルモン焼き、げそ焼き
テンポよく出てくる焼き物はどれも適度な歯ごたえと旨みがあってウマウマ~☆
今日は娘が運転してくれるので、安心して生ジョッキに手を伸ばせますね(^m^)

05_20150124211053845.jpg
母のおススメ、チーズオムレツはキレイに焼き上げられてますね~☆
お箸を入れると中身はふっくらフワフワとろっとろなのだ(≧▽≦)

ウチの母はチーズ好き(笑)
06_20150124211119432.jpg
チーズポテト焼き(左)はフライドポテトとチーズを合わせてじっくりと焼いてあります。
外側のチーズがパリッパリ、中身のポテトがもっちりした新食感☆☆☆これウチでもできないかなぁ(^^)

オーソドックスな焼きそばは麺がかなり細め!香ばしく軽い口当たりで、お好み焼きと一緒に食べても
お腹にもたれないのがいい感じです💛

07_20150124211120b56.jpg
長芋のバター醤油焼きはもちろん長芋のホクホク感もメロウマなんですけれど、なんといっても
上に乗った海苔が絶妙に軽くて潮の香が効いてるんですよ~☆☆☆
薄手の海苔を1枚ずつ丁寧に炙ってあると思うんですが、韓国海苔とはまた全然違った感じです。

08_20150124211121981.jpg
こちらがメインの広島焼き💛
ご当地広島ではなんというのか存じませんが、関西で『広島焼き』といえば
薄く焼いた皮にたっぷりのキャベツを乗せて押し付けながら蒸し焼き、焼きそばと卵を重ねて
あらよっ☆とひっくり返して焼き上げたもの。
お好み焼きと焼きそばをドッキングしたモダン焼きともまたちょっと違っているんですね~。
意外とあっさりしていてとても食べやすいのはキャベツたっぷりだからでしょうか。
お腹がすいていれば女子でも1枚ぺろりと完食できそうです(^^)

〆はインパクト大のこちら!
image1_20150124232057f53.jpg
その名もブラックバニラ(@0@)
イカスミ?海苔の佃煮??・・・・・いえいえ、実は中に竹炭が練り込んであるんだとか!
お味は普通のバニラでしたが舌触りがちょっとざらっとしていて、そこは炭っぽいちゃ炭っぽい(笑)

実家の両親も交えて久しぶりの家族水入らずの食卓、大変楽しく美味しゅうございました<(_ _)>

09_201501242111225dc.jpg
昼間、ボス夫さんと東福寺に出かけてきました♪ただいま鋭意編集中でございます!
またまた長~~~~~~~い記事になるかと思いますが、よろしくお付き合いのほどを💛
スポンサーサイト

母とランチ♪

少し話は前後しますが、先週日曜日に母と一緒に出かけてまいりました(^^)
大雪に見舞われたお正月にお互い行けなかったお墓参りへ連れ立って、
そのあと、ずっと以前から一度行ってみたいと思っていたイタリアンのお店で
ランチをいただいたんです\(^▽^)/

01_2015011611342735a.jpg
タヴェルナ・イル・ヴィアーレさまです。
JR二条駅のすぐ正面にあるビルの1階にとっても洒落た感じのシックな外観が目につきます。
お昼時にはランチを求めていつもたくさんのお客さまで賑わっている様子。
夜はイタリアン生ビールやワインとお店ご自慢の生ハムを中心に本格イタリアンを気軽にいただけます。
02_20150116113430bc1.jpg
こじんまりとした店内にカウンター席と中央に大きなテーブル、厨房はピカピカに磨き上げられていて
シェフとホールスタッフの男性2名で切り盛りされています(^^)

ランチメニューの中に『お昼の郷土料理セット(限定10食)』なるものを発見☆
この日の郷土料理はカラブリア州のものだとか。カラブリア、カラブリア・・・・・
意外とイタリアの州の名前って知らないもんですね~(^^;
02b.jpg
ベースは地中海料理で唐辛子を多用しているのが大きな特徴。
また気候の関係で不作に見舞われることが多いために、オイル漬けやソーセージなどの保存食が
作られているのだそうです。

まずは前菜から。。。
03_20150116113433fb6.jpg
中央にあるのがカラブリア州名産のンドゥイヤ・・・すなわち唐辛子入りの豚肉ソーセージです。
エスニック料理の唐辛子辛さとは違って、じんわりと後から辛味が広がる感じです。
04_201501161134334ef.jpg
熟成された豚肉の旨みがじゅわっと滲み出て、それを後から唐辛子の辛味が追いかけてくるような
今まで食べたことのない美味しさ(≧▽≦)
なんていう名前だったか忘れてしまいましたが、もちもちとした食感のちっちゃな揚げパンも
ほんのり塩味が利いてメロウマ~♡前菜だけでもけっこうなボリュームがありました!

