スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

料理は作り手の心を反映させるもの

一昨日、突然会社のパソコンがネットに繋がらなくなってしまいました。
ホームを探してずーっとルーチンしている感じで全然ページ画面が出てこない(><)
何度トライしても同じなので『試しに一度接続を切ってみよう!』とコントロールパネルから
接続をオフにして、さてもう一度オンにしようとしたんですが・・・・・

実は建物の構造と状況上、無線LANよりもADSLの方が安定して早いのでウチはいまだにADSLなんです。
で、改めてモデムに繋ぎなおしてから接続をオンにしようとボックスを開けたところ
頼んでもないのにそこらへんを飛び交ってる無線LANの電波を拾うばかりで肝心のADSL回線は行方不明。
仕方がないのでもう一度新規で作成しようとしても『無線LANもしくはダイヤルアップ』しか選べない!

 イヤ、真ん中はないのん?
  (注:あすも的には無線LAN>ADSL>ダイヤルアップの順で新時代のイメージww)

再起動してみても未接続のままだし、なんだかんだで数時間は格闘してみたんですけど
もう何をどうしていいか思いつかない!そもそもネットが繋がらないので知恵袋も検索できないし!!

これはいよいよ、ショップに持っていくしかないかと思いつつ翌日の水曜日は休日だったので

  とりあえず未解決のままで放置(笑)

『朝出社したら勝手に直ってないかな~』とか虫の良い事を考えてたんですけどやっぱり繋がらず。
今朝は朝から雨降りで、この天気の中ハードを濡らさないように気をつけながらショップに持ち込むのも
すっごく面倒だし、他の仕事は詰まってるし、でもネットに繋がらないと困るし、初期化とかいわれたら
バックアップどうしよう・・・・・
などとぐるぐる考えて思わずそのままバックれたくなりました(--;;;

ずるずると後回しにしてとうとう退社時間も迫ってきた頃、ふとひらめきました!!

  そういえば自動更新した時に不具合があって
  電源が切れなくて強制終了させたことがあったっけ☆


そこでダメ元で、更新する前の状態に復元させてみましたところ・・・・・

  めでたく復活~っつ!\(T▽T)/

ああなんやろこのカタルシス・・・よう頑張ったよオレ偉いぞオレ、みたいな(笑)
今日の夕方までどよよんと低かったテンションも、おかげさまですっきり!ヤル気も湧いてきました♪

  さーて、張り切っておうちごはん作るぞー!!←単純(笑)

きのうの晩ごはん・・・ちょっとテンション低めな献立(笑)
kako-peymvhrGoB9dGrRf.png
白菜と豚肉の重ね煮
豆腐のネギ味噌和え
野菜プレート

テンションが低いので全体的に手がかからず洗い物も少なくてすむようにしてます(^^;
kako-dCdRVTy9wQuIi19H.png
野菜プレートは人参とと竹輪のコールスロー&蕪の食べるオリーブオイル和え&茹でブロッコリー&プチトマト。
どれも基本、茹でるか切るかして何かしらをかけただけ(笑)彩りだけはキレイになるように気をつけました♡

 しっかりと水切りした豆腐は大きめのスプーンでランダムにすくい切りながら小鉢に盛ります。
 みじん切りして軽く絞った白ネギと金山時味噌、名古屋味噌を混ぜ合わせてほんの少しのお湯で
 適度な柔らかさになるまでのばします。豆腐の上からたっぷりとかけたら出来上がり☆

やっぱり茹でてかけるだけやんwwwww

kako-xIyzr8zbZhqEpiDV.png
 白菜と豚スライス肉を交互に重ねてから同じ幅に切り分けて、鍋に並べて詰めていきます。
 隙間に白菜の切れ端を詰め込んだら出し汁を注ぎ(具が半分ほど浸かるくらい)火にかけます。
 最初は強火でぐらぐらしてきたら蓋をして火を弱めて白菜が柔らかくなるまで煮込みます。
 ネギの青い部分を小口切りにして、火を止めた鍋に加えてそのまま蓋をしておきます。

前回は白菜と豚肉を別々にしたまま交互に並べようとしてとっても苦労したんですが
ちゃんと先に重ねて切り分けてから並べてみましたらすごく楽でキレイにできました(笑)
いろいろタレを考えるのも面倒だったのであっさりとポン酢で(^^;;;

きょうの晩ごはんはテンション高め↑↑
kako-yENI8Y6l35dXjWXr.png
鶏のつくねと筍の煮物
炒り玉子といんげんの胡麻和え
茹でもやしともずくの酢の物
人参と大根の皮のピリ辛きんぴら
大根葉の混ぜご飯

kako-fpdLkOUGjkXriFoM.png
 鶏の挽肉と卵、パン粉、白味噌を一緒に粘りが出るまでしっかりと混ぜ合わせます。お湯を沸かして
 大きめのスプーンで成形しながら軽く茹で、表面の色が変わったら冷水に放します。
 筍は縦1/4に切ってから1センチ厚のいちょう切りに。ほうれん草は茹でてから切っておきます。
 鍋に出汁とお酒、めんつゆを入れて加熱し、沸騰したら筍を入れてしばらく煮ます。
 水から上げた鶏つくねをそっと鍋に移し、クッキングペーパーで落し蓋をして再び煮込みます。
 火を止めたらほうれん草を加えて落し蓋をしたまま置いて味が染みるのを待ちます。

・・・テンションが高いので、ちょっと手間がかかってます(笑)
ポイントは、
   ①つくねのつなぎは片栗粉じゃなくてパン粉を使うとふんわり仕上がります。
   ②下茹でしたつくねは、ざるに上げると崩れてしまうので水に放します。
   ③落し蓋が重いとつくねが潰れてしまうので、クッキングペーパーかアルミホイルで。


kako-tb2xMnsZv2gQB29c.png
いんげんの胡麻和えにも炒り卵を加えてみました♪
フライパン要らずの炒り卵・・・半分に切ってほぐしたカニかまを混ぜた溶き卵を耐熱ボウルに用意します。
                  ふんわりとラップしてレンジで1分50秒加熱したらすぐにぐるぐると
                  かき混ぜると見事な半熟炒り卵が出来上がります♡

茹でたもやしはもずく酢と合わせてさっぱりとした箸休めに♪これは超カンタンです(笑)

節約料理にも挑戦!!春には消費税もアップしちゃいますものね(^^;;;
kako-3TfPTKdkOBOfKelO.png
人参と大根は皮を剥く前によく洗っておきましょう!
人参と大根の皮を剥いたらその皮は千切りに。冷蔵庫に余っていたがんもどきも細く切って
ごま油で炒めます。めんつゆとコチュジャンで味をつけたら水気がなくなるまで煮詰めて完成☆

油揚げやツナ缶、ひじきなど合わせるものは何でもOK☆コチュジャンで濃い目のピリ辛にした方が
歯ごたえと風味の残っている皮によく合うのでは、と思います(*^^*)

大根の葉は根元まできれいに洗って塩を入れたお湯で柔らかくなるまで茹でます。
水気を絞ったら細かい小口切りに。ごま油でちりめんじゃことともにさっと炒めてお醤油を回しかけたら
あついうちに白いご飯に混ぜ込んでいきます♪

少し時間の経ったご飯をごまかす美味しくいただくのにピッタリの混ぜご飯です(笑)
白ゴマやかつお節を散らしてもいいですね~

お料理にはついつい作り手の気持ちや感情が反映されるものなんですね。
イライラと怒っていたりどんよりと嫌な気持ちで作れば、なんとなく味も同じように尖ったりもっさりします。
毎日ゴキゲンモードでおうちごはんを作れる人になりたいなぁ・・・(*^^*)


                              新企画!裏あすも不定期便  ↓
                               日常にふとツッコミたくなったことボヤキたくなったことを
                               関西弁でつぶやいたつぶやかなかったり・・・
スポンサーサイト

外食あれこれ

こんばんは(^^) 今日はお天気もよくてぽかぽかと気持ちの良い陽気でした♪
三寒四温と申しますがこれからだんだん今日のような日が増えてくるのでしょうね。
もうすぐ立春・・・今年も過ぎていくのが早く感じそうな予感です。

ちょこちょこと外ごはんの画像が溜まってきましたので、ここらで消化していきましょう!
・・・・・覚えてるかな~(^^;

kako-o0jPmrlXagHfM21k.png
『つけ麺 渡辺製麺つけ麺なるものを初めていただいたお店♪3種類のスープと麺を組み合わせて
食券で注文するシステムです。わたくしがオーダーしたのは

 『濃厚魚介味スープに太麺、ネギ増量味玉子入り』・・・だったと思うたぶんwww

唐辛子の利いたピリ辛なスープは魚介の旨みと豚骨のコクがしっかり感じられますが、見た目以上に
あっさりとしていてとても食べやすかったです。・・・ただ、『つけ麺』そのものは正直なところ、
「別に普通のラーメンでエエかな・・・」って感じでした(笑)

kako-EjUh3JrceFCtpBj1.png
どこかに出かける時に立ち寄った『CLOVER』。京都では珍しく駐車場も広くて店舗も広い喫茶店。
大変な人気店でいつも満員なんですけど、この日は休日の朝ということもあって待たずに入れました♪
kako-6RvAhM1UBBH4k9pi.png
ふんわりオムライスやキーマカレーが有名なお店ですが、早朝メニューにはさすがにありませんね(笑)
ミックスサンドをお願いするとパンよりも厚い卵焼きが!ふわふわと柔らかい肉厚で美味しかったです♡

kako-7dKQvpBh6UjoSMdZ.png
こちらは焼きたてパンが食べ放題の『サンマルク北山通り店』
可愛らしいサイズでさまざまなバリエーションのパンが焼きあがるたびに、スタッフさんがサーブしに
回ってこられるのでついつい食べ過ぎてしまいます(笑)
kako-P1TlSgqjqfcxiv3h.png
ランチコースだったと思うんですがグラスに盛られた前菜(何だったかは忘れちゃった笑)がオシャレです♪
メインは白身魚のロースト茸クリームとかなんかそんなん(^^;

大型ショッピングモール内の中華レストラン『ハマムラ』
kako-JfKoFuNo3klqodbv.png
海鮮XO醤チャーハンと中華風シーザーズサラダをオーダーしました。
ショッピングモール内のチェーン店ですが、なかなか本格的なお味でした♡
チャーハンもしっかりとXO醤の辛みと風味が生きていたし、中華風シーザーズサラダのドレッシングも
とっても美味~♡チャーハンのスープがちょっとしょっぱかったのだけが残念でした(^^;
kako-fMEvb8PMGShEbaNe.png

こちらはつい先週、リア友さんとご一緒したランチなのでよく覚えています(^皿^)
kako-uSQ8ol4DDcftXY3Z.png
『トラットリア プッチーロ』は小粋な雰囲気が素敵なイタリアンのお店♪
以前からずっと一度行ってみたいと思っていたんです♡
kako-AmtlONigSzwAd3dj.png
ランチながら前菜プレートも盛りだくさんです。とにかくお野菜とオリーブオイルのクオリティが高し!!
自家製フォカッチャにもオリーブオイルをかけていただきます(*^^*)
メインパスタはお店ご自慢の『マンマ直伝ミートソースの手打ちスパゲッティ』を・・・
kako-XqI9kR9i3rLnSeZb.png
よくあるトマトベースではなくて、お肉本来の旨みとチーズのコクを楽しめるオトナのミートソースです。
コシのある手打ち麺とよく絡んで食べ応え満点!
お店の雰囲気もとても良くって『いいお店見つけた☆』と嬉しくなっちゃいました(*^^*)

                                                      番外編

せめて晩ごはんくらいは・・・

こんばんは~

ようやく本日の午後に仕事がひと段落いたしました( ´△`)=3
決算までまだまだ作業は山積みですが、とりあえず期日分は消化できたので
ひとまずはほっとしています。仕事のせいにするわけではないのですが
部屋の中も外も散らかり放題、ほこりも溜まり放題・・・(--;;;

せめておうちごはんだけは頑張らないと~(←自分が食べたいから笑)
kako-aysCSesWWJNj6w8S.png
先週の晩ごはんです。頑張らないと~といいつつ週末は外食が続いちゃいました(^^;
手羽先と里芋とレンコンのあっさり煮
ニンニクの芽とツナのキムチ炒め
キノコのめんつゆ煮びたし
白菜とささ身のポン酢和え

kako-N1AbIGNEtGJrCkNG.png
ささ身のポン酢和え、前日に作ったなすとささ身の煮浸しの残りをリメイクしました。
・・・・てことはコレ水曜日のごはん??・・・・・てことは3日間もサボってるやんorz
掃除も洗濯も料理もしてないって、じゃあ何をあんなに忙しくしてたんだろうか(苦笑)

kako-43imNyZBUWxI7m9j.png
 レンコンは皮を剥いて乱切りに、里芋も皮を剥いて熱湯で下茹でしてぬめりを落としておきます。
 (どちらも水煮を使うと手軽で便利です。熱湯を回しかけて臭みを抜くとOK☆)
 鶏の手羽先は包丁で切れ目を入れて、鍋底に皮目を下にして並べたらじっくりと焼きつけます。
 レンコンと里芋を加えてひたひたまで水と酒を加え、アクを取りながら柔らかくなるまで煮込み
 味を見て薄ければ塩とめんつゆを少々足します。汁気が半分くらいになったら水溶き片栗粉で
 とろみをつけて完成です(^^)

ほとんど鶏と根菜のダシだけのお味ですが、旨みがそれぞれの具に移り合って味わい深くなります。
お好みで生姜の摺りおろしを加えたり七味を振るのもおススメ♡

久しぶりに『ニンニクの芽』を使ってみました♪
kako-NSDGLblqudAAaSOu.png
副菜なのであくまでも少なめに・・・(笑)
しゃきしゃきとした食感と香りの高さ、そしてなによりもお安いのが魅力の『ニンニクの芽』は
実際には『芽』ではなく、にんにくが花を付けるために伸ばす花茎と呼ばれる部分です。
そのほとんどは中国産で通年、安定した価格で流通していますが、5月の初旬から中旬にかけて
青森や香川を生産地とする国産品も希少ながら出回っているそうです。

続いて昨日の晩ごはん♪
kako-jlq4XYCHn986jIAL.png
トマトシチュー
大根とアボカドとカッテージチーズのわさび醤油和え
グリーンサラダ
ボイルドソーセージ

kako-4xbjmnAbkcAdwVzJ.png
 拍子に切った大根は軽く塩もみして水気を絞っておきます。アボカドは細かく切りながら包丁の腹で
 軽く潰しておきます。わさびを溶いた醤油を混ぜ合わせてカッテージチーズを乗せたら出来上がり。

