スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閑話 おうちごはん覚え書き

こんばんは☆
昨日の春嵐を乗り越えて近所にある私鉄沿線の桜並木が見事な満開を迎えました!
kako-CZ0AhgtWP9bbxN96.png
抜けるような青空の下、競うように咲き誇る薄桃色の花を眺めていると、なんだか心が浮き立ちますね♡
早くお花見行かなくっちゃ~(*^^*)

さてさて、比叡山は日吉大社のレポも始まったばかりですが、ちょっと気を抜くとあっという間に
おうちごはんの画像が溜まってまいります(@0@;;
まあ、たいしたメニューでもないので(笑)毎々アップする必要もないっちゃあないんですが
これもあしたのおうちごはんを作るための大切なモチベーションでございますので
しばしの閑話として看過していただけますように(*^^*)

金曜日の晩ごはん
kako-j27sLRD8KD7S6Mn9.png
焼き餃子
水菜とスライス玉ネギと三つ葉のチョレギサラダ
高菜と鶏モモの炒め物
大根とワカメのおみそ汁

kako-5d1BxlINVkD1o8Ed.png
最近すごーくハマっている水菜のサラダ♡ キャベツの千切りよりも手軽で(ざくざく切るだけ♡)
何を合わせてもしっくりくる懐の深さと、ここ最近の安価(笑)ですっかり手放せないお野菜です。
行きつけの焼肉屋さんで教えてもらったチョレギサラダはコチュジャンとお酢を利かせたピリ辛すっぱが
クセになります(*^^*)ポイントはたっぷりと入れた生の三つ葉!これがあると断然、味に締りが出ます。

一枚だけ残っていた鶏モモは高菜漬けと一緒に炒めましょう♪そのままだとちょっぴり塩気が強いので
もやしも加えてみました☆しゃきしゃきとした歯ごたえと鶏モモの旨みが感じられる一皿は家族にも好評♪

メインは市販の餃子です(^^;自分では上手く包めないのぉぉぉ(涙)
kako-SRxCqJEtI6X21Tnn.png
ちょっと焦げ色が付き過ぎちゃいましたが、香ばしくてまずまずの出来です(*^^*)
いつか自分で包めるようになるといいんですけど、未だにトラウマなんですよね~(笑)
↑その昔、バイト先の中華料理屋さんで餃子作りを伝授されるもあまりの不器用さに
  店長からさりげなーく『餃子作成禁止令』を発令されたヤツwww


続いて土曜日の晩ごはん
kako-eAcaRxhMzNkavGKQ.png
もやしと高菜の卵とじ
きのことベーコンのピリ辛炒め
大根と人参の皮の塩きんぴら
白菜とお揚げの炊いたん
トマトサラダ チョレギ水菜のせ

kako-g0yEFQH6zVucy4fh.png
前日の鶏モモと高菜の炒め物の『高菜』の部分がたくさん残ってしまいまして(笑)卵とじにしました!
青ネギのみじん切りを加えてちょっと色彩もにぎやかに♡

すっかり定番になった節約料理・・・定番すぎてそろそろ他のメニューも考えなくっちゃ(^^;
kako-NZShsmPLggAQucot.png
しめじや椎茸、エリンギ、えのきなどの茸とベーコンをざっくり炒めてヨシダソース&コチュジャンで
甘ピリ辛な炒め物に仕上げた一品♪意外とあっさりとしているのは茸の風味が強いからでしょうか?

kako-9R1WrrzMZNBZKSz8.png
久しぶりに食べたくなった京都の定番『白菜とお揚げさんの炊いたん』
お好みで柚子胡椒や七味を振ってもいいのですが、ほんのり甘いお揚げさんとほっこり優しい出汁を
そのままいただくのが一番好きです♡

スライストマトに、先日のチョレギサラダを細かく刻んで乗っけ盛りにしました♪
チョレギソース、フレッシュなトマトにもよく合います!!

・・・・・・・・・それにしても、おうちごはんも日吉レポもなかなか追いつきませんね~(^^;
読書日記や裏あすものつぶやき(ぼやき?)など、まだまだお話したいこともたくさんあるというのに。。。
つか、もっと写真を減らしてコンパクトに記事をまとめれば済む話なんですけどね、ええ(爆)

それでは次回、また日吉でお会いしましょう(笑)


今週の我が家の玄関☆
kako-7ba753U3VOmpI59R.png
坂本ののどかな山あいをイメージして野の花風に活けてみました♡ 花かごは近所のホムセンで350円也(笑)

kako-kEF3CYaBMCWixMry.png

スポンサーサイト

京の鬼門☆比叡山を行く~その2 日吉大社後編

前回までのお話・・・京都花大黒ご店主さまのブログに触発されて、さっそく滋賀県は比叡山のふもとにある
            日吉大社へボス夫さんを引っ張り出したあすも!
            花曇りながらぽかぽか陽気との天気予報を信じて脱ぎ着しやすい軽装で挑んだところ
            車を降りた途端、まさかの上着が手放せない寒さに見舞われてしまう!!
            ボス夫さんのぬくぬくジャンパーを横目に歩き続けるあすもの体温の行方やいかに?!
            hiyosi02 00
予定では上着は車の中に置いたまま散策して、暑くなったらチェックシャツを腰に巻くはずだったのに
むしろ上着が手放せないっつうかもっと厚いの着てくればよかった!みたいな(--;
デニムの裾もホントは折り返して抜け感♪を演出していたのに、あまりの寒さから伸ばしたっていう(笑)

さて、どうでもいい前置きはさておいて(笑)日吉三橋の先に東本宮エリアが見えてましりました(*^^*)
hiyosi02 01
杉木立の奥に建つ楼門の手前に、うずくまるナニモノかがご覧いただけますでしょうか?

                  (拡大・・・)
hiyosi02 02
猿です(嘘) こちらは表面の凹凸が「猿の顔」に見えることから猿の霊石と呼ばれています。
猿というかイースター島のモアイ像の作りかけ?のようにも見えますが(笑)


さあ、東本宮の入り口である楼門にたどりつきましたよ♪
hiyosi02 03
西本宮の楼門に比べてすっきりとしたフォルムのようにも見えますが、これは一階部分に比べて
二階部分がやや低く造られているからだそうです。木村拓哉 織田信長の焼き討ちに遭った以後
1593年に建て直されたようです。

宮内に入ってまず最初に目に入るのが摂社である樹下(じゅげ)神社の拝殿。
hiyosi02 04
本殿ともに重文指定です。四面を囲う格子壁というのは珍しい!重なる格子の向こうに
本殿が透けて見えるさまがとても粋ですね(♡▽♡)

hiyosi02 06
三間社流造りの堂々とした押し出しが印象的な樹下神社本殿は、その真下に霊泉の井戸を抱き
昔はご神水を汲み上げていたのだとか。祭神は鴨玉依姫神(かもたまよりひめのかみ)
4月に行われる山王祭の「午の神事」は、東本宮祭神の大山咋神とこの鴨玉依姫神の婚姻を
再現する儀式なのだそうです♡

hiyosi02 07
凛々しい太眉ににっこり笑顔の狛犬さんは、まるで『いなかっぺ大将』の主人公のよう!
・・・・・って『いなかっぺ大将』をご存知の方、いらっしゃいますかね(^^;

格子や破風に打たれた金細工がとても流麗で洗練されています!檜皮も厚く、数ある摂社の中でも
格式の高さを感じる造りですね~(@0@)

実はこの樹下神社、拝殿と本殿を結ぶ線が、東本宮の拝殿と本殿を結ぶ線と直角に交わるという
非常に珍しい位置関係となっているんです。そのため楼門をくぐると一瞬、樹下神社の拝殿を
東本宮の拝殿と勘違いしそうになっちゃいます(汗)

こちらがホントの東本宮拝殿でございます(*^^*)
hiyosi02 08
とてもオーソドックスでシンプルな造りですが、均整の取れた佇まいはさすがに重文の貫禄たっぷり☆

続いて本殿・・・こちらは国宝に指定されています。
hiyosi02 11
とても優雅で伸びやか・・・まるで羽を広げて今にも飛び立とうとする鳳凰のようです(*^^*)
祭神は大山咋神(おおやまくいのかみ)。名前の「くい」は杭のことで
大山に杭を打つ神、すなわち大きな山の所有者である神という意味です。
西本宮に祀られている大物主神を大比叡と呼ぶのに対して、この大山咋神は
小比叡と称されています。

hiyosi02 12
さすがに朱の色も鮮やかで金細工が美しく映えています☆こちらの狛さんは目鼻立ちがくっきりとして
巻き毛もふさふさ♡ 瞳に強い力がこもっていますがどことなくユーモラスな表情が親しみやすいですね。

東本宮の境内にはいろいろと面白い謂れがあるようです。
hiyosi02 05
日吉雄梛(おなぎ)と雌梛(めなぎ)の木・・・雄梛は女性が男性の幸せを祈り
雌梛は男性が女性の幸せを祈るものとされています。「家内安全」「夫婦和合」のご利益が♪
もちろんお互いにちゃんと拝ませていただきましたよ(*^^*)

え?一体なんてお祈りしたのかって?!・・・それは神のみぞ知る(笑)

コチラの木は多羅葉(たらよう)と呼ばれています。
hiyosi02 09
案内板によりますと
「肉厚の葉の裏側に先端の尖った物で疵をつけるとその部分が黒く残り文字が書けます。」
とのこと。
これが「葉に書く」=「葉書(はがき)」の語源となったそうです。
hiyosi02 10

続いて六角形の井戸のようなものを発見☆
hiyosi02 13
亀井霊水なるこの井戸は、その昔まだここが池であった頃、伝教大師ご参拝の折に霊亀が現れ
占いによって閼伽井(あかい=神様にささげる水を汲む井戸のこと)となし、『亀井』と名付けたそうです。

hiyosi02 14
大物忌(おおものいみ)神社には東本殿の祭神、大山咋神の父神である大年神(おおとしのかみ)
お祀りされています。山王曼荼羅に描かれたお顔はズバリらしい(笑)

大物忌神社の近くにひっそりと建てられたお稲荷さまにも手を合わせておきましょう(^人^)
hiyosi02 15

覗き込んでみると龍の彫り物が♪
hiyosi02 16

見どころたっぷりの東本宮を後にして、最後に、山王祭で使用される御輿を拝見いたします(*^^*)
途中、山の方に向かって伸びる石段が・・・
hiyosi02 18
こちらは奥宮に向かう参道ならぬ山道です(^^; 境内の登山口からはおよそ1Km(片道約30分)。
本当はぜひ頂上まで行ってみたいところだったんですが、駐車場近くで見つけた立て看板に