メインのパスタはカラブリア名物、豚のラグーを使ったショートパスタです。
05_20150116113459bd3.jpg
カゼレッチエと呼ばれる筒状にくるりと丸まったシチリアのショートパスタに濃厚なトマトソースが絡みます。
トマトと豚肉を煮込んで作るラグーがベースになっているソースだそうで、これもまた今までいただいた
トマトソースとは全然別物!まったりと濃厚でまさに肉食系トマトソースとでも申しましょうか、
後からじっくりじんわりとした辛味が広がって素晴らしい一品でした(☆▽☆)

カラブリア料理は別名『ピアット・ポヴェロ(貧しい食事)』なんて言ったりもするそうですが
なんだかクセになりそうな魅力があって、とっても美味しく感じられましたよ!(*^^*)

ちなみに母はお昼のランチセット。前菜とパスタ、メイン料理がセットになっています♪
06_20150116113501e9c.jpg
パスタはトマトソースボンゴレ。たっぷり乗せられた水菜のグリーンがとても綺麗です♡
メインのロースト・・・たぶんポークだったと思うんですけど、なんだったかなぁ??
お肉の詳細を忘れてしまうくらい(笑)インパクトが大きかったのがコチラ!!
07_201501161135021a4.jpg
この大粒のマスタードが、もぉ~ビックリするくらい美味しかったんです(T▽T)
ソースはバルサミコなんですけどその酸味とベストマッチする柔らかい辛味、ぷちぷちとした食感、
全然つんとこないのに鼻に抜ける爽やかさ・・・粒マスタードですが、これだけでも全然食べられます!
っつうかむしろ食べたい!!(笑)
なんていう名称なのかはわかりませんが、ぜひ入手したいな~♡

他にも自家製のフォカッチャやプチカプチーノがついてます。
08_20150116113504a81.jpg
カップ&ソーサーがめちゃめちゃ可愛い~(≧▽≦)エスプレッソのような小さなカプチーノですが
濃いめにたてられたコーヒーにふんわりとしたスチームミルクがたっぷり乗せられた本格派☆
最後の一口までとっても美味しくいただきました!

09_20150116113506b93.jpg

お祝いごはん・・・でもないか、ただの前撮りだし笑

こんばんは☆

ホーリーナイト、みなさまはいかがお過ごしですか?
今年一年の抱負として『歳時記を感じる一年にする』と掲げていた我が家でしたが、
気が付けばケーキすら食べてないやーーーんっ!(^^;
ちなみにイブのディナーは餃子の王将(笑)
いつもは満員の王将もクリスマスともなると閑古鳥なんですね~(^m^)

27日の仕事納めを目前に、とにかくバタバタと落ち着かない毎日が続いています。
みなさまのお宅にもできる限りご訪問させていただきたいのですが、なかなかコメントも残せず
恐縮ではございますがいましばらくご無礼を重ねることをお許しくださいませm(_ _)m

line32.gif

さてさて。先日、無事に娘の成人式の記念写真を前撮りしたわけなんですが、その日の夜は
おじいちゃまおばあちゃまからお祝いディナーをごちそうになりました\(^▽^)/

・・・・ていうか、よく考えたら本番は来年だし娘はまだ19歳だし前倒しで着物着ただけなんですけどね(笑)

今回お邪魔したのはわたくしも初めてのお店☆
01_20141225213831f0f.jpg
Fuji屋 京色さんです。カウンター6席の他はすべて個室という、ゆっくり落ち着いて食事を楽しめるお店です。
モダンな町屋風の佇まいが静かな住宅街に溶け込んでいて、まさに大人の隠れ家といった風情💛

02_2014122521383469e.jpg
案内された個室からはきれいに整えられた坪庭が望めます。靴を脱いで上がる座敷に置かれたテーブル席ですが
足元には厚いカーペットが敷かれていてとても温か~い♪
その日仕入れられた食材を生かしたお料理がびっしりと書かれた日替わりメニューを眺めていると
だんだんお腹が空いてきましたね~(笑)

まずは突き出しから。
03_2014122521383855b.jpg
河豚の茶わん蒸し仕立て。前菜に温かいものが出てくるというのは珍しくないですか(*^^*)
卵出汁の濃厚な旨みと河豚の身の弾力がメロウマ(≧▽≦)しょっぱなからテンション上がる一品です!