わたくしはお子さま舌なのでさび抜きで(笑)
お醤油だけだと寂しいので余っていたカッテージチーズを乗せてみたら、アボカドにはよく合いましたが
こんどは大根がジャマな感じに・・・うーむ、やっぱ料理ってムツカシイな(^^;

kako-NF1T8gsxp8gLTpb5.png
サラダはとにかく緑の野菜を集めてみました(笑)
レタスとキャベツをベースにキュウリ、ブロッコリー、スナップエンドウを使っています。
ブロッコリーの茎を茹でたん、めっちゃ美味しい~(*^^*)一度味わうと茎を捨てるのがもったいないです♪
お正月食材のお裾分けに実家からもらったソーセージはシンプルにボイルして。
粒マスタードと生七味でいただきます。生七味・・・とうとう瓶の隅をつつく状態に(--;;

一番近くて大阪グランフロントまで行かないといけない『茅乃舎』さんですが、2月26日より開催される
京都伊勢丹の「日本のおいしいもの展」に出店されるそうです\(^▽^)/
ボーノくんさま!耳寄り情報をありがとうございました!!

kako-W2TmuNpT3cb8tbSA.png
シチューというかトマト煮ですね(笑)
 ホタテ、タコ、イカはそれぞれ食べやすい大きさに切っておきます。ニンニクは包丁の腹で潰し
 オリーブオイルをひいたフライパンで熱したら、ホタテ、タコ、イカを加えて炒めます。
 一度取り出してから、一口大に切った白菜と下茹でしたジャガイモを並べたら蓋をして蒸し焼きに。
 ホタテ、タコ、イカを戻したらホールトマトとコンソメ、水を加えて柔らかくなるまで煮込みます。
 好みで粗挽き胡椒を振って完成~☆

予定ではもっとジャガイモが煮崩れてとろりとするはずだったんですが、

煮崩れて欲しい時は崩れず、煮崩れて欲しくない時には崩れるワナ(--)

きょうの晩ごはんです☆
kako-Hm4zvTmPhHVgZZIr.png
手羽と大根のこっくり煮
ジャガイモのタラマヨ焼き
彩りもずく
アボカドとタマネギのおみそ汁
梅じゃこご飯

なんか手羽先ばっかり食べてる(笑)
kako-OnLN12WpZ16rgt9j.png
手順はほとんどどれも同じなんですがwww味つけのポイントは生姜飴!
めんつゆとみりんを加えた後に市販の生姜飴を一粒、ぽんと放り込むとア~ラ不思議☆
深みとコク、照りが増して文字通り『こっくり』とした仕上がりになるんです(*^^*)

kako-cTe4GmjZfJUJ44iF.png
もずくは小さめの乱切りにしたきゅうりとプチトマトを加えて明るい彩りに。
ご飯がちょっと日増せだったのでちりめんじゃこと梅干の身を叩いたもの、おかず海苔を合わせて
混ぜご飯風にしました。主菜がこっくりな分、さっぱりとした副菜とご飯でバランスを取ります♪


                                            愚痴っぽいつぶやき・・・

侠の中の侠

昨日の夜、所用があって立ち寄った本屋で

 9年ぶりに最も愛するオトコと再会いたしました♡

・・・・と聞き捨てならない(?)不穏な発言で幕を開けた本日の記事ですが
どうぞご安心を(笑)書物の話でございます(*^^*)
kako-2gKlXmk8FJF7jWPb.png
天切り松闇がたり第五巻~ライムライト  浅田次郎 集英社 ISBN-13: 978-4087715460

およそ9年ぶりとなる天切り松シリーズの最新刊です。
第一巻『闇の花道』を初めて読んでその侠気に惚れ込んだのがのが2002年・・・
以来12年間、何百冊と増えた蔵書の中で『一番好きな物語は?』と尋ねられたら
今も迷いなく筆頭に挙げる作品なんです!
立て続けに第二巻『残侠』、第三巻『初湯千両』を読み漁り、
3年後に出版された第四巻『昭和任侠伝』からずっとずっとずーっと心待ちにし続けて
もうその気持ちはと呼んでも過言ではないほどに焦がれておりました(涙)

本屋の平台に並べられたこの大正ロマン溢れる美しい表紙を目にした瞬間、
思わず周囲の方が振り返るほどの声をあげてしまったほどです!(≧▽≦)
kako-PtGpMyP4BAozM9IN.png
実は最初の1冊目は文庫本を購入したのですが、単行本の美しい装丁に惹かれて我慢できず
わざわざ単行本を買い直したっていう(^^;
装画は『現代の浮世絵師』とも呼ばれる岡田嘉夫氏
その凛とした描線と粋で官能的な構図や鮮やかな色彩が、小説の世界観そのままで
本当にいつまで眺めていても飽きることのない素晴らしさでございます(♡▽♡)

                               この5冊を闊歩するのはまさに侠の中の侠たち・・・
                               以下、内容に大きく抵触いたしますので畳みます ↓

十六社めぐり その6~フィニッシュ☆


レポが大変遅くなってしまいましたが、いよいよ最後の一社です!

kako-CswUBvZIct0KZ4OG.png
御霊(上御霊)神社・・・「ごりょう神社」と読みます。794年に桓武天皇によって都が京に移されたのですが
                    そのころ巷では異常気象や疫病の流行が相次ぎ、それが悲運の中で亡くなった者の
                    祟りだと考えられたことから、早良親王をはじめとする御霊をお祀りし、守護としたのが
                    はじまりだそうです。以来、皇室や時事の施政者、そして市井の人々にとっての
                    『産土神』として篤い信仰を集めています。厄除開運や学業成就の他に
                    心しずめのご利益があるそうです。

kako-sMp7pDGvYem65LPg.png
なんとなく合体ロボを彷彿とさせるようなフォルムの狛犬ですね(笑)
角を持つ吽形の狛犬は鎌倉時代以前のものが多く「兕(じ)」という正体不明の生き物という説も。
水牛に似た一角獣で鎧の材料になるほどの硬皮を持ち、角は酒盃に用いたのだとか。

kako-V9EyVNNksABrXodR.png
お正月だからでしょうか、嵯峨御流の美しい生け花が展示されていました。

kako-bzSdr1mp3PdHRWz7.png
灯篭の造詣に目を奪われます(☆▽☆)これは・・・ラクダ??足下にも多くの動物が並んでいますが
どのような意味があるのでしょうね。

夕刻に近かったこともあってほとんど人の姿がなく、まさに『心しずめ』に相応しいお参りができました♪
kako-PMLt04uTthLntxbZ.png

・・・・・・・・・・・というわけで、めでたく十六社コンプリート☆です!
kako-5ESG9hvNvyBYCh3u.png
                  
最後の神社である御霊神社の社務所にて御朱印をいただいたら、全ての参拝を終えたことを確認していただき
記念品である干支の置物を授かります(*^^*)
kako-59Ilc5wnM5yu6YJK.png
ほんのり笑顔が可愛らしい陶器で作られた白馬です♡
なんだか達成感とともに今年一年が明るくなるような予感で心がいっぱいになったような気がします!

朱印について・・・神社に参拝した時、社務所でいただくことができる「ご朱印」。元は自分でしたためた願文を
          神前に供えたことから始まりました。つまり、願文を神社に奉納した「証し」として
          その神社の名号を墨書し神印をいただいたことが起源です。

          今日では願文を奉納しなくても参拝の記念として気軽にいただくことができます。
          しかし「ご朱印」は、参拝者の祈念が神様に届けられたことの証し。「お守り」として身近に置き
          大切にしなくてはいけません。
           
          つまり「ご朱印」は単なる記念スタンプではなく、神と人を結ぶ意義ある証しなのです。

                                (京都十六社朱印めぐりHPより一部抜粋)
誓願の証でもある朱印状は各社1社につき300円の授印料を御報謝させていただきます。

 ボス夫さん『ということは十六社で・・・・・この馬、4800円か

・・・・・・・・・・おとっつぁん、それは言わない約束でしょう?!(^^;;;
                                 
                                                終~了~☆

ごはんの量を考えよう!

こんばんは(^^)

唐突に私的な昔話なんですが、わたくしの父はとにかく

『お腹いっぱい食べる、もしくは食べさせる』

ことを良しとする人でして、そんな父の意向を反映した我が家の食卓はとにかく

 その1 皿数が多い・・・テーブルが埋まるくらい

 その2 質量が多い ・・・お皿が埋まるくらい

というのが信条でございました。実際、両親ともに今もなお非常な健啖家であり
質、量ともに同年代の方に較べるとかなり「食」への思い入れが強いんです!

そんな家庭に育ったわたくしが作るごはんの特徴は言うまでもなく・・・

 量が多すぎ!!

ボス夫さんも娘も、そしてわたくしもどちらかというと世間並みか、もしくはやや小食気味なのに
ついついお皿の余白もテーブルの余白も埋めよう埋めようとしてしまうものですから
ボス夫さんからはいつも

 『馬に食わせるんか?!』

とツッコまれてしまうんです(^^;;;
できるだけ気をつけて少なめに盛りつけようとは努力してるんですけど、ちょっと気を緩めると・・・

一昨日の晩ごはんも・・・
kako-RiMXrXRcuQgVAAEw.png
豚バラ肉のカムジャタン風煮込み
かぶとツナの生姜蒸し
ワカメとじゃこの梅和え
余り野菜と里芋のスープ

そして昨日の晩ごはんも・・・
kako-auHfoj7VyYDdn4nq.png
ハンバーグ 温野菜と生野菜添え
トマトとアボカドのチーズ焼き 食べるオリーブオイルのせ
白菜のキッシュ風グラタン
カムジャタンの豆乳スープ

・・・・・やっぱり多すぎ(苦笑)

kako-XRL7G1jMDn9GKm6J.png
カムジャタンとは韓国の鍋料理の一つで「カムジャ」=じゃがいも「タン」=スープ
すなわち『じゃがいもスープ』なのですが、実際には『豚の背骨とジャガイモを煮込んだ鍋』を指します。
豚の背骨はなかなか手に入りませんので(というか見たことないですww)今回は
豚バラの固まり肉を使ってそれっぽい煮込み料理に挑戦してみました(^^)
 豚バラの固まり肉は適度な大きさに切り分けて、熱したフライパンで焼き付けたあと
 下茹でをして余分な脂を落としておきます。ジャガイモは皮を剥いてレンジで軽く加熱、
 タマネギも皮を剥いたら4等分のくし型に切っておきます。鍋に、豚肉を焼き付けた際の
 脂を引いてじゃがいもとタマネギ、つぶしたニンニクと生姜のすりおろしを炒めます。
 ひたひたに水を加え、酒、コチュジャン、ヤンニョム、テンメンジャンとハチミツ、醤油を加え
 強火で煮立たせます。じゃがいもにあらかた火が通ったら、バラ肉を戻して中弱火で
 コトコトと煮込みます。具がとろとろに煮えたら完成です☆

豚バラ肉の下茹でがちょっと足らなかったようで、こってりとした食感になってしまいました(^^;
特に肉の脂身が得意ではないボス夫さんと娘にはこれだけでも充分お腹が膨れたようですが・・・

kako-ZJbtp7VW42X00HlU.png
余り野菜(ニンジン・えのき・小松菜・里芋)がたっぷりの鶏がらスープは、これまたなかなかの食べ応え(笑)
さっぱり系の箸休めも欲しいな~♪なんて思ったら、娘からは『食べきれへん』と言われちゃいました~

kako-3beosd446m2z0D01.png
久しぶりのハンバーグもついつい張り切ってしまいまして・・・茹で野菜も加減したつもりなんだけどなぁ

kako-PeuKhqrg37WVHOge.png
トマトとアボカドのスライスを並べた上からチーズを乗せます。さらにその上から、相生市で買った
「食べるオリーブオイル」をかけたらオーブントースターで加熱します☆
相性はどんぴしゃですごーく美味しかったのですが、アボカド&オリーブオイルがこれまたこってり!
白菜のキッシュ風グラタンも、ホワイトソース缶を余すのがもったいなくて全部使ったら
大量に出来上がってしまいました(^^;

しかも前日のカムジャタンが残ってしまい、これももったいない精神からリメイクしてみたら・・・
kako-VlG8b9icGYZv6AtF.png
これまた濃~~~い(笑)
 とろとろに溶けたじゃがいもを潰すように混ぜながら水を加えてカムジャタンを少しのばします。
 肉が残っていたら小さなサイコロに刻んでおきます。ホールコーンと豆乳を加えて弱火で加熱。
 沸騰させてしまうと豆乳が分離してしまうので注意です(^^;


全員、尋常じゃないほどの満腹感に身動きできないほど(笑)
ボス夫さんからは『2皿、余分や』とのお言葉をちょうだいしてしまいました!
うう~頑張って作ったのに、ちょっと哀しい(T_T)・・・・・でも

膨らんだ自分の下腹を見たら反論できないワタクシorz

                                          そんな反省を踏まえて・・・・・

ぴ☆ぴかちゅう~ぅ☆☆

こんばんは☆

十六社めぐり最後の神社レポも、きのうときょうの晩ごはんのご報告も
とりあえずちょっと横に置いておいて・・・

こんなの買っちゃった♡
kako-hAMsA2UFUonF2zIh.png
ポケモン花札でごさいまーす♡♡♡

雑誌で見つけて一目惚れ(♡▽♡)しちゃいました!
大阪のポケモンセンターに妹が買いに行ってくれたんですけれど、すでに完売!再入荷の予定もなし!
そこで急いでアマゾンさんでチェックしましたところ残数17個のところで、無事にゲット☆いたしました\(^▽^)/

さっそく開けてみましょう♪
kako-0QoQO3sB3zAY1uFb.png
やーんんんんんっ(≧▽≦)可愛すぎるううぅぅぅっ☆☆☆

昔から定番の花札柄にさりげなく馴染んで見え隠れするポケモンたち♪全然違和感なく収まってるのが
すっごくキュートじゃないですか?(*^^*)

さてさて、我らがピカチュウはどこにいるかな~??
kako-I2Nx1bz6d6LL3Flj.png
月見で一杯?菊のさかずきの上で、すやすやお寝むのようです(うっぅっ・・・可愛すぎる~T▽T)

本物の花札では『あのよろし』(と見えますが実は「あかよろし」(=明らかに良い)と読みます)
描かれた赤短冊も・・・
kako-GKh5QJDOR2nndwja.png
なんとワザの名前になってるんですね~♪♪♪和文字の『ひっさつまえば』なんだかちょっと笑えます。

