スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局バーゲン品

こんばんは(*^^*)

今日は週に一度の買出し日だったのですが、スーパーでこんなお菓子を発見☆
kako-mtRrlkHXBgerbhSy.png
シブすぎる~(笑)
涼しい季節になると溶けちゃう心配も少なくなるからでしょうか、新作チョコが
各メーカーからたくさん発売されますね♪
特にオトナ系チョコレートはどれも美味しそうでついつい買い込んじゃいます♡
kako-58GnIftl93uXUKOw.png
ロッテさんの板チョコはひとあじ違うクラス感に惹かれて購入☆
仕事終わりのコーヒーのお供が楽しみでございます(*^^*)

さてそれでは、恒例のおうちごはん・・・って結局、ごちそう記事の直後かよ~(^^;;
『高級商品をウィンドショッピングした後のバーゲン漁り』
ってな気分ではございますが開き直ってどうぞ~(笑)

たぶん、木曜日のごはん
kako-u4dNjzh4s3KlnsZj.png
鶏モモのから揚げ
春雨サラダ
コーンのバター炒め
大根のおみそ汁

この日は、娘のリクエストを全面に押し出したメニューとなりました。
kako-N1iotypqdrNnkvq3.png
強い要望だったのでかなりプレッシャーを感じながら作った揚げ物(笑)
おかげさまでなかなかイイ感じに揚がりましたヽ(^◇^)/

・・・実をいうと、最初の一群は真っ黒焦げだったんですけどね(爆)

その真っ黒焦げまでお代わりしてくれた娘・・・ホント好きなおかずはよく食べるな~(笑)
kako-rs29muJOpWucMcdq.png
サイドメニューもまずます無難にできあがりました♪
春雨サラダは『ノンオイル塩ダレドレッシング』を使ったのがポイント♡
いつもよりコクがあってより中華風味にしあがりました(*^^*)

続いて金曜日のおうちごはんです。
kako-x8H2SK6OtKux26i1.png
里芋とスルメイカの韓国煮
ほうれん草とレンコンのユッケ風ナムル
余り野菜とキノコの豆乳スープ

この日は娘がバイトだったので駆け込みの夕飯だったのですが
kako-L650tEc0pO9pJRYh.png
そういう日に限って美味しくできた罠(笑)ものすごい勢いで食べて出かけていきました=3
レンコンとほうれん草のナムルはにんにくとごま油をしっかり効かせてから卵黄を落とすのが
美味しく仕上がるコツです(^^)
しいたけ・えのき・エリンギ・ニンジン・ブロッコリーに前日のコーンバター炒めをそのまま加えて
中華だしでひと煮立ちさせたら豆乳を投入←何回言っても飽きないダジャレww
片栗粉でとろみをつけるとより旨みが増します♪

kako-UXO7uIHZmPklF6El.png
 スルメイカは内臓を外して足を切ったら吸盤の骨をこそげ、胴体は輪切りにします。
 エンペラは軟骨を取り除いて細切りに。里芋は皮を剥いて下茹でするのですが
 今回はちょっとズルさせてもらって冷凍を使いました(^皿^)
 茄子は縞目に皮を剥いて輪切りにしておきます。
 鍋にお酒、めんつゆ、蜂蜜、コチュジャン、豆板醤、にんにくすりおろしと
 万能ネギのみじん切りを入れて 火にかけ、沸騰したらイカを入れます。
 2、3分煮たら一度取り出しておき、里芋を入れて柔らかくなるまで
 とろ火で煮込んだら、茄子を加えてまた一煮します。
 最後にイカを戻してもうひと煮立ちしたら出来上がり♪
 
手順を書き出すとすっごく面倒そうに見えますが、実際はイカの下ごしらえ以外は
ほとんと手がかかりません!(断言)

最近、とみにごちそう続きなので明日からのおうちごはんが大変な予感www

・・・やっぱり人間、粗食が一番ですハイ!(嘘)

スポンサーサイト

美味し~い棚ぼた

こんばんは☆

のっけから身内の話で恐縮ですが、わたくしの母は普段から忙しい中でも
毎日きちんとおうちごはんを作っている『主婦の鑑』のような人。
そんな彼女も時には

 『なんか今日はごはん作る気にならへんわぁ~』

なんて日もあるそうです(^^;
かといって熟年も越した老(?)夫婦ふたりで外食もなんとなくつまらない・・・
ってことで我が家にもお声がかかってまいりました(*^皿^*v

本日ごちそうになったお店がこちら
kako-W8BN73UPK55Vjxk5.png
 『うなぎ 廣川』さま
名勝、嵐山に開店されて以来47年目を迎える名店の『廣川』さまは
昔からずっと父のお気に入りの店でございます(*^^*)
国産にこだわった鰻の品質の確かさと天保年間から続く秘伝のタレのお味と
丁寧な仕事ぶりが感じられるス接客は、4年前に新店舗を構えられてからも変わらず
観光客の方はもちろん我が家も含めて常連客の心もしっかり捉えて離しません♡
kako-MzBGtXRDPLhJjwqX.png
今夜は宮崎県産の鰻をいただけるようです♪

純和風にしつらえられたデザインのセンスの良さももちろんですが
いつお伺いしても隅々まで磨き上げられていることに感服いたします(☆▽☆)
kako-UBZN00CVmAnTlGZz.png

オーダーするメニューはいつも決まっていて、
うな重定食(鯉の洗い・うざく・うな重・お吸い物(または赤だし)・香の物)に
肝焼きと泥鰌の柳川
を追加するのが我が家流♪♪
それではどどーんとお目にかけましょう!
kako-pD6IUD7lgNHqi3r0.png
左上:炭火も香ばしい肝焼きにしっかりと絡むタレが濃厚で、父の大好物なんです。
   その昔、父が調子に乗って『一人5本ずつ』と注文したところ『数に限りがございますので』
   やんわり断られたのも今やいい思い出?(^^;以来、節度を保って『一人1本』です(笑)
右上:わたくしが生まれて初めて『鯉』をいただいたのがこの廣川さまでした。
    酢味噌ではなく八丁味噌ベース(?)の甘味噌ダレでいただくのが特徴で
    これは決して他店では味わえない絶妙さなんです!
左下:泥鰌の柳川のポイントは柔らかい溶き卵でとじられた出汁の美味しさ☆
    繊細なささがきの風味がこっくりと溶け出して泥鰌の臭みを一切感じさせません。
    最後の一滴まで残さず浚えていただくのがウチの流儀でございます(笑)
右下:お料理だけでなく器のひとつひとつにもこだわりをお持ちの廣川さま。
    この取り皿とミニレンゲのセットは、母が『なんとか譲って欲しい』
    お願いしたもの(笑)←もちろんやんわりとお断りされました!

 やんわりとお断りされてばかりの我が家・・・(^^;

いよいよメインのうな重が登場です♡
kako-HKEEgC1UbaS0KJei.png
ふっくらと仕上がったこちらの鰻ですが実は、背開き・蒸しがされた関東風なんです。
お箸を入れるとふわりとちぎれるその柔らかさと絶妙の焼き加減にちょうど良く絡むタレ。
ウチの娘は生まれて初めていただいた鰻がこのうな重だったために
以来、スーパーで売られているのは言うまでもなく他所のお店のものに至るまで
『廣川の鰻』以外は美味しく思えない舌になってしまったほど!!(^^;
確かに米粒ひとつも残したくないくらいの美味しさは他所ではなかなか味わえません。

そんな娘は今日も他に予定があって不在でございました。
こ~んな美味しい晩ごはんを食べ逃すとはまたも不運なヤツww
kako-4p4dAE9aLu7HEAkk.png
母のちょっとしたエスケープ心から思わぬご馳走にありつくことができました(*^^*)
ありがたやありがたや~www

 先日の台風により甚大な被害を受けた嵐山界隈ですが、大勢のボランティアの方々の力を借りて
 順調に復旧を進めておられるそうです(*^^*)
 昨今の不況や世代ギャップの問題も、むしろこの災害を契機に地域が一丸となって乗り切ろう!と
 前向きに頑張ってらっしゃると伺いました。
 京都が誇る名勝が一日も早く元の姿・・・いえ、それ以上の発展を遂げられることを
 切に願っています(*^^*)

彦根城を歩く 美味しいもの編

彦根城城下の中心を貫く通りは、現在『夢京橋キャッスルロード』と呼ばれ
白壁に黒格子といぶし瓦が情緒豊かな建物が並んでいます。
kako-4VUDJ8jD3Pun8lht.png
ちょうどお昼前に彦根に到着したわたくしたちは『腹が減っては何とやら』ということで
さっそくランチをいただくことに♪
(注:我が家ではお出かけの際には『まずは腹ごしらえ』率がひじょーに高いww)

実はこちらに伺う前にいろいろリサーチしてまして『あすも的おすすめランチ』
 『十割蕎麦もんぜんや』 さま、そして『比内地鶏ほっこりや』さま
・・・と、この2店舗に絞ってみました

偶然にも向かい合う二店、まだお昼前ということもあってどちらも待たずに入れそう!
朝ごはんはコンビニで買ったフルーツだけだったのでお腹もいい感じに空いてきました。
歯ごたえのある地鶏をがっつりと・・・ああ、でも十割蕎麦のさっぱりした喉ごしも捨てがたい!!
ああ、悩む・・・(〃 ̄ω ̄〃ゞウーム
いちおう(笑)ボス夫さんにも聞いてみましょうか・・・

 あすも  『お蕎麦と地鶏とどっちがいい?』
 ボス夫さん『地鶏!』 

・・・・・ハイ即決(笑)

というわけで『比内地鶏ほっこりや』さまにお邪魔いたします♪
kako-J194HlwxW01OzG0a.png
どっしりとした古民家風のしつらえが魅力的な店内は、思ったより奥が深くて
ゆったりとして落ち着ける印象です。
kako-604nGfJsw0bqnQQC.png
こちらのランチメニューは比内地鶏の親子丼』比内地鶏のらーめん』の二本柱!
あとは比内地鶏の串焼きが数種、単品で注文できます。

・・・うーん。親子丼とらーめん、どっちも食べたい(^^;;;
いろいろ悩んだ結果、あすも一人では両方は食べきれないということで
ボス夫さんが『親子丼とらーめんのセット』を、わたくしが『親子丼』と『つくね串』を
それぞれオーダーして、ボス夫さんのらーめんを少々分けてもらうことにしました(^皿^)

kako-reYWxQk3gOlQqhAx.png
案内されたのがちょうど厨房を臨むカウンターだったので、てきぱきと調理なさる様子を
手に取るように見ることができます♪この親子丼鍋、欲しいんですよね~(*^^*)
そして、テーブルの上の薬味はなんと祇園七味じゃあ~~りませんかっ!

京都の『祇園味幸』さまといえば『日本一辛い黄金一味』で有名な京薬味の名店。
黒ごま、白ごま、陳皮、山椒、唐辛子、青しそ、青さ、麻の実を絶妙にブレンドした『祇園七味』
深い味わいと複雑な香りの中にぴりりと目が覚めるような辛味が魅力で、わたくしも何度か
お持たせや自宅用に購入したことがあります(*^^*)

閑話休題・・・そうこうしているうちにお料理が運ばれてきました♡
kako-s9hV02ZpLwEEWpz6_201309272023537cc.png
どうでしょう!!このとろんとろんの半熟具合(♡▽♡)
もう、このビジュアルだけで『頼んでよかった!下調べ間違ってなかった!!』
お出汁のいい香りも食欲をぐいぐいと刺激してまいります♪
いただきますの挨拶も待ちきれない思いで、さっそく一口いただいてみました☆

 うっまーーーーーっ!!!