『怪我については自己責任でお願いいたします』

なる文章が書かれておりまして(>0<;;; 夫婦そろってチキンハートなものですから(笑)ここは
謹んでご辞退させていただきました~エヘヘ
なお、京都花大黒のご店主さまのブログ内のこちらの記事に、美しい写真とともに
詳しくご紹介いただいておりますので、ぜひご一読なさってくださいませ♡←他人さま任せですみませんww

4月12日~15日に執り行われる山王祭は1200年の歴史を有する由緒ある神事です。
祭礼中、山王七社の7基の神輿が登場し天下泰平・五穀豊穣をお祈りします。
hiyosi02 21
1基はおよそ1500kg!!
12日の「午の神事」において、いったん奥宮に上げられた神輿に神様がお遷りになり
山麓の東本宮へお渡り頂きます。これが大山咋神と鴨玉依姫神のご婚姻を示すんですね。
そして翌13日の宵宮落とし神事にて、大政所と呼ばれる場所に神輿が4基並べられ
読み上げ式を済ませた駕輿丁達が神輿の到着するや、一斉に神輿を揺さぶり始めます。
これは神様の陣痛を表すのだとか!やがて結びの祝詞奏上と共に神輿が1m以上ある高さから
地面に落とされ(これが御子神誕生の瞬間です)近くの鼠社まで競った後に、行列を整えて
西本宮拝殿に進みます。朝のうちすでに他3基は西本宮拝殿に納められていて、ここで初めて
山王神輿7基が揃うのだそうです。

『日吉山王祭礼図』
hiyosi02 22

ガラス戸越しではありますが、ちょうど7基すべてが特別公開されていました♪♪♪
hiyosi02 20
一つ一つ神紋が違うんですね(@0@)五七桐や十六八重菊など非常に格式高いご紋が使われています。
7基すべてが重文指定されています。現在は新しく造り替えられた神輿が使われているのだとか。

line32.gif

・・・・・・・・・ふぅぅぅぅぅっ(^^;;;
ようやく日吉大社のレポ『は』これにて終了です(笑)

次回はいよいよ、本命に乗り込むぞーーーーーっ!!

って実はまだレポ完成まで3分の1もできてないとか言わないよぜぇったいぃぃ~♪♪

京の鬼門☆比叡山を行く~その1 日吉大社前編

こんばんは☆

お出かけ日和の今日は、日々の徒然から読書日記や寺社めぐりまでいつも楽しい話題を提供してくださる
京都花大黒さまの京都花大黒店主のブログにて14回にわたってご紹介されているコチラの記事
すっかり魅せられまして、後を追うように(笑)参拝してまいりました♪

滋賀県は比叡山のふもと、坂本の古社日吉大社でございます!
hiyosi01 01
詳しい縁起や寺社建築については、花大黒ご店主さまのブログにて丁寧かつ分かりやすくご説明を
いただいておりますのでぜひそちらをご参考いただくとしまして、拙宅では心おもむくままに得手勝手に
進めさせていただこうと思います(^皿^)

神仏習合の証、合掌鳥居(鳥居の上部に合掌を表す山型が乗せられています)をくぐり、参道を進みます。
『神馬舎』『神猿舎』が並んで建てられているのですが・・・
hiyosi01 02
馬は作り物、猿は本物(笑)・・・想像するに、比叡山には野生の猿の群れが多く生息しているので
彼ら(檻には2頭居ました!)もきっと迷子になって下界へと降りてきちゃったうっかりさんたちでは
ないでしょうかwww

まっすぐ行けばすぐに本殿ですが、ちょっぴり遠回りして摂社も見て回りましょう♪
まずは
hiyosi01 03
『白山宮』・・・杉木立に囲まれ深い山を背にしたこちらは国の重要文化財に指定されています。
こちらは拝殿と本殿から成り、祭神は菊理姫神(くくりひめのかみ)。日本書紀の一節にだけ登場する
謎多き女神さまです。
hiyosi01 04
古色を帯びた拝殿は非常にシンプルなのですが、却って精緻な組木の美しさを強調しています。

hiyosi01 05
拝殿とともに1598年に建てられた本殿は、欄干の朱が素敵なアクセントになっていますね♪

白山宮あれこれ☆
hiyosi01 06
狛犬はかなりガチムチ系(笑)大きく膨らんだ鼻の穴に勢いを感じますwww
本殿の足元を巡るように水路が切られており、すぐ近くには清流が迸る小さな滝がありました。
ご紋は『右三巴』でしょうか?金貼りが薄日に淡く照らされています。

白山宮のすぐ隣にあるのが宇佐宮です。
hiyosi01 07
写真の整理中に一瞬、白山宮と見分けがつかなかったっていう(笑)こちらも同じく国の重文指定で
建築年も白山宮と同じ1598年。祭神は田心姫神(たごりひめのかみ)といって
古事記や日本書紀に登場する『宗像三女神』の中の一柱です。
hiyosi01 08
白山宮以上のガチムチ格闘家風(笑)あごひげがまた厳ついですね~(^^;

続いてはお台所関係にご利益がありそうなお社です。
hiyosi01 09
大宮竈殿社・・・奥津彦神と奥津姫神という夫婦神を祀るこちらの社はその名のとおり
竈(かまど)の火を預かります。現在では台所の神さまとして、また飲食を整える包丁の守護神として
料理の上達を願うのだそうです!もちろん、くれぐれもお願いしておきました(*^人^*)

さて、いよいよ西本宮楼門が見えてまいりました。日吉大社は大きく「西本宮」「東本宮」「奥宮」の
3つのエリアに分かれており、西本宮エリアの最奥にあるのが楼門、拝殿、本殿でございます。
hiyosi01 10
摂社に比べて朱塗りが目にも鮮やかで華やかな印象ですね☆花大黒ご店主さまのレポにもあった
キュートなお猿さん、その名も『神猿(まさる)』クン(笑)
hiyosi01 14
正確には棟持猿(むなもちさる)といいますが、『魔が去る』『何にも勝る』との響きが縁起良く
「まさる」と呼ばれているのだとか。頑張って支えて要る感じがとってもキュートですよね♡

hiyosi01 13
さて、楼門をくぐるとまっすぐ一直線に拝殿と本殿が続いています。
まずは拝殿を拝見・・・いや上手くねぇし(笑)
hiyosi01 15
通常、本殿の正面に立つことはできないようです。代わりに拝殿の前に参拝所が設けられていました。

こちらが本殿。『日吉造り(ひえつくり)』という独特の様式で国宝です。
hiyosi01 16
大きく張り出した檜皮の屋根が印象的です。朱の欄干がぐるりと囲い、床下が高く造られていますね。
かつては仏事を営まれた『下殿』なる部屋があったそうです。

hiyosi01 17
さすがは国宝!金細工がとても美しいです(*^^*)ご祭神は大己貴神(おほなむちのみこと)
すなわち大国主(おおくにぬし)のことです。因幡の白兎神話で兎を助けてあげた神さまですね(*^^*)

hiyosi01 18
こちらの狛さんは腹筋辺りがとってもスリム☆彫りもシンプルで意外な感じがしました。

日吉大社の絵馬いろいろ☆
hiyosi01 11
金銀箔の豪華な絵馬が2種類もあるみたいです!山王祭で使うお神輿と三猿の絵柄でした。
他にも焼印風のものや、ベーシックな神馬(鞍の文様がお猿さん)も。

西本宮のすぐ横には大宮川という清流が走っています。その澄んだ山水は夏にはいい避暑になりそう♪
hiyosi01 12
『日吉山荘』という料理屋さんが見えます。この奥をずっと遡っていくと『飛竜の滝』
あるそうですが、今回はまだまだ回るところがあるので断念(^^;

日吉大社にはこの大宮川にかかる3つの橋があり『日吉三橋』と呼ばれています。
hiyosi01 20
左上:大宮橋・・・重文指定。豊臣秀吉が寄進したといわれる木造の橋を1699年に花岡岩製の
            石橋に架け替えられたのだそうです。
右上:走井橋・・・大宮橋のすぐ隣に掛かるお祓いをするための石橋。橋脚は6本、桁も省かれて
             三橋の中で最も簡素な造りとなっていますがこちらも重文指定です。
左下:二宮橋・・・東本宮つまり二ノ宮に向かう参道にかかる橋です。大宮橋ほどの凝った構造では
             ありませんがほぼ同規模で同じく重文指定。
二宮橋には大きな松の枝がしなっていました!隣でお参りしているボス夫さんと比べていただくと
その大きさがよく分かっていただけるかと存じます(笑)

・・・・・・・・・というわけで、皆さまもうお気づきのことかと思いますが、レポは続きますめっちゃ!!
いつものことながら不定期に閑話を挟みつつのんびりと進めていきたいと存じますので
お気が向かれましたらどうぞまた気長にお付き合いくださいませ(*^^*)
hiyosi01 00

                                               おめでとう!!

サクラサク

こんばんは(^^)

本日、京都でも開花宣言がなされました(^▽^)/
この開花宣言、二条城の北大手門近くにある標本木のソメイヨシノが5~6輪咲いたのを確認されると
京都地方気象台から「開花宣言」が発表されるのだそうです。
実はウチの近所にも『地元の標本木』とされているソメイヨシノがあるんです♪
川沿いに美しく花を咲かせて近隣の住民を楽しませてくれる桜並木なんですが、なぜかそのうちの
一番端にある一本だけが他の木よりも一週間~10日ほど早く花を咲かせます。
これはもう昔からずーっと変わらないようで、少なくとも我が家がこの地に引っ越してきて13年間、
毎年一番に咲き続けています。

もちろん、今年も・・・
kako-Xb1Fmlo7PlYb8y9y.png
すでに5分咲きでした(*^^*)きっと二条城の標本ソメイヨシノよりも早いんじゃないかしらん。
今日は少々花曇りの一日でしたが、明日はとても良いお天気になるそうです。
いよいよお花見の時節ですね♪どこの桜を愛でようか、今からワクワクいたします♡♡♡

さて、今回のおうちごはんもサジェスチョンをいただいております(^^)
kako-trYAVhweAqcXK34w.png
山芋鍋
温泉卵と豆腐の味噌田楽風
炊き込みご飯