遊び方を書いた説明書も同封されているんですが、普通の花札の役とは違っていて
ポケモンならではの役『ポケモンこいこい』があるみたい(^^)
炎タイプ(60点)とか氷タイプ(60点)、伝説の鳥ポケモン(80点)なんていうのもありました!
ちなみに一番高い配点の役がこちら☆
kako-xiCXeOhyVqm0D027.png
いざ、ふたこじまへ(140点)
実はゲームそのものには全然詳しくないわたくし(笑)
娘に聞いてみましたら、伝説のポケモン『フリーザー』をゲットするために「ふたこじま」というステージへ
向かうそうなんですが、そのふたこじまに現れるポケモンたちの載っている札なんですって(^^)
なんだか設定も凝っていて、見れば見るほど楽しくなってきますね♪

1月の松から12月の桐までを並べてみたり♡
kako-vp4W4D0Ro4x8YwlY.png
あ~幸せ♡♡♡


追伸:娘とふたりで実際にゲームをしてみましたが思ったより・・・・・分かりづらい(笑)

わっしょい☆牡蠣祭り

唐突ですが・・・『ザ!鉄腕!DASH!!』という番組をご存知でしょうか?
アイドルグループTOKIOの名を一躍全国区に広めたといっても過言ではない大人気バラエティで、
我が家でも欠かさず観ている番組の一つです。
その中で最近特に好評を博しているコーナー『0円食堂』を観ていた時のこと。

この『0円食堂』というのは地方に赴いたTOKIOの面々がご当地の名産品を中心に
本来ならば要らない部分や捨てられてしまう部分、すなわち『0円食材』を集めて料理を作り
それを食材探しに協力された地元の方々にふるまう、という企画なのですが・・・


兵庫県相生(あいおい)市の名産『相生牡蠣』が紹介されていたのを観ていたボス夫さんが一言

 『牡蠣、食べに行こか~』

と呟いたのをきっかけに、昨日19日にさっそく相生市までお出かけすることになりました♪
相生市までは高速道路を使っておよそ2時間ほどの道程。わたくしは病み上がりだったこともあって
とにかく温かくして出発前に風邪薬もしっかり飲んで万全の体勢・・・のはずだったんですが

・・・眠たさ超絶MAX!!(--)ZZZ

たぶん薬のせいじゃないかと思うのですが、それにしても信じられないほどの眠気に襲われるわたくし。
運転しているボス夫さんに悪いと思いつつ、まぶたが下がってくるのを止められません。
しかも空は朝から快晴(笑)まぶしい日の光に目を開けていられず、はっ!!と気がつけば

片道ほぼ爆睡(笑)

唯一、起きたのは途中のサービスエリアで買ったおやつを食べたときだけっていうwww
kako-bfNMHH4ODmSDwDgs.png
『丹波黒大福』三木SA(下り)限定♪丹波種黒豆入り白餡を竹炭と赤穂の塩を練り込んだお餅で
包んだ真っ黒な大福なんです。もっちもちの食感と黒豆の濃厚な風味がジャストミートな逸品☆
これは確かに目も覚める美味しさです ゴメンねボス夫さん!悪気はないのよ~(^人^;

相生市に到着してみて初めて知ったのですが
あいおい牡蠣まつり 1月19日(日)開催☆
・・・だそうで、なんてタイムリーな偶然なのでしょう!\(^▽^)/
さっそくまずは相生市立水産物市場へ・・・
kako-pF73UznwqM52kmS3.png
去年の11月にリニューアルオープンしたというこちらの市場では獲れたての新鮮魚介類や
焼あなご、佃煮、くぎ煮などの加工品が豊富に販売されています♪お値段もなかなかリーズナブルで
地元らしい方もたくさん買いにいらしていました。もちろん殻付の生牡蠣もいっぱい♪♪♪

牡蠣まつりのイベントでは『焼き牡蠣 無料サービス』も!!これはもちろん並ばないと(笑)
kako-PpCrp5A6FVFkARYq.png
用意された新聞を片手に待つことしばし・・・炭火で焼きたての牡蠣をいただけます(*^^*)
係のオッチャンは『一応、一人一個やねんけどな』と言いつつ『ちょうどエエ感じに焼けたし』
3個も乗せて下さいました。しかも・・・
『食べながらもう一回並んだらええねん。』
あらら?お一人様一個じゃないんですか~?(笑)
kako-QmLWy4Cq6zzL2Dzd.png
ご覧いただけますでしょうか?旨みたっぷりの出汁が溢れ出ています!!超ウマメロ~♡

イベント会場は他にも『ふれあい広場』『道の駅あいおい白龍城』などもあり、どこも歩いて行ける距離です。
kako-fEBox2DSr9SNPoZ1.png
こちらは『道の駅あいおい白龍城』・・・鉄腕ダッシュでも紹介されていました(^^)
魚介だけではなく地産のお野菜や果物、特産品もたくさん販売されています。

kako-H3xt6LWVRlZG8NWL.png
ここでも焼き牡蠣がありましたが有料でした(笑)さっき市場で食べておいてよかった~wwwww

牡蠣を使った屋台フードを食べまくり♡kako-A2hDBPUMDgTazxa0.png
 左上:牡蠣といえばやっぱり牡蠣フライでしょう!揚げたてサクサクでバリウマ~☆
 右上:牡蠣の天ぷらが入った熱々のうどん♡なんと相撲部屋の力士の方が販売されていました(@0@)
 左下:牡蠣入り回転焼きなんてメニューも登場してました!写真はすじコン入り回転焼きですが(笑)
 右下:名づけて『海賊焼き』イカ下足と牡蠣の醤油焼きなんですが本日の一等賞☆
他にも牡蠣入りお好み焼きや牡蠣入り焼きソバ、牡蠣ご飯に牡蠣パスタetc・・・数え切れないほどの
牡蠣フードが並んでいたのですがどこも大変な行列でした(^^;
両手がふさがったので写真には撮れませんでしたが『牡蠣のおみそ汁』も絶品だったなぁ♡

たっぷりと牡蠣を堪能したあとは、海沿いをドライブしながら帰路につきます(*^^*)
kako-w46KSKmH89uORMaY.png
ちょうど午後の日差しが雲間から差し込んで、沖の方を照らす風景に出会いました。
なんだかとても詩的でロマンチックな気持ちに♡

kako-KfREB2W1JhX6f6xt.png
山部赤人の歌に所縁のある海だそうです。まさに『万葉の風光、今も留めん』といった風情ですね!

『ふたりで海を眺めるのって久しぶりだね~♡』

ってボス夫さんと盛り上がってたんですけど、よく考えたらついこの間、金沢旅行の帰りに東尋坊に寄って
海見たじゃ~ん(爆)
どんだけ忘れっぽい夫婦なんだwwwww

お約束の火サス劇場・・・刑事さん、やったのはオレなんです!テケテケテッテ~レ~♪(笑)
kako-BwmVvqeKEWZTXSRx.png

line35.gif

帰り道、昼すぎに飲んだ薬がまたいい具合に利いてきてあすも再び撃沈!
もうこうなってくると薬のせいなのか、はたまた単なる惰眠を貪ってるのかも微妙なところなんですけど
結局、行きも帰りも車内での会話はほとんどなかったっていう(^^;;;
ホントごめんね~ボス夫さん(汗汗汗)


                                     『牡蠣まつり』まだまだ続きます

十六社めぐり その5

こんばんは☆

昨夜はかかりつけのお医者さまに診察していただいて、注射もいただいてまいりました(^^;
わたくしがまだよちよちの赤ちゃんの頃から診ていただいている先生は
たぶんもうかなりお年を召してらっしゃると思うのですが、いつお会いしてもお肌つやつやで
言葉も腕もしっかりしてらっしゃって心から信頼できる方なんです(*^^*)

しかも注射が超~上手い!

専門が小児科と内科でいらっしゃるので、ウチの娘も生まれてからずっとお世話になってるんですが
彼女も『注射してもらうんだったら先生のトコでないとイヤ!』っていうくらい、その腕は折り紙つき♡
信じられない話ですが、よそ見をしているといつ打たれたのか分からないんですよホント(@0@)

そんな先生からの注射とお薬と『うどんや風一夜本舗』さまの特辛生姜湯の三位一体のおかげで
きょうの休日出勤も無事に乗り切れました~\(^▽^)/この調子で回復してくれるとありがたいなぁ♪

line20.gif

さて、十六社めぐりも残すところあと3社となりました(^^)
次の神社はずいぶんと久しぶりの再訪です。
kako-3bfMN7yHDUusJM8t.png
わら天神宮・・・安産と子授けの神さまとして人々から深く信心されているお社です。
正しくは「敷地神社」というのですが『わら天神』という呼び名の方が親しまれているのは
安産の御守の本体である稲わらに節があれば男の子、なければ女の子が授かるという
謂われがあるからなんです。ちなみにわたくしも妊娠中に御守りを頂戴しましたが
確かにつるりと節のないわらが入っていまして、見事お告げ通りに娘が誕生しましたよ(^皿^V

kako-mLHD1i4NZfLUsK8e.png
無事に出産を終えれば御礼参りに伺います。我が家も生後1ヶ月目のお宮参りをこちらでさせていただき
ご加護に厚くお礼申し上げましたm(_ _)mあれから19年・・・本当に時の経つのは早いものですね!

こちらの狛犬さんは首に鈴をつけておられます♪
kako-bw8l49YqWCyQAa1g.png
優雅で美しい巻き髪が特徴的♡

摂社として本殿の隣に建つのは『六勝稲荷神社』。試験合格の神として信仰を集め、特に
司法試験、公認会計士、税理士等の資格試験にもご利益があるのだとか。kako-6B2qll2pejgv5mMx.png
こちらの狛犬は胸板の張った体躯がいかにも頼もしく、彫りがプリミティブな感じがします(^^)

kako-k4VR36AsEZjnEqtC.png
本殿西側には綾杉明神が祀られています。「捨遣集」十神歌の部にて清原元輔が

「生ひ繁れ平野の原のあや杉よ、濃き紫に立ちかさぬべく」

と詠んだこの綾杉は応仁の乱の兵火をも免れましたが、明治29年の台風で惜しくも倒壊してしまったそうです。
昔から神木として厚く敬われていたので、今は素屋根をかけ明神さまとされているのだとか。

写真ではちょっと分かりにくいのですが、ここに来て白い雪がちらちらと・・・
市内の北へ向かうにつれて、しんしんと冷え込んでまいりました(^^;
kako-U3boxDq4glPkqwr0.png

line20.gif

続いての神社は去年の御礼参りも兼ねての参拝です(過去記事はコチラ
kako-QLKFBHKBnk7fH4CS.png
今宮神社・・・平安京建都の以前より疫神を祀る社があり、994年に一度船岡山へ移された疫神が
           再び現在の地に奉遷され、新たに設けられた神殿三宇ともに今宮社と名づけらたのが
           起源だそうです。徳川綱吉の生母桂昌院との所縁が深く、その桂昌院の前身が
           西陣の八百屋の娘「お玉」であったことから『玉の輿』という言葉の語源となり
           この今宮宮も健康長寿の他に良縁開運のご利益があるのだとか。

kako-sTxZqj7pfWbYcqcu.png
丹色の美しさがひときわ目に留まる神社です。

kako-rsexe5qXu4blsyGf.png
すっくと立った姿が凛々しく頼もしい今宮神社の狛さん(*^^*)どことなくアスリートっぽいかもwww

今宮さんで見つけた生きものたち・・・
kako-565XjoBk3Bubh564.png
神馬像はどことなくマンガチックでユーモラスな表情です(笑)本殿と神殿三宇の間には
吉祥である鶴の姿が・・・金ピカマッチョな獅子?狗?にも思わず目を奪われますが
注目は、某有名アニメの絵馬(@0@)どうやらこの『けいおん』の主人公たち4人が
ここ今宮神社へ初詣でに訪れるというお話があるそうで、いわゆる“聖地”の一つになっているのだとか。

参拝途中、気さくに声をかけてくださったオジサンから聞いたプチトリビア☆

①今宮神社には伊勢斎宮に所縁のある若宮社があるのですが、その石鳥居に注目!
kako-A3ZD9CCn9sdHTzIS.png
左は普通の鳥居なのですが、下の鴨居の両端が突き出ていますよね。ですがこの若宮社の石鳥居(右)は
下の鴨居が突き抜けていないのがお分かりいただけますでしょうか。
この『突き抜けていない鳥居』が伊勢斎宮すなわち天皇家の菩提社という意味なのだそうです。
もしも、どこかでこれと同じ形状の鳥居を見かけたらそこは天皇家に所縁のお社、というわけですね!

②宗像社の社壇の側面の台石に長さ60㎝程の鯰の彫り物があります。この社は俗に「弁天さん」と呼ばれ
  鯰はその神の使者として彫られたものであり、地震封じのご利益もあるのだとか。
kako-EbKMKYC4V7VL8dzr.png
足元の目立たない台石に彫られているので、これは教えていただかないととても見つけられませんね☆

少しお腹が減ってきたので今宮神社の名物をいただくことにいたしましょう♪
kako-W5WSbIiUpyhONx1f.png
かざりやさんは、お向かいにある『一和』さんとともに今宮神社の名物『あぶり餅』のお店です。
『かざりや』と『一和』はどちらも同じような店構えで、ともに『本家』『元祖』と看板を掲げた老舗ですが
かざりやでは石野味噌、一和では本田味噌本店の白味噌を使ってらしてそれぞれに味が違うのだとか。
以前お参りした時にも、いただこうと楽しみにしていたのですが
どちらも定休日だったっていう・・・orz なにも揃ってお休みしなくてもいいじゃん(苦笑)
今回は無事(?)両方とも開店しておられ、たくさんの参拝客でにぎわっていました(^^)

お店の屋根に飾られた厄除けの像が鍾馗さまではなくお多福さんというのが面白い~♪
kako-KfIBpRCm3WUAPCZM.png

あぶり餅とは、きな粉をまぶした親指大の餅を竹串に刺し、炭火で炙ってから白味噌のタレを絡めたもので
ご店主や女将さん方が手早く作業されている様子を店頭で見ることができます(^^)
kako-mskd65x80ZLZ1EWp.png

注文をしてから順に炭火でじっくり焼かれるので、タイミングによってはかなり待たされることに・・・
この日もおよそ20分近く待ってようやくいただくことができました(^^;
kako-6GYqObnglqu6nkq7.png
かなり香ばしく焼きあがったお餅は思ったよりも小振りですが、一人前の串はおよそ15本なので
けっこうお腹がいっぱいになります(笑)白味噌ダレは後口もすっきりとしてしつこくないので
最後の一串までおいしくいただけました☆☆☆

kako-JNB6MLU4oy30fO3B.png

いよいよ最後の神社を残すのみ!ご朱印のコンプリートまであと一歩です(^▽^)