出汁の濃さも甘みも卵のとろけ方も絶妙すぎる(T▽T)
そして主役の比内地鶏なんですが、なんと炭火で炙ってあるんです!
香ばしさとしっかりとした弾力がまろやかな出汁卵の中で、ぐぐっと存在感をアピール♡
『そもそも比内って秋田県じゃなかったっけ?』なんて野暮な考えも吹っ飛んじゃいます(笑)
そしてお出汁が最後まで邪魔をすることなく、ラスト一口まで変わらない美味しさをキープ♪

 今まで食べた親子丼の中で一番うましっ!☆☆☆☆☆

続いてボス夫さんのらーめんをちょーだいしてみます♡
kako-ExoAgqOfI7PR3eD5.png
鶏の出汁がしっかりくっきりと出ているのに全然しつこくない・・・というかむしろあっさり♡
かといって『和風らーめん』的な薄味ではなくてちゃんと『中華そば』なんです!
やや細めの麺はしっかりとコシがあって、かつキリッと締まった舌触り・・・
以前、いただいた生パスタのようです(≧▽≦)
チャーシューも地鶏なので全然しつこさがなく、いくらでもお箸が進みます~

・・・・・ってこれ、セットでも余裕で完食できたな(笑)

ラーメンはよっぽど口に合わない限りノーコメントのボス夫さんも
一口食べた瞬間に『これ、ホンマに旨いわ』とべた褒めでした☆☆☆☆☆

え~・・・あまりの美味しさに上がり過ぎたテンションをちょっと落ち着けて(笑)
メニューのご紹介です♡
kako-YFFtIekhsqN3ephY.png
親子丼には単品、セットにかかわらず小鉢と汁物、香の物がついています(*^^*)
お豆腐サラダとおみそ汁、香の物はなんと『いぶりがっこ』でした(@0@)
実はわたくし生まれて初めていただいたんですが、燻し香が香ばし~ぃ♡
正直、ふだんは沢庵そのものもあまり得意じゃないんですけど(^^;このいぶりがっこ、
いっぺんにファンになっちゃいました♪
ほんのり甘めのタレにこれまたとろりと温玉を絡めていただく地鶏のつくねは
炭火の香ばしさと鶏の旨みが存分に味わえます(*^^*)
車じゃなかったら『ちょっと一杯♡』お願いしたいところですね(笑)

この日、他に約束があった娘とは別行動だったんですが
こ~んな美味しいお昼を食べ逃すとは不運なヤツめww

さてさて、美味しいレポはまだまだ続きますワン☆(*^^*)
kako-c0IxiztAXTQndyzj.png

彦根城を存分に楽しんで下絵合わせラリーも完成したところで
再びキャッスルロードへと戻ってきました♪
午後の日差しが照りつける中を歩いてきたので、さすがに喉が渇いちゃいました。
そこでふと足を止めたのがこちら・・・
kako-Fv4FGn7gzshkLEz4.png
看板の前にぶら下がる鉄製の蛙がとってもキュート♡
『花百茶(はなももちゃ)』さま・・・ネーミングもなんだかほっこり可愛らしいですね。

町屋のような細い間口をそっとのぞくと、レトロなただずまいに自然と心が落ち着きます。
kako-Lp1ZW757L65yutny.png
市松のガラス戸や坪庭、椅子の張り布までとってもわたくし好み(*^^*)
店員さんも穏やかな口調と柔らかな物腰で、ここだけ流れている時間が違うようです。
ボス夫さんはシンプルにホットコーヒーをオーダーしたのですがわたくしの目にとまったのが
 『生桃のカキ氷』・・・これは注文してみないと♪♪
kako-8NyLVnWplB7dAdWn.png
ホットコーヒーには手作りのミニケーキがついていました(喜)
とろりとした桜色のシロップがかかった生桃のカキ氷・・・全部食べられるかしらん(^^;
ホントのところ、あまりカキ氷が好きではないんです(え?^^;;)
あの甘ったる~いシロップがニガテで、最初の一口以外はキーンとくる氷の感触がニガテで
最後の方に半解けの氷とシロップが混じったのがニガテで・・・なぜ頼んだ、自分(苦笑)

『全部食べられなかったら手伝ってね。』

と前置きしてまずは一口・・・う、うっまーーーーーーっ!!!
とろりとして滑らかな舌触りのシロップは混じりっけなしの桃そのもの!!
よく生桃といいつつも実は缶詰の桃を使ったパターンは見かけますが
これはたぶんホントの生の桃をとろとろと原型がなくなるまで煮詰めたものと思われます。
kako-QNPAZAPAkU84JiY4.png
氷もすーっと匙が入る柔らかさでシロップと一緒に口へ運ぶたびにつるん、と
舌に収まります(*^^*)

ボス夫さんには味見として数口あげただけで(笑)
気がつけばぺろり完食してました☆☆☆☆☆

最後の一口まで美味しかったかき氷は生涯で初めてです。
もちろん氷ですから徐々に解けてシロップと混ざるので少しずつ味が薄くなるんですが
それがまた、まるでフェードアウトする音楽のように余韻が残って・・・(*´∇`*)

こ~んな美味しい氷を食べ逃すとは・・・以下同文wwww

不幸な娘におみやげ買って帰ろ~(ニヤリ)
kako-UuCOTYgzC2xErEuH.png
たこ焼き??いえいえ(笑)『彦根本町 分福茶屋』さまのつぶら餅でございます。
もっちりとした生地の中にあっさりとしたつぶ餡が詰まった可愛い焼き餅です。
たこ焼き器そっくりの鉄板で焼く様子が面白~い(^^)

店頭で熱々をいただくのが一番美味しいんですけれど、おうちでいただく時は
オーブントースターでチン☆すると香ばしさがよみがえります♪

彦根といえばもちろん・・・
kako-iRT6X6O1IhHUQOyW.png
ひこにゃんチロル、ゲ~ット☆
お味はクッキークランチです(*^^*V
他にも、ひこにゃんのクッキーとえびせんべいも買ったんですけど写真を忘れちゃいました(^^;

おっと、今日も長い長い記事になってしまいましたねm(_ _)m
最後まで読んでくださったお心の広い皆さまにささやかな恩返しを・・・

美味し~い・・・・・のか?

余談ですが・・・

昨日までの暑さが嘘のように今日は深秋の空気が気持ちのいい一日。
久しぶりにお花屋さんに出かけて玄関の花を飾ってみました(*^^*)
kako-4d5XnHWNLveothlf.png
永楽屋さんの手拭いも秋の柄にシフトして♡花器は父がお土産にくれた信楽焼です。
りんどうの花とともにをリンクさせてみました♪

こちらの花、ご存知でしょうか?
kako-R00TQEUVjJFmRe3Z.png
フウセントウワタ(風船唐綿)・・・南アフリカ原産の多年草。ガガイモ科。
じつはコレ果実の部分なんだそうです!はじけると白い綿毛のついた種子が出てくるとか。
こちらは切花の状態で購入しているので大丈夫ですが、生育中は白い樹液が目に入ると
角膜炎を誘発してしまうとのこと( ̄ロ ̄lll)消炎剤の点眼によりおよそ一週間ほどで
回復するそうですがもしも扱われる場合はどうぞお気をつけくださいませ。

今年の秋に選んだ手拭いの柄です。お店でまたしてもひとめ惚れ(≧∇≦)キャー♪
kako-OyQhWGr1FbdNC9Zb.png
『町屋手拭い 萩とキリギリス
シックな黒地に浮かび上がる萩の花が幽玄な印象ですが、効果的に配された
鮮やかな浅葱と愛嬌たっぷりのキリギリス(右下隅)が可愛らしい♡♡♡
あえて紅葉を外したところがあすも流・・・なんてな(笑)

彦根城城下町の美味しいレポをご期待くださっているみなさま、
え?話が違う?
はい、お怒りごもっともごもっともでございます(^^;
ごもっともではございますが、あまりにも美味し~いごはんの直後に
うちのごはんってどうなのよ?と。がっかり感が更に倍☆ドンじゃないか?と。

たとえるなら。
ショッピングに出かけてうっかり先に質の良い高級品を見ちゃったせいで
いまさら安売りのバーゲン品を買う気にはなれナイヮ、みたいな(笑)


そんなわけで少々あざといのは重々承知のすけでございますが
とりあえす、おうちごはーんスタートです!!(←強引)
kako-0GHAaQrosWuXdgQ9.png
おとといの晩ごはん・・・秋刀魚の塩焼き
              生ワカメとレタスの炒め物
              おからとひじきとチーズのサラダ
              さつまいもとタマネギのおみそ汁
やっぱり秋といえば秋刀魚♡
kako-os0NKv56QRp0Xhhh.png
スーパーの安売りだったのですが、脂もちゃんと乗っていてかなりハイクオリティ♡
今年は高値と聞いていたのでちょっと得した気分(*^^*)

kako-vwnnURJPn4ryMHru.png
左:水で戻した乾燥芽ひじきはしっかりと絞って水を切っておきます。
   おからと角切りにしたプロセスチーズとともに混ぜ合わせたら
   めんつゆとマヨネーズで和えたら完成☆

和洋折衷?な感じですがコレ意外とおすすめです!ビールにもよく合いますよ♪

右:はい、出ました本日のドボン料理(>0<)
   生ワカメとレタスをごま油で炒めたのですが、これがもう・・・

 一口食べたら入院レベルのしょっぱさ!! 

自分の作った物を食べられなかったのは久しぶりです(苦笑)
あーあ、せっかくの仙台みやげの生ワカメ、気に入ってたのになぁ・・・

そしてきのうのばんごはん(^^;
kako-dnrwDjJq6VXbOjav.png
 和風ジャージャー麺
 おからとひじきとチーズのサラダ スィートチリソースがけ
 レタスと生ワカメのスープ

・・・もうお気づきですね(笑)
kako-qZRplOa4ceAPFaVE.png
リペアおかず2連発!! 
左:前日のおからサラダを作りすぎて余っていたので、スィートチリソースで
  目先を変えてみました♪基本的に目先を変えるのだけは得意ですエエ(笑)
右:腎臓クラッシュ必至の炒め物wwそのままお湯に溶かしてスープに!!
  ちょっとだけめんつゆを落として味を調えただけですが、ラーメン屋さんでいただく
  焼き飯スープ並みに充分濃かったです(^^;

テレビの料理番組を観ていた娘からのリクエスト♡
kako-nayjBjPBCToc8iah.png
 しめじ、えのき、エリンギは石突を落として切り分けます。しいたけは薄切りに。
 タマネギもスライスしておきます フライパンにごま油を熱して
 きのことタマネギ、瓶詰めの鮭フレークを炒めます。きのこに火が通ったら
 豆乳を加えてさらに白味噌と柚子胡椒をたっぷりと♪めんつゆを少々足して
 最後にぶつ切りのほうれん草を加えたら火を止めて蓋をしておきます。
 茹でた中華麺をお皿に盛り、上からフライパンの中身を乗せたら出来上がり♡

うろ覚えで作ったので本家とは多少違っているかもしれませんがこれはホントに
すっごく美味しかったです!!ポイントは白味噌と柚子胡椒♡
お好みにもよりますが個人的にはかなり大胆に入れても大丈夫(*^^*)
ワンプレートでも充分お腹いっぱいになりますので、よろしければぜひぜひ~

見切り品クオリティでお目汚ししちゃいましたが(^^;おつきあいありがとうございました。
明日こそ、本当に美味し~いものをご紹介させていただきまーす!!