またまた美味しそうな創作鍋を参考にさせていただいたのはぱぴちゃんのねーねさまのお宅、
ぱぴこ×2よりコチラの記事でご紹介されている長芋鍋でございます♪
kako-mCwocwpjJpHsJck6.png
レシピについてはねーねさまがとても分かりやすく解説してくださってますので、そちらにお任せしまして
春菊がニガテな我が家では代わりに蕪の葉を加えてみました(*^^*)
トロッとフワッとクタクタ♡のお言葉通りですが、やはり大きなポイントは太もずくでしょう!
これがあるのとないのでは味にも風味にも食感にも大きな違いが出るのではないかと思います。
kako-gth32HdPQdlhSJEd.png
お好みでポン酢・生七味・柚子胡椒を加えても◎
見た目のインパクトには『え~??』と戸惑っていたボス夫さんも一口食べるなり『旨いなこれ!』
すっかりお気に入りの様子でした(^皿^V ねーねさま、今回も美味しくいただきました♡ありがとうございます!

kako-Jl7vkrNXNq7Wv8N2.png
 しっかりと水切りした豆腐は4等分にしてお皿に並べます。上に市販の温泉卵を崩しながら乗せ
 名古屋味噌におろし生姜と山椒を少々加えたものを回しかけたら、仕上げに木の芽をあしらって
 できあがり♪

今回のポイントはあえての『ガラスの平皿』使いでしょうか(*^^*)田楽味噌風なので素朴な土感のある
深めの小鉢などが似合う一品ですが、デザート風のガラス皿にも意外とマッチしてくれました♡

久しぶりの炊き込みご飯・・・
kako-JnjLrNhWM5Zlxbip.png
牛蒡、レンコン、人参、コンニャク、椎茸と油揚げを使ったシンプルな炊き込みご飯ですが
ベースとなる出汁にベジブロススープを使ってみました☆味の調整はめんつゆで。
ベジブロススープ特有のほんのりとした甘さが根菜によく合っていて美味しくいただけました(*^^*)

続いて今日の晩ごはん・・・ってこのフレーズ久しぶり(笑)やっと追いつきましたね=3
kako-MSbsciQ8cEIItHf2.png
五目春雨
カボチャとひき肉のBBQ炒め
牛蒡とこんにゃくの山椒和え
大根とワカメのおみそ汁

こちらは我が家の食卓の伝道師、ボーノくんさまのお宅おいしいごはんBuono日記で拝見した
こちらの一皿を参考に作ってみた五目春雨です(*^^*)
kako-RdtzpqcwQXD9Cx87.png
・・・って春雨どこ?(笑)いやいやちゃんと入ってるんですよ、それもそこそこの量が(^^;
野菜の切り方が大雑把過ぎるせいか、すっかり隠れちゃってますけど。料理写真ってムツカシイなぁ!
とにかく冷蔵庫の整理を兼ねていますので、キャベツや人参のほかに、茄子、インゲン、玉ネギ、レンコンなど
半端に余った野菜がたっぷり☆ それでいて肝心の豚肉は入れ忘れてるっていうwww
代わりに『香味ペースト』を使ったのでお肉なしでもしっかりとコクのある塩炒めに仕上がりましたよ♪
ボーノくんさま、相変わらずの換骨奪胎ぶりにむしろもう一緒にするなよ~とのお声も聞こえてきそうですが
春雨炒めの存在を思い出させていただいて(笑)ありがとうございました♪

副菜も余り野菜のオンパレード☆
kako-AG6PqQdTEeYSeU3q.png
牛蒡とコンニャクはめんつゆで金平風に炒め煮にした後、いただきものの山椒煮を加えてみました。
・・・みました、が、別々に食べた方が美味しいんじゃないかと思うのは気のせいでしょうか(笑)
かぼちゃと豚のひき肉はヨシダソースでBBQっぽく(^^)こちらはカボチャ+ヨシダソースと甘めコンボだったので
粗挽き胡椒を気持ち多めに振ってピリッと刺激を与えてあります♪

今日のごはんはこれにて・・・・・・・・と言いたい所ですが、やはり正直に情報公開してこそのおうちごはんレポ!!
今回の大失敗メニューでございます(^^;;;
kako-X9g8WaaxTbQGwTBH.png
じゃが芋とアンチョビのチーズ焼き
いつものチーズ焼きを作る要領でじゃが芋を並べアンチョビを乗せてチーズを乗せてオーブントースターへ
投入しましたところ、およそ5分ほどで庫内から煙が!!あわてて扉を開けてみましたら今度は

断続的に小さな炎が上がってるぅぅぅ!

慌ててスイッチを切ったんですけど、部屋中に立ち込める魚臭い煙・・・(@0@;;
どうやらアンチョビから出た油に引火していたようです。なんとかじゃが芋に火が通っていたので
とりあえず食卓に出したのですが、一口食べてみると・・・

腎臓に危機を感じるレベルのしょっぱさ!!

コレは間違いなくアンチョビの乗せすぎでしょう(><)ガマンしてもう一口食べたところで
自発的にドクターストップをかけました(苦笑)あ~あ、せっかくのコストコアンチョビが・・・orz

アンチョビがニガテな娘のために作った『乗せていないじゃが芋ゾーン』だけが、アンチョビの風味が移って
一番美味しかったっていう皮肉(^^;;;あまりにももったいないので、とりあえずじゃが芋だけ取り出して
今からアルパカさんのお供にいたします(←そのためにもう一度アルパカワインを買いに行きました爆

失敗は成功の母と信じてここに情報公開いたします(笑)

教訓・・・・・アンチョビは『コレ、いくらなんでもちょっと少なくね?』くらいがちょうどいい



                                           プチ自慢させてくださいませ(*^^*)

もういつのだか定かでもないけれどいつかのおうちごはん(訂正版)

訂正のお知らせ・・・記事内にありました『コストコのオイルサーディン』『コストコのアンチョビ』
            誤りです。ここにつつしんで訂正させていただきます。
            それにしてもオイルサーディンとアンチョビってどう違うんだろう(^^;
                                         3/26 PM8:10


こんにちは~最近なにかと更新をサボり気味のあすもです(^^;;;
体の具合が悪い?それともなにかトラブルがあった?はたまた主婦として忙しい日々が・・・・・・

いえいえ、原因はこちらです↓
kako-x4yFEeULOq52pkM4.png
サンタ・ヘレナ・アルパカ・シャルドネ・セミヨン

よく読む雑誌『一個人』の特集の『1500円以下の赤・白 極旨ワイングランプリ』
白ワイン部門第一位を獲得したチリワインです♪
お恥ずかしながらどうもわたくしども夫婦は貧乏舌(笑)らしくて、世に言う「高級ワイン」というやつが
どうも口に合わないことが多いんです(爆)なのでこの『1500円以下』という文字にぴぴぴっ☆と
反応いたしまして、ずっと気に留めていたところ先日我が家のすぐ近所にあるドラッグストアで発見!!

さっそく飲んでみたんですけど・・・・・さすが第一位!超美味し!!

キリッと引き締まった口当たりとフルーティーな味わいのバランスがとても良くて
するすると喉を通る飲みやすいワインです。あまりクセがないのでいくら飲んでも飽きがこず、
かといって平板すぎて飲み足りないということはなく、芳醇さもちゃんと感じられる佳品♡

・・・・・・・・もうお分かりでしょうか。はい、その通り!
 夜な夜な飲んだくれてました(笑)

晩ごはんを食べ終えて食卓を片付けたらパソコンが登場してブログ更新というのが大体の日課なんですが
この『食卓を片付けたら』と『パソコンが登場して』の間に『アルパカさんが顔を出す』みたいな(^^;

そろそろアルコールも一段落させて平常営業に戻りましょう。
みなさま、こんなヤツでございますがどうぞ今後とも変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします(笑)

line1.gif

それではまずは和食ごはんから。
kako-PN1h0e3LCiu6BGoO.png
がめ煮
切り干し大根ときゅうりの甘酢和え
ホタルイカのおろしマヨポン
カボチャと玉ネギのおみそ汁

kako-FaFmIgEPGcrZV9bF.png
根菜などと炊くことが多い切り干し大根ですが、実は酢和えとの相性もとてもいいんです♪
しゃくしゃくとした食感が楽しい一品(*^^*)

すっかりわたくしの食卓の師匠となっておられるぱぴちゃんのねーねさまのお宅ぱぴこ×2より
こちらの記事から参考にさせていただいたのが「烏賊のマヨポンおろし」です♪
良いスルメイカがなかったのでホタルイカで作ってみました☆☆☆
しっかりと絞った大根おろしにとろ~りとかかったマヨポンとさわやかな大葉の風味が絶妙!!
お醤油や酢味噌でいただくいつものホタルイカが、ちょっとオシャレな小料理屋風の味わいになりました♡
ねーねさま、とっても美味しかったです!予想通り、ボス夫さんもモリモリ食べてくれました!!
いつも美味しいネタをありがとうございます♡

メインは九州は博多の味『がめ煮』です。
kako-R6dYN2qTSf2kqnPY.png
福岡に住んでいたころ、どのスーパーのお惣菜コーナーにも『がめ煮』なるものが置かれていて
いったいこれって『筑前煮』とどう違うんだろう??といつも疑問に思っていました(^^;
そういえば小学校の給食では『いり鶏』という名前のよく似たメニューがなかったっけ??