04_20141225213840d48.jpg
新鮮な素材満載のお刺身盛り合わせは、ブリやハマチ、ヒラメといった定番から河豚の皮や生鯖といった旬のものまで
ボリュームたっぷり♪特筆すべきはやはりプリップリの肉厚な身が輝いている殻付き牡蠣でしょう!
潮の香りがぎゅっと詰まっていてとっても美味でございました💛

さあ、どんどん食べましょうwwww
05_20141225213843712.jpg
生麩の揚げだし(左上)は娘のオーダー☆生麩は彼女の大好物なんです(^^)あっさりとした出汁にもちもちの食感が
心をほっこり落ち着けてくれます。

右上の鉄板料理にご注目!実はこれ焼きポテトサラダなんです!熱々に熱した鉄板の上にポテトサラダが乗せられて
香ばしさをプラス!これは思いつかなかったな~(感)ぜひ家でも試してみたくなる一品です。
厚切りベーコンの歯応えと温泉卵の半熟加減がまた絶妙なバランス(≧▽≦)

若鶏モモの山椒焼き(左下)や小芋のから揚げ(右下)といった定番メニューもすごく丁寧に作られていて美味×2♪
とくに小芋のから揚げはかなり大ぶり(小芋なのに笑)ですが中はねっとりほくほくでバカウマメロウマ!!
普通に茹でただけではなかなかこうはならないな~たぶん蒸してあると思うんですがどうでしょうか。。。

まだまだ行きます(^m^)
06_20141225213912484.jpg
ワカサギの天ぷら(左上)もちっとも油が重くなくてサクサク!こんな風に天ぷらを揚げられるようになりたいな~(≧▽≦)

油揚げと青菜の炊いたん(右上)は京都の定番お惣菜ですが、ここに大ぶりの浅蜊を加えて豪華さアップ!
こういう一皿は家でも参考にできそうですね♪このお出汁の美味しさが再現できるか自信がないですけど(笑)

ボス夫さんがオーダーした牡蠣フライ(左下)。なんとタルタルソースがピンク色?!(@0@)
紫蘇が混ぜられていてさっぱりとした後味がフライによく合います☆☆☆

絶妙のロゼ色に焼き上げられたローストビーフ(右下)はたっぷりの焼き野菜とともにいただきます!
とろけそうなお肉の弾力と新鮮なお野菜の潔い歯ごたえの対比が素晴らしい~(≧▽≦)
もうお腹いっぱいなのにお箸が止まらないのだ~~~www

〆は豪華にカニ雑炊で💛
07_20141225213915910.jpg
濃厚な風味の出汁にフワフワ卵、そして何よりも嬉しいのがわたくしの大好きな勢子蟹の内子がたっぷり入ってること!
家族全員『もう入らへ~~ん!』って言いながら最後の一滴までキレイに飲み干しました(笑)

line32.gif

なかなかアップできない東寺探訪~後編ですが次回必ず!
とは言うもののいまさら紅葉の記事ってのもどうなんだろうか・・・(^^;

きょうのおやつ 娘の教え子の進学先は・・・

お祝いごはんいただきました!

こんばんは(^^)
深秋の3連休がいよいよ始まりましたね♪
行楽シーズンに相応しい見事な青空と背中がぽかぽかするような陽の光に恵まれた一日でしたが
みなさまいかがお過ごしでしたでしょうか(^^)

我が家ではとうとう娘がソロドライビング☆デビューいたしました!
所属している野球サークル(もちろん彼女はマネージャーですww)の試合があるグラウンドまで
およそ片道40分ほどの道程を、友人と二人で運転していったそうな。。。
今まではボス夫さんか私が必ず同乗していたので、ちょっと心配だったんですけど
おかげさまで無事に帰宅いたしました(*´ο`*)=3 これからどんどん独り立ちしていくんだろうな~、と
嬉しいような心配なような複雑な気持ちの連休スタートです。

さて、少し前のことになりますが。
18日の夜に実家の両親からボス夫さんとわたくしへ誕生日ディナーのプレゼントをいただきました💛
我が家でお祝い事があるときにいつもお世話になっている、先斗町の旬肴ひなかさんで
素晴らしい創作和食の数々を堪能~(≧▽≦)
112101.jpg
ひなかさんは旬の素材にひとひねりの創意工夫を加えながらもその丁寧かつ繊細な手技で、
素材の良さを最大限に引き出したお料理をリーズナブルなお値段で提供してくださる佳店です(^^)
ベーシックに見えて随所にオリジナリティあふれる前菜(左上)やイクラの塩味とオニオンチップスの香ばしさが絶妙の
ポテトサラダ(右上)に大将のセンスが光ります!お造り(左下)はとくに鯛の炙りと赤貝が絶品☆
白身魚のあられ揚げ(右下)の衣の緻密さがパーフェクトだヮ~(@0@)