娘の友人からお土産♡

彦根城を歩く その2

よく考えたら至極あたりまえのことなんですが・・・

お城というのは文字通り『一国一城の主』が住まうその国(藩)の要なわけです。
そう易々と敵の侵入を許すわけにはまいりませんので、あちこちにさまざまな
創意工夫がなされているのは当然のこと。
天守閣へと登る石段も騎馬や歩兵がスムーズに駆け込めないように
その段差や段幅をわざと不規則にしてあるのだそうです。つまり・・・

敵兵が登り難いということは観光客も登り難い(苦笑)

ヨガであるいはゴルフで鍛えたはずの足腰がヘロヘロになってきた頃、
ようやく真っ青な空を突き抜くようにそびえる天守閣が見えてまいりました!
kako-34scczcRJsxrzs7y.png
18万石の城ということでやや中振りながら破風の組み合わせが深みを醸し
なんとも知的で端整な表情・・・例えるなら石原さとみサンのようなイメージかな♡
kako-KXZi6DWJOVeOqGLa.png
3層3階地下1階の天守は「牛蒡積み(ごぼうづみ)」といわれる石垣で支えられ、
2重目以上の窓はすべて花頭窓を配しています。この花頭窓、本来は寺院に用いられるものだとか。
丸みを帯びた唐破風をはじめ千鳥破風や切妻破風を巧緻に組み合わせ、勾欄のついた廻縁や
破風板に施された金装飾でアクセントをつけたリズミカルなデザインです♪

城下では滋賀大学のサークルの方がイベントをされていましたが、この天守広場では
滋賀県立大学のゼミの学生さんにアンケートをお願いされました(*^^*)
どうやらフィールドワークの一環のようです。
若い頃だったら正直ちょっと面倒に感じたかもしれませんが、娘と同じ大学生だと思うと
『わたくしでお役に立てるなら』っていう気持ちにwww
丁寧なお礼の言葉とともにきちんと頭を下げられる姿がとても清々しかったです。

・・・・・と、ボス夫さんに肩を叩かれて振り返ってみますと
kako-jSSnGQvj7yzTJTKt.png
 あすも  『ん?何の行列?コレ』
 ボス夫さん『天守閣に登る行列やて』
 あすも  『えぇぇぇ~~~っ?!』

側にいた係の方にお話を伺うと、まず建物に入るのに20~30分。建物に入ってから
さらに15分ほどは待たないといけないそうです(--;;;
折りしも雲ひとつない快晴の空から降り注ぐ日光はすっかり真夏に逆戻り。
気温もぐんぐんと上昇して、それに比例するように疲労度もアップ・・・

そしてダメ押しにボス夫さんのひとことが。
 『天守閣の中ってどこもたいして変わらへんやろ』
う、う~~~ん・・・そうでもないんだけどまあそうかなぁ(^^;

我が家の実情を申し上げますと、普段ですと物事の決定権はわたくしにあるんですが
それってボス夫さんが『ええんちゃう』とか『じゃあそうしたら』とあいまいな回答の場合。
彼がはっきりと断言する時・・・それはもう覆ることのない決定事項なのです(涙)

というわけで・・・まさかの登城断念!!がびーんorz

♪CHOCO♪さま~、例の急階段は体験できませんでした残念っ!!
せめて天守広場の奥にある展望台からの景色をどうぞ(謝)
kako-BpJpM6phcU6TAlEH.png
眼下に広がる琵琶湖の水面と真っ青な空が溶け合うようです♡

さて、天守閣制覇の野望はあえなく潰えてしまったあすもですが
もう一つ目的がございます。天守広場の裏側、黒門山道を下りたところにある
名勝『玄宮園』というお庭をめざして再び行軍を開始いたしました☆
kako-Ageu3JCYw7hobBZj.png
大手門側の賑わいが嘘のような静けさで人の姿もまばらです。
石組みの間に伸びる緩やかな山道はまるで時代劇のワンシーンのよう。
道々に美しい彼岸花が咲いていました(*^^*)

山道を下りきると再びお濠のほとりに出てまいります。
kako-5Om9z24ptdxwZzhM.png
お濠の中には美しい白鳥の姿が!

お濠沿いにしばらく歩いて、まずは『楽々園』と名づけられた館を訪問いたします。
kako-F8mq0TCMbg8b9fvD.png
幕末動乱期、徳川幕府の大老として開国に尽力し桜田門外の変で落命した
井伊直弼が若かりし頃を過ごした井伊家の下屋敷なのだそうです。

kako-5Lfx6LsX5O3GjMgb.png
主住居である『御書院』は風流な数寄屋造り。鶴の襖絵も枯淡の味わいがあって素敵♡
御書院から望む庭はこの奥に広がる『玄宮園』を借景とする枯山水でした。

こちらの建物は普段は茶室として使われていたそうなんですが実は・・・
kako-mY7jG4Anf9T6cnhg.png
『地震の間』文字通り大きな地震が起こったときに家主が避難する建物です。
当時は江戸城をはじめ、あちこちで普遍的に作られていたそうですが
完全な形で現存しているのは珍しいのだとか。

楽々園から敷地続きに歩いていけるのが大名庭園『玄宮園』です。
kako-v7mj4GPLbTZbkNXO.png
中国の瀟湘八景(しょうしょうはっけい)にちなんで選ばれた『近江八景』を模して
造られた縮景園です。中央の大きな池が琵琶湖の縮景というわけですね。
まるで鏡のような水面に築山の緑が映し出されてなんとも悠大な景色です。

kako-sMyjS7YygmHM431v.png
山の上方に彦根城の天守閣が見えています。この天守閣もが庭園の借景の大切な要素。
手前の建物は臨池閣(りんちかく)というのですが・・・

 窓の向こうに洗濯物が干されてる事実!!

まさかどなたかの現役住居なのでしょうか?????

kako-ygg4huCHlml7IOLJ.png
それにしても本当に美しくて情緒的なお庭です。どこを切り取っても絵になる素晴らしさ♡
kako-3fRDWAKMXoZH0kC9.png
シャッターを押す手が忙しいほど(^^;もう何枚撮ったか分からない中から厳選しましたww
昼下がりの日光が水面に反射する様子がなんともいえずきらびやかでした。

すっかりと影も長くなってきました。玄宮園から再びお濠の横をぐるりと廻って
 ようやくゴールイン☆
そうそう、滋賀大の学生さんにもらった『彦根城下絵合わせ』も完成しました!
証拠写真を載せておきましょう(笑)パンフレットと見比べてみてくださいね☆
kako-epC5q9Rlpm2A7GcS.png
kako-QsJJfjEBxpwCOIAS.png
左上:“ほ”の長屋門   右上:“に”の時報鐘
左下:“は”の天守閣   右下:“ろ”の太鼓門櫓

・・・そして“い”の廊下橋です(^皿^V
kako-7E04YCxoqw7FaYHP.png

本当に長い長~い記事に最後までおつきあいくださいましてありがとうございました。
彦根城の面白さはまだまだこんなもんじゃございません(笑)
機会とご興味がおありでしたらぜひおススメの歴史スポットです(*^^*)
kako-1wyJzzIsFZVh9Ouw.png
次回は彦根城下でいただいた美味し~いもの特集をお楽しみくださいませ♡

彦根城を歩く その1

3連休最後の休日はわたくしのワガママをきいてもらいました(^皿^V
愛する奥さまとドライブデートを楽しんでおられる♪CHOCO♪さま宅
■■神社・仏閣・山歩き・散歩・お出かけ・日記■■にて
こちらの記事を拝見して以来、わたくしの心中で盛り上がった

『彦根城を制覇しちゃうぞ計画』

をいよいよ始動させるべく、ボス夫さんにハンドルを握ってもらいました♡

滋賀県は琵琶湖の東側、彦根市の小高い丘に建つ『彦根城』
彦根藩初代藩主、井伊直正の嫡子である直継と直孝によって約20年の歳月をかけ
築城されたそうです。現在、天守を残す全国12城の中でも松本、犬山、姫路と並ぶ
国宝指定の名城としてその堂々たる威風を示しています。

ゆるきゃらブームの火付け役として大人気の『ひこにゃん』は彦根城を建てた
井伊直孝にゆかりのある白猫(のちの招き猫モデルのひとつ)がルーツなのだとか。
photo_hikonyan_weblog.png(画像は『ひこにゃん公式サイト』よりお借りしています。転載不可)

ではさっそく彦根城の散策スタートです♪♪♪
kako-JyL3vxAhv0H8lguO.png
中濠に植えられた松並木は『いろは松』と呼ばれています。
その昔、いろは47文字と同じ47本の松が植えられていたところからついた名だとか。
kako-tOTXOWWznF1TtBrv.png
このお濠を観光周遊する風流な屋形船とすれ違いました(*^^*)
ところどころに紅い花を開く彼岸花が季節の変わり目を教えてくれるようです。

実は駐車場からお城に向かう道すがら滋賀大学enctusというサークルの学生さんが
『彦根城下絵合わせ』というイベントをされていたんです。
kako-epC5q9Rlpm2A7GcS.png
いただいたパンフレットには彦根城の見どころの画像と手書きの地図が。
この地図上のどこに画像のスポットがあるのか探してみよう!という企画だそうで
全てクリアして戻ると門前町にある就労支援カフェでドリンクが50円オフに☆
せっかくなのでこちらにも注意を払いつつお城の中へと進みます♪
kako-AAtoNQ0rvi27tFf3.png
日本の妖怪『雁木小僧(がんぎこぞう)』の語源ともなった雁木とは
石垣や土塁を昇降するための石階段のこと。石組みが精緻で思わず見入ってしまいました(♡▽♡)

入城料を支払って最初にお邪魔したのは『彦根城博物館』です。
kako-lwsER2n1o7ELTJyg.png
こちらには能や茶の湯、絵画など文化にも造詣が深かった井伊家に伝来する
美術品を中心に展示されており、また池泉庭園が復元されているのだとか。

ありがたいことに特別展示以外は写真撮影(フラッシュは厳禁)もOKという太っ腹♡
kako-8cmyM0F3nAyyXhLy.png
井伊家の兜といえばコレ!ひこにゃんも身につけている、目にも鮮やかな朱具足に
『天衝(てんつき)』と呼ばれる脇立物がすごい迫力です!
KATANA大好きあすもとしては、反りが美しい大刀も見逃せません(☆▽☆)

他にも能衣装や茶道具など名品が多数展示されています。
kako-esvWeC6spolqGnQM.png
現代的な視点から見ても、とてもスタイリッシュでデザイン的です。
紅葉の小皿・・・我が家の食卓に欲しい(笑)

博物館内にはなんと!
kako-q6uKN3FCC2wpN9ZU.png
能舞台まで完備されていました!!実際に能の公演にも使われているようで
公演お知らせのチラシなども用意してありました(^^)

古絵図、起こし絵図や発掘調査の成果をもとに復元された表御殿と池泉庭園を
拝観することもできます♪
kako-uDlJz2SZ9Vv5PXkD.png
こちらは茶室。障子の向こうに明るいお庭が広がる素晴らしい空間です(*^^*)

再現されたお庭は中央に大きくとった池泉を囲むように緑と石が配されています。
kako-Cn4v685fKe98jjuj.png
お天気がとても良かったので日の光をたっぷりと受けた水面がとても美しかったです♡

さていよいよ城門をくぐります・・・
kako-OkgXB0vkLZMEj95O.png
って、まさかの石段が延びる罠(^^;
♪CHOCO♪さまのアドバイスどおり、歩きやすいサンダルで良かった=3

長い石段を登りきったところに見つけたのが『廊下橋(ろうかばし)』!
さきほどいただいた城内ラリーの“い”の画像どおり☆
kako-7E04YCxoqw7FaYHP.png
この廊下橋、非常時には落とし橋として敵の侵入を阻むのだとか。
そしてこの橋から天秤のように両脇に伸びるのが『天秤櫓(てんびんやぐら)』
なんと登楼が可能ということでさっそくおじゃましました♪
kako-1oXeynjr75cNc1PW.png
左:窓の向こうに見える佐和山の頂上にはかの石田光成の居城跡があるのだそうです。
右:天秤櫓を支える柱にはすべてこのような鉋模様が浮き出ていました。
  狙いなのか自然にできたのか、ボス夫さんと考えてみましたが結局分からないまま(^^;

石段を登り詰めるといよいよ天守閣が現れてまいります!

・・・・・・と、今日はお時間がきてしまいましたね(何の?笑)

長い石段を上り続けてすでに足元が危なっかしいあすも夫妻。
はたして天守閣を制覇できるのか?!乞うご期待☆
kako-NxX33xZzNIDdlbpB.png
天守広場に植えられた木立に石榴の実を発見♪

きょうの晩ごはん&予告

拙宅ブログの一周年に際しまして、駆け込みの挨拶で失礼させていただいたにも拘らず
たくさんの方々からお祝いコメと拍手をいただきまことにありがとうございましたm(_ _)m
言葉では尽くしても尽くしきれない感謝と愛を心に刻み、今後も精一杯運営していく所存です。
みなさまとのご縁がより深く末長いものとなりますように!