結論を申しますと・・・全部同じ料理だそうです(笑)

でもここはあえて、福岡での新婚時代を思い出しつつ『がめ煮』と申し上げたい!ってことで(^^)
一日寝かすと味が馴染んでとっても美味しくなります♡

続いてはイタリアンなごはんです☆
kako-A06pa0M2vRCHeOHx.png
アンチョビと茄子のペペロンチーノ
トマトとゴボウのチリソース炒め
水菜のサラダ
カボチャのパリパリマリネ

こちらも拙宅の常連さまとして繁く行き来させていただいているさにーママさまのお宅ベジキッチンより
こちらの記事のカボチャマリネを参考にさせていただきました♡
kako-WHi0ITJoq3yKvDdU.png
さにーママさまのお手に比べてどうしてもカボチャを肉厚にしかスライスできないわたくし(笑)
パリパリがゴリゴリにならないようwwほんのちょっぴりレンジで加熱してから、ワインビネガーとレモン汁、
ハチミツと粗挽きコショウを混ぜたマリネ液に漬け込んでいただきます♪
ほくほくもりもりとしたいつもの食感とはまた違う、とても爽やかでパリパリとした歯ごたえが小気味の良い
美味しい箸休めとなりました♪
さにーママさま、いつも美味しいアイディアをありがとうございます(*^^*)家族にも好評でした!

kako-eFXAVZJMOT9MhUhm.png
左:冷凍庫に転がっていた茹で蛸の残りとこれまた野菜かごに残っていたゴボウを合わせて
  チリソースとトマトで炒めてみました♡ 仕上げにバジルを振ってイタリアンっぽさを演出しています☆
右:先日、母とのバースデーランチの帰りに立ち寄ったパン屋さんで購入したチーズベーコンパン。

いつも通っているスタジオで仲良くしていただいているヨギーニさんに、コストコのアンチョビを
シェアしていただきました(*^^*)
kako-mQmv5L1EcRp2QaSm.png
肉厚の身がたっぷり詰まったお徳用ww一口味見してみたんですが意外とあっさりとしていてクセもなく
食材としてもとても便利に使えそう♡そこでさっそくパスタに仕立ててみました!
kako-DwBpRk2soztAIAyN.png
合わせたお野菜は冷蔵庫に残っていた茄子とインゲンです(^^)スライスしたニンニクをたっぷりと加えて
パンチを利かせつつ、茄子とインゲンに合うように少しお醤油を落としてあります。
ニガテなパスタ料理ですが今までの中で一番上手くできました♪♪

今日も一日雨降りでなんとなく身も心も重くなりがちですね(><)
ちょっとダラけ気味の最近に活を入れるために、今からヨガレッスンに行ってまいりま~す=3=3=3


                                        娘からUSJのおみやげ♡ 

長浜そぞろ歩き 番外~おみやごはん編

2週間かけてお送りした長浜そぞろ歩きレポにお付き合いくださりありがとうございました(^^)
盆梅展を中心にあちらこちらいろんな所へお伺いできたのですが、実はもう一軒立ち寄ってました☆
kako-HrHypm58tJcClver.png
長濱浪漫ビール・・・江戸時代に建てられた米蔵を改装した店内でタンク直造の生ビールと
                 近江牛をはじめとする創作料理が楽しめるビアレストランです♪
                 店内に併設されているブルワリーでは麦芽・ホップ・イーストのみを使って
                 醸造された地ビール『長浜エール』は日本地ビール協会ビアコンペティションの
                 《エール部門》にて金賞を獲得してるのだとか!

店頭で地ビールを購入することができるということですので、帰りがけに
代表的な「長浜エール」をはじめ、4種類の地ビールを購入いたしました♪
kako-IC0u2AiBDWgPxOK4.png
さっそく夕食で飲み比べてみましょう!  

3/8(土)の晩ごはん
kako-JVsXKR4IgtIy5QjQ.png
ブリの唐揚げ 骨煎餅添えとベビーリーフのサラダ
大根と人参の皮の甘酢和え
ほうれん草のお浸し
山芋の照り焼きステーキ 
カニカマと卵のおみそ汁

まず封を開けたのが『伊吹バイツェン』『淡海ピルスナー』
伊吹バイエルンは原料に小麦を50パーセント使用。濾過をせず、数々の効能をもつ生きたビール酵母が
たっぷり含まれて健康にもとても良いのだとか☆
やや濁りのあるこちら、柔らかい酸味が感じられます。個人的には『エビスビール』に似ているような気が。
一方、淡海ビールの方は爽やかな喉越しが特徴で、とても飲みやすい肌理の細やかさを感じます。
ブリの唐揚げにはこちらの方がよく合っているようですね!
kako-CQ354r6ZwWfzLrkC.png
ブリの切り身についていた背骨は低温からじっくりと揚げて骨煎餅にしてみました(^^)
身の方は朝からニンニク醤油に浸けておいたのでよく味が染みていて、他の付けダレは必要ナッシン☆

kako-hwaqStOzCkiEnuVp.png
娘に好評だったのが山芋の照り焼きステーキ♡
 山芋は皮を剥いて厚みが1センチほどの板状に切り分けます。フライパンにサラダ油を引いて
 山芋を並べたら火にかけます。両面に軽く焦げ目がつくまで中弱火で焼き付けたら、
 お酒とめんつゆ、みりんを加えて照り焼きに。仕上げに白ゴマを振ったら完成です☆ 
 
しゃくしゃくもちもちの食感が面白い一品です。

すっかり定番になりつつある我が家の節約料理(笑)
kako-s0uWzl5zzXnrvCgK.png
こちらも朝から大根と人参の皮は細い千切りにして甘酢に漬け込んでおきました。
お出かけ前に下ごしらえを済ませておくと、家に帰ってからでもおうちごはんを作ろう!っていう気になりますね♪
おみそ汁はネギと塩蔵ワカメに余っていたカニカマと溶き卵で具だくさんに(^^)

翌日の晩ごはんとビールはこちら・・・
kako-JuSUNLw6tghnAeMM.png
野菜のホワイトシチュー煮
水菜とひじきのサラダ
ミックスビーンズの『いなばのチキンとタイカレー』炒め

この日は、ビール協会金賞の長浜エール黒壁スタウトを飲み比べです。
クラシックなエールビールを基本にホップの苦味とフルーティーな香りにこだわった長浜エール
さすがにお店を代表するだけあって、濃厚なコクと深い味わいが感じられて、いかにも地ビールらしい
野性味の強いビールです。少しクセが強いのですが飲み慣れると普通のビールが物足りないかも!
黒壁スタウトの方はローストモルツによるスモーキーな黒ビールです。濃厚で芳醇な甘みが印象的で
フルーツやチョコレートにも意外と合うんじゃないかな~と感じました。
kako-vavnJ5gQNsfjoQHZ.png
この日のメインは南瓜や蕪、れんこんといった根菜を中心に玉ネギ、しめじ、ブロッコリーと
ウィンナーソーセージをベジブロススープ&ホワイトソースに豆乳を加えた甘めのシチュー煮。
濃厚かつ個性的な長浜エール&黒壁スタウトとも相性が良かったです(*^^*)

反してサラダはさっぱりと♡ 水菜&ひじきにトマトを加えて酸味の強いフレンチドレッシングでいただきます。
kako-xUNXU13qRQjAp5Lw.png

以前からずっと気になっていた『イナバのタイカレー缶』を使ってみました!!
kako-lwpQIZXk3rqamFfD.png
 一口大に削ぎ切りしたキャベツとミックスビーンズをオリーブオイルで炒めたら
 『イナバのチキンとタイカレー(イエロー)』を加えます。ハチミツと粗挽きコショウで味を調えたら完成♪

評判どおり、いえそれ以上に本格的なタイカレーです!スパイスの風味と香りが濃厚で
むしろ濃厚すぎとでも申しましょうか(^^;わたくしはとても美味しく感じたのですが、ボス夫さんと娘には
微妙な評価でしたorz
今回は強い辛みがニガテな娘に合わせてはちみつで調整しましたが、余計な手をかけずそのままいただく方が
いいかもしれませんね~www

line6.gif

昨日は久しぶりに家族そろって神戸のIKEAへ行ってきました♪ だだっ広い店内にしつらえられた
モデルインテリアはただ眺めているだけでもワクワクと夢が広がりますね!
新学期に向けて自分の部屋の模様替えをいろいろと考えている娘も、スマホのカメラを片手に
熱心に見回っていました(^▽^) 衣類の断捨利に手を付けたばかり(まだリビングの片隅を占領中^^;)の
我が家はまだまだ問題山積みですが、今年一年を『あすも家スリム化イヤー』と名づけて
少しでも過ごしやすい空間にバージョンアップしていくことをここに宣言いたします!
kako-QYSJkeBWUL9HXzjX.png
娘が考えてくれた収納方法☆
 ショップバッグの上部を切り取ってアイテムごとの仕切りに使います♪鋏一本でカンタンにできるのが◎
 溜まりがちなショップバッグの解消にもなるし紙なので必要がなくなれば気軽に処分できるし
 プラスチックのケースに比べて融通が利く、と一石三鳥です(*^^*)良いアイディアをありがとう!!

                                        西宮ガーデンズに寄ってきました♪

長浜そぞろ歩き その6~豊國神社編

こんばんは☆

三連休初日の今日はあいにくのお天気でしたが、皆さまはいかがお過ごしでしたか?
我が家では以前からひそかに進行中だった『家の中の物をとにかく減らしていこう計画』
先鞭として、それぞれの衣類の断捨利を敢行いたしました!

ちゃんと向き合ってみれば、必要のない衣類ってビックリするくらいあるものなんですね!
「もしかしたらまた着るかも」とか「結構高かったから処分するのはちょっと」とか
「もう着れないけど思い出があるし」とか、逆に「気に入って着倒した結果よれよれに」
なんてのもあって、気がつくとクローゼットに残っている方が少ないっていう(笑)

今回処分する衣類は仕分けをした後、フリーマーケットに初挑戦してみたいな~と
これまた心ひそかな野望を抱いております(^皿^)
経験者さんのお話によると『ネットオークションの方が高く売れるよ!』ってことらしいのですが
外の日の光の下でお客さまと値切り値切られな感じでコミュニケーションをとるのも
なかなか楽しそうじゃないでしょうか♪
まずは客としてあちこちのフリマをリサーチするところから・・・気の長い計画になりそうだけど(^^;


line1.gif

さてさて。皆さますでにお忘れかもしれませんが(笑)長浜そぞろ歩きは続いております!
本日ご紹介するのは、北国街道から少し外れたところにある豊国(ほうこく)神社です。
kako-9ZPSe0msxQ6ZXIEu.png
豊臣秀吉の没後に長浜の町民がその遺徳を偲んで建立したとされる豊国神社。
主祭神はもちろん豊臣秀吉ですが、その家臣である加藤清正、木村重成も一緒に祀られています。
kako-GgYD4NXh87VSBWac.png
長烏帽子形兜がトレードマークの加藤清正像。愛用の十文字三日月槍もしっかりとお持ちですね!
その清正が寄進したとされるのがこちら・・・
kako-fLFsI8s2wmDqIwPn.png
『虎石』と呼ばれるこの庭石を秀吉はたいそう気にいっていたそうで、彼の没後、大通寺へ移設されると
夜毎「いのう、いのう(帰ろうの意)」と泣き叫んだといいます。そこですでに廃されていた長浜城内の敷地に戻し
時を経て再び豊国神社へと戻されたという逸話も残っているそうです。

kako-ZK0276lzrZkrZuDP.png
大阪夏の陣の後、豊臣家が滅亡した際に徳川幕府は神社を取り壊すよう命じましたが、長浜の民は
祭神を町年寄の家へ移し八幡宮の古堂を移築して、商売の神様である恵比須神を前に立てて
奥殿に秀吉像をひそかに祀ることで、長い江戸時代を切り抜けたのだそうです。
明治31年の秀吉300回忌に社殿を造営して現在の社容に整えられたということですが、
いかに『太閤さん』が近江の人々に愛され慕われていたかよく分かりますね(^^)