普段は『とりあえず生ビール』なわたくしですが、お腹いっぱい食べたいので梅酒をいただきますww
不思議な形の酒器はなんとこのお店の大将自らが焼かれたものなのだとか!
112102.jpg

平日の夜ですがお店は大盛況!
実は開店10分前に予約したのですが、ギリギリセーフで5人分の席を確保しました。
たくさんのお客さんからのオーダーを、大将とアシスタントの男性、お運びさんの若い女性がおふたりの
総勢4名でてきぱきと捌いていかれる様子は、見ていて気持ちの良いものです(*^^*)
112103.jpg
角煮とお豆腐の煮込みはお出汁のあたりが柔らかくて身も心も温かくなる逸品(左上)。今が旬の鰆は味噌に漬けて
その旨みと香ばしさを存分に引き出した西京焼きでいただきます(右上)火の通り加減が絶妙の鴨ロース(左下)!
こういうお料理はなかなか家ではいただけませんよね~(^^)
ひなかさんはとにかくお出汁が美味しいお店なんです!
豚ももスライスとお豆腐、九条ネギを炊いたシンプルな一皿こそ、ひなかさんの魅力が最も現れていますね~(≧▽≦)

112104.jpg
生麩を使った創作料理にも素晴らしいものが目白押し☆こちらは春巻きで巻いてあんかけ仕立てにしたもの。
春巻きの香ばしさと生麩のもちもち感にあっさりとしたあんのとろみ・・・その変化が面白い一皿です♪

ひなかさんを訪れたら必ずお願いするのがこちらの一品。
112105.jpg
スモークチーズと生麩を重ねてバルサミコ酢でいただくという独創性が素晴らしい!
この一見ミスマッチな組み合わせが口の中で絶妙の美味しさを醸し出すんです(☆▽☆)
初めていただいた時の感動は何度食べても変わりません!これだけのためにひなかさんに行きたいわたくし(笑)

112106.jpg
こちらもわたくしの大大大好物なんですが、みなさま、コレなんだかお分かりいただけますでしょうか?(*^^*)
なんと胡麻豆腐の炙りなんです!表面はこんがりと焼き目が付いて香ばしく、お箸で割ると
中からとろりと柔らかくなった胡麻豆腐がその濃厚な香りとともにお目見えするという、眼にも嬉しい佳品。
それはそれはもう身悶えしたくなるほどの美味しさなのです(≧▽≦)

112107.jpg
娘が大好きな小芋のから揚げは繊細な揚げ加減の中にもっちりねっとりの旨みが♪(左上)
同じく娘がオーダーした若鶏のキジ焼きです(右上)パリパリに焼き上げられた鶏皮とジューシーな身が絶妙で
彼女もこの2皿のためにひなかさんを訪れているといっても過言ではないようですwww
ふわふわとした卵とじの中身はこれからが旬の牡蠣!(左下)一口いただいた瞬間、涙が出るくらい癒される~(T▽T)

・・・・・・・・疲れてるのか?わたくし(笑)

〆は鮭茶漬けというのが定番☆奇を衒わず丁寧に仕上げた一椀にて今回も美味しくごちそうさまでした!!
お父さん、お母さんありがとう(≧▽≦)今年もエエ誕生日でした💛

明日は久しぶりの海釣りに行ってまいります♪
3時起床の予定ですので(笑)駆け足簡素な更新ながら、本日はこれにて失礼いたしますドロン☆

もうそんな時期なんですね~

明治の旧邸でイタリアン

明治時代に京都鉄道会社(山陰本線)を創設した田中源太郎の旧邸、楽々荘の一画にあるのが
リストランテチンギアーレです。cinghialeとはイタリア語で『猪』という意味ですが
なにゆえに猪と名づけられたのかは謎~ww

111501.jpg
大きな窓に面した明るい雰囲気のお店で、ライトグリーンを基調にした落ち着いた雰囲気が楽々荘の趣とも合ってますね。
母にお任せしたオーダーは季節のコースとのこと♪どんなお料理がいただけるのかとても楽しみです☆