まずは取り急ぎ、きょうの晩ごはんの記録から。
kako-Y82FT81oi4YXPluU.png
豚の生姜焼き
厚揚げの味噌チーズ焼き
きゅうりと沢庵のサラダ
タマネギとほうれん草と生ワカメのおみそ汁

kako-ynITk90tJGKNCsQn.png
左:生姜のすりおろしと名古屋味噌に万能ネギのみじん切りを混ぜ合わせて
  切り分けた厚揚げの表面にたっぷりと塗ります。その上からとろけるチーズを乗せて
  オーブントースターで加熱したら出来上がり☆

右:細切りの沢庵ときゅうり、プチトマトをオニオンドレッシングで和えて白ゴマを振ります♪
きょうは諸般の事情により(笑)いつにも増してカンタン時短なおかずです(^^;
厚揚げは濃い味噌を塗るので湯通しをサボっても大丈夫~(笑)

kako-nuCyPSVhcZhdxin1.png
メインはこれまた手軽な生姜焼き(^^)火の勢いが強すぎてちょっと焦げちゃいました(汗)

3連休最終日の今日はボス夫さんとふたりで滋賀県にある彦根城へ出かけました。
国宝指定の名城とあって最初から最後までテンション☆マックスでございましたよ!(*^▽^*)
PCに移した大量の画像から察するにそれはもう長い長~いレポになることと存じますが
明日よりおいおいアップしてまいりますので、どうぞ気長にお付き合いくださいませ♡
kako-hOeDi16Etp6suhBf.png

今、気がついた!!

たった今、人さまから教えられて気がついた事実・・・

祝 ブログ一周年!!(笑)

一家の主婦として何一つ満足に成し遂げられない自分への戒めにと始めたブログも
本当にたくさんの方々から温かいお言葉と励ましに満ちたありがたいご縁をいただいて
1年間、とっても楽しく続けることができました(T▽T)

おかげさまで日々の生活にもメリハリができ、少しでも実のあるハッピーな毎日にしよう!と
頑張れるようになった気がします(喜)
今後ともつたないなりに小さな幸せをつづっていければと思っておりますので
どうぞ変わらぬご愛顧とご鞭撻のほど、謹んでよろしくお願い申し上げます♡
kako-JwyymGG5qiBtYMZT.png

追伸・・・ボーノくんさまへ

きょうのおやつと晩ごはん

こんばんは~(^^)

普段はそれなりに節制を心がけているんですけど(あくまでもそれなりにww)
久しぶりに美味しいケーキを思う存分食べたい!と思い立ちまして
ボス夫さんにお願いして、ずっと気になっていたケーキ屋さんへ車を出してもらいました♪
kako-4dTIs16xIwkbIvVu.png
『パティスリー オペラ』さんの生ケーキ♡♡♡
地域密着型のこじんまりしたお店ながら、パリのペッシュ・ミニヨンにて修行された
パティスリが存分にその腕を振るっておられるクオリティの高いケーキがいただけます。

あれもこれもと目移りする中で今回は
 キャラメルモンブランとアールグレイのシフォンケーキ(左上=あすも)
 苺のショートケーキとティラミス(中央=ボス夫さん)
 ギューヒクレープ(右上=娘)

をチョイスしてみました♪あ、ちなみに娘だけ1個しかないのは決してイジワルではなくって
彼女があまり甘い物を好まないからですよ~(笑)
ちなみにこちら、求肥(お餅の皮)で苺のショートケーキを包み込んだ苺大福風のケーキなんです!

kako-4SYvjGVNfoTEzHKu.png
左:箱から取り出す時からすでにアールグレイの香りが!ふんわりと空気を含んだ軽い食感が
   素晴らしい、まさに『シフォンケーキのお手本!』とでもいうべき佳作でした♡
右:濃厚なキャラメル味のプリンムースが香ばしいアーモンドタルトに乗せられています♪
   繊細に搾り出されたクリームとともに何層にも食感の変化が楽しめる美味しさ♡

久しぶりのダブルにお腹も心も大満足でした(*^^*)

続いてきょうの晩ごはん♪
kako-Nx1CkWgAshXQ6rYF.png
レンコンのはさみ揚げ
カボチャのバターソテー
キャベツと生ワカメとオクラのおみそ汁
再び、ザク豆腐

kako-s5talSI1ZojEzDVq.png
 豚ミンチにすり生姜、名古屋味噌、香味ペーストと刻んだ万能ネギを混ぜてよく練ります。
 薄くスライスしたレンコンに片栗粉をまぶして、調味した豚ミンチを挟み形を整えて
 水溶き天ぷら粉にくぐらせたら中温に熱した油で揚げていきます。
 油の温度を少し上げてから、へたを切り落とした万願寺唐辛子も素揚げにして
 盛り付けたら出来上がり☆

タネの方にしっかりと味つけしてあるので、天つゆはなくても大丈夫(*^^*)
お料理上手の『ぱぴこ×2 風と華とねーねと時々パパ』宅のねーねさまから
いただいたアドバイス通りに少し天ぷら衣を弛めに作ってみましたら
なんとかから揚げ化はまぬがれました♪ありがとうございます、ねーねさま!

明日はボス夫さんとドライブデートの予定♡晴れるといいなぁo(≧▽≦)oワクワク☆

『半沢直樹』最終回は最高視聴率50%越えだとか!(@0@)
  ものっそいネタバレしておりますので未視聴の方は
  決して開けないでください!

それぞれの休日と晩ごはん

今月2回目の3連休は、良すぎるほどのお天気でスタートしました♪

娘はバイト先の塾で講師陣を集めての『学習会議』とやらに出席だとか。
つまりは仕事ってことでお疲れさまです(^^;

ボス夫さんはもちろん鮎釣りに!
先週の台風で市内の川に居たであろう鮎はほとんど流れてしまったんじゃないか
ということで明け方から兵庫県の揖保川まで足を伸ばしたそうで。
つまりは遊びってことですがこれまたお疲れさまです(笑)

さて、わたくしはというと午前中は母とヨガのレッスンをいたしまして
午後からは久しぶりにジャム作りです(*^^*)
kako-08Q3khtYCCubhdpZ.png
実家からお裾分けしてもらった大量のイチジクが、かなり熟しきってましたので(笑)
皮を剥いて半量のお砂糖とともに極弱火でじっくりと煮詰めていきます。
色止めにレモン汁を加えておよそ半分くらいの嵩になるまでのんびりと♪

実量およそ500gのイチジクで
kako-sL3JZbdKJgPZloYl.png
市販のジャム瓶2本分できあがりましたヾ(@⌒▽⌒@)ノ

夕方にボス夫さんから連絡がありまして、道すがら食事をして帰るとのこと。
そんなわけですっごく久しぶりに娘と二人ごはんになりました(*^^*)
kako-zGFkJotmyJvHaiAb.png
ほっけの開き
イクラと生ワカメのサラダ
和風カルボナーラ風素麺

得意先の打ち合わせに出かけていた父からお土産の品をゲット☆
kako-DAnOaJ5cUu1F5zs4.png
肉厚で脂の乗ったほっけの開きと、娘の大好物ぷりぷりのイクラです(*^-゚)vヤッター♪
ほっけはそのままシンプルに魚用グリルで焼いていきます。
しっとりとした脂は全然しつこくないので二人してお箸がすすむことすすむこと(笑)
イクラは先日もらった生ワカメと大根の薄切り、残りものの水菜を合わせてサラダ風に♡
ほどよくきいた塩味とぷりっとした食感がたまりません(*´∇`*)

きょうのメインはパスタ・・・じゃなくて素麺ですww
kako-qGSccmfVR7KEfSDj.png
 フライパンにオリーブオイルを温めてベーコンを炒めます。香りが出てきたら
 ざく切りのほうれん草を加え、香味ペーストとめんつゆで味つけします。
 卵は室温に戻して、沸騰させたお湯で茹でること6分
 水ではなく沸騰したお湯で茹でるのがポイント☆いい感じの半熟になりますよ♪
 茹でて湯きりした素麺をフライパンに加えて、ベーコン・ほうれん草と混ぜ
 馴染ませていきます。(麺が固まるようならめんつゆを少々)
 お皿に盛り付けたら半熟卵を潰しながら乗せて完成~♡

いただくときは豪快にざくざくとかき混ぜて卵を絡ませていきます♪

実は夕方から体調が下り坂だった娘・・・『お腹が痛い』と言いつつも
 『今日のごはんは、美味しいから全部食べたい』
と痛み止めを飲みながら完食してくれたっていう!!
作り手としては冥利に尽きる嬉しさではございますが、ちょっと極端じゃなくね?(^^;

新記録!ボス夫さんの釣果☆

今日は中華風♪

さきほどまで宮部みゆき氏原作のテレビドラマ『寂しい狩人』を観ていました♪
須賀健太クン・・・大きくなったな~(@0@)娘と同じ年とは知りませんでした!
ホント、人様の子たちは成長著しく感じます(感)

さて。うっかりエスニック飯でお月見を迎えたあすも家の食卓ですが
本日は微妙に中華風味でございますwww
kako-iQjtmuD5yklSNSbI.png
酢豚風根菜の炒め煮
なすのソテーとポテトサラダ ネギ塩ダレがけ
大根と生ワカメの煮物
芝海老と水菜の春雨スープ

昨日、大量に作りすぎたポテトサラダに茄子のソテーをプラスして・・・
kako-sKE5xoYwG0ekTYjV.png
市販の『塩ダレドレッシング』に長ネギのみじん切りを合えてみました♪
これがさっぱりした中にもパンチが効いていて、かなり美味しかったです♡
理研 ノンオイルドレッシング くせになるうま塩 1L理研 ノンオイルドレッシング くせになるうま塩 1L
()
リケン

商品詳細を見る

↑コレ、かなりおススメです!
ドレッシングですが、お肉やお魚にも合うので幅広く便利遣いができますよ~♪

kako-HvnJT6lZiXrwwogK.png
母が仙台旅行のお土産にくれた生ワカメをいただきました(*^^*)
海の香りがぎゅっと濃縮された旨みがお大根に染みてとても美味しかったです。
春だったら筍と合わせたいところですね~♡

メインは酢豚風の甘酢炒めです☆
kako-FNZrygwNwE6QFE0g.png
豚肉は揚げずに片栗粉をまぶして炒めます。
カロリー調整というよりは単なる手抜き?(笑)

kako-kOHpaedRFbhZ6HzX.png
 鶏がらスープにダシダを少々加えて沸騰させたら芝海老を入れて一煮立ち。
 熱湯で戻しておいた春雨とざく切りにした水菜を加えたら粗挽きコショウで
 味を調えて出来上がり(^^)


ちょっとずつ調子が戻ってきたかな~って思ってたら再び3連休じゃあーりませんか!
ボス夫さんが仕事をお休みするとなぜかわたくしまでお休みしなくちゃって思うのは
なんでだろう・・・(爆)

きょうのおやつ

仲秋の名月・・・には全然関係ないごはん

こんばんは(^^)
本日は仲秋の名月・・・しかもちょうど十五夜、しかも晴天ということで
夜空を見上げておられる方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
かく言うわたくしも
kako-tSp9WSwEesAB7ATD.png
家の窓からパシャリと一枚♪まるで太陽のように明るい光でした。

こんな日は、しみじみ和食にお月見団子とすすきを飾って・・・
kako-6OyII05rg618npNf.png
って全然ちゃいますがな~っ!!(笑)
 タンドリーチキンとバターライス
 にんじんとハムのピリ辛胡麻ダレ和え
 ポテトサラダ

心の底からうっかり~(^^;今朝のニュースで耳にするまですっかり忘れてましたww
一週間分の買い物も済んでいたのでいまさら変更が効かない我が家のごはん。
よりによってまさかのエスニック風味っていうね・・・
kako-QBuILIM8uX8OmKwh.png
冷凍ご飯が溜まってきたので、バターと香味ペーストで炒めてデリ飯風に。
タンドリーチキンの味が少し薄かったのでソースを少々足しておきました。
ひとり鶏モモ1枚とボリューミーですが、相当な脂を落としているので実はヘルシー♡

ポテトサラダは余っていたホールコーンを足したのでにぎやかな感じになりました♪
kako-rJAyJLoSH1Hnrx18.png
実はめちゃめちゃ作りすぎちゃいまして、もう一皿分残ってまーす(笑)

kako-biR5ts5SE6obBDPf.png
以前に作ったニンジンサラダは、にんじんのエグ味がそのまんま残ってしまって
全員のお箸が止まってしまうくらいものすごーく不味かったんです(^^;
その反省を踏まえて、しっかりと湯通しをして志野さんのピリ辛胡麻ダレで
濃いめの味つけに。おかげさまで今度は全員美味しくいただけました(ホッ♡)

娘の新しいチャレンジ

病魔退散!

kako-Orurrw5EhQnO95hc.png
今日もまた突き抜けるような青空が広がる晴天のなか、
『やすらい祭り』で有名な今宮神社へお参りに行ってまいりました。