桃山時代らしい絢爛な細工がとても美しい~!
kako-3lPZhj3vuuxBIR2u.png
前立されていた恵比寿神信仰は今も変わらず続いており、1月には十日戎祭りも盛大に執り行われます。

kako-m1VrxGPlML1Ry4TE.png
勇壮な印象の木鼻は見返り型とでも申しましょうか。非常に目力を感じる彫りです。

狛犬は意外とプリミティブ☆ふっくらと丸みを帯びたフォルムが大らかで親しみやすい感じです。
kako-vVfhweTDGbibMFKv.png

摂社である出世稲荷。
kako-7Lz5Z1QwCDOTSPlA.png
なぜかこちらのお稲荷さんは檻の中にいらっしゃいます。夜な夜な、逃げ出したりされるのかしらん??
kako-J0QeBAKlUt3IPAYj.png

稲荷神社の拝殿も非常に細工が凝っています。蟇股には真っ白な御使い狐が!
kako-4G2kYGL0KVZQnDVj.png
拝殿の美しい天井画は、京都出身の版画家徳力富吉郎の手によるもの。

こちらは天満宮ということで、もちろん道真公が祀られています。
kako-EWE56kvKEGK0Azkq.png

規模はさほどではありませんがとても見どころの多い社でした!
何よりも、太閤秀吉が地元の民に「おらが殿様」と愛されていたことが伝わってきます(*^^*)
十月には武者行列が繰り広げられる「豊公まつり」も催されるそうですので、チャンスがあれば
再度訪れたいですね♪
kako-FhayC0pTZOswIyLh.png

・・・・・・というわけでようやく長浜レポートもこれで終了です(^^)
なんだかんだで2週間に渡ってお送りしましたが(笑)お付き合いいただきありがとうございます。
次回、番外編です←まだあるんか~い!!www



                                    裏あすも不定期便「かっけェェェェ!」

ハッピーバースデーママ♡

こんばんは(^^)
3月も半ばを過ぎて、やっと仕舞ったぞ~お雛さま!!(笑)
そこで、久しぶりに玄関に飾る花を買いました(*^^*)
少し前に黒壁ガラス館で『ガラスの剣山』を購入したという記事をアップした際に
『料理用もあると面白いですね』というコメントをいただきまして、それ以来どうも頭から離れない

・・・野菜を飾る発想☆

そこで実践してみたのがこちら(*^^*)↓
kako-ocdFGNFzjCKQw2su.png
ガーベラと・・・・・お分かりいただけますでしょうか?

kako-jtHbdU9TaStGT5eu.png

パセリです(笑)
業務スーパーで購入したお徳用パセリ(1袋98円ww)をオアシスに差してみました(^^)
以外と濃い緑がガーベラの鮮やかさにマッチして良い感じじゃないかしらん♪
・・・ちょっと暑苦しいですけど(笑)

花器は以前、道の駅で購入した「いかだ笊」。
笊や籠などに活けるときに便利なのが、スーパーなどで果物や野菜が入っている透明のプラ容器♪
大きさも深さもいろいろある上に簡単に鋏でカットできて、最後には枯れた花ごと処分できるので
とても重宝しています。

お雛さまの華やかさとはまた違った春の雰囲気が感じられる玄関になりました\(^▽^)/
kako-Jkr8fG06znAyZZRI.png

line32.gif

さて、今日はわたくしの母の誕生日でした(^▽^//~☆☆☆

ウチの母という人は決して悪意があるわけではないのですが、とにかく好悪がはっきりしていて
たとえ家族からのプレゼントであっても物が自分の好みでなかった場合、プレゼントそのものを
記憶から消去する傾向があるらしいんです!なのでときどき、

『みんなでごはんを食べに行く以外、誕生日にプレゼントを
 もらったことなんか今まで一回もないヮ~!』


などというボンバー発言で家族をドン引きさせたりしちゃうお茶目さん(^^;;;
そういう母を持つと、毎年のプレゼントにいろいろ頭を悩ますはめになるわけなんですが
今年はピピッとひらめきました!それは・・・・・

とっても豪華なランチをごちそうする企画☆

ディナーとなるとさすがに高額すぎてごちそうするどころか食べさせてもらう側になりそうですが(笑)
母とわたくしの2人だけのランチ代なら、いつものプレゼント代と同じくらいですみそう!
健啖家で美味しいものオシャレなお店が大好きな母ですので、喜んでもらえるんじゃないかな~(*^^*)
・・・そしてなんといってもわたくしも美味しい思いをできるメリットがwww

そんなわけであちこち厳選に厳選を重ねて、今回いただいたのがコチラのお店♡
kako-96PXRjajBoS2jYUf.png
フレンチレストラン セ・サンパさま♪
二条城のすぐ近くにあるこじんまりとしたお店。フルオープンキッチンを見渡せるカウンター席で
いただくお料理は京都の地野菜をたっぷりと使ったクラシカルなフレンチです(*^^*)
ちなみにお店の名前『C'EST SYMPA(セ・サンパ)』とはフランス語で『良い感じ!』の意だとか。
それでは『良い感じ』なお料理の数々をご覧あれ~~☆☆☆

まずはオードブルから
kako-SC8EP7KmAlVJNJVd.png
左奥から、フランス風炒り卵を海老を使ったソースで、京水菜のサラダ、ミニビーフシチュー、
イベリコ豚のリエット、サーモンのタルタルソースとカリフラワーのマリネ、ホタルイカとアイスプラント
・・・ホタルイカのソースってなんだっけ(^^;とてもフルーティーで美味しかったんだけどなぁ(忘)

全体にとても手がかかっていて凝っているんですけれど、素材の味を存分に生かした食べやすいお味です♡
フランス風炒り卵とホタルイカは絶品!!どちらも特にソースの風味が口いっぱいに広がります(*^^*)
まるでおままごとの道具みたいな可愛らしいシチューポットの中には本格的なビーフシチューが☆

続いてはスープです♪
kako-rHsP4OfEvKKgU73d.png
まるで梅の花が浮かんでいるような可愛らしいあしらいに、母もわたくしも目がハートに(♡▽♡)
えんどう豆のポタージュは鮮やかなグリーンが美しく、風味と香りが濃厚です♪散らしたオリーブオイルが
とてもいいアクセントになっていました!

サーブされる直前までオーブンで温められたバケットはなんとお代わりOK☆
kako-CeXghttpbS9azppm.png
バージンオイルやバターの他に添えられているのが『タプナード』と呼ばれるペースト☆
アンチョビとケッパーをベースにオリーブの風味も感じられる味わい深さはクセになりそう!

続いて魚料理です♡
kako-PmKhyqUiG3bc7jdl.png
春キャベツに包まれているのは真鯛のポワレとホタテの貝柱が丸ごと一個!!
クリームソースはお野菜のブイヨンがベースでほんのりとした甘みが魚介に絡んでメロウマ~♡♡♡

メインの肉料理は2種類からチョイスできます偶然にもお互い違うものをオーダーしました(笑)
kako-Lwx0HD364XlLXJeB.png
左:あすもオーダー・・・子羊のトマトソース煮こみ
右: 母 オーダー・・・イベリコ豚のソテー バルサミコソース
『イベリコ豚はとてもジューシーでバルサミコソースが絶品!!』(母 談)
子羊もとにかくお肉が柔らかくて甘~~~い!!とろりとした身は簡単にお箸でほどけるほどなんですが
全然脂っぽさというかクドさがないんです♪たっぷりの春野菜が添えられているも嬉しいです(*^^*)
kako-edhnKcwT3s9Y4EG9.png

ベーシックなフレンチスタイルですが、最後にお箸でいただける〆が!(^▽^)
kako-6Xn29hWebcgNvlSz.png
鮭の一口茶漬けだなんて粋な演出じゃありませんか♪
実は、わたくしはお腹いっぱいだったのでフロマージュ、すなわちチーズをお願いしたんですけれど
こんなに可愛らしいお茶漬けだったらこちらをオーダーすればよかったかも~(笑)

デセールバリエまで抜かりはございません!まさに宝石箱やぁ~~~!
kako-tVf71QJVJBcgiszf.png
奥より時計回りに・・・クレームブリュレ、自家製りんごアイスクリーム、ガトーショコラ、
フランボワーズとブルーベリー、オレンジとブルーベリーのケーキ

パリパリと香ばしいクレームブリュレに、カカオの風味がぎゅっと濃縮されたガトーショコラも
まるでシャンパンの香りにも似たフレッシュなりんごのアイスも爽やかな酸味が後を引くスポンジケーキも

ぜひホール丸ごとでお願いします(笑)

食べるごとになくなっていくのが惜しいほどの美味しさでございます♡

ここでお店から母へ素敵なサプライズ☆プレゼント!!
kako-OS0va2DYhKlhQpYr.png
繊細な飴がけと流麗なチョコ文字『HappyBirtuday』で美しくデコレーションされてキャンドルまで(≧▽≦)

シェフ手ずから『お誕生日おめでとうございます』のお言葉と笑顔を添えてサーブしてくださいます。
しかも・・・

 母がキャンドルを吹き消すタイミングで照明をアップすると同時に
 スタッフのみなさま全員で盛大な拍手を!!