まずはスープから。。。
111502.jpg
カボチャと三元豚のポタージュは、スープというよりもはやペーストと呼びたいほどに濃厚💛
とろりとした口当たりにカボチャのほくほくとした甘みと三元豚の濃い風味が絶妙のバランスです!
濃厚な分、量をやや控えめにしてあるのがまた『あと一口欲しい!』感を誘うのね~(笑)

続いて前菜。。。
111503.jpg
甘海老と冬野菜のカルパッチョ風を2色のソースでいただきます。目にも舌にも美しい一皿。
地産地消をコンセプトとするこちらで使われているお野菜はすべて亀岡市の農家から直接仕入れたものだとか。
瑞々しくて滋味に溢れたお野菜と秋の冷たい海でぎゅっと栄養を凝縮した甘海老の旨みをフレッシュに感じられます。

ふんわりと温められたパンは3種。サックリとした口当たりと柔らかさが嬉しいフォカッチャや香ばしいレーズンパン。
なかでもオニオンパンはたっぷりと入ったオニオンの風味が口いっぱいに広がって超~美味でした(≧▽≦)

季節のパスタは、秋らしい濃厚なボルチーニのクリームソースで。。。
111504.jpg
イベリコ豚のラグーとポルチーニのクリームソース自家製手打ち麺
フェットチーネのような平打ちパスタはもっちりとした生麺の食感が素晴らしい!じっくりとワインで煮込んだ
イベリコ豚も臭みやしつこさが全くなく、その旨みだけが凝縮されているので最後の一口までメロウマ~💛
ボルチーニをふんだんに使ってあるのが贅沢なパスタです。

メインはお好みで。。。
111505.jpg
わたくしがオーダーした和牛みすじの焼きしゃぶ(写真左)も、口の中でとろける柔らかさと上質なさしの甘みに
思わず悶絶しそうな美味しさでしたが、特筆すべきは母がオーダーした亀岡牛ヒレ肉のカツレツ(写真右)!
一口お相伴にあずかったのですが、さっくりとした歯当たりのあとに香ばしい香りが広がったかとおもうと
ヒレ肉の旨みがほろほろと体温でほどけていくよう・・・およそ揚げ物を食べているとは思えないさっぱりとした後口は
感動的ですらありました(*´∇`*)

正直、こっちにすればよかったかも~(笑)

締めくくりは美しドルチェで。。。
111506b
洋ナシのコンポートとバニラアイスをショコラムースとともにいただきます。
焼き菓子はブラウニーと素朴な手焼きのクッキー。甘い巨峰の実も添えられていました。
とにかくショコラムースの香りが濃厚で、まさにココアを食べているという感じ💛
洋ナシのコンポートがまたさっぱりと爽快でショコラムースとの相性もバッチグー☆でしたww

普段はなかなかできない昼からアルコールも楽しみつつ(笑)、めっちゃ美味しい絶品料理の数々を
堪能させていただきました。ありがとう、お母さん💛ごちそうさまでした~m(_ _)m

食後の腹ごなし(?)も兼ねて、七代目小川治兵衛の手による日本庭園を散策してみましょう♪
111507.jpg
紅葉も少しずつその深みを増して、未だ青い紅葉とのグラデーションがとても綺麗です。
季節ごとにお茶会が開かれるという『浮舟の間』がある和館を抜けると、奥行きと広がりを感じる庭園が
見えてまいりした!
111508.jpg
約700坪の枯池泉回遊式の庭園には舞台も設えられていて、さまざまな催し物や夏にはビヤガーデンなども
開催されているそうです。
111509.jpg
また、亀山城から移設された安土桃山時代の石燈籠や鉄製井筒も配されており、しっとりとした雰囲気に
アクセントを添えていました。

111510.jpg
食事の前に拝見させていただいた洋館の外観です(^^)
テラスの窓枠のデザインがとてもリズミカルで素敵ですね~。淡いライトグリーンの木枠がしゃれオツ💛
戸口にはさりげなくクリスマスリースが飾られていました。

それではしばし、美しい紅葉の様子をお楽しみくださいませ☆
111511.jpg
よく晴れた青空のもとに朱に染まった葉がキラキラと輝いてとても美しかったです(*^^*)

庭の一隅にはお稲荷さんが祀られていました!
111512.jpg

京都市内を離れてちょっとしたトリップ気分まで味わえる亀岡市の楽々荘。
素晴らしいイタリアンに舌鼓を打ち、見事な日本庭園と明治時代の旧邸に歴史の重みを感じて、と
本当に盛りだくさんな一日でした(≧▽≦)改めて母の心遣いに感謝です!

ママ、来年の3月はわたくしがご馳走する番やね(^^)奮発するからお楽しみに~www


至れり尽くせり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。