元は古くから疫病の神とされる素盞鳴命(すさのをのみこと)を祀る社があったそうです。
平安京建都以降、うち続く疫病や災厄を鎮めるためたびたび紫野御霊会が営まれ
994年に疫神を二基の神輿に齋いこめて船岡山に安置したものを、
大己貴命(おおなむちのみこと)・ 事代主命(ことしろぬしのみこと)・ 奇稲田姫命(くしなだひめのみこと)
由緒ある祭神とともに再び社地へお戻しになったのが縁起なのだとか。

時代が下がり江戸初期に、京都西陣の八百屋に生まれた「お玉」が徳川3代将軍家光の側室となり
5代将軍綱吉の生母、桂昌院として従一位となったことから「玉の輿」という言葉が生まれましたが
その桂昌院の氏神として由縁のある神社でもあります。
kako-AkQytxQbvEpQoCKY.png
本日この今宮神社を訪れたのは、お友だちの大切なご家族の病気平癒と手術の無事を
お祈りするためでした。
kako-BRrgMrJPFP1Ioeto.png
今宮さんの狛犬たちはどっしりと身が重くいかにも頼もしい表情です。
どうぞ同じ眷属である彼女を御守りくださいませ(-人-)

まずは本社拝殿に向かいご挨拶と祈願をいたします。
kako-2nEGSPdfNF8Ein23.png

絵馬に『平癒祈願』の念を込めて奉納させていただきました。
kako-VGJweHRcwzgX5bQn.png

kako-lTwAjYoriq9a94S6.png
今宮の『阿呆賢さん』とよばれる奇石です。この石に病気平癒を祈りながら
軽く手の平を当て石を撫でてから身体の悪いとことをさすると回復するのだとか。
また清水寺にあるのと同じように『重軽石(おもかるいし)』とも呼ばれています。
手の平で軽く3回叩いて持ち上げます(この時は重い)。次に願い事を心に込めて
3回撫でてから持ち上げてみます。最初より軽く思えれば願いが成就するとのこと。

さっそく『病魔退散』を願いながら持ち上げてみました。

・・・よし!大丈夫(^▽^)ちゃんと軽く感じましたよ!!

今宮さんの境内は杉や紅葉の木々が多くて気持ちのよい空間でした。
kako-jumnj6jPdSTrwO4C.png
たまたま神前結婚式を挙げてらっしゃる若いカップルに遭遇♪
赤い唐傘と見事な打ち掛けがあんまり素敵だったので、そっと背景を撮らせていただきました♡
どうぞ末永くお幸せに!

kako-YUQBqmwdEGspSZRC.png
社紋は百木の長であり不老長寿の象徴『三階松』でした。
春の息吹を思わせる桜と土筆が組み合わさって、造詣がとても美しいご紋ですね(*^^*)

知らせを耳にして何のお力にもなれないことが歯がゆくもどかしい思いでいっぱいだったんですが
社神を前に手を合わせご祈願させていただくことで、わたくしの心も落ち着かされました。

今はただ心静かに経過の良好と息災ない結果を信じています・・・
kako-bf8yCDb1a5rHPriJ.png

リハビリごはん

kako-EsGIaiTbykZuVCBJ.png
先日の暴風雨から一転、台風一過の青空が眩しい一日となりました☆
全てを流しきったように澄み渡る空気はからりと清々しくて、早くも初秋の気配を感じます。

雲ひとつない空から降り注ぐ太陽の光。道に伸びる影も色濃くて・・・
kako-fmXE0vYpQzDw6gEa.png
・・・っていうか紫外線がヤバいです!
慌てて日焼け止めと日傘を引っ張り出しましたwww(^^;

実は先週半ばから連休にかけて、自分でもビックリするくらいモチベーションが上がらず
おうちごはんを作る気力すらありませんでした(><)
これといった理由も心当たりないままに、ずるずると外食や出来合いで済ます毎日・・・

これではイカン!と、自分の過去記事をひとつひとつ読み返してみることに。
つたないなりにコツコツと書き溜めたおうちごはんの記録も感慨がありましたが
なによりも、みなさまからの温かいお言葉の数々に改めてパワーとヤル気を授かりました!

来訪くださるみなさま、お一人お一人に感謝の気持ちを込めまして
心機一転ちょっとずつ頑張ろう!なごはんです(^^)
kako-ZUyRiCyTiXXJ0bU6.png
焼き野菜添えカレーライス
トマトと長ネギのおみそ汁

まずはリハビリからってことで品数が少ないんですけれど(^^;
kako-cxMA4RZB4ucNgYES.png
この日は娘がバイトに出かける予定だったので、とにかくぱぱっと食べられるごはんです。
めずらしくボス夫さんから『カレー食べたい』とのリクエストをいただきましたので
いつものチキンカレーに、オーブントースターで焼いたカボチャ・椎茸・蓮根・万願寺唐辛子と
ゆで卵も添えて、ワンディッシュでもお野菜がいただけるように心がけてみました(*^^*)

本日の晩ごはんはなんと娘の彼氏が飛び入り参加でございました(≧▽≦)
・・・なんかプレッシャーを感じるヮ(汗)
kako-LUiYS4Hm0BGTzVmE.png
アジの塩焼き
冬瓜とベーコンのコンソメ煮
卵焼き・ほうれん草のお浸し・玉蒟蒻の名古屋味噌炒め
なめことネギのおみそ汁

kako-g1oynJvVJ652IKoP.png
もっと事前に分かっていたら若いコ向きのお肉系おかずにしたのに~(^^;;
しかも家族分しか購入してなかったので、わたくしはストックしていた鮎で帳尻合わせ(爆)

kako-OFBmlvUvkd20zdo0.png
 玉蒟蒻は軽く湯通ししておく。フライパンにごま油を熱して玉蒟蒻を炒めつけ
 お酒とめんつゆを回し入れたら弱火におとします。名古屋味噌も加えて蓋をし
 汁気が少なくなるまで煮詰めていきます。最後にみりんを少々入れて味を整え
 仕上げに山椒を振ったらできあがり☆

あまりにも油っけのない食卓(笑)でしたので、卵焼きも添えてみました!

冬瓜はベーコンと白ネギを一緒にコンソメで煮込んで若向けに♪
kako-CiXfHx6C3GexMrQl.png
味を締めるために粗挽きコショウを振りました。
なにしろ彼氏クンの味の好みがいまいち分からないので、調味料もやや弱気(笑)

『嫌いなものがあったら遠慮なく残してね』って言ってあったのですが
有り難くもキレイに完食してくれました☆
お世辞かもしれませんけど『美味しかった』って言ってくれてたみたいで
ちょっとテンションが上がってまいりましたゾ(*^^*)エヘヘ

褒められて伸びるタイプなので(←オイ笑)
今後ともどうぞよろしくご愛顧のほどをお願い申し上げまーす♡なんちてwww

とりいそぎ

こんにちは。

昨夜は大変な風と雨に見舞われた近畿地方のみなさま、大事ございませんでしたか?
また本日以降、台風の進路なる東日本のみなさま、非常に強い雨と風に見舞われる
可能性がとても高いです。くれぐれもご注意ご警戒いただいてどうぞご無事に
過ごされますように・・・

普段見慣れた桂川の景色が一変してしまいました京都ですが
幸いなことに我が家は特に大きな影響もなく、かろうじて言えば
深夜から明け方に家を揺らすような風雨とスマホの特別警戒警報音に
驚かされてやや寝不足気味、といったところでしょうか(^^;

嵐山や伏見など氾濫が見られた地域はわたくしにとっても、とても馴染みが深く
しょっちゅう足を運ぶ場所だけに、今後の動向が気がかりです。
どうぞ最小限の被害にとどまりますように・・・

3連休中、更新をサボらせていただいております。
コメントをくださっているみなさま、沙汰無しのご無礼をお許しくださいませ。
本日午後より順次お返事させていただきますm(_ _)m

まずはとりいそぎご挨拶させていただきました。

沖縄の豆腐たち

なんだかすっかり夏に逆戻りしてしまった今日このごろ。
何を着ればいいのやらさっぱり分からなくなったあすもです(^^;

きょうの晩ごはんは実家からもらった沖縄の名産品
kako-QkEFeHo23NxMg1Pw.png
『島豆腐』と『ジーマーミ豆腐』どちらも初めていただきます☆ドキドキ

kako-C6eYhv4sDMokObYT.png
島豆腐のチャンプルー
出汁がけジーマーミ豆腐
蒸し豚
九条ネギとシーフードのチヂミ
キムチ&チャンジャ&ゴマ海苔

島豆腐はチャンプルーにすると美味しいと聞いたのですが
残念ながら我が家は全員ゴーヤが苦手(^^;
替わりにほうれん草を使います♪
kako-myn4gluFnJRMCkmJ.png
 フライパンにごま油を熱して一口大に切った豚肉と手でちぎった島豆腐を炒めます。
 焼きめがつき始めたらキャベツ、にんじんを加えて、ダシダ(韓国の牛肉ベースだし)と
 めんつゆ、塩で味つけをしたらほうれん草をのせて蓋をして蒸し焼きにします。
 火が通ったら溶き卵をかけ回して出来上がり☆

水切りをめいっぱいしてぎゅっと凝縮したような食感の島豆腐に、豚肉の旨みが染みて
とても美味しかったです(*^^*)味つけが濃くなっちゃったので溶き卵を加えたのですが
これがまた島豆腐にほどよく絡んでいい感じ♪

島豆腐・・・ファンになりそうです♡

続いては謎のジーマーミ豆腐www
kako-mDmbmu0eBcPR6T0I.png
母からは『クリームチーズみたいよ』と聞いていたのですが・・・そぉか~ぁ?!
見た目はかなりとろとろの状態でヨーグルトのようです。
キムチと合わせたりオレンジマーマレードと合わせたりしても美味しいとのことでしたが
初心者は付属の醤油ダレで無難に・・・(笑)

ジーマーミ豆腐とは?・・・名前に「豆腐」と入っているが大豆の加工品ではなく
                落花生の絞り汁に芋くずを加えてつくる。(ウィキペディア参照)


なるほど~☆落花生の風味だったのね!
口にした時は胡麻豆腐に比べて緑豆っぽい青臭さがあるな~と感じていたのですが
確かに落花生といわれれば納得です!意外にクセもなくて醤油との相性も良いいので
とても食べやすいです・・・クリームチーズとは全っ然違いますけど(笑)

バイトに向かう娘を駅まで送っていったついでにコリアフーズでいろいろ買い込みました♪
kako-ESXPGQFrgigmRCER.png
『京都キムチのほし山』さまは困ったときの救世主(笑)
キムチをはじめ本格的なコリアフーズがリーズナブルなお値段で揃うので
晩ごはん作りをカンタンに済ませたい時にはありがた~い存在なのです!
(以前の記事はコチラ♡)
左:九条ネギと海鮮チヂミは『ベタ』とも呼ばれていて、
   日本一激辛グルメ決定戦KARA-1グランプリ7位入賞した逸品です
右:本日はサービスデーということで2000円以上購入しましたら
   水菜のキムチをおまけしてくださいました!ラッキー☆☆☆

kako-V1N9Phrzwli4TBM3.png
ふと気がつけば、沖縄と韓国がコラボしたエスニックな食卓となりました(笑)

誕生日おめでとう!

こんばんは(^▽^)

本日はわたくしの父の七十ウン回目の誕生日です(〃 ̄▽ ̄)o-o∠※PAN!"。・:*:・゚☆

思い起こせば。
女子高の正門前にスモークを貼った白いセドリックで乗り付けて
パンチパーマにレイバンのサングラス、真っ白のとんがりエナメル靴という出で立ちで
『おう、そこのおねーちゃん。あすも居るか?』とのたまって学友をドン引きさせた父・・・

危うく通報されかかったのは未だにナイショにしています(--;

大学生活を謳歌していた頃、友人と水入らずで楽しんでいたパジャマパーティーに
高級ブランデーとマイグラス持参で強制参加してきた挙句、エエ調子に酔っ払って
敷居に足の小指をぶつけつつも『ほなごゆっくり~』と上機嫌で退場した父・・・

以来、飲み会の予定があるたびアナタの出欠を確認されるようになりました!