本当に温かくて素敵なお店に出会えて感動です(T▽T)晴れがましいお祝いに母もとっても嬉しそうでした♪

母と二人っきりで食事をする機会というのは今まで意外となかったのですが、同じ主婦、母親として
本音で語り合え、いろいろと勉強になることも教えてもらえた今回のバースデーランチ(*^^*)
母の誕生日は3月、わたくしは11月とちょうど約半年違いなので

『今度からお互いの誕生日に、お互いランチをご馳走し合いましょう!』

と、素敵な約束をいたしました♪これからもずっと半年ごとに素敵なランチを二人で楽しめますように♡
今度こそ母にとっても記憶に残るプレゼントになってくれたかな~(笑)
kako-3jE1foqxzBIkQaYN.png

最近のおうちごはん

こんばんは☆
なかなか長浜レポが進まないあすもです(^^;
進まない・・・と言いながらきょうもごはんネタなんですけどねwww

きょうの晩ごはんは彼氏クンも一緒でした(*^^*)
前回、まさかのピータンを食卓に出して彼氏クンを困惑させてしまったわたくし(笑)←記事はコチラ
彼氏クンは黙って完食してくれたんですけれど、後日、娘の方から『冒険しすぎ』との指摘が・・・

そんなわけできょうの晩ごはんはリクエストどおりに「限りなく普通のごはん」です(^^;;;
kako-VczT382zgRtWD9sm.png
サーモンソテー オニオンレモンソース
トロ玉ポテトサラダ
水菜とスライスオニオンのサラダ
南瓜とアスパラのカレースープ

・・・どうよ!普通っぽいっしょ!!(笑)

kako-af5zOrrd7Vo94b2O.png
ホントはサーモンフライにしようと思っていたんですけれど、うっかりパン粉を切らしていた件orz
鮭をソテーしたあとのフライパンにバターとおろしオニオンドレッシング、レモン汁、ハチミツを加えて
弱火で煮詰めたソースをかけていただきます(*^^*)ほんのり甘酸っぱくて鮭の塩味にマッチングー☆

湯掻いて潰したじゃが芋だけを使ったシンプルなポテトサラダ・・・
kako-R4ADRzhzNtiDOaPv.png
塩コショウとマヨネーズ、そして粒マスタードをぴりりと利かせたら、温泉卵(市販)を乗っけて
ちょっと居酒屋風に仕上げてみました♪ポテトサラダの味付けを、いつもよりほんの少しだけ
濃いめにするのがポイントです!

kako-xZTOzM7dlFZSyMPF.png
水菜とスライスオニオンと刻んだトマトをコールスロードレッシングでいただくサラダも、あまり奇を衒わず
とにかく「普通っぽさ」を意識しています(^皿^;
スープだけはほんのちょっぴり逸脱感がありますが・・・(笑)
 かぼちゃは一口大の薄切りに、アスパラは根元の皮をむいて4等分に、キャベツは細切りにします。
 オニオンスライスの残りの玉ネギも一口大に切って使っちゃいましょう!鍋にベジブロススープと
 水、コンソメキューブを入れて火にかけ、かぼちゃとアスパラの根元部分を煮込みます。
 柔らかくなったらキャベツと玉ネギ、アスパラの穂先を加え、塩コショウとカレースパイスで調味します。
 もう一煮立ちさせて具が柔らかく煮えたら最後に豆乳をまわしかけて完成です♪

先日上賀茂神社の手づくり市でGETした『ZestFOODS』さんのチキンカレースパイスを使用しています(^^)
kako-eGHdXOQezNxZ1C6n.png

そうそう、彼氏クンから嬉しいお土産をいただきました(*^^*)
kako-fyKfx6J8QRNfMokp.png
お手製いかなごのくぎ煮・・・市販のものに比べてとても肉厚!!
柔らかくて生姜の風味が絶妙に利いていて、めちゃめちゃ美味しい~~~♡♡♡
彼氏クン、ありがとう!!お家の方にどうぞよろしくお伝えくださいませね♪

さあ、ここからはまたまた溜まってしまった過去のおうちごはんを一挙放出です!!
駆け足で行きますよ~~ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌( ̄◇ ̄)┘

15日(土)の晩ごはん・・・この日はボス夫さんのお母さまの命日です。
仕事のボス夫さんに代わって娘がお墓参りに同行してくれました(^人^)
kako-2PLjhahA1QvJQWeO.png
ネギ入り卵焼きとにら饅頭(市販品)
レンコンと大根の皮の味噌きんぴら
きゅうりとワカメとじゃこの甘酢和え
たっぷり野菜のミニラーメン

以前にあんかけ焼きそばを作ったのですが、前日の外食のオーダーと被ってしまった娘だけ
中華丼に変更したことがありまして。その時、余った中華麺1袋にたっぷりの野菜を加えて
ベジブロス&干し貝柱のスープのお手製ミニラーメンを作ってみました♪
kako-j7B5EoFVtwCMSeFt.png
白菜、人参、ほうれん草、椎茸の甘みにごま油の風味がマッチして、家族にも好評でした(*^^*)

続いて16日(日)の晩ごはん。娘はスキーに出かけていたのでボス夫さんとふたりごはーん♪
kako-3axKdAdxGrB0u5Ut.png
ピリ辛ぶり大根
かぼちゃの炊いたん
タケノコと菜の花の柚子酢味噌ドレッシング合え
パリパリ揚げサラダ
ワカメと鞠麩のお澄まし

ちぎったレタスに5センチに切った細ネギ、そしてフライパンでパリッと乾煎りした油揚げを合わせて
お醤油ベースのドレッシングを回しかけたパリパリ揚げサラダは、特にボス夫さんに好評でした♪

kako-Hff5czElmi1wDP9w.png
ブリ大根は、ブリと大根をそれぞれ塩してから別々に下茹でするのがポイントです(^^)
少々面倒な気もしますが、別々に下茹でしてから改めて煮汁で炊くと魚臭さがなく煮崩れもしづらくなります。
今回はコチュジャン、テンメンジャン、ヤンニョムの韓国系味噌を加えることでパンチを利かせた味に!

17日(月)前日のお料理、娘の分が丸々残ったのでその残りものをフル活用☆
食品廃棄量を最小限に抑えます!
kako-r753qZmzVfNQw82S.png
前日までの残りものあれこれプレート
きゅうりとイカの塩炒め
ブロッコリーのツナマヨ和え
ブリ大根とお澄ましで作ったスンドゥブ
黒いお粥

 ブリ大根は丁寧に骨を取り除き大きな身はほぐしておきます。残ったお澄ましを水で嵩増ししたら
 鶏がらスープ、お酒を加えて火にかけ、ブリ大根も投入します。アクを取ったら、めんつゆとコチュジャンで
 調味して賽の目に切った豆腐と削ぎ切りにした白菜を加えて一煮立ちさせます。お酢を回しかけて
 食べるラー油を加えたら・・・あ~らスンドゥブになっちゃった♪(笑)


黒いお粥を作ってみた(^皿^)
kako-a2ypfKo2tR2iQy76.png
なんとなく頭の片隅に思い浮かんでから、いつか作ってみようと機会を狙っていました(笑)
普通のお粥を作る要領で、生もずく(酢の味がついていないもの)と岩海苔をたっぷり加えます。
仕上げには黒ゴマをすったものをこれまたどっさりと加えてダメ押しにwww

エライ見てくれですが(^^;コレ、一度試してみる価値ありです!!
騙されたと思ってぜひご賞味くださいませ♡♡♡

                                         娘からのお土産いろいろ 

春遠からじ

内勤の仕事が多いわたくしですが、たまに外注や引取りに出ることもあります。
本日も外注依頼のためにお付き合いのある工場さままで車を走らせたのですが
加工が終わるまで数十分ほどの間、現場で待機することに(^^;

都合の良いことに、工場のすぐ近くには平野神社がございます♪
お天気もいいしぽかぽかと温かいので、ちょっとだけ散策してみることにいたしました。

神社の敷地のすぐ裏には小さな歩道が設けられ「さくら通学路」という名がつけられています(*^^*)
kako-bCvFvPq7ERqIUSc7.png

気持ちの良い午後の日差しと抜けるような青空に映える橙を見つけました☆
kako-SjAl9gc9nvDebtgM.png

kako-xxQhF8bHpfYdLjWS.png
少し気の早い桜がちらちらと花をつけています!あまり期待していなかったのですが、これはもしかして
神社内でも花が楽しめるかも(☆▽☆)

kako-Qj5FvJ4joxdEIUgg.png
平野神社・・・794年、桓武天皇による平安京遷都に伴い、平城京で祀られていた
            今木神・久度神・古開神を遷座したのがはじまりとされる平野神社は
            昔から京都の桜の名所として名高く、その神紋も桜の花が使われているほど。
            4月10日には桜花祭神幸祭、通称『平野桜まつり』が華やかに行われます。

kako-fUtzjHMnMnwxLTxU.png
江戸時代、西洞院時慶の手により造営された本殿は、春日造の社殿2つを左右に並べた2殿を
一体とした独特の形式の社殿が2棟建っています。この建築形式は「平野造」とも呼ばれ
国の重要文化財に指定されています。
kako-knumB5Qyu1cLHdaI.png
蟇股には力強い獅子の姿が・・・
拝殿の北側には境内社として、西から春日社、住吉社、蛭子社、八幡社の末社が並び、それぞれに
ご利益が違っているそうです(^^)

境内中央に建つ拝殿は東福門院、すなわち徳川2代将軍秀忠の息女により建立されました。
kako-4dbzJN34WZTgC74B.png
内部に飾られた三十六歌仙絵は、書が近衛基煕、絵が海北友雪の手によるものだそうです。

kako-eOGHabNKnaK2ul0r.png
美しく咲いた桜の向こうに朱色がまぶしい鳥居をのぞむことができます。こちらは出世導引稲荷社。
隣には猿田彦社も建てられています。

kako-bx324ncNK9I4J3Qv.png
お稲荷さんの横手には『櫻池』という池跡がありました。水は涸れてしまっているようですが
その周辺に可愛らしく咲く春のきざしたちに心が躍ります(*^^*)
kako-URjKOKhjXEiYCoRL.png

ここ平野神社には、平安時代より植樹され現在では約60種400本にものぼる桜の木がございます。
非常に珍しい品種も数多く、これは生命力を高める象徴として生産繁栄を願う各公家が
その家の標となる伝来の桜を奉納したからだとか。
kako-MskC3O2fW7BBYDSW.png
左上:寒桜・・・晩冬から早春に咲く桜でオオシマザクラとヒカンザクラの自然交配種といわれています。
右上/左下:桃桜・・・3月上旬に開花を迎える薄桃色の花はおしべが非常に長く、まるで線香花火のよう。
右下:十月桜・・・小彼岸桜の雑種で4月上旬頃と10月頃の年2回開花します。

kako-HLSP4j3rRvesT2Es.png
さすがに枝垂桜はまだ咲いていませんでしたが、ほんのりと色づいた蕾が今か今かと開花の時を
待っているようです。こちらは魁(さきがけ)桜という品種で3月中旬頃から咲き始めます。

まだまだ固い蕾の陽光・・・その名の通り、蕾といえども日の光がよく似合います(^^)
kako-WDVI9f0SaPoFsohV.png

青々とした葉を気持ちよく広げているのは、平野神社のご神木であるクスノキです。
kako-46sBEeLx58z5Hebc.png
樹齢はおよそ4~5百年にもなるのだとか!

kako-llVBPfxoSw0cv3zq.png
左はすえひろがねと呼ばれる餠鉄(べいてつ)です。餠鉄は磁鉄鉱の一種。
映画「もののけ姫」の作中に出てくる『たたら製鉄』などの古代製鉄において、砂鉄と並ぶ重要な原料として
盛んに採集、利用されてきました。平野神社に寄進されたこのすえひろがねは、現在確認されている中で
日本最大の餠鉄なのだとか(@0@)