                                       きょうのおまけ  

小正月の晩ごはん

きのう1月15日は小正月でした。
旧暦の歳時ですが、昔はこの日までが『松の内』すなわち門松を飾る期間とされていました。
小正月の朝には小豆粥を食すことで一年の邪気を払い万病を防ぐという風習があるとのこと。

たびたび申しますが、我が家の朝ごはんは完全フレックス制セルフサービスですので(笑)
晩ごはんに小豆粥をいただくことにいたしました(^^)
kako-UjpH2Hi4jSgko0AJ.png
小豆粥 抹茶塩を添えて
豚肉とレンコンの青じそ旨煮
長芋のタラマヨ焼き プチトマトのめんつゆ漬け添え
パプリカと小松菜の柚子酢味噌和え 

kako-QkCBGc42zNjy9y61.png
おかずとともにいただくので甘みを抑えて塩を利かせた小豆粥です。
『お赤飯用』の缶詰を使ったので、水と塩、ご飯と一緒に土鍋で煮込むだけ~♪
とってもカンタンに出来上がりました(^皿^V

メインは小豆粥に合わせてあっさりとした和風で・・・
kako-xSpQF1nxE6PrXt5B.png
 豚肉は広げて薄く片栗粉をまぶしたら湯にくぐらせます。皮を剥いて薄めの半月に切ったレンコンも
 軽く下茹でしておきます。鍋に出汁、めんつゆ、お酒を入れて(うどん出汁よりちょっと薄いくらい)
 火にかけ、沸騰したら豚肉をレンコンを入れて落し蓋をしてさっと煮ます。火が通ったら
 細切りにした青じそをたっぷりと加えて火を止め、そのまましばらく蒸らして完成です☆

青じその香りがとてもさわやかで食べやすい一皿です♪豚肉に片栗粉をまぶすと旨みが逃げず
食感もなめらかでぷりぷりになり、レンコンのシャキシャキ感との対比を楽しめますよ♡

kako-SllUTQph3nGcDx5u.png
とうとう茅乃舎さんの『柚子酢味噌』がなくなっちゃいました(T0T)
とてもフルーティーで美味しかっただけにもうスーパーで売ってる酢味噌には戻れません!!
生七味の残りも心もとなくなったし、もう一度大阪まで足を伸ばさなくちゃいけませんなぁ=3=3=3

 皮を剥いてさっと茹でた山芋を適度な大きさに切って水気を拭いたら、オーブンシートを敷いた
 天板に乗せてオーブントースターで加熱します。5分ほど焼いたら、タラコとマヨネーズを混ぜ合わせて
 お醤油を落としたタラマヨだれを上からたっぷりと塗って再び5分ほど加熱します。
 ちりめんじゃことかつお節とともにめんつゆに漬けておいたプチトマトを添えて♪

タラマヨはいつ何に塗っても美味しいです(*^^*)今回は加熱しているのでほんのりと焼きタラコっぽい
香ばしさが感じられました!

ついでに一昨日の晩ごはんも・・・
kako-R2gHlHxzEjaodjNA.png
豚しゃぶ鍋
すぐきとじゃこのピリ辛チャーハン

・・・・・・・・・・・・・・・・だけ(笑)

娘の友だちから『すぐき』のお漬物をいただきました☆☆☆
kako-kJORREflZ1wMOSqB.png
すぐき(酸茎)とは、京都の伝統的な漬物。カブの変種である酸茎菜(すぐきな)の葉とかぶらを原材料とし
現在では数の少ない本格的な乳酸発酵漬物なんです。つまりヨーグルトやなれずしと同じ仲間ですね!
すっきりとした酸味が特徴で、京都の冬を代表するお漬物です(*^^*)

そのまま食べてももちろんとっても美味しいのですが、今回は細かく刻んだすぐき漬けとちりめんじゃこを
チャーハンにしてみました♪
kako-aBijUbkbeQT58tUV.png
同じ乳酸菌発酵のキムチに似た感じにすれば間違いないと思いまして(笑)コチュジャンとヤンニョムで
ちょいピリ辛の味つけをしたところ・・・これが大正解!!爽やかな辛みにお箸が進むご飯となりました♪

豚しゃぶ鍋にはお野菜をたっぷりと入れて。
kako-GoEmIX2zgjzSuMQY.png
白菜、もやし、椎茸、白葱、えのきだけを入れました。ポン酢でもピリ辛ゴマダレでもいいですが
やっぱりたっぷり乗せた生七味がよく合います(*^^*)

                                  一年の邪気を払い万病を防ぐ・・・はずなのにorz  

十六社めぐり その4

こんばんは☆ 十六社参りも折り返しを過ぎて残り6社となりました(^^)

御香宮での参拝を終えて、今度は京都市を大きく西へ横断いたします。
桂川を越えてしばらく行くと見えてきたのが・・・
kako-7fP1TUzfQi2bgpKQ.png
長岡天満宮・・・長岡の地はその昔、奈良の平城京から京都の平安京へ遷都される間に
             皇都「長岡京」として繁栄しました。御祭神である菅原道真
             歌人在原業平と共にしばしば詩歌管絃を楽しまれたところでもあり、
             太宰府に左遷される折に「吾が魂、長くこの地に留まるべし」と
             名残を惜しんだとの所以から公御自作の木像を祀ったのが始まりだそうです。

ご利益は何と言っても学問の神さま道真公が受験生の心強い味方となってくださいます!
お正月の参拝時期は過ぎても入学試験はこれからが本番☆たくさんの方がお参りになっていて
御守りやお札を授かる社務所にはずらりと長い列ができていました(@0@)
kako-W0tZh5hQpmjWirpW.png
左:社殿の隣には『筆塚』なるものがございます。日頃、何気なく使っている筆の功徳を思い筆に感謝し
 書道上達を願う筆塚祭が5月に開かれているそうです。さすが、学問の社という感じですね♪
右:境内には6つの末社が設けられています。赤い幟がにぎやかなこちらは稲荷神社でした。

kako-HfeAi7jRAAWofWbU.png
梅の枝に囲まれるように坐す狛犬は、お顔が苔生してかブチ犬君のようにも見えます(笑)
よく見ると大きく広がる鼻と美しく並んだ歯、ぎょろりと見開かれた瞳など、なかなかのコワモテだヮ!!
境内には天神さんにつきものの牛の像も並んでいます。

この長岡天満宮は『花の社』としても有名で、特に4月末~5月に見頃を迎えるキリシマツツジ
市の天然記念物に指定されているほど!「八条ケ池ふれあい回遊のみち」と名付けられている
八条ケ池の中堤と中ノ島を結ぶ総檜造りの水上橋から見る花はまた格別です♡
kako-yIkQHZRczMK8CHuw.png
およそ10年近く前に観花へ出かけた時の写真を見つけましたwwwww娘、小っちゃ~!


kako-4uzXttywg9ngw3D4.png
梅のつぼみも少しずつ色づいてきました。
身を切るような寒さが続きますが、春は少しずつ近づいてきているんですね~(*^^*)

kako-Kd0GC5t6rHW6ejCP.png
やっぱり牛!(笑)

line20.gif

続いて12番目の神社。。。
kako-uU3HMARHr6gLmxkY.png
吉祥院天満宮・・・京都で最も有名な天神さん=北野天満宮よりも早く創建された最初の天満宮。
                御祭神は菅原道真公で、その祖父清公卿が遣唐使として渡航中暴風に遭遇、
                船上で吉祥天女の霊験を得て無事に入唐したことから、自邸内にお堂を建て
                吉祥天女の尊像を祀ったのが『吉祥院』という地名の起源になりました。

菅原道真の生誕地とされ18歳までこの地で過ごされ、参朝の際に顔を映した「鑑(かがみ)の井」
少年時代、習字に使ったと伝わる「硯之水 (すずりのみず)」などの遺構が残っているそうです。
こちらは、菅原道真公の臍の緒を埋めたと伝わる「胞衣塚(えなづか)」です。
kako-EbNF0TGhRbVQZdv1.png

道真公の幼少期に深い所縁のある神社らしく受験合格・開運招福のご利益とともに
子どもたちへの知恵授けの神さまとしても信仰を集めておられるようです。
kako-1JU2f0AmogOs3jFG.png
天神さんには欠かせない牛の像のそばには、神馬に引かれるキティちゃん(笑) 
御守りにも可愛らしいデザインのものが多くて、子どもたちに愛される神社、という感じがしました(^^)

そんなお社の狛さんも・・・
kako-2TmMhKjwLcQta2eT.png
どことなくトッチャン坊や風(笑) 
前髪ぱっつんに丸顔だんご鼻と、なんとも愛嬌があって可愛らしいですね!
もしかして道真公も幼少のみぎりにはこんなお顔立ちだったのでしょうかwwwww

kako-nHgxQU4BgdxHhuS6.png

line20.gif

次に訪れたのは六孫王神社です♪
kako-Od2DzQqAZ2l1g2uF.png
・・・源経基は清和天皇の六男を父として生まれたことから「六孫王(ろくそんのう)」と呼ばれ、
   十五歳で元服、臣籍に下った後に鎮守府将軍に任じられました。その後、この地に住居を構え
   臨終の際「霊魂滅するとも龍となり西八条の池に住みて子孫の繁栄を祈るゆえにこの地に葬れ」
   遺言されたことから、当地に埋葬され社殿を築いたのが始まりだそうです。
   出世開運・家運隆昌のご利益があるのだとか。

こちらの社殿の後ろには今も石積の神廟(六孫王のお墓)があるそうです。
kako-eW1fWoDpgW912ngo.png
春になると社殿の前にはソメイヨシノや紅枝垂桜などの桜が美しく咲き揃うのだとか。
黄緑色の八重の花が咲く珍しい御衣黄(ぎょいこう)桜は神龍池を跨ぐ太鼓橋の畔で見られます。

六孫王の長男、満仲が誕生した折に琵琶湖の竹生島より弁財天を勧請し、安産を祈願し
産湯に使ったと伝えられる誕生水弁財天社があります。
kako-BmpVmWMJse0e6qqY.png

六孫王神社の狛犬にご注目☆
kako-eAtKTLwCImqLIhVY.png
『吽』の見事な毛並みの美しさにも目を奪われますが、その足元にお分かりになりますでしょうか。
kako-WuQLbiqKGXH8b3HW.png
可愛い赤ちゃんが♡ 親子連れの狛さんは初めて見ました~(≧▽≦)
ちなみに『阿』の方はその足下にを転がしていましたよ(^^)

kako-zF9dVc57t7vSSZy1.png
経基王は牡丹を特に好んだことから神社紋を牡丹としたそうです。
皇室との所縁を示す菊の紋とともに押印されていました。

line20.gif

十六社めぐりでは、こういった機会でなくてはたぶん足を運ぶこともなかっただろう神社にも
たくさん訪れることができるのがいいですね♪ 
どの社もそれぞれ個性があって興味深い発見の連続で、見飽きることがありません!

残り3社・・・あともう少しお付き合いくださいませ~(*^^*)

一昨日と昨日の晩ごはん

こんばんは~☆

仕事始めのバタバタも落ち着かないうちにそろそろ会社の決算が近づいてきました(^^;
確定申告は税理士さんにお任せしているので、むしろ1月~2月の方が
一年間でもっとも忙しい時期になります。
みなさまのお宅にもなかなかご訪問できず失礼させていただく日々がしばらく続くかと思いますが
何とか時間を見つけて、せめてこまめに更新だけでも頑張ります!
今しばらくのご無沙汰をどうぞお許しくださいませm(_ _)m

一昨日の晩ごはんは残りものが大活躍でした(笑)
kako-6jZNqUo9Bi2UeVuU.png
ブリ大根の韓国風煮
揚げ春巻きのチーズ焼き
キャベツとワカメのポン酢合え
茄子と手羽先の柚子胡椒びたし
ニラとしらたきのゴマ和え

前日に作ったキャベツと豚ミンチの揚げ春巻きが・・・
kako-KxTzbt4nWrzlxGuC.png
           
kako-TcVJzPqz0kIPK7Dc.png
溶けるチーズを乗せてオーブントースターで加熱したら、こんな感じに♡
春巻きの皮がむにむにっとした食感に変化して、おやつっぽくなりました!意外とビールに合います♪

そしてブリ大根も・・・
kako-xKLwtu3ADBobI7NP.png
           
kako-K0UQoLbXJO7JXUar.png
 煮汁にお酒と水を足して煮立たせたらコチュジャンとヤンニョムを加えてピリ辛に調味します。
 残っていたブリと大根を戻して、エノキダケも入れたら蓋をして一煮立ち。仕上げに長ネギの青い部分を
 小口に切ったものをたっぷりと乗せていただきます♪

もともと甘辛い味がしっかりとついているので、短時間で韓国風煮込みが出来上がりました(^^)
これはボス夫さんにも大好評!!白ご飯にのせても美味しいとのことでした♪

kako-uHYOdtH8pDaQzHPg.png
 手羽先は骨の間に包丁を入れ、茄子はヘタを落として縞目に皮を剥いておきます。
 また、めんつゆとお酢、柚子胡椒を混ぜて漬けダレを作っておきます。
 フライパンにごま油を引きスライスしたニンニクを加熱して香りが出たら皮目を下にした手羽先を並べて
 じっくりと焼き付けます。途中、裏返して両面をこんがりと焼いたら一度取り出し、鶏から出た脂で
 茄子を焼きます。取り出した鶏は熱いうちに漬けダレに漬け込み、茄子も焼きあがったら同じように
 漬けダレに浸しておきます。お皿に盛って改めて柚子胡椒を添えたら完成です

鶏の脂で茄子を焼くとその旨みが染みてコクが出ます♪
しっかりとお酢を利かせた方が美味しいように感じました。

しらたきとニラ、ニンジンは軽く茹でてから摺りゴマとめんつゆで和えるだけ♪
めんつゆは何でも『それっぽく』仕上がってくれるのでとても便利な調味料です(^^)

続いて昨日の晩ごはん・・・和食を意識してみました♡
kako-u6HgphcmAwF7Kfyp.png
牡蠣の酒蒸し
高野豆腐の煮物
水菜としめじのお浸し
イカそうめんのアボカド和え

kako-6J1fYo4UGgR0e6Ij.png
『THE☆ニッポンの煮物』って感じで(笑)
高野豆腐のほかに椎茸、にんじん、里芋、エノキを一緒に炊いて茹でた絹さやで緑を飾ります。
こちらの味つけもめんつゆとみりんを使っています。

kako-FtWJyEqryneMSo8A.png
お浸しは水菜としめじをさっと湯にくぐらせて、めんつゆに柚子を絞りました。

どんだけめんつゆ好きやねん(笑)