家族で海水浴に出かければ誰よりも早く海に飛び込み、誰よりも遠くの沖まで泳ぎ
誰よりも浮き輪とビーチマットを独り占めし、誰よりも遅くまで海から上がって来ない父・・・

しかもそんなアナタを誰も特に心配してないっていうね(デフォルトだから)

俺さまルールを数多く持ち(ちょっと面倒くさい)世話焼きで一丁噛み(人は良い)
新しいものが大好きで(使いこなせてないケド)家族と仕事をこよなく愛する父・・・

 とにかく健在でいてくれてありがとう!
 これからも変わらず愛すべきオヤジとして
 我が家の中心で仁王立ちし続けてください(^^)


・・・というわけで一日フライングですが、昨日の晩ごはんは父のハピバディナーでした♡
以前にもご紹介した(前記事はこちら)ウチの節目には御用達のお店・・・
kako-ZQxHbj5Enc7jsUkd.png
『旬肴 ひなか』さまです(≧▽≦)
こちらは素材の良さを最大限に引き出す職人技で「おばんざい」にも通じる京好みな
創作和食料理をリーズナブルに提供してくださるお店で、父をはじめ我が家のご贔屓さん♡

まずは先付けから・・・
kako-gouZssQzpwBYZ9rs.png
左上:いつも繊細な盛り付けが魅力のお通し。どれも手が込んでいるのに親しみやすいお味なんです!
右上:燻製チーズと生麩のバルサミコ酢はメニューにあれば必ずいただく一品です♡
   しょっぱさと酸っぱさと甘みと旨みと・・・とにかく食べてみないと分からない美味しさwww
左下:生ハムのサラダは新鮮なグリーンと塩味を抑えた生ハムの相性が抜群。
   炙ったパプリカの香ばしさがポイント☆
右下:焼き胡麻豆腐。表面を炙ることでより胡麻の風味が凝縮されている感じ(*^^*)
   食感もむっちりとまろやかでいつまでも食べていたい~(笑)

kako-U7yY5ITkx4A7Zzzg.png
お刺身の盛り合わせです。新鮮な旬の魚介が惜しみなく乗せられています。
今回のヒットは軽く湯に晒した半生の蛸♡コリコリとした食感がたまりません!

kako-jekItkUpKct6VVvn.png
左上:盛り合わせから焼き締めた鰆をいただきます。ぎゅっと旨みが詰まっていてお醤油要らず♪
右上:鯛の柚餡焼き。皮目の香ばしさの奥からほんのりと立ち上る柚子の香りにお酒もすすみます!
左下:海老と生麩の春巻きあんかけ・・・こういうのはやっぱり外ごはんならではの技ですね。
   パリッと揚がった春巻きの美しさ、とろりと舌に纏うあんのまろやかさは真似できません。
右下:牛すじ肉のとろとろ煮込みはボス夫さんのオーダー♪口に入れた途端とろりと溶け出す
   肉の脂が全然しつこくなくてむしろあっさりと食べやすい逸品でした。

骨せんべい??・・・いえいえ違います(笑)
kako-wN2PhTX7dL1MoWAY.png
脂の乗った新物の秋刀魚を塩焼きに。あまりにも美味しそうすぎてカメラを構える前に
全員のお箸が集中いたしましたwww
『品格ランキング』に出しても恥ずかしくない完食っぷりでございます(*^^*)

『ひなか』さまでは、旬の味を楽しめる月替わりメニューとその日のベスト素材を使った
日替わりのメニューの2種類が用意されているのですが
kako-KhKEx9hwXdPiwypX.png
ちょっとワガママなお願いをしてみました☆
kako-HE0qxBvRlIjq5573.png
左:父の好きな出汁巻きはとにかくふんわりと柔らかくはんなりとしているのに
  しっかりと出汁の味が楽しめる『京都のおかず』らしい味わいです♡
右:メニューに『焼き松茸』とあったのでダメ元でお願いしてみた土瓶蒸し(*^^*)
  ひなかさんのお出汁は家に持って帰りたいくらいの美味しさ!ああ、至福~♡

kako-WSPlftm7auSIXl1z.png
左上:野菜の天ぷら・・・そう!こんなんが理想ですねん!!衣の繊細さも火の通り具合も
   『絶妙』のひと言☆手前のアボカドは今まで食べた野菜の天ぷらの中でも最高!
右上:娘の〆は『鮭茶漬け』がお約束♡一口もくれなかったので(笑)お味はご想像にお任せwww
下:デザートは柚子のシャーベット(左)とレアチーズケーキ&豆腐のアイス(右)をいただきました♡
  こんなにお腹がいっぱいなのにどうしてこんなに美味しいんだ~☆(≧▽≦)

もう途中からいったい誰のためのごちそうなのか分からんくらい食べまくりました♪♪♪
こんなお誕生日だったら一日一歳ずつ年をとってもいいんじゃなかろうか(オイ笑)

娘からおじいちゃまへの誕生日プレゼント

きのうのごはん

こんにちは☆

空は高く晴れ渡り風は涼しくさわやかな日が続いています。
こんな天気がずーっと続いてくれたらありがたいんですが♡

最近、自宅で母を相手にヨガを教えています(*^^*)
年齢の割には若々しくて健脚を誇る彼女も
やはり年々体が硬くなってきている様子。
特に股関節が強張ってしまっているせいで『歩き痛み』に
悩まされているのだとか。

できるだけ負担がかからないように寝位と座位を中心に
ポーズにもこだわらずまずは身体をほぐすというコンセプトなのですが
根はとても頑張り屋さんの彼女・・・

どの動きもすごく緊張しながら頑張ってしまうので力みが全然取れず
むしろどんどん体が固くなっていくような気が・・・ああ逆効果(^^;
確かに『力を抜く』というのは、実はかなり難しいことなんですけどね。

ヨガはわたくしにとって一生続けていきたいと思える楽しみのひとつで
いつかティーチングができたらいいなと思っているんです(*^^*)
母とのレッスンがその先駆けになるといいなぁ♡
kako-236pYJcz2yyS6ZoI.png

では、恒例のきのうの晩ごはんです(*^^*)
kako-9CmIod0sloD2DoTi.png
牛肉の名古屋味噌炒め
キュウリと大根と桜えびのピリ辛和え
ひじきの炒めサラダ
卵とわかめのおみそ汁

kako-aaZZeKLc3kT24e6H.png
先日父に買ってきてもらった『志野』さんの“ピり辛のごまだれ”を使ってみました♪
唐辛子とにんにくの風味がしっかりと効いているのですが、さらりとした食感なので
サラダや和え物などお野菜にもよく合うんです!これはリピ買い決定☆

ひじきと細切りのキャベツ、ホールコーンをオリーブオイルで炒めます。
kako-Hs1H70rWSXNdePXx.png
味つけは粗挽きコショウをしっかり振って、火を止めてからオニオンドレッシングで。
ありあわせの一皿ですが意外にお箸がすすみましたよ(^皿^)

kako-4Urnd48X2GgDFn25.png
 牛スライス肉は細切りにして塩コショウしておきます。フライパンにゴマ油を熱し
 しょうがとにんにくのすりおろしを入れたら肉を加え色が変わるまで炒めます。
 香味ペーストで軽く下味をつけたら名古屋味噌と刻みネギをたっぷり入れて
 はちみつ、しょうゆで味を整えます。ちょっと甘濃い方が美味しいですよ☆
 ざく切りの水菜をお皿に敷いて上からお肉を盛り付け白髪ネギをあしらったら完成~

娘が牛肉の匂いというか風味?があまり好きではないので、我が家の牛肉料理はしっかりと
濃い味つけにすることが多いです(*^^*)
今回は箸休めの味とカブるので甘めの味噌炒めにしましたが、豆板醤やコチュジャンで
ピリリと辛くしてもよろしいかと♡

さて、今日はわたくしの父のバースデーお食事会です♪♪♪ごちそう楽しみ~(*^^*)

きょうのうちにひとこと



東京オリンピック開催決定☆おめ

実は朝から全然テレビも新聞も見てなかったわたくし(^^;
髪を切りに行った美容室の担当クンに教えてもらって初めて知りました!!

経済効果や財政問題などなど・・・問題やご意見も様々にございましょうが
開催が決定した以上、めいっぱいこのお祭りを楽しみたいと思います☆
まさか、自分が生きているうちに(た、たぶん大丈夫だよねっ笑)リアルタイムで
自国に五輪旗が掲げられる日が来ようとは・・・なんだか感激で~す(*^^*)

どうでもいいおまけ

ザクを食べてみた!

こんばんは(^▽^)

曇り空ににわか雨と天候はいまいちですが涼しくて過ごしやすい一日でした。
油照りの夏と底冷えの冬の狭間・・・少しでも長く続くといいな(*^^*)

さて、娘が東京駅で買ってきてくれたあのお豆腐を食べてみます♪
kako-vb5auHgp3tmNcRqq.png
サーモンの生姜じょうゆ焼き
キャベツと水菜の赤紫蘇ドレッシング和え
トマトとオニオン&ベーコンのコンソメスープ
ザクとうふ

俯瞰写真ですと巨大な温泉卵みたいにも見えますが(笑)
kako-ylbT8v2ysQmz0YRX.png
ほんのりとグリーンがかった枝豆豆腐なんですね♪
反射光でちょっと見にくいですが、なかなか細部まできれいに型抜きされてます。
企画モノなのでお味の方はどうかな?と思いつつ一口いただいてみましたが
枝豆の香りがしっかりと広がり舌触りもなめらかぷるん♡と、なかなか優秀!!
単体でも充分に味がありますが、ごはんのおかずにするなら
お醤油を少々落とすといいかも(^^)
思った以上に大きいみたいでボリュームもかなりの満足感でしたよ。

kako-6hwRkY8jbZNs82kN.png
 塩コショウして小麦粉をまぶしたサーモンはオリーブオイルで両面を
 焼き目がつくまでソテーします。輪切りのズッキーニも一緒に並べたら
 火を弱めて蓋をして蒸し焼きに。小さめのフライパンにバターを溶かし
 すりおろした生姜、酒、めんつゆ、はちみつを加えて煮詰めていきます。
 半分くらいの量になったらレモン汁を加えて、ソテーしたサーモンにかけます。

父にことづけて買ってきてもらった『志野』のドレッシング♡♡♡
kako-m9LTmD57LJSIPKNi.png
キャベツと水菜に釜揚げしらすと刻みアーモンドを混ぜたサラダに
『赤しそドレッシング』を和えてみました♪さらりとしているので薄味っぽいですが
しっかりと赤紫蘇の風味が効いていますので温野菜にも合いそうですね(*^^*)

別の日の晩ごはんもまとめてアップさせていただきます☆
kako-1t3f1I4sfpNzBM8M.png
ピリ辛素麺
大根とパプリカのツナサラダ
にんじんの塩昆布和え

今回もボーノくんさま宅『おいしいごはんBuono日記』よりこちらの記事
参考にさせていただきました(*^^*)

え?本家さまと全っ然違うって?!小さなことは気にするな~ワカチコワカチコ♪(笑)
kako-X5GBbgCPSeXbncD3.png
元々はナスと伏見唐辛子と鶏ひき肉を中華風のピリ辛味噌炒めにするだけのつもりが
ボーノくんさまの『ピリ辛素麺』を拝見した瞬間から、“お素麺に乗せる”ことしか
考えられなくなりました(笑)白ご飯でいただくよりもさっぱりと食べやすい感じで
胃腸が疲れがちな夏の盛りにもピッタリの一皿です(*^^*)

ボーノくんさま、相変わらずの換骨奪胎で失礼いたします(^人^;)
ボス夫さんにも好評で大変美味しくいただきました!ありがとうございます♡

またまた別の日の献立
kako-Jjs32AQTVFGmMdwA.png
じゃがいもとベーコンのチーズ焼きグラタン風
ブロッコリーとドライパック大豆のサラダ
コーンスープ

kako-saTXJegRqMJMmwiO.png
大豆は水煮を使うとカンタンなのですが、わたくしが最近凝っているのが『ドライパック』
煮汁ごと詰めた水煮と違い、缶に大豆だけを詰めて高真空状態で蒸気加熱したドライパックは
大豆の旨みや舌触りがしっかりと残り、また下ごしらえが不要なのでサラダにも手軽に使えます。
 (水煮した大豆の汁気を切って缶に詰めたものもドライパックを称すこともあるそうです。
 今回はco・opの製品を使用しています。)


輪切りにしたジャガイモを耐熱皿に並べたら刻んだベーコンと溶けるチーズを乗せて
パン粉をふりかけてオーブントースターへ♪ちょっと焦げちゃいました(^^;;

きょうのおまけ

お帰り!そして行ってら!!