右:いかにも桜の社らしい絵馬はまるで合格マークのようにも見えますね(*^^*)
   『サクラサク』にも通じるので、お隣の北野天満宮とともに受験生からの人気が高いようです。

桜が見頃の季節を迎えると境内にたくさんの桜茶屋が並び、昼日中だけなく夜桜を楽しむ観桜客で
大変なにぎわいをみせる平野神社・・・境内ではその準備に奔走する屋台大工さんが大勢いらっしゃいました。
kako-4TO9P5auiJVf2M6s.png

思わぬ形でひと足早くお花見を楽しむことができました♪
先日の御池桜(記事はコチラ)といい、今年はどうも早咲きの桜にご縁があるようです(*^^*)
kako-EiQC49ejmpPfTmiX.png


長浜そぞろ歩き その5~おもろー&まいうー編

ぽかぽか陽気の日曜日、みなさま気持ちよく過ごされましたでしょうか(*^^*)
長浜レポート5日目の今日は、おもろーいお店とまいうーなお店のご紹介です♪

kako-bUW3LdrgCqChG7rd.png
北国街道から黒壁ガラス館を通ったその先には大手門通りという商店街が続いています。
西門アーケードの入り口には、長浜の春の風物詩『曳山祭り』で最も見どころとなる
子ども歌舞伎の絵柄が掲げられていました。
通り沿いには
kako-LU15f2cJ52NjXA06.png
長浜市曳山博物館(左)もございます。
コチラの施設では曳山まつりに使われる山車すなわち『曳山』の実物展示や祭りの様子を撮影した
映像展示、寄席や歌舞伎の上演まで行えるホールなどがあります。
・・・はい、こちらもスルーですね(--; 
右の写真は「油甚本店」さま。創業は明治時代という老舗の油屋です。歴史を感じさせる店内では
ごま油やツバキ油、菜種油などを、昔ながらの量り売りで販売していらっしゃいます。

さて、わたくしのアンテナにぴぴぴと引っかかったお店がこちら!
kako-JierjJCoMFkiTgAR.png
海洋堂フィギュアミュージアム黒壁
食玩ブームを巻き起こしたフィギュア製作会社海洋堂が運営する『フィギュア博物館』です。

まずエントランスでお迎えしてくれるのが・・・
kako-F8nmzakyNzNIkmBB.png
 『ちぃ~っす!』(笑) 実物大のティラノサウルスだそうです(^皿^)

kako-W0SnBIlRoqDbD3yP.png
壁面を埋める年表は海洋堂の歴史。創成期の作品から最新の食玩まで実物とともに展示されています。
わたくしたちの世代ですと、やっぱここら辺がアツイんじゃないでしょうか♪
kako-3pxq42yoB5HFlBZY.png
左:ウルトラ怪獣「ガラモン」・・・そういえばよく似た怪獣で「ピグモン」っていうのもいましたね!
  子どもの頃には分からなかったんですが、実はウルトラQという番組に登場したこのガラモンの着ぐるみを
  ウルトラマン流用したのがピグモンだったんですって(笑)
  ちなみに、ガラモンの隣に佇んでいるのは『北斗の拳』の名敵役ラオウ兄貴でございます(*^^*)
右:東映特撮怪獣映画には欠かせない『メーサー殺獣光線車』は昭和時代に数多く作られた
  ゴジラシリーズを中心に登場している対怪獣用兵器です☆

実はわたくし、幼少の頃は自分のことを男の子だと思っていたらしいんです(^^;
可愛らしい女の子向けの作品にはほとんど興味を示さず、欲しがるのはウルトラマンだのタイガーマスクだのの
ソフビ人形だったそうなwww確かに覚えている『好きだったアニメ』はほとんど男の子向けの作品ばかりですね!
kako-vEjwiX0PLrYzIRvz.png
♪マジンガ~~~ゼェェェェッツ!(笑)

フィギュアとジオラマのコラボレーションは海洋堂の十八番です!
kako-hi6V1guz1UClSTCA.png
なめこの集団と猿の群れ・・・どちらもなぜかドラマチックな物語性を感じます(笑)

こちらのミュージアム、メイン展示は有料なんです(^^;・・・ハイハイ、こちらもパスですね=3=3=3
どうやらボス夫さん、興味のない施設に料金が発生するとスルーするみたいです(笑)
まあ、確かに大人一人800円はよほど興味がなければちょっとキビシイかな~www

でもミュージアムショップを回るだけでも充分面白かったです!たとえばこんな珍しいフィギュアも☆
kako-4vGFnIeLc5f2bYd0.png
仏像シリーズ、渋ぅぅぅぅぅぅっ!阿修羅像のかっこよさがハンパありません!

俄然テンションが上がってきたわたくし(☆▽☆)お店の一角にずらりとならんだガチャポンを夢中で眺めてたら
ボス夫さんに鼻で笑われちゃいましたorz だがしかーし!そんなことでメゲないのがあすも流!!
彼がよそ見しているあいだにちゃっかりガチャしております(笑)
kako-5xpVPTU71BXD9qvC.png
実はわたくしのストライクゾーンど真ん中だったりする妖怪根付シリーズ(≧▽≦)
天狗とか鬼とか道成寺鐘とか超かっけぇぇぇぇぇぇぇぇ!!レアモノは色つきらしいです♡
ちなみにわたくしが引き当てたのは目競(めくらべ)という妖怪でした♪
 目競・・・鳥山石燕の妖怪画集『今昔百鬼拾遺』にある日本の妖怪。『平家物語』の『物怪之沙汰』によると
      平清盛が中庭を見るとそこには死人の髑髏が無数に転がっていた。しかもそれらの髑髏は
      縦横無尽に動き回っていたという。そのうちに無数の髑髏が一つに合体し
      14~15丈(約42~45メートル)もの巨大な髑髏となり、生きているかのように無数の目で
      清盛を睨みつけた。清盛が意を決し髑髏の目を思い切り睨み返したところ、大髑髏は
      日の光に溶けるかのように跡形もなく消え去ってしまったという。

すみません(^^;どうでもいい情報ですね(爆)

妖怪談義はさておきましてwwwそろそろ小腹が空いてまいりました(^^)
黒壁ガラス館のお向かいにある分福茶屋さまにて小休憩いたしましょう♪
kako-eVCS5PdpXTALCd9a.png
格子窓や瓦屋根、緋毛氈を敷いた床机など、古き時代を思わせる店構えが素敵です♪
もちろんお店の中も・・・
kako-NwfBfqLLM4cWjtcy.png
まるで田舎のおばあちゃんちに遊びに来たようなほっこり感です(*^^*)
わたくしたちが来店した時はちょうどお客さんも少なめでとてもゆっくりとできました♪

どこかで見たことがあるな~と思っていた名物『つぶら餅』・・・以前、同じ滋賀県の彦根城に出かけた時、
娘へのおみやげに買って帰ってたじゃーん(笑)※詳細記事はコチラ
kako-KxdFMiFeJl7geWwj.png
わたくしはふんわりと柔らかい白玉入りのおぜんざいをいただきました(*^^*)
素朴で温かい甘さが冷えた身体に優しく染み渡ります。嬉しい栗入り♡
kako-fuTKLYwbEWh5BdMz.png

盛りだくさんの長浜そぞろ歩きもいよいよ終盤です。次回は秀吉公ゆかりの神社をお参りしましょう!
kako-pLyyQaswYluoRPyq.png


                                         桜パフェ、いただきました~♪(*^^*)

気の早い桜とおうちごはんあれこれ

こんばんは(^^)
ようやくほっこりと太陽の温かさを感じることのできるお天気に戻りましたね。
明日は四月上旬並みの陽気だとか・・・そんな日に友だちとスキーに行く娘(笑)
ま、晴れるのはいいことです♪どうぞ事故と怪我だけはないよう気をつけていってらっしゃ~い!

・・・・ちなみに出発は朝の4時(笑)すでに就寝中~zzzzz

さて。
いつも自然の美しさを絶妙のアングルで切り取って魅せてくださるTazumichiさまのお宅、
『なんでもDIY Diary』よりコチラの記事のコメント欄で話題になったんですが
京都の街なかに早咲きの桜があるのだそうです。わたくしも名前だけは聞いたことがあったものの
イマイチどの桜かよく分からずにいたんですが、このたびyogorouさまより
『すでに満開を迎えている』との情報をいただきました(☆▽☆)

これはぜひぜひ探しに行かねば!と意気込んでいたところ、偶然にもすぐ近くのスポーツショップに
娘と一緒に出かけてまいりましたのでさっそくチェックしてきました♪
現金なもので、葉桜の頃には全然気に止めていなかった桜の木も、満開の花を咲かせていると
遠目からでもすぐに見つけることができるものなんですね~(笑)

御池(おいけ)桜・・・「不断桜」と呼ばれる種類の花でまだ冬の寒さ厳しい12月頃から花を咲かせ
                      一般の桜が咲き始める4月頃まで見頃が続くのだそうです。
kako-wLjQJc8WnYxKSvfi.png

こぼれんばかりの満開の桜に、道行く人も思わず足を止めて見入ってらっしゃいます(*^^*)
淡い薄紅色にやや細身の花びらがとても可憐で、同行した娘も夢中でスマホのカメラを向けてましたよ!
おかげさまでひと足早いお花見を楽しむことができました。
Tazumichiさま、yogorouさま、素敵な情報をありがとうございますm(_ _)m

line6.gif

それではまたまた溜まってきたおうちごはんの記録をざっくりと書き記しておきましょう(*^^*)
まずは12日(水)から・・・
kako-MROaLThyddXlAovc.png
アジのみりん干し
がんもどきと野菜の煮物
きゅうりともずくの酢の物
大根の皮ともやしの激辛きんぴら
白菜とネギのおみそ汁
いただきもの2品 山椒の葉の炊いたん&いかなごのくぎ煮

kako-neZYf9WpA4g470zP.png
久しぶりにみりん干しが食べたくなったので、急遽スーパーへ買いに走りました(笑)
いつも魚焼きグリルで焼いては焦がしてしまうので、今回はクッキングシートを敷いた天板に乗せて
オーブントースターへ・・・5分ほど加熱するだけで焦げることもなくいい感じに焼きあがりました♪

kako-J3Wq1OPCcvS54CCS.png
もずく酢に薄く切ったきゅうりと柚子の皮を乗せて箸休めに。
相変わらずの節約料理は、大根とにんじんの皮に余ったもやしを加えたきんぴらです。
鷹の爪は一本しか入れてなかったんですけれど、たまたま大当たり☆だったのか
ものすご~く辛くなっちゃいました(^^;