イカそうめんのアボカド和え・・・前回、アボカドが全然熟してなくて諦めたメニューをリベンジです!
アボカドの熟し具合は完璧だったんですけど、うっかりとレモン汁を忘れていたので色が悪くなっちゃったorz
アボカドは空気に触れるとあっという間に酸化して黒ずんでしまうので切ったらすぐレモン汁
推奨いたします(^^;

kako-v0l1eeSSg9f96jVB.png
 塩水で洗った牡蠣は水気をふきとっておきます。フライパンに牡蠣を並べたら
 お酒とスライスしたにんにくを加えて蓋をし、火にかけます。煮汁がふつふつとしてきたら
 醤油をまわしかけて一煮立ち。火を止めて三つ葉を散らしバターを一かけ乗せます。
 再び蓋をしてしばらく蒸らしたら出来上がり♪


明日は十六社めぐりレポに戻ります(^^)また長くなりそうだな~(笑)

十六社めぐり その3

こんばんは♪

先週に続き今日も十六社朱印めぐりの残りを回ってまいりました。
時折、小雪がちらつく寒い一日でしたが、再びボス夫さんを運転手・・・いやいや(笑)相方にして
京の町を南へ北へと奔走しましたよ~(^^)

まずは1月4日の残り2社からご紹介・・・
7番目に訪れたのは『京都三熊野』最後の一社である新熊野神社です。
kako-Z86fOTWWBVGPfqwd.png
・・・平安時代末期(1160年)に後白河法皇によって創建された神社です。
   法皇は一生のうちに34回熊野に参詣されたそうですが、当時の都人にとって熊野に参詣するのは
   めったにできることではありません。そこで熊野の新宮・別宮として創建されたのがこの神社で
   京の熊野信仰の中心地として栄えたのだとか。ご利益は健康長寿・病魔退散、特に
   お腹の守護に特化しているそうですよ!ちなみに『いまくまの』と読みます(^^)

kako-gUWGAjKcpaWN68Tp.png
こちらの狛犬はふっくらと丸みを帯びていかにも健康そうですwwwなぜか口の中にどんぐりが!
お腹に利く神社の御使いなので食いしん坊なのかしらん(笑)
御神鳥はやはり三本足の八咫烏。
咫(た)とは長さの単位で、一咫は親指と人差指を広げた長さ(約18cm)だそうですが、八咫とは
18×8cm・・・ではな『とても大きい』という比喩表現です。

こちらの社でひときわ目を引くのが『影向(ようごう)の大樟(おおくす)と呼ばれる樟の木。
kako-QgX0LE0km094qnF1.png
影向とは神仏が現われるという意味。
神社創建の折に紀州熊野から運ばれた苗を後白河法皇が御手づから植えられたと言われるもので
推定樹齢は900年で現在も成長中だとか!その堂々たる姿と生命力にあやかり、木肌を撫でたり
幹に抱きつくことで健康長寿や病魔退散のご利益をいただけるとのことですので・・・
kako-ygma64HCh4zKcpOk.png
お腹の弱いボス夫さんは特に念入りに(笑)
大人の男性が5~6人でようやく手が届くほどの立派な大木でした!

kako-cJH7CZchPEaLiCY2.png


line20.gif

続いて8番目の社に向かいましたが、ちょっと今までの神社とは毛色が違います。
kako-0z8G9SmYIlz0vrL4.png
市比賣(いちひめ)神社・・・御祭神が全て女神であるところから女性の守り神とされ
                       女人厄除のご利益があります。
                       795年に京都の左右両市場の守護神として、西本願寺に坊弐町を囲い
                       勧請された社が、1591年に現在の地に移転鎮座されました。

さて、毛色がどう違いますかと申しますと・・・・・・
kako-OqbPPFCHMzenvznt.png
なんと階上にマンションが!!
およそ由緒ある神社には似つかわしくない風景にも思えますが、実は京都の街中には
こういったビルと一体化している寺社は意外と多いんですwwwまさに神俗一体といった感じですね(^^)
女性のための神社ということで、たくさんの若いお嬢さんがいらしていました♡

kako-1ykHaJnXbdLcrRuv.png
マンションとビルの間に挟まれた小さな敷地ながら、きちんと石鳥居で区切られた聖域に
御本殿が建てられています。そういえば娘も後厄・・・きちんとお参りにこなくっちゃ(^^;

絵馬も女性らしく華やかな色合いのものでした。
kako-aGAQLQ309uXuxhkh.png

歴代皇后の崇敬が篤く現在も「皇后陛下勅願所」であることから、御朱印とともに
菊のご紋が押印されています。
kako-IYEGRXWV16FDsKhm.png

line20.gif

ここからは本日13日に参拝した神社をご紹介しましょう。
まずは京都の南の方からめぐっていきます。この辺りはボス夫さんの出身地なので地図要らずです♪
9番目の神社は今年の干支にちなんだお社でございます☆
kako-OxdCw4w55ikhYXWd.png
墨痕鮮やかな『馬』の字が躍る藤森(ふじのもり)神社
・・・今から約1800年前に神功皇后によって創建された皇室ともゆかりの深い古社です。
   菖蒲の節句の発祥地といわれることから『菖蒲=勝負』にちなんで
   今日では勝運と馬の神様として競馬関係者やファンの方々から篤い信仰を集めています。
kako-0yUiFEkjuAjuAZSk.png
身を低くかがめ尾を振り立て狛犬は迫力がありました☆まさに『いざ勝負!!』という風情ですね。
堂々たる体躯の神馬像も坐します。早良親王の東征にちなむ駆馬神事が5月5日に催されるのだとか。

お正月が過ぎても本殿には多くの方が参拝にいらしていました!   
kako-BCbqjdyFWGDLpogz.png

藤森神社は見どころもたくさん♪♪
kako-oMVd5f8nFsQHBVwT.png
左上:御旗塚・・・神功皇后が纛旗(とうき=軍中の大旗)を樹てられた場所だそうです。祀られている木は
             『いちのきさん』と親しまれる“いちいの木”で、ここに参拝すると腰痛が治るといわれ
             幕末には新選組局長の近藤勇も参拝したと伝えられています。
右上:不二の水・・・酒処としても知られる伏見には名水の沸く場所がたくさんあります。こちらもそのひとつ。
               「不二の水」とは二つとないおいしい水という意味で、特に勝運を授ける水として
               信仰されているそうです。
左下:神鎧(かむよろい)・・・菖蒲の節句に飾られる武者人形には藤森の神が宿ると云われ
                     その象徴として明治時代に建立されたものだとか。
右下:摂社の『八幡宮』は重要文化財に指定されています。古色濃い本殿は、同じく重文指定の大将軍社と
    隣り合ってひっそりと建っていました。どちらも室町時代に足利義教によって建立されました。

『藤』と勝運にちなんでいるのでしょうか。神紋の『藤に一』が押印された朱印☆
kako-26m1ddu4jKzFNcpe.png

line20.gif

続いて向かったのは、去年の秋にも訪れた御香宮(ごこうのみや)です。
 (詳しい記事はコチラをご覧ください♡)
kako-3E1qpySHCFUnC4cg.png
拝殿は平成九年六月に修理を終え、見事な極彩色が復元されました(♡▽♡)
そのあまりにも豪華で麗々しい装丁は『伏見城御車寄(くるまよせ)の拝領』と誤って伝えられたほど!
成人式ということもあって美しい晴れ着に身を包んだお嬢さんもご参拝にいらしていました。

kako-kM39qc67coOdHJT4.png
押し出しの強い狛犬のお姿はとても凛々しくて頼もしさを感じます(*^^*)

以前、訪問した時には見つけられなかった江戸時代の『算額』
kako-LFMazHffQ8LE96JJ.png
さすがに現存する算額絵馬はほとんど字が消えてしまっているようです(^^;
こちらは昭和50年代に復元されたもの。どうやらピタゴラスの定理について
記されているようです・・・たぶん(笑)

安産をはじめ厄除け、病気平癒のご利益があるそうです。
kako-vWxrIQf8GuUHdYez.png

line20.gif

・・・・・今日もずいぶん長い記事となってしまいました(^^;
ここまでお読みくださった皆さま、お疲れ様でした。ご清聴ありがとうございますm(_ _)m
kako-7EmkducNlBPPgdA4.png
十六社めぐりと長々なご紹介文はまだまだ続きま~す(笑)

餅パー開催!

昨日1月11日は鏡開きでした☆
 鏡開き・・・お正月に年神さまや仏さまにお供えした鏡餅を下げていただく。
        神仏に感謝し、またその供えられたものを頂くことで無病息災などを祈って
        汁粉・雑煮などにして食す行事。

ちょうど娘も一緒に食卓を囲めるということですので、ここはひとつしゃぶしゃぶでもつつきながら
お餅を入れた善哉をデザート代わりに・・・なんて考えておりましたところ

 実家から大量のお餅の差し入れが!!

きっと妹たちに買っておいたものが残っていたんでしょうね。その数およそ40個近く!!
確かに年経た両親にはどう考えても手に余る量だとは思うんですけど
だからって全部持ってくるなよ~(^^;
とりあえずは個別にラップして冷凍庫に押し込んだものの、どんどん消費していかないと
他に何も入らない状態でございます(--;;;

そんなわけで今年の鏡開きは急きょ餅パー☆を開催いたしました(^▽^)

とりあえず考えつく限りのトッピング用意して、食卓の隣にトースターをスタンバイ(笑)
ボス夫さんにも手伝ってもらって『焼いては食う』方式で食べまくるぞ~wwwww
kako-ehzd2VD0NQ5eUdk4.png
キムチ・蒸し豚・大葉と納豆・スライスチーズ・アボカド・大根の柚子おろし
きな粉と黒蜜・小豆あん・三温糖とお醤油・味付け海苔、ついでに残っていた肉じゃがシチュー(笑)も!

お餅はトースターで焼く焼餅のほかに、茹で餅も作りましょう♪きな粉や納豆との相性バツグンです。
 カンタン茹で餅・・・少し深めの鉢に凍ったままのお餅を一つ入れて、ひたひたまで水を入れます。
            軽くラップを被せたらレンジで1分半~2分ほど加熱するだけ☆

水面からお餅が出ていると煮崩れてしまうので必ずひたひたまで入れるのがポイントです。
加熱時間はお餅の大きさやレンジの種類によっても変わるので、まずは1分程度から様子を見て
少しずつ時間を延ばしていくのがいいと思います(^^)市販の小袋入り餅にも応用できるので
ぜひ一度お試しあれ~

お餅が焼きあがるまでの間、チャレンジメニューをいただきます☆
kako-yiwC4OduT2G6QuIe.png
チャレンジだけあってとても成功!とは言えませんが・・・おはぎ?
いえいえ、実はこれお餅の唐揚げなんです(笑)
めざ○しテレビで紹介されていたレシピなんですが、ボス夫さんのウロ覚えを元に作ってみたので
いまいち正解が分かりませんwwwま、『揚げ過ぎ!』ってことだけはハッキリしてますけどね(^^;

 茹でたお餅をにんにく醤油に漬けてから片栗粉を薄くまぶして170度の油で揚げる・・・

ということらしいのですが、実際作ってみると引き上げるタイミングが分かりづらいです(悩)
中までしっかり火を通す必要はないので、さっと表面の色が変わったくらいでいいのかもしれませんね。
よく揚がっていたのでww少々焦げ臭かったのですが、味付け海苔を巻いたら不思議と美味しくなりました!

さて、そろそろ焼きあがってきたのでガンガンいただきます(*^▽^*)
kako-YN1GxEX9WM8tnB1x.png
左上:大葉&納豆を茹で餅に絡めて・・・おもにボス夫さんが食していたのですが彼の話によると
    『ねばねばともちもちが合体して新食感☆』だそうですwww
    大根おろしやキムチと合わせるのもイケてます(ボス夫さん談)
右上:再々加熱でとろとろになった肉じゃがを乗せてみたらこれがウマウマメロメロ~♡
    生七味を乗せてピリ辛仕立てもバカウマ☆でございました!
左下:アボカドとチーズを重ねて味付け海苔で巻いたらお醤油をちょっとつけて♪
    これまたアボカドのとろんとした食感がベストマッチで新しい美味しさです(≧▽≦)
右下:大根の柚子おろしにお醤油でさっぱりと♪ 食べた個数が増えてくるとだんだんおろしばかりに
    手が伸びますね~(^^; おろした大根に柚子を絞ってあるので後口もスッキリ☆

他にもチーズの味付け海苔巻きや定番の砂糖醤油はテッパンです(^▽^)
キムチとの相性もバッチリで、特にチーズを合わせるのが人気でした。
kako-ClwmErTxhkLKdfrg.png
食後のデザート代わりには、王道のきなこ&黒蜜が外せません!小豆餡を合わせるのも美味しっ♪
kako-rP0FStui1xWl9IU3.png

ふーっ!食べも食べたり・・・3人あわせて16個いただきました~(@o@)~3
もう全員、身動きできないほどの満腹でございますが(笑)まだこれでようやく半分!
まだまだボス夫さんと娘にも食べてもらわなくちゃいけませんね(^^;

・・・無病息災どころか『食べすぎ注意』な鏡開きでした(爆)

                                      おまけなきょうのできごと 

おうちごはんあれこれ

こんばんは☆

気がつけばずいぶんとおうちごはんの記録が溜まっていました(^^;
忘れないうちに書き留めておこうと思います♪

1月5日の晩ごはん
kako-s1GBTjOK1gTUNVVS.png
手羽先と大根のチゲ風煮込み
パプリカのサラダ
じゃがいもとトマトのチーズ焼き
豆腐ステーキ

翌日に仕事始めを控えてそろそろ身も心も引き締めていかねば~!なんて思いつつも
まだまだお正月気分が抜けてなかった夜のごはんですね(笑)
とても寒かったのでピリ辛煮込みで身体を温めました(^^)
kako-1MVVcwRtqtLHBDrO.png
 大根は皮を剥いて大きな乱切りにして下茹でをしておきます。手羽先は骨の間に隠し包丁を入れて。
 鍋に大根と手羽先を並べ、水とお酒をひたひたまで加えたら強火で加熱します。
 ふつふつと沸騰してきたらアクを掬い取り、すりおろしたニンニクとヤンニョム、豆板醤、テンメンジャン、
 香味ペースト、ハチミツで調味したら中強火で煮立たせます。大根が柔らかくなったら
 ニラを加えて一煮立ちしたら出来上がり☆

大根を煮込むときは下茹でをしておくと、弱火でコトコトと炊くよりも強火でしっかり加熱した方が
短時間で味が染みます。アクをこまめにすくうのと焦げ付きに注意するのがポイント!