娘が大学の友人と『東京女子ふたり旅』に出発したのが昨日の早朝のこと。
レール&ステイの手配から旅費の算段、はたまた現地での行程表作成まで
全て自分たちで準備したようで、親であるわたくしは出発の時間と宿泊ホテルの連絡先が
冷蔵庫に貼ってあるのをふむふむと眺めるだけでした(笑)

前記事追伸にもあるようにとりあえず新幹線の駅までは送っていったのですが
それ以降、たった1度メールがあったっきり完全な音信不通(^^;
はてさてどこでどうしているのやらと、いい加減に気もそぞろとなった夕方・・・

 『荷物多すぎ。駅まで迎えにきてもらえませんか?』

とのお願いメールを受信しました(^_^)=3

おかげさまで両手にお土産の袋をぶら下げた我が娘の元気な姿と
無事に再会を果たすことができましたパチパチパチパチ~☆
・・・ってお土産話をする間もなくバイトに出かけた彼女・・・OLかっ(笑)

kako-9GDacnD4wT43tsjE.png
旅のメインイベントは『TOKYO DOMEで野球観戦』だったとか。
ごひいき球団の日ハムが無事に勝利したということでご満悦の様子でした(^^)
生まれて初めて、若者の聖地?『原宿』でのショッピングも楽しめたそうです☆

翌日は渋~く『浅草』へ・・・ってそれわたくしが行きたいんですけどぉ!!
kako-EDKIScMquk5BNwqH.png
心配していたお天気も大きく崩れることはなかったそうでよかったよかった♪

出発前の『お餞別』が功を奏したのか(笑)お土産もたくさん買ってきてくれました♡
kako-pD9oiXDUS2YxDlyf.png
ボス夫さんへは浅草名物『人形焼』を(^^)
kako-UafqmTjosw1id7N9.png
実はわたくしもボス夫さんも実物の人形焼を見るのは初めて!
浅草の五重塔や境内の鳩を模してあるのが面白いですね~
手前の渋~~~い佃煮はおじいちゃま、おばあちゃまへのお土産だとか(感心感心)

そして『ママやったら絶対に欲しがると思ってん』とのことで・・・
kako-tGkd5iVbivld7Dr0.png
江戸百を中心に浮世絵ポストカード8枚☆☆☆
きゃ~~~ん!!よく分かってらっしゃる(♡▽♡)
いつもは神社仏閣に誘ってもびみょーな反応だし(当たり前かwww)歴史や古跡にも
全く興味がないと思っていたんですけど・・・ちょっと見直しましたマジで(感涙)

他にも・・・
kako-74t5V6vEyKroUVl7.png
浅草寺の御守り『交通安全』(お互いにねっ☆)とトトロの手拭い♡
まっくろくろすけが可愛すぎてツボ☆ストライクでございます(*^▽^*)

家族のことをいろいろ考えて選んでくれたたくさんのお土産は、何よりもその思いが
本当にありがたくて嬉しくて・・・
よっしゃ!この際、なしのつぶても水に流しましょう!!(笑)
何よりのお土産は無事で元気なあなた自身ですものね(゚∇^d) ☆

kako-h6lnZAapeVMPzXGV.png

明日はバイト仲間たちとユニバーサルスタジオジャパンへ行くそうです。
最寄の駅に朝7時集合らしいですけど・・・ま、もう何も言うまいよ(^^;気をつけて行ってら~

もうひとつのおみやげ

生涯最高の贅沢ランチ

kako-kmEex3cKwj8nVkKl.png
祇園甲部歌舞練場をあとにいたしまして、枝垂桜で有名な円山公園へ向かいます。
池を左に見ながら南門の方へ進みますと・・・
kako-DrFsN92Z7aVQKqbV.png
シックなルネサンス様式の洋館が見えてまいります。
ベンツにBMW・・・高級外車が並ぶこちらの建物がお目当ての『長楽館』です!
kako-t8TWZ51XG21P2tb2.png
明治42年に当時『煙草王』といわれた村井吉兵衛の別邸として建設されたもので
現在はウェディングやホテル・喫茶・レストランとして使用されています。
なかでも『長楽館カフェ』は京都市指定有形文化財である長楽館の各部屋を
そのまま生かした格調高い喫茶となっているのです。
kako-iBOhEl8SkYGPFLX5.png
ネオモダン・シノワズリ・アールヌーボなど、さまざまな表情のお部屋が
幾層にも重なったようなその造りの妙といったら・・・(*´∇`*)ウットリ
できることなら一週間ほど住み込みさせてもらって隅から隅までじっくりと
見学したいほどでございます!

お店の品格にふさわしく上品で凛としたたたずまいの女性スタッフの方に
写真撮影の可否をお尋ねしましたら、実に優しく親しみのある笑顔で快諾くださいました♡

・・・ああ、エンジェル光臨!(笑)

さて、こちらのカフェでランチ代わりにいただいたのが
本格英国式アフタヌーンティーです。
長楽館カフェの代名詞ともいうべきアフタヌーンティーセットは専用のお部屋で
いただくことができるのだとか(♡▽♡)
kako-XvfsIAhm5KywYdzN.png
なんとも優雅なロココ調の『迎賓の間』へと通されたわたくしたち。
もうどこにレンズを向けていいのやら眩暈がするほどの素晴らしさです☆☆☆
kako-Qfdx2XTNxbT0Wd51.png

アフタヌーンティーセットは軽食・スコーン・デザートの3層のお皿とお変わり自由の
お茶を心ゆくまで楽しむことができます♡
kako-pcZuMEvbaDdtRXyM.png
これこれ!このアフタヌーンティーディッシュを拝見しただけで
もうテンションがだだ上がりでございますゾ(☆▽☆)
季節に合わせて涼しげなガラスの器を使ってらっしゃるところがまたニクイ!

覚えている限りで・・・まずは下段から。
kako-BExDa0lvWcyNjHCI.png
ジャガイモとチーズのキッシュ・夏野菜のスパニッシュオムレツ・冷製オニオンスープ
フレッシュチーズパイとプチトマトのスティック・サンドイッチ(ハム&キュウリ/サーモン&大葉)

中段には小ぶりで可愛らしいイングリッシュスコーンが!
kako-dWW33Al0GP86jQWN.png
プレーンとベリーの二種を自家製チェリージャムとクロテッドクリームでいただきます。

上段はデザートの数々がまるで宝石のようです。
kako-F47CpsDqun1elhIu.png
パウンドケーキ・ピーチとジャスミンのケーキ・パインとブルーベリーのタルト・
ピンクグレープフルーツのゼリー寄せ・レモンマカロン・フルーツ(メロン)

お茶はなんと10種類以上のフレバーティーやコーヒーが充実。
しかも、お代わりのたびに違うお茶をいただけるなんてステキすぎる~!
欲張って3回もお願いしちゃいました(笑)
kako-exteJ3Eugc7yqspS.png
ティーポットはハンガリーの有名磁器メーカー『ヘレンド』
“ウィーンの薔薇”シリーズが使われていました。
季節や時期に応じて使い分けておられるのだとか。

kako-JB6472GEU5IrLBD0.png
左:イギリスの代表的なお菓子といえばスコーン。
  みっしりと堅めに焼き上げられているのにさくさくとした歯ざわりがとても軽くて
  『ふたつじゃ足りない!』くらいの美味しさです♡
  自家製チェリージャムも想像以上に野趣のある深いお味でございました(≧▽≦ウマーッ☆
右:食後にサーブされたのがゴールデンパインのソルベ
  もうお腹いっぱいなのにするすると舌の上で溶ける甘酸っぱさがクセになって
  いつまでも食べていたい・・・(笑)

とにかくもう何を食べてもいちいち美味しい!!☆☆☆
特にジャガイモとチーズのキッシュやスコーン、ジャスミンのケーキは絶品でした♡
お腹とお財布のキャパシティに限界があるのを、こんなにも残念に思ったことがありましょうか!
全身の五感全てが満足感で満たされる贅沢ランチでございました(*´∇`*)

・・・・・・・・・実はわたくし、とんでもない勘違いをしておりまして(^^;
事前に雑誌でチェックしていたのですが、『アフタヌーンティーセット(2名さまより)』とあるので
記載されていたお値段を2人分だと思っていたのです(えぇっ?!)
それでも普段のランチ代のほぼ倍・・・『頑張って残業したからたまにはご褒美いいよね?』と
今回、思い切っていただいてみたのですが実際のところは

おひとりさま、3,800円也!! 

あはははははははははは~(^^;もう笑うしかないわコレww
過去にはもちろんおそらく将来も含めて、生涯最高額のランチであることに間違いないでしょう。

ましてや自腹ともなればなおさらのこと・・・ああ、でも悔いなし我が人生!!

kako-xK776zHqf0bIcj7Y.png


きょうのできごと

雨の庭

こんばんは(^^)

干上がりそうだったあの酷暑が嘘のように毎日雨が降り続いています。
特に今日は半袖だと肌寒いほどでしたが、時折吹きつける驟雨にもメゲず
ひさしぶりにリア友さんとそぞろ歩きしてまいりましたゾ(*^^*)
kako-rkFWzycu1SgdGvQk.png
毎年『京の夏の旅』と銘打って観光キャンペーンが企画されているのですが
中でも文化財特別公開は非公開あるいは拝観制限されている文化財を
目にすることができるチャンスです☆
今年は~京都の美・建築と庭園美~というテーマで
6ヶ所の社寺名所で特別公開されているのですが、その中のひとつ・・・
kako-6lFzUuIwSRU0cALY.png
祇園甲部歌舞練場庭園へお邪魔いたしました♪
祇園甲部歌舞練場は、毎年4月に芸妓舞妓による華やかな舞台が繰り広げられる
「都をどり」の会場として知られています。
今回特別公開されているのは、大正期に建てられた歌舞練場別館棟と
「八坂倶楽部(やさかくらぶ)」に囲まれた回遊式庭園とのことです。

『八坂倶楽部』は大正天皇ご即位の祝賀の宴を催すために建築された木造二階建てで
現在は一階部分を「都をどり」のお茶付特等席の待合所として使用されているのだそうです。

係の方から15分ほど花街と祇園甲部歌舞練場についての興味深いお話をお伺いした後、
お庭の方へと拝観させていただきます(*^^*)
kako-BkUZw3k0z0mwWDrB.png
中心にしつらえられた池を中心とした回遊式の庭園は、よく手入れされた緑が美しく
華やかな芸舞妓衆にふさわしい優雅さが印象的です。
沓脱に使われているのは鞍馬の赤石(右下)。池の中心にかかる石橋にも使われているのですが
ここまで大きな一枚石は、現在では切り出すことが禁止されているのだとか。

この庭園、実はかの織田信長の実弟にあたる茶人織田有楽斎(おだうらくさい)の
邸跡と伝えられており、有楽斎が作った有名な茶室如庵(じょあん)』(国宝)にちなんで
同名の茶室が建てられています。
kako-3sX6fdn8ABg2WdDR_201309042222400d6.png

しっとりと雨に打たれた青紅葉がとても情緒的で素晴らしいお庭だったのですが

・・・蚊、多すぎ(苦笑)

リア友さんに借りた虫よけスプレーなどモノともしない強者どものランチ?と
なってしまったわたくしの手足はボッコボコ(>0<)
邸内に戻ると係の方が『よろしければ』とムヒを差し出して下さいました(笑)

八坂倶楽部の建物内には「都をどり」に関する資料も数多く展示されています。
kako-yvjQZ89S0NpOYz8Q.png
舞妓さんが髪に刺す花飾り・・・季節ごとに花が決まっているんです。
都をどりは4月に催されるのでもちろん『桜』です(*^^*)

明治天皇が『ちょっと行ってまいります』とのお言葉とともに新都、東京へと
その居を移されるとそれに伴いほとんどの公家衆や御用商人たちも去ったことから
京都は著しく経済が停滞し都としての機能が衰退してしまったのです。
そこで京都の活性化のために明治5年『京都博覧会』なるものが開催される運びとなり
その附博覧すなわち余興として、当時の祇園の舞踊師匠三世井上八千代氏
元々お座敷で少人数のお客さまを前に披露されていた『お座敷舞』を集団演舞として
振り付けしたのが『都をどり』の始まりです。
kako-qt0Bdf64EhLdZeL8.png
京都の粋を内外に知らしめるハレの場にふさわしく、その衣装は『全てを一流で』と
こだわりぬいた逸品を毎年新調されているのだそうです。
kako-bDQ49CPWoWPQoB6N.png
着物は全て京友禅、帯は西陣織。京を代表する老舗が半年以上かけて作り上げます。
そんな最高級品も一日4公演一ヶ月間を経ると、すっかり傷んでしまい使い物にならないのだとか!
比較的傷みのない部分を切り出して作られた小間物が会期中に販売されており
大人気商品として喜ばれているそうです。なんとも優雅なリサイクルですね!