kako-GbKPRYrM54CYchGk.png
黄と赤のパプリカは細切りに、タマネギもスライスしたらコールスロードレッシングで和えて粗挽き胡椒を。
ちょっぴりレモン果汁を落とすとさっぱりとした口当たりになります(^^)
豆腐ステーキは水切りしすぎて割れそうに!(焦)小麦粉をまぶして焼くことで何とか形を保ってますwww

続いて1月6日の晩ごはん♪
長いお休みの後、久しぶりに仕事に戻るとなんだか却ってくたびれちゃいますね(--;
豚肉のビタミンB1パワーをしっかりいただいて、ダラけた身体に活を入れましょう!
kako-6QPBwg9WxFmdc0pO.png
ホイコーロ
ニラチヂミと大根もち 水菜のサラダ添え
ほうれん草のお浸し
キャベツとワカメのおみそ汁

kako-TfCZQKDVfI3lHKfj.png
 大根は皮を剥いておろして水気をしっかりと絞ります。桜えびをすり鉢で細かく擂り潰したら
 片栗粉、塩とともに大根に加え、一つにまとまるまで練り混ぜていきます。平らな丸型に成型したら
 ごま油を薄く引いたフライパンで両面がキツネ色になるように焼きます。そのままでも桜えびの風味で
 おいしくいただけますが、リケンの塩ダレドレッシングにヤンニョムを混ぜた韓国風ダレも添えて♡

冷凍してあった「京都ほし山」さんのニラチヂミと、水菜を切ってフレンチドレッシングをかけただけの
シンプルなサラダも一緒に♡

kako-bn7wFF2RPYkQ28MH.png
ホイコーロ=豚肉とキャベツの味噌炒め・・・野菜が水っぽくならないようにするコツは
 1.野菜は洗ったら丁寧に水気を拭き取っておくこと。
 2.鍋にキャベツを入れてからごま油を加えること。
 
この2点なのだそうです。 
特に2番目の点は、素材を油でコーティングすることで熱が上がりやすくなり、家庭の火力でも
プロの味に近づけることができるのだとか!
確かにこの方法だと冷めてからもキャベツのシャキシャキ感がしっかりと残ってました☆
他にも野菜炒めなどに応用できるので、興味をお持ちの方はぜひおためしを♪

最後に、昨日1月10日の晩ごはんです。
kako-xhcyTeAA71Df8Dxn.png
ぶり大根
白菜の揚げ春巻き
ピーマンのツナ和え
アボカドとレンコンとひじきのサラダ
シチュー風肉じゃが(笑)ときんぴら(残りもの)

こうして書き出してみて気がついたのですがほぼ毎日大根を食べてる件(笑)
どうやら『お腹に優しい=大根』の図式がわたくしの脳内に出来上がってるようですwww
kako-xKLwtu3ADBobI7NP.png
 ぶりの切り身は塩を振ってからしばらく置き、熱湯にくぐらせておきます。大根は皮を剥いて
 厚めの輪切りにしたら中心に包丁を入れて、下茹でをしておきます。
 鍋に水とお酒、めんつゆを入れて薄くスライスした生姜を加えたら火にかけます。
 ふつふつと沸いてきたらブリを並べて入れて中火で5分ほど煮ます。一度ブリを取り出し
 次に大根を並べて中強火で煮立たせていきます。途中煮汁が少なくなったら水を足して
 大根が柔らかくなるまで煮込んだらブリを戻し、少し煮詰めたら火を止めて味を馴染ませます。
 食べる前に温めなおしたらお皿に盛って完成です♪

少し面倒ですが、ブリと大根は別々に煮た方が臭みが移らず美味しく出来上がるような気がします(^^)

kako-piFdzJGzcbkUAe7q.png
茹でたピーマンと缶汁をきったツナを混ぜてお醤油をちょっとおとすだけの和え物と
薄切りのレンコン、小さく切ったアボカド、めひじきにフレンチドレッシングを混ぜたサラダ。
どちらも簡単であっという間に出来上がります(笑)

今回、初めて自分で春巻きを作ってみました☆
細かく刻んで塩してからしっかりと絞った白菜と、お醤油とお酒で下味をつけた豚肉だけの
シンプルな春巻きですが、香味ペーストと焼きニンニク味噌を隠し味に加えてあるので
何もつけなくてもOK☆です。豚肉は少なめ、白菜はたっぷり入れてヘルシーに(*^^*)
kako-KxTzbt4nWrzlxGuC.png
揚げたてパリパリの食感でとても美味しくいただきました♪♪♪
慣れないものですから、ちょっと手間と時間はかかっちゃいましたが思っていた以上の出来に大満足!
いろいろ具や味を変えて、また挑戦してみたいな~(^▽^)V

『歳時記を感じられる一年』・・・今日1月11日は鏡開きです。
かなり賑賑しいイベントとなりましたので(笑)次回、ご報告させていただきますね~www

商売繁盛!

こんばんは(^^)

正月ボケからようやく脱しつつある今日この頃、西日本を中心とする各地の夷神社では
今年一年間の商売繁盛と家運隆昌を願って
十日ゑびす大祭(初ゑびす)が催されます。
テレビなどで男性の皆さんが夷神社を目指して競走されているニュースを
目にされたことはないでしょうか?
あれは兵庫県にある西宮神社えびす宮『福男』を決める神事でございます(^^)
また大阪にある今宮戎神社では毎年100万人もの参詣者でにぎわう大規模な祭となります。

そんな西宮神社えびす宮、今宮戎神社と並び『日本三大ゑびす』と称されるのが
kako-rVP26MPeoMS7vemW.png
京都ゑびす神社でございます(^^)
起源はおよそ800年も前にさかのぼり、1202年に禅の祖といわれる栄西禅師が建仁寺建立の鎮守として
まず初めに建てられたのだとか。御祭神は八代言代主大神(やえことしろぬしのおおかみ)
大國主大神(おおくにぬしのおおかみ)少彦名神(すくなひこなのかみ)と日本神話でも有名な3神です。

京都ゑびす神社では1月8日から12日までの5日間に渡り、十日えびす大祭の神事が行われ
たくさんの参拝客で夜遅くまで賑わいをみせています。特にお店や会社経営をされている方々にとって
欠かすことの出来ない歳時記のひとつではないでしょうか。
かく言う我が家でも毎年、父がお参りにでかけて大きな福笹と熊手をいただいて帰ってくるのが
子どもの頃からの見慣れた風景でした(^^)

前回の記事でもお話しましたが、今年のわたくしの抱負は
 『歳時記を感じられる一年にしよう!』
でございます。
昨晩は小雪がちらつく寒空ではございましたが、家族総出で宵ゑびすに行ってみました☆

ダメ元で車を出してみたところ、運よく近くの駐車場に滑り込むことができました!
神社に向かう道の両側にはたくさんの夜店が出ていて、とても賑やかです♪

  商売繁盛で笹持ってこい 商売繁盛で笹持ってこい
  お笹に吉兆つけましょか つけた吉兆福の神~♪


江戸時代には、こんな掛け声とともにたくさんの縁起物を飾った福笹や熊手が販売されたといいます。
この福笹の授受を初めて行ったのがこの京都ゑびす神社なのだとか。
kako-1H95nLi2gC68muJO.png
福娘の巫女さんが奉納の舞を踊り、笹や縁起物の飾りを授けてくださいます。
この笹は「節目正しく真直に伸び」「弾力があり折れない」「葉が落ちず常に青々と繁る」といった
特徴から、家運隆昌や商売繁盛の象徴となったそうです。
扇形に広がる立派な笹に飾る縁起物が近くの縁日でたくさん売られていました。
kako-4VrrKbqdvoASHJpd.png

平日木曜の夜、前夜祭だというのに大変な人出ですね~(@0@)
本殿の前にはたくさんの奉納品が所狭しとならべられていたのですが、どうぞご注目を!
kako-ovkYItZ4FADUk1A8.png
このピンクの丸で囲ってある奉納品、いったい何かおわかりになりますでしょうか?(^^)
正解は・・・・・・・・・・





 本マグロ1本!!

確かにこれは景気が良い!!大勢の参拝客の注目を浴びて燦然と輝いていましたが
この後、いったいどうなさるんでしょうね~(笑)

晩ごはんを食べていったのであまりお腹は空いていなかったんですが甘いものは別腹?(笑)
縁日を目にするとついつい何か買いたくなっちゃうんですよね~♪
kako-EZunHXslkt6w8n74.png
焼きたてのたい焼き♡ 餡子が熱々で冷えた身体に染みる甘さでした(≧▽≦)

駐車場へ帰る道すがらに見つけた神社に寄り道です♪
kako-AVEfYNcWAekhslMW.png
 摩利支尊天堂(まりしそんてんどう)は建仁寺の塔頭である禅居庵の境内にあります。
摩利支天とはインドの神様で陽炎を神格化したもの。災難を防いで身を隠す術が得られるといわれ
ここ一番というときに運を開き、その人の本来持っている能力を発揮させてくれるのだとか。
新年の幕開けに商売繁盛のご利益を持ってお参りすれば、さらに発展が期待できそうですね(^▽^)

kako-OIMmw8QfJ9VnmVxP.png
こちらの神社では狛犬ならぬ狛猪が!!
摩利支天は猪に乗って現れると言われ、この社の御尊影も7頭の猪に乗っておられるのだとか。
5組もの狛猪が奉納されていて、絵馬ももちろん猪が描かれていました。
猪といえば娘の干支でもあります(^^)彼女が年女の際にはぜひこちらへお参りしたいですね!

夜も更けていたのでよく分からなかったのですが、家に帰って画像をよくよく見てみましたら
木鼻があったんかい!!(右下赤丸で囲った部分)

ああああああ~っなんたる不覚!orz
ぼけぼけ写真でははっきりしませんが、どっしりとした渋~い彫りの佳作と見受けられます。
ネット情報によりますと本堂の蟇股も猪だと言うじゃあーりませんか!
これはぜひぜひ日中にリベンジしなくちゃ、と心ひそかに誓いつつ、帰路につきましたww

kako-PHIElqU3iIomcS5b.png
体の芯から震え上がるようなこの冬一番の寒気の下、付き合ってくれたボス夫さんと娘に感謝しつつ
今年は少しでも景気が良くなって明るく賑々しい一年になることを願っています(^^)

                                  商売繁盛笹持ってこい♪ ↓

極旨レシピ

こんばんは☆

きょうの晩ごはんはこちらの雑誌を参考に日本一のプロの味に挑戦です!
kako-xKQ5zSzOJXdDQktT.png
実はこの雑誌、某病院の待合室で見つけたんですがあまりに記事が面白くおいしそうだったので
すぐにネットでバックナンバーを取り寄せたんです(^^)
「和食」「居酒屋メニュー」「中華」「洋食」「イタリアン」「カレー」の6部門ごとに
全国の極旨レシピを紹介していたり『全国縦断!日本一の地元レシピ』という見出しで
各地の特産料理のレシピが掲載されていたりと、なかなか読み応えがある『保存版』の一冊!

今回は「居酒屋部門」の中から、東京は武蔵野にある『ひまり屋』さんというお店の逸品・・・
肉じゃが(写真右)に挑戦してみました!
kako-cmuP2ZkJ0YjQYn2y.png
ひまり屋さんの肉じゃが
きんぴらごぼう
水菜の柚子浸し
大根の山椒醤油漬け

・・・すでに残念臭が漂ってますなあ(苦笑)

実際に作ってみて改めてプロの凄さと大変さを知りました!とにかく工程が多くて大変なんです~(涙)
以下にざっくりとレシピを書き上げてみましょう(灰色字はあすもオリジナルの手抜きレシピですww)

 ジャガイモは皮ごと蒸します(電子レンジを使用)豚バラは適度な大きさに切って表面に焼き色がつくまで
 フライパンで焼き付けます。バラ肉を取り出したら下茹でをして余分な油とアクを抜きます。軽く沸騰したら
 鍋から上げて、改めて水と酒を張った鍋に肉を戻し火にかけます。沸騰したらザラメ
(ハチミツと砂糖を使用)
 醤油を加え落し蓋をしたらアクを取りながら5~6時間煮込む (強火で煮立たせながら1時間に短縮)
 煮詰まってきたら水を足しましょう。ジャガイモは皮をむいて潰し、塩コショウと片栗粉を加えて
 空気を抜くように練って食べやすい大きさに丸めておきます。これを170~180度の油で
 表面がキツネ色になるまで揚げます。
 豚バラを下茹でした茹で汁を濃口醤油、みりんで調味してスライスしたタマネギを加えて煮ます。
 バラ肉を煮込んだ鍋にタマネギとじゃがいもを入れて煮込んだら完成!!


・・・・・めんどくさぁ~~~っ!!

居酒屋さんって毎日こんな面倒な手間をかけてらっしゃるんでしょうか(^^;
今度からもっと有り難い気持ちでいただかなくっちゃいけませんね!!
kako-IJvCIGCvhkdn77zW.png
居酒屋さんに敬意を払いつつ、すごく頑張って揚げたのに・・・

 ジャガイモが全て煮崩れて揚げた意味ナシ!!orz

お皿に盛りつけた頃にはぐったり疲れ果てたので(笑)ネギスライスを乗せるのも忘れてましたトホホ
ひまり屋さんのそれとは似ても似つかぬ代物になっちゃいましたが
お味の方はかなり美味しかったです(*^▽^*)

豚バラの角煮風なのでもっとこってりしつこい感じかと思いきや、一度焼き付けているせいか
程よく脂が抜けてあっさりといただけます。じゃがいもはお餅のような食感で、これで煮崩れてなければ
もっとモチモチ感が楽しめたんじゃないでしょうか(悔)
見た目は、肉じゃがというよりもはやシチューといえそうな失敗作でしたが
ボス夫さんも娘も『美味しい!』と太鼓判をくれました(*^^*)

改めて・・・プロの極旨メニューに脱帽!!

その他の献立です(^^)
kako-LCR3tpYviEE8spvi.png
とにかく肉じゃがに専念していたので(笑)副菜はめんつゆ一本でできる簡単きんぴらです♪
 ごぼうは笹がき、にんじんは千切り、れんこんは薄い半月切りにして、ごま油でざっと炒めます。
 油が回ったらお酒とめんつゆで調味して、落し蓋をします。中強火で煮立たせ、焦げ付かないように
 時々底から混ぜながら汁気が少なくなるまで煮ます。火を止めて味を慣らしたら最後に白ゴマを振り
 完成です(^^)


もう一度繰り返しますが、肉じゃがに専念していたので(笑)副菜は漬けるだけの簡単和えです♪
kako-M9kjFXTA3V32O3Wr.png
水菜はさっと湯通しして水気を絞ったら、柚子の果汁を合わせたポン酢に浸します。
大根は細めの拍子に切って実山椒(瓶詰め)を潰しながら醤油と合わせた漬けダレとともに
ジップ袋に入れて浸しておきます。

ひまり屋さんの肉じゃがはホントもう面倒で手間も時間もかかったんですが
もう一度作ってみたい!と思わせる美味しさでした・・・っていうか

武蔵野まで食べに行く方が確実じゃね?(笑)


                                         おまけ・・・1月4日の晩ごはん

八草がゆ

こんばんは(^^)

妹一家は無事、機上の人となりました。トランジットがあるので今日の深夜、現地に到着予定だそうです。
実は帰宅2日前まで下の甥っ子は帰国スケジュールを知らなかったようなんです。
そういえばわたくしも母も、久しぶりで目新しい日本を満喫してゴキゲンの彼をあえてがっかりさせるような
「あと何日~」みたいな話題は避けてはいたんですけれど・・・
ちょうど大阪の『ポケモンセンター』へお出かけ途中♪という彼にとって至福の時間に、何の拍子か

明後日(しかも早朝)に帰宅

という衝撃の事実を知ってしまったらしく、駅へ向かうバスの中で号泣(^^;;;

たぶんもっともっとしたい事や行きたい場所があったんでしょうね。
彼にしてみれば

 『もっと早よ言えよ~!』

と言いたかったんじゃないでしょうか(笑)
で、妹が何とかなだめようとして

『まだ明日一日あるから、弟甥っこの一番行きたい所に連れて行ってあげる。どこがいいの?』

と問いかけてみたところ、しゃくり上げながらもしばらく考えていた彼の答えは

 『・・・・・・お皿公園。』
  (注:ウチの近所にあるコンクリ造りのお椀型滑り台がある普通の公園)

動物園とか遊園地とかゲームセンターとかいろいろ選択肢はあると思うんですがあえて近所の公園て(笑)
オトナの感性ではいまいち想像できませんけれど、きっと彼にとって一番魅力的な場所なんでしょうね。

お皿公園とついでにボウリングも満喫した昨日の夜は、やっと娘の冬期講習バイトも一段落したので
みんなで最後の夕食を共にすることとなりました。
妹一家にとっては日本で今回最後の食事です。いったいどんなご馳走を所望するかと思いきや

 『丸ぎゅで・・・』
  (注:ウチのやや近所にあるこじんまりとした普通のラーメン屋さん)

ふぐとかカニとかすき焼きとかいろいろ選択肢はあると思うんですけどあえてのラーメン(笑)
オトナの感性もいまいちピンとこないものなんですね~www
何はともあれ、これで彼らも思い残すことなく帰国の途につけたんじゃないでしょうか(^^)
また来年、楽しみにしています♪

line33.gif

ところで話は変わりますが。

 『歳時記を感じられる一年に』

を今年の抱負にしようと決意したわたくし(^^)
お正月を過ぎて最初の歳時記と言えば、やっぱり「七草がゆ」ですね!
手ずから七草を摘むほどの達人にはなれそうにありませんので、スーパーでパック詰めを入手(笑)
我が家の朝ごはんはセルフサービス制でバラバラなので、7日の夕食時に作るつもりだったのですが
上記の理由によりおかゆがラーメンに早変わりしてしまう事態に・・・

 早くも今年の抱負が崩壊の危機(笑)

そこでいつもお人柄そのままの優しいおかずをご紹介くださるさにーママさまの『ベジキッチン』にて
七草ならぬ八草がゆのアイディアをいただきました!

 1月8日に八草がゆを食べる

・・・・・そんなオレ流歳時記のごはんです(笑)
kako-eDtNynngBMrGsZwr.png
八草がゆ
よこわとイカのお刺身
卵とトマトの中華炒め
もやしとじゃこの掻き揚げ
お麩と小松菜のお澄まし

kako-wyOLZzTYSCQ4O3yf.png
再度、掻き揚げに挑戦です!
今回はかなり衣をしゃばしゃばにする代わりに具材に直接天ぷら粉をまぶすことでまとまり良くしてみました。
おかげであまりバラバラにならず、かつサクサク感が出せたように思います(*^^*)
ちょっと衣が多かったのか、ところどころもたついた食感も残ってしまったのでこれは次回の宿題ですね!

kako-elwocCrnzdme8fTu.png
 トマトはざく切りに。卵はざっと溶いて(あまり白身と黄身を混ぜすぎないように)塩とお醤油で味つけします。
 フライパンにゴマ油を熱したらトマトを炒め、香味ペーストを加えます。ひと混ぜしたら強火のままで
 溶き卵を流し込み大きくかき混ぜたら火を止めて蓋をします。余熱で卵が半熟になったら完成!

トマトと卵の炒め物は昔から母がよく作ってくれたメニューです。今回は香味ペーストを加えて
中華風にアレンジしてみました(*^^*)

kako-M127GkKQeSd4gEKb.png
七草に三つ葉を加えた八草がゆです(笑)シンプルに塩だけで炊いたので野草の香りがより感じられました。
そのままでも美味しくいただけましたが、茅乃舎さんの「生七味」を乗せるとまた格別☆☆☆

曲がりなりにではございますが、ひとまず歳時を行うことができました♪♪
次は鏡開きでしょうか。うっかり忘れないようにカレンダーに丸しとかなくちゃいけませんね(笑)

十六社めぐり その2

京都市内には数え切れないほどの社寺が点在しています。
お正月ともなればどちらの神社も大変な賑わいなのですが、なかでも東寄りの方には
有名で大きな神社が多いこともあって相当な人と車が集中します。
しかも細い道や一方通行が多く駐車場は少ない(そして高い!)とくれば
あちこちで起きる大渋滞への忍耐力と難度の高い離合テクが要求されるのです(^^;

仕事で毎日乗ることもあって比較的運転には慣れているわたくしですが、そんな地域を
車に乗って独りめぐるのはちょっと気が重いもの(^^;・・・ということで
ボス夫さんがハンドルを握っているのをこれ幸いと一番行きにくい方面を重点的に
回ってまいりました(笑

4番目のお社・・・
kako-25WE15bJRuuw6VT6.png
岡崎神社から南に歩くことおよそ15分、熊野若王子神社でございます。
・・・熊野権現を勧請した京都三熊野のひとつで1160年に後白河法皇によって創祀されました。
   祭神である天照大神の別号である『若一王子』にちなみ、「わかおうじ」ではなく
  「にゃくおうじ」と読みます。ご利益は学業成就と商売繁盛
kako-suNoK4QK2Atz7SNM.png
春には桜花祭も開かれる桜の名所で紅葉の季節も見応えがあるのだとか。
狛犬はひときわ堂々としたたたずまいでふさふさと豊かなたてがみに貫禄を感じます。

神社の裏山にはNHK大河ドラマ『八重の桜』で一躍有名になった同志社の創立者である
新島襄や妻の八重のお墓があり、また名所として名高い『哲学の道』も間近であることから
観光客の方も多くいらっしゃるスポットです(^^)
kako-wm0ZhlWjge3dPW1y.png
冬の『哲学の道』はちょっと寂しいですね(笑)ちなみに春にはこんな感じに♡
                  
kako-WKOdKjCFXoOElGGi.png
                  (画像はウィキペディアよりお借りしています。転載不可)

次回はぜひ花の時期に訪れたい神社です。
kako-l0kJPPj6UKYp6cYp.png

line20.gif

続いては山手を上がり高台に建つこちら
kako-sCJoZpRFH9WUPwLc.png
粟田神社・・・素盞嗚尊(スサノオノミコト)と大己貴命(オオムナチノミコト)を主祭神に置き
           厄除けのご利益があります。また都の東の出入り口として東山道や東海道を
           行き交う人が旅の安全を願掛けたことから旅立ち守護の神でもあります。

kako-qqstGvtBfgvaCe8r.png
「出世恵美須(しゅっせえびす)神社」「北向稲荷(きたむきいなり)神社」など摂社や末社も多く
高台の境内からは、五山の送り火の船形、左大文字を正面に見ることができるそうです。

kako-6TZdRjv6rZwLqzqc.png
本殿の狛犬はスリムできりりと精悍な印象。対して出世恵美須の狛犬は身を低く尾を振り上げた
珍しいポージングで境界を守っています。
山門近くには石造りの神馬も。午年ということもあって参拝客の方が次々と写真に収めてらっしゃいました。

粟田神社最大の祭事が『神幸祭』
美しい意匠の剣鉾が鉾差しと呼ばれる人によって差し進められ、神輿が氏子町内を渡り歩くそうです。
剣鉾とは、神輿の先導を勤めるもので道筋を祓い清め悪霊を鎮める祭具のこと。
社務所の窓に、その剣鉾がデザインされた手拭いが飾られていました♡

kako-qAAcPJBuhe9a5tY9.png

line20.gif

先ほどは昨年のNHK大河ドラマにゆかりのある若王子神社を訪れましたが、次は今年の大河ドラマに
ご縁がある神社です(^^)
kako-tkX4gZAaQAd8RPfA.png
豊国神社・・・1599年、前年に逝去した太閤豊臣秀吉を奉祀するために創建された神社で
           関ヶ原の戦で豊臣家が滅亡した後、江戸幕府により一度は廃祀されましたが
           明治天皇の命によって再興されました。草履取りから身を起こした太閤にちなみ
           出世開運をはじめ厄除招福、良縁成就、商売繁昌など幅広いご利益があります。

神社正面の唐門(↑写真)は伏見城の遺構と伝えられており国宝に指定されています。
豪華絢爛な飾り金具や彫刻が桃山建築らしい華やかさです。外国人の観光客の方も多くいらして
やはりこの唐門の美しさに感動されていた様子でした。
kako-k0M4hMTuT1wSPPLB.png

さて、こちらの神社の境内を同じくして方広寺が隣接しています。
ここには『国家安康の鐘』なるものがあるのですが、ここでピンと来る方は
かなりの歴史通とお見受けいたします(^^)
kako-rfAKLognrTtH3EK8.png
1614年に豊臣秀頼の命により再建された梵鐘の銘文のうち「国」「君臣豊楽」の句が
徳川家康のを分断し豊臣を君主と暗示することで家康及び徳川家を冒瀆するものと指摘され
大坂の役による豊臣家滅亡を招くきっかけになったとされるいわくの鐘なのです。

天井絵は日が当たらないせいか、その華やかな色彩まで美しく残っており、神々しくも艶かしい天女が
舞い遊ぶ姿を鑑賞することができます。

この方広寺の鐘、高さ4.2m外形2.8m、重さはなんと82.7トンという大迫力!
kako-WtThhfBrtzTJ6Cui.png
・・・ちょっと片手で持ち上げてみました(笑)

徳川家と豊臣家の興亡にまつわる豊国神社と方広寺。なかなか見応えのある社寺でした。
大河ドラマも観てみようかな~♪
kako-5yDnCR7UaFxBqZ8h.png
太閤といえばやっぱり「千成瓢箪」ですね!

line20.gif

十六社めぐりレポはまだまだ続きますが、ひとまず明日はお休みいたします。

いよいよ妹家族が日本を離れる日が・・・(iдi)/~

十六社めぐり その一

毎年お正月には氏神さまである近所の神社にご挨拶してから北野天満宮で
初詣をさせていただいているのですが、かねてよりせっかく京都に住んでるならば
心ひそかにやってみたいことがございました。それは・・・・・

 京都十六社朱印めぐり

京都市内に点在する16の神社を年頭に巡拝し各社で朱印を授かる初詣のことで、
2月15日までに全ての朱印をいただけると記念として干支の置物がいただけます♪

この十六社のご利益は「厄除け」「家内安全」という定番から「病気平癒」「交通旅行安全」
さらには「出世開運」「商売繁昌」などなど。女子には嬉しい「女人守護」「縁結び」「子授け」
受験生に向けて「学問成就」「受験合格」、はては「お腹守護」「鎮霊(こころしずめ)」
そして、今年の干支である「馬守護」「勝負運」・・・

一年に必要なラインナップを完全網羅!!

ということで、今年はこの十六社朱印めぐりに挑戦してみますq(*⌒O⌒)pガンバ☆

line20.gif

まずは、今回もっとも大切な願掛けのためにこちらの神社からスタートいたします。
kako-UEm3Hr7VuOIa8oYi.png
西院春日神社・・・832年、淳和天皇が皇位を譲られ西院の地に移られた際
               奈良の春日神社から分霊をお迎えしたのが縁起とされています。
               淳和天皇の皇女、崇子内親王の疱瘡が春日大神のご威光により
               快復された事から病気平癒、災難厄除けのご利益があるとされています。

実はこの十六社めぐりを今年行うきっかけにもなったのですが、わたくしの大切な友人のご子息が
不慮の事故に遭われ、今も本復を目指してご家族一丸となって戦っておられます。
遠方のこともあり何もお力になれない身がもどかしくもありますが、せめて大神のご加護をお願いして
わずかながらご回復の一端なりとも担えればとの思いを込めて参拝させていただきました。
kako-68GHJs4v26Su5nlV.png
崇子内親王が疱瘡にかかられた折、この石にご祈願されたところ、石が身代わりとなって疱瘡を生じ
たちどころに内親王が快復なされたといういわれから『疱瘡石(ほうそういし)と呼ばれています。
疱瘡石に参拝し撫でることでそのご利益を賜れるとのことで、毎月1、11、15日に公開され
人々から厚い信仰を集めているそうです。

kako-zUDeIOvQO0uwRwjI.png
鮮やかな朱塗りの本殿は四殿から成り、それぞれに「建御賀豆智命(たけみかづちのみこと)
「伊波比主命(いわいぬしのみこと)「天児屋根命(あめのこやねのみこと)「比売神(ひめがみ)
由緒ある古神が祭られています。