地元民にとっても、祇園といえば『一見さんお断り』のイメージが強くて
この歌舞練場庭園も敷居が高いのでは?と少々心配だったのですが
係の皆さまもとっても親切で丁寧な方ばかり(*^^*)
祇園甲部という京都最大の花街の伝統を心から愛され大切にされているのが
強く伝わってまいりました!

kako-Ozzd1NjVdimbOXcb.png

さて、次に向かったのは生涯最高の贅沢ランチでございます!
ああ、今思い出してもクラクラしちゃう(≧▽≦)

・・・乞うご期待!

いつのごはん?

おはようございます☆

しばらく雨が続くとの予報でしたが、今のところ気持ちの良い青空が広がってます♪
明るい日差しとアスファルトから昇る熱気は相変わらずですが、清々しく吹く風は
すっかり秋のそれです・・・このまま残暑の戻りがなければよいのですが(^^)

さて鹿に噛まれた傷も少しずつ癒えてまいりまして(心の傷はまだ塞がりませんが笑)
恒例のおうちごはんレポートとまいりましょう☆

・・・・・って、いつのだっけ?コレ(^^;
kako-iwzreNE5F5XPXtNS_20130903022120880.png
天津飯
冬瓜麻婆
水餃子とトマト&キュウリ

たぶんこの日は娘が不在だったと思うんですが(なぜなら明らかに手が抜かれているからww)
まだ4分の1ほど冬瓜が残っていたので色々とメニューを模索しながら仕事をしていた記憶が
うっすらとあるようなないような・・・集中しろ自分(苦笑)
kako-XUfshc0GRT41gZkf_20130903022113068.png
 種とわたを取り除いた冬瓜は皮を剥いて一口大に切り、レンジで軽く熱を通しておきます。
 フライパンにゴマ油をひき、にんにくと生姜のすりおろし、豆板醤、香味ペーストを入れたら
 火にかけて熱します。香りが立ってきたら鶏ひき肉を投入。肉色が変わるまで炒めて
 冬瓜を加えて、お酒と醤油、名古屋味噌、コチュジャンで味付け。
 弱火に落として蓋をし、冬瓜が透き通ってくるまでしばらくおきます。
 粗挽きコショウとたっぷりの山椒を振ってネギの小口を乗せたら完成☆

本当は『花椒』を使いたかったんです!じんわりと舌が痺れるような辛味が特徴の花椒を
加えただけであ~ら不思議☆本格的な四川風のお味がおうちでも楽しめること請け合いデス!

ああ、ボス夫さんがニガテじゃなければ・・・ぐぬぬorz

kako-w6snehsl26BVEDKy_20130903022126411.png
天津飯は冷蔵庫に残っていたもので作ったっぽい(笑)
タマネギとニンジン、ピーマンは大抵、冷蔵庫にひとつふたつ転がっておりますものでww
そしてたぶん水餃子も数のショボさから推理して、冷凍の残りと思われますエヘヘ

続いて一昨日の晩ごはん♪
kako-y5GSsUZimC28vzNw.png
肉巻きレンコンの甘辛焼き
ごぼうとパプリカの甘酢和え
冷奴
タマネギとわかめのおみそ汁

kako-aejPtULz21t9OehW.png
今まで毎月購入していた雑誌『きょうのおかずカレンダー』が休刊の憂き目に(T_T)
献立を考えるのがニガテなわたくしには本当にありがたい一冊だったのに~

kako-G9myjoyrNzms9ewe.png
この日は珍しく娘も一緒に食卓を囲むことができたのでシンプルベーシックな冷奴を。
実は彼女もボス夫さんも“ベタな”料理の方が好きだったりするんです(^^;
・・・といいつつ『パプリカとごぼうの甘酢和え』なんて珍品を作ってしまうあたりがあすもクオリティ(笑)
甘酢にはリンゴ酢を使うとフルーティに仕上がります♪

ひさしぶりに娘から『美味しい』のひとことをもらえた一皿です(= ̄▽ ̄=)Vイエーィ☆
kako-odutLNfoTEmss57R.png
 スライスしたレンコンに、薄く片栗粉を振った豚薄切り肉を巻いたら
 巻終わりを下にしてしばらく馴染ませます。じゃがいもは1センチ厚に
 オクラはヘタの周りを削いでおきます。フライパンにゴマ油を熱したら
 肉巻レンコンを並べ入れて中火で両面に焼き色をつけます。
 空いたところにじゃがいもとオクラも並べたら、めんつゆ、はちみつ、しょうゆで
 甘辛く味つけしたら弱火におとして蓋をします。軽く煮詰めたら
 お好みで山椒を振ってできあがり(^^)

レンコンのしゃくしゃく感とお肉の旨みが楽しめる自信作でーす☆
↑すぐに調子に乗るんだから~(娘談)www

奈良へお出かけ その2

博物館で心ゆくまで仏像の魅力を楽しんだあとは、さてどこに参りましょうか。
kako-pJKNFmvjCBxXRcHZ.png
東大寺で『奈良の大仏』こと盧舎那仏(るしゃなぶつ)を拝観して
“仏像三昧”と洒落込んでもいいのですが
今回は世界遺産である 『春日大社』へお参りすることに(^^)
kako-4hMjiwWuURl9Miao.png
全国に約1000社ある春日神社の総本社である春日大社は
『ナント(710)見事な平城京』の語呂合わせも懐かしい平城京遷都に合わせて
春日の御蓋山(みかさやま)に藤原氏の氏神である武甕槌命(タケミカヅチノミコト)を
遷して祀り春日神と称したのに始まる、実に1300年もの由緒ある大社です。
多くの国宝や重文クラスの工芸品を有し、本社本殿そのものも国宝指定されています。

表参道に並ぶ石灯篭から鹿が順序良く顔を出していました(^^)
主祭神タケミカヅチノミコトは白い鹿に乗ってそのお姿を現わされたとの言伝から
鹿は神の御使いとしてこの春日大社でも大切にされています。
kako-mXOCmvSQtiL1Ryd2.png

二の鳥居の脇に控える狛犬です。
kako-IfRfcWB4ywwM8aY0.png
きりりと引き締まった端正な表情の『吽』はその美しい姿勢が凛々しくて一目惚れ♡
今までいろんな神社で拝見した中でも3本の指に入るかっこ良さでございます!

kako-O4b7XMtFfSnqoWqg.png
本殿をはじめとする建物の周囲に巡らされた回廊は朱塗りの屋根が目にも鮮やかで
奉納された金灯篭がずらりと吊り下げられている様はとても印象的です(*^^*)
残念ながら中門(左)までしか足を踏み入れることはできませんが、この奥に御本殿が
第一から第四まで並んで奉られ、タケミカヅチノミコトをはじめとする藤原氏に縁のある四神が坐します。

樹齢千年ともいわれる『本社大杉』
kako-MqRCHrAvXz2JoV00.png
樹高は23メートルにもおよび、鎌倉時代後期に描かれた絵巻物にも登場しているとか!

kako-MzJPDkWYuurYuict.png
左:写真では少々見難いのですが、直会殿の屋根を突き抜けるように斜めに延びる樹を
  ご覧いただけますでしょうか?これはヒノキ科で『イブキ』という樹木だそうです。
右:うっそうと茂る巨木群が両脇にせまる参道は、下界の蒸し暑さを忘れるような
  涼しい風が吹いていました。点々と鹿が遊ぶその景色はなんとも浮世離れしていて
  まさに『神々の路』という感じでした(^人^)

ずいぶんと歩いたのでちょっとひと休み♪
kako-Coyi1dD9YvLw0fJ1.png
春日荷(かすがにない)茶屋は江戸時代末期に端がある由緒正しい茶屋。
もちろん現在は中庭を持つ和モダンで素敵な建物ですwww
ボス夫さんはわらびもちとグリーンティーのセット(夏季限定)、わたくしは
『ちょっと干した柿のシャーベット』という一品をいただきました♪
kako-B5UiBaO8Gf5QPs3F.png
わらびもちはやや固めに作ってあって濃厚な黒蜜ときな粉、抹茶によく合っていました。
歯ざわりの良いシャーベットはじんわりと干し柿の滋味が染み出て美味でした(*^^*)

きょうの晩ごはんに名物の『柿の葉寿司』を買って帰ろう!ということになったので
東大寺参道まで戻ってきました。
kako-NQqGMW4fM63Mhn2B.png
一番の観光スポットということもあってさすがに観光客の方々と鹿たちで賑わっています☆
人懐っこくすり寄ってくる鹿と一緒に写真を撮っておられるのを見て、わたくしも
鹿とツーショットな一枚を狙ってみたくなったんですが・・・
手近な鹿に近寄ってみましても、彼らはふんっと一嗅ぎしたかと思えば
さっさと背中を向けて立ち去ってしまうではありませんか!
まるで、

『手ぶらでやって来てアタシらと写真に収まろうなんて考えが甘ェんだよケッ』

・・・とでも言わんばかり(--;
さすがは奈良随一の名所を背負って立つやり手の営業マンたちです(苦笑)
そこでさっそく『黄金色の菓子』ならぬ鹿せんべいを買い求めました♪
kako-wAmsjxE6ZNxLjhpz.png
米ぬかでできていて人間が食べても害はないそうですが、決して美味しくないですし
(食べたことはないですが笑)衛生上の観点からもおススメできませんwww

これさえあればどんなツワモノの営業部長だってメロメロ♡
めいっぱい愛想良くファインダーに収まってくれる・・・・・はずが(汗)

鹿せんべい一つください』と言うわたくしの声に反応したのか
周囲にたむろしていた鹿たちが早くも一斉に群がってくるではありませんか!
財布をしまう間もなく、気の早い鹿がわたくしの指ごとせんべいを持っていこうとする始末。
もたもたしていると今度は催促のつもりか、バッグだのスカートだのを咥えて引っ張り始めます。

ツーショット写真というよりは集団カツアゲの証拠写真(爆)
kako-SlLQutrImZAvfL4b.png

軽くパニクりつつもカメラが向けられてるのを意識してしまうわたくしwww
『やーん、もうせっかちさんやね~♡』などとなんとか笑顔を取り繕っておりましたが
思わず悲鳴をあげてしまうアクシデントが!

ぎゃあぁぁぁっ!太もも噛まれたぁっ!!

草食動物だからってナメちゃいけません!ものすごい顎の力にびっくり!!
ホント『マジで食われる』って思いました(汗)
ほとんど投げ捨てるように鹿せんべいを放り投げたら、なんとか脱出できましたが
まさかこんなにオソロシイ思いをすることになろうとは{{{{( ▽|||)}}}}ガクブル

あまりにも痛みが引かないので、車の中で確認してみましたら・・・
kako-d62hv5B7CICLAbVC.png
・・・・・アザになっとる(涙)
幸いスカートの上からだったので大きな傷にはならずに済みましたが
皮が2,3枚剥けちゃったよ~(><)

 あすも  『飼い慣らされた草食動物にすらこのザマって、ホンマ人間は非力やわぁ。
        文明もなかった太古の人らは、よう生き延びてきはったこっちゃなぁ』


ボス夫さん 『それでもたぶんアイツら(鹿)10分の1も本気出してないで~(笑)』

ううっ・・・鹿、怖ぇぇっ!orz

最後にとんだオチがついちゃいましたが、久しぶりの仏像&神社を堪能できて
本当に楽しかったです(*^▽^*)

命懸け(大げさ笑)でゲットした『柿の葉寿司』で晩ごは~ん♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。