また境内には還来(もどろき)神社というお社もあります。こちらは旅行安全の守護として
信仰されており、古来より「わらじ」を奉納するのが慣わしです。わたくしたちが伺ったときも
たくさんのわらじがぶら下がっていました(^^)

kako-sBGY6uGMdBpUlwhC.png
左:仁孝天皇ご誕生の際、春日神社に御胞衣(おえな・・・すなわち胎盤のこと)を埋蔵され健やかな成長を
   ご祈願されたそうです。現在は、安産や子授け、母子の健康と生育を祈って白い「子安石」を
   奉納する習慣があります。
右:『梛石(なぎいし)は還来神社の前にあり、旅行に出かける際には行き帰りともに
   この石に参拝し撫でることで無事息災と還来成就を願います。また、厄年や傷病の方には
   厄除け、快復平癒の御利益も得られるそうです。

kako-4VWEbXxwjQxWP6wL.png
春日大神の神通力をお貸しいただいて、本復へと順調に歩まれますよう心からお祈りいたします。

line20.gif

続いて訪れたのは・・・
kako-lEcRZfRpwKSFttYU.png
京都熊野神社・・・古事記でも有名な「伊弉冉尊(いざなぎのみこと)「伊邪那美命(いざなみのみこと)
               「天照大神(あまてらすおおみかみ)「速玉男尊(はやたまのをのみこと)
               「事解男尊(ことさかのをのみこと)の五柱の古神がお祀りされています。
               縁起は、修験道の始祖「役小角(えんのおづぬ)」の十世僧日圓が、国家護持のために
               811年、紀州熊野大神を勧請したのが最初だそうです。
               ご利益は縁結び、安産、病気平癒だとか。

kako-2oo04j8PnlVAOT9o.png
紀州の熊野大権現を勧請した社は京都に3社あり、この京都熊野神社もそのひとつ。
熊野大社といえばサッカーの日本代表チームのシンボルマークでもある八咫烏(ヤタガラス)ですね。
もちろん京都熊野神社でも八咫烏が神紋に使われていました。

kako-6u3u9LnAz83ssFbN.png
京都熊野神社の狛犬はすらりとして垢抜けた印象のハンサムくん(*^^*)
柔らかい巻き毛がまるで外国の貴公子のようですwww反対に木鼻は目力たっぷりのガテン系でした(笑)
kako-QblA4Ilwug8VgK4G.png
朱印にも八咫烏が♪

line20.gif

3社めは東天王岡崎神社へ・・・
kako-HMQBXxhx6Tv28Zkm.png
・・・794年の平安京遷都の際に都の四方に建立された社の一つで都から東の方角にあることから
東天王と称されました。子授け、安産、厄除け、縁結びのご利益があるそうです。

社内にはウサギの姿がいっぱいです!
kako-hPZQnPmNxNChC05g.png
当時、背後にある紫雲山から境内一帯がウサギの生息地であり、神の御使いとしてあがめられ
また東は『卯』の方角でもあることから提灯や御手洗、御籤はもとより狛犬ならぬ『狛兎』まで
鎮座してました(*^^*)
ウサギは多産であることから子授け安産の神として信仰を集めているのだとか。

御手洗に置かれた黒い兎は月の力で満たされており水をかけてお腹を擦ると祈願が叶うといわれています。
他にもウサギが飛び跳ねることを模して『飛躍(ぴょん)守り』なども販売されていました(笑)
本当に社をあげてウサギが愛されているんですね~♡

kako-JbCaLIE72Lwzz6fI.png
岡崎神社の狛犬はふっくらとして優しい印象です。隣り合って座っている狛兎を怖がらせないように、
なんて思いでいらっしゃるのかもしれないですねwww
kako-v8ksSuBfDmicEVYn.png

line20.gif

・・・・・こんな感じで16社全てを順にお参りしていくわけですね(^^;
お正月の賑わいの中、決して多くはない駐車場を探しつつ一社一社参拝するのは骨が折れますが

実はこの一日だけで半分の8社を踏破いたしました~♪

続きは追々レポートしつつ、残りの8社もおよそ1ヶ月間で巡る予定ですのでこれまた
不定期にご紹介していければと思っています(*^^*)
kako-J0SGaTod2RT04XMN.png


                                     遅めのランチ 

お正月の晩ごはん

年の瀬からお正月にかけて、ごはんの後に夜更かししながらアルコール&スナックが
悪習になってたんですが、どうも羽目を外しすぎたせいでしょうか・・・

じんましんが出ちゃいました(痒)

そういえばいつも習慣にしているスムージーやヨーグルトもほとんど口にしてないし
普段はデトックスタイムに中てている午前中から炭水化物や糖質を摂ったりと
食生活のリズムが大きく狂ってるなあ(--;;

来週から仕事も再開します。そろそろ日常に戻る準備をしなくちゃいけませんね(焦)

まずは去年の30日、女子会があった日のボス夫さんの晩ごはんです。
kako-9c28RLnQ4AyHhJre.png
大根と牡蠣のソテー
じゃがいものチヂミ
きのこのコンソメスープ
もやしのチャプチェ炒め(前日の残り)卵とじ

kako-Ed8ihN4tl28BhLT5.png
肉厚の牡蠣と下茹でした大根をガーリック醤油でソテーしました。牡蠣は片栗粉を叩いてから
軽く湯掻いておくと身が縮まずプリッとした食感を残すことができます(^^)

kako-SPBZBvCjc68BQtBn.png
千切りにしたジャガイモに片栗粉をまぶして細切りにしたニンジンとニラ、もやしを混ぜたら
フライパンに丸く広げて両面をカリッと焼き上げてチヂミ風にしてみたんですが
どうにもまとまらな~い(--;
なんとか形を整えてお皿に盛り付けましたが、予定になかった『まったり食感』を醸し出してますトホホ
付けダレはヤンニョムと塩だれドレッシングをミックス♪

 湯を沸かして椎茸、しめじ、エリンギ、えのきを入れたらだしの素とお酒を加えます。
 続いてスライスしたレンコンも加えてコトコトと煮たら塩とめんつゆであっさりめの味つけを。
 仕上げに下茹でして小口に切った蕪の葉をぱらりと落としたら、きのこスープの出来上がり☆

きのこ類からかなりダシが出るので味つけは控えめでもOKです(^^)

年が明けて2日の晩ごはんです☆
kako-kZVYqmV3nzUOPYJG.png
ニラのベタ焼き(ほし山)
山芋とワカメの煮物
茹で豚 ニラ入り塩ダレソース
白菜の柚子びたし
鮭と大根の白味噌煮

元日の宴会で残ったニラベタをお裾分けしてもらいました。ピリ辛で食が進みます♪
kako-I9ioFUs4GcJlDZhR.png
茹でた白菜は水気を絞って柚子を絞ったポン酢と和えます。ちょっと水っぽくなってしまったので
白ゴマを加えました。

kako-6qYMwCYcJNzoGuri.png
小麦粉をまぶしてから湯掻いた豚バラスライスに、細かく切ったニラと
リケンのうま塩だれドレッシングを合わせたソースをたっぷりと回しかけます。
酸味が利いているので見た目よりもさっぱりとしていてビールにもよく合います(^^)

kako-hTWQSpd5lA5Bx5Uz.png
皮を剥いて厚めの輪切りにした山芋を出汁とめんつゆであっさりと煮たら戻したわかめを加えて
一煮立ちさせただけのカンタン煮物☆山芋は煮ると歯ざわりにまろやかさが出ます♪

メインにもなる鮭と大根の白味噌煮
 生鮭は軽く塩してから一口大にそぎ切りし熱湯をまわしかけておきます。
 皮を剥いて厚めに切った大根は下茹でし、さやえんどうも筋をとって軽く湯掻いておきます。
 エリンギ(きのこなら何でもOK)も適当な大きさにカットしたら、鍋に出汁を沸かして
 生鮭とエリンギを加えます。続いて大根も加え火が通ったら白味噌を溶き入れて
 豆乳も投入☆椀に盛ったらさやえんどうを乗せて完成です!
 
あっさりめの味なのでお好みでスパイスを足してもOK☆ おススメはもちろん生七味www
粗挽きコショウや柚子胡椒でも美味しくいただけます。

3日の晩ごはん・・・そろそろ冷蔵庫の中が寂しくなってまいりました(^^;
kako-IQziUDrUxlG51m88.png
豚バラの肉じゃが
レンコンとイカのピリ辛炒め
がんもどきとこんにゃくの煮物
生ハムと水菜のサラダ
鮭と大根の白味噌煮(前日の残り)ほうれん草入り

冷凍してあったロールイカの残りを引っ張り出して・・・
kako-1gXqxhUvQcANieUV.png
斜め切りした白葱とレンコンとともにごま油で炒めたらヤンニョムとはちみつで味つけします。
冷凍ロールイカは少し濃い目の味付けの方が美味しくいただける気がしますね(^^;

kako-IoXFcDFKvjAaE9PB.png
買い置きしていた生ハムの切り落としと水菜でサラダ仕立てに。せめて盛り付けだけでも
お正月らしくめでたい感じを意識してみました(笑)
がんもどきと蒟蒻、白菜はめんつゆで含め煮にしました。
そろそろお腹に優しいお料理が恋しくなってきたなぁ・・・

メインはこれも冷凍してあった豚バラスライスを使った肉じゃがです。
kako-0JcF4fV4ENCuyEce.png
少しジャガイモが煮崩れてしまいましたが、ボス夫さんと娘には好評でした(^▽^)
肉じゃがはあまり火の勢いを落とさず、ぐつぐつと煮立てたほうが短時間で味が染みます。
・・・が、焦げ付きと煮崩れにはご注意を(笑)


今日はボス夫さんとふたりで初詣に出かけました。いつもなら氏神さまと北野天満宮の二本立てで
お参りさせていただくのですが、今年はちょっと思うところがあって趣向を変えてみたんです(^皿^)
ただいま参拝レポを鋭意製作中でございますので、どうぞお楽しみに~♪

あけましておめでとうございます

新しい年を無事に迎えることができました。
みなさま新年あけましておめでとうございます。

旧年中のご愛顧に感謝を申し上げるとともに
本年も変わらぬご縁を賜りますよう伏してお願いいたしますm(_ _)m

・・・・・・ってもう三が日も過ぎつつありますが(遅)
皆さま、どのような元旦をお迎えになられたのでしょうか。
どうぞ、前途明るく笑顔と喜びに満ちた一年にふさわしい幕開けでありましたように!

********************************

バタバタの滑り込みでなんとか体裁だけ整えた我が家でしたが(^^;
大晦日は比較的のんびりと家族揃って晩ごはんをいただくことができました♪
kako-niJWkjkWqswxlfb1.png
海鮮小鍋
ハマグリとキャベツの酒蒸し
蒟蒻とエリンギの味噌炒め
アボカドとクリームチーズのおかか醤油和え
ミニ年越し蕎麦

久しぶりに家族3人が揃ったのでボス夫さんの発案により急きょ、鍋を仕立てることに!
kako-vRGvc6cEOT6SCXk4.png
いつもの大振りの鍋ではなく小鍋に少しずつ具を煮足していきます。
白身魚や鮭、ホタテ、豚肉の他に牡蠣を加えたのがポイント☆
お野菜は白菜とニラ、お豆腐と冷蔵庫にあるもので済ませちゃってます(笑)

kako-v5OwqCV3iSCPYBzP.png
メイン料理はハマグリとキャベツの酒蒸しを。バターと粗挽きコショウでやや洋風に仕上げてあります。
蒟蒻の味噌炒めは味が濃くなりすぎたので冷蔵庫に残っていたエリンギを加えました(^^;
 アボカドは皮を剥いてサイコロに切ります。クリームチーズも同じ大きさの賽の目にカット。
 プチトマトは4分割にしておきます。アボカドとクリームチーズを合わせたら
 お醤油を少々落としてかつお節を振ってざっくりと混ぜます。プチトマトも加えたら完成☆

クリームチーズとお醤油って実はとっても相性がいいんです(^^)
今回は同じく相性の良いアボカドも加えてサラダ風にしましたが、
カットしたクリームチーズに細葱の小口切りをたっぷり乗せて
かつお節を振りかけて、お醤油を少々落とす
・・・・・と
ビールや日本酒にもよく合うおつまみになります♪

いつも年越し蕎麦の用意はしてあるものの、テレビを見ながらあれこれ呑み摘まみしているうちに
いざ夜中になると全員お腹いっぱいで食べられなくなる罠(苦笑)
そこで今年は晩ごはんのおかずとして早々に、小振りの年越し蕎麦をサーブいたしました!
あっさり煮た鶏肉となめこのお蕎麦です(^^)
kako-cBfn7ZDPoX5ak9cC.png

翌日の元旦はまずわたくしの実家のお墓参りから始まります。
その後、実家で母の作ったおせちを皆でいただくのが毎年の恒例行事♪
001a.png
今年もまたすっかり母にお任せしてしまったおせち料理の数々。本当に有り難いことですねm(_ _)m
特に数の子の塩加減とごまめ、棒ダラが絶品でした☆

今回は手作りの他にもプロの仕立ても注文してみたのだとか。
001c.png
からすみやくわいなど、家ではあまり作らないお料理もたくさん入っていて目新しい感じでした♪
味つけやしつらえはさすがに玄人のワザが光ります!

・・・でもやっぱり母の味が一番!というのが家族全員一致の見解です(^^)
001b.png
京都のお雑煮といえば白味噌に焼かない丸餅というのが定番ですが、父は白味噌がニガテなので
関東風澄ましに焼いたお餅と鶏肉、ほうれん草を入れたものが出されます。
こどもの時からずっと変わらぬ味なので、ボス夫さんと結婚するまでは
これがスタンダードなお雑煮だと思ってました(笑)彼のお母さまに初めて作っていただいた時は
おっかなビックリいただいたのですが、とても美味しくてそれ以来どちらも大好きです(*^^*)

その後、場所を我が家に移して夕方から親戚一同が揃って新年会となります。
今年は大人が13人と子供が4人www
食卓を2脚並べても乗り切らないほどのお料理とお酒を前に大盛り上がりの宴席となりました♪
ちなみに、わたくしがまだこどもの頃は30人くらい親族が集まっていたんです!
親戚なのに見慣れぬ方もたくさんいらして、子供たちの数もちょっとした保育所並みでした(笑)
当時を語る母と叔母の話によると

子供たちに配るお年玉だけで総額10万円以上

必要だったのだとか(@0@)
そういえば全然見知らぬ親戚の人からもたくさんお年玉をもらった記憶があるなぁwww

2日はお墓参りに半日以上を費やしました(^^;;;
というのもボス夫さんのお母さま、わたくしの祖父、母の里と3ヶ所を周るのですが
これが全て京都市内の四方に点在しているために、ぐるりとひと巡りするだけでも半日は
かかってしまうんです(苦笑)
正直、ちょっと面倒で大変なんですけれど鬼籍に入られた先達に新年のご挨拶を
無事に済ますことができてホッとしています(^^)

3日はちょっとインターバルをいただいてお家でのんびり(笑)
kako-YgrRroS7uY5TRzkD.png
おやつはお持たせにいただいた資生堂パーラーのクラシックブランデーケーキを。。。
思わず酔っちゃいそうなほどブランデーの香りが芳醇です(*^^*)レトロなパッケージも素敵♡

我が家の三が日はこんな感じでございました(^^)
明日から娘は早くも初出勤!
ボス夫さんとわたくしは遅ればせながら初詣に行ってまいります☆

・・・・・・・・・今年も良い一年でありますように♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。