そういえば、がんもどきをいただくのも久しぶりですね~
kako-yx0ytH3iJfTWLjgA.png
お野菜は蕪、椎茸、レンコンです。煮汁はシンプルにカツオだしとめんつゆで。
少し蕪が煮崩れてしまいました(^^; 大根以上に火の通し方が難しいですね~

実家からお裾分けしてもらいました♪
kako-3MyaR4ubITXWh6Gk.png
いかなごのくぎ煮(左)は母の友人が、山椒の葉(右)は父の友人がそれぞれ作って下さったもの。
どちらも春の息吹を感じさせてくれてとっても美味しかったです♡♡♡
持つべきものは『お料理上手な友』ですねwww

続いて13日(木)の晩ごはんを・・・こちらもお久しぶりのメニューです!
kako-zZhWE6giQ5G4oT1v.png
牡蠣フライ&海老フライ 自家製タルタルソースで
水菜と三つ葉のサラダ あまおうドレッシング和え
アボカドとプチトマトのカッテージチーズサラダ
長芋と菜の花のチーズ焼き
茹でスナップエンドウ

自分で食べたいものをなんとなく作っていたら思った以上の品数に(笑)
kako-Ltf4T3bI1tywip7O.png
左:最近凝っている三つ葉入りサラダ(*^^*)以前、茅乃舎さんで購入した『飲む酢 あまおう』
   めちゃめちゃ美味しかったので、なんとかお料理にも使えないかと考えまして
   市販のセパレートタイプのフレンチドレッシングを合わせてレモン汁をほんの少し絞った
   『あまおうドレッシング』をかけてみました♪甘酸っぱい苺の香りが少しクセのある三つ葉の風味を
   まろやかに包んでとってもフルーティー♡・・・とわたくしは思ったんですが娘には意外と不評でしたorz
右:アボカドはプチトマトとカッテージチーズと一緒に合わせてお醤油を少々。娘が手伝ってくれました♪
   彼女はわりとセンスがあるようで綺、とても綺麗に混ぜ合わせてくれていますね♪

kako-6admPon8Gc1N0ysj.png
久しぶりのチーズ焼きは長芋と菜の花で。菜の花は焦げやすいので、先に長芋だけを5分ほど加熱し、
後から軽く下茹でした菜の花を加えてチーズをたっぷり乗せてからもう5分だけ加熱しています。

メインはボス夫さんの大好物♡♡♡ホワイトデーを前にポイントを稼いでおかないと?!(笑)
kako-uwnrPiWVndMxnMN8.png
海老はコストを考えて(笑)赤エビを使いましたが、意外とむっちりと身が厚くて充分美味しかったです!
ボス夫さんの好きな牡蠣フライ、本当はもっとマメに作ってあげられるといいのですが下準備と後片付けが
なかなか面倒でついつい他のメニューを考えちゃいます!ごめんね~(^人^;;;

最後は14日(金)のごはんです・・・
kako-wl4k2oK9TjhcIq1s.png
豚の生姜焼き
春野菜のシチュー
蕪の葉のタラマヨ和え

今年一番の会心の出来です!!
kako-0UGbos4v0e2UjR1i.png
 豚薄切り肉(生姜焼き用)は軽く塩コショウして薄~く小麦粉を叩いておきます。玉ネギをすりおろし、
 そこにたっぷりの生姜のすりおろしとお酒、ヨシダソースを加えて混ぜたら、ジップ袋に豚肉とタレを入れて
 よく揉み込みしばらく浸けておきます。フライパンにごま油を熱したら、豚肉を一枚ずつ広げて
 両面に焼き色がつくまで焼きます。肉を取り出したら、ジップ袋に残ったタレをフライパンに入れて
 再びお酒とめんつゆ少々を加えて少し煮詰めていきます。お皿にキャベツの千切りと豚肉を盛り付けて
 煮詰めた生姜焼きタレをかけたら完成☆

手前味噌で恐縮ですが、めっちゃめちゃ美味しかったですコレ(≧▽≦)

ポイントはなんといっても『玉ネギのすりおろし』『ヨシダソース』です。
玉ネギのすりおろしを加えるテクは、雑誌「一個人」No.162号~決定!日本一の極旨レシピ~

一個人 (いっこじん) 2013年 11月号 [雑誌]一個人 (いっこじん) 2013年 11月号 [雑誌]
(2013/09/26)
不明

商品詳細を見る


に掲載されていた東京の名店『米福』さんのレシピから参考にさせていただきました!

kako-q49DvXf4FouW0V3h.png
この日の節約おかず・・・塩茹でした蕪の葉にタラコマヨネーズをたっぷりかけて♪

そして、いつもラブラブ仲良しワンコ姉妹と超~美味しいごはんを楽しませてくださる
ぱぴちゃんのねーねさまのお宅ぱぴこ×2からコチラの記事を拝見しているうちに食べたくなった
春野菜のシチューです♪ねーねさまは海鮮仕立てにされていてハイグレードな一品でしたが
ウチでは余っていたウィンナーを輪切を使用しておりますwwwww
ねーねさまより『それは作りすぎ(笑)』のご指摘をいただきつつ、やっぱり作っちゃいました~♪

明日ボス夫さんはゴルフ、娘はスキー、わたくしは・・・・・ごろ寝かなやっぱ(爆)
kako-NIKq9vuXG25fziPo.png

長浜そぞろ歩き その4~黒壁スクエア編

今日未明の地震にはビックリしました!震源地は愛媛県沖伊予灘の辺りだそうですが
ここ京都でも細かい横揺れがしばらく続きました。
強い揺れに見舞われた四国九州地域の皆さま、ご無事でいらっしゃいましたでしょうか。
折りも折り、つい先日に3年前の大災害を改めて思い返したばかりだっただけに
息も止まるような思いをされた方もいらっしゃることでしょう。

決して無責任な風評に惑わされることなく、かつ努々怠りないよういざの備えをしておきたいですね。

line6.gif

長浜レポ第4弾は、長浜を代表する観光スポット黒壁スクエアをご紹介したいと思います♪
・・・・・っていうかそもそも黒壁スクエアってどんな所??京都でもよく耳にする有名な観光地ですが
改めて考えるとガラス製品のお店?くらいの認識で具体的にはよく知らないです(^^;

kako-CkdtM1Ur1O2d5Ryo.png
 明治時代に第百三十銀行長浜支店として建築され、その外壁が黒漆喰の様相であったことから
 『黒壁銀行』の愛称で親しまれていた建物の保 存と地域の活性化を目的として発足した
 第3セクター株式会社が設立されたのが始まりです。
 『歴史性』『文化芸術性』『国際性』を三本柱とす るコンセプトが考えられ、それに則する形で
 当時はまだ個人作品か土産品が中心であったガラス産業を、国内初の本格的なガラス文化へと
 発展させるべくさまざまな取り組みが行われました。
 現在では年間210万人(平成14年度)の来街者を迎える一大文化スポットとなりました。


この『黒壁銀行』は黒壁1号館「黒壁ガラス館」として、さまざまなガラス製品や作品を
取り扱うショップとして特に人気の高い施設となっています。
kako-mao9VAwZoWus4Lfl.png
まるで雨粒のようなガラス飾りが1階の軒先に揺れていました。 渋い黒漆喰の壁と瓦屋根に
なんともいえない愛嬌と可愛らしさを添えています♡裏の通用口も鍵穴の形に作られているなど遊び心満載♪

kako-bufdKMKifVm5YTHM.png
店内にはさまざまなガラス細工が所狭しと並んでおり、その繊細なきらびやかさは壮観です!
ちょうど季節を先取る「端午の節句飾り」もたくさん販売されていました。

ガラスの靴ならぬガラスの兜・・・というわけですねww
被るのはいろいろな意味で勇気がいりそうですが(笑)

わたくしの大大大好きな切子細工のグラスもこんなにたくさん!!!
kako-HpQdpQpZtYl5Zaxb.png

う、美しすぎるーーーーっ(≧▽≦)

ああ、一度でいいから『この棚、ここからここまで全部下さいな』なんつってみたいもんです(笑)
現実にはぐい飲み一つ1万円・・・うーん、せめてこの眼にじっくりと焼き付けるしかありませんね(^^;

kako-hzJ3ATbQVzGyHGyC.png
キレイなオーシャンブルーが印象的なこちらのグラス、まるで水が入っているように見えませんか?
実は上下でガラスの厚みが違うんです!その屈折率の違いでこんな錯覚が起こるんですね(@0@)

kako-0UNxW7eayhP5zwKF.png
重厚な階段はまるで『半沢直樹』の1シーンのよう?(笑)2階にはヨーロッパを中心に世界から
買い付けられたさまざまなガラス製品作品の他に、長浜オルゴール堂で取り扱っていたオルゴールも
販売されているそうです。

kako-y1XlnCGKy0OCfkhp.png
リズミカルでアーティスティックなこちらのガラス作品・・・実はこれウォールクロックなんです!
素敵ですね~(*^^*)こんなのが似合う家に住んでみたいなぁ♡♡♡

kako-qc3wj4LEjc0XGCTw.png
まさに美術工芸品といった感じのガラス作品たち。こんなお雛さまもオシャレですね~!
そういえば昔、父が好んで飲んでいたマティウスロゼの瓶がこんな感じだったような気がwww

ガラス製品の他にこんなものも!!
kako-PC2HXBFiJKjJ0o1N.png
毎年2月頃にヴェネツィアで開催されるカーニバルにて使用されるヴェネツィアンマスクです。
一瞬ぎょっとするような異容ですがその一つ一つの造詣には素晴らしいデザイン性と独創性があり
見飽きることがありません(♡▽♡)イタリアの老舗工房から直接買い付けられているそうです。

さて、わたくしの買ったものはといえば・・・?
kako-ikK6jg9MharsUp0B.png
ハリネズミ?ヤマアラシ?・・・いえいえ(笑)実はこれ、ガラス製の剣山なんです!
直径2,3センチほどの小さな剣山で、たとえばガラスの平皿などを花器として活ける際などに
大活躍・・・・・するはずwwwあとは活け手の腕次第、ですね!(墓穴)

そしてとっても嬉しいサプライズが☆☆☆
kako-NSqqnojuAaWYFGvb.png
ボス夫さんからわたくしと娘に、ホワイトデーのプレゼントとして買ってもらっちゃった♡
とてもキレイなブルーグリーンのグラデーションが素敵でしょ(≧▽≦)
う、う・・・頑張って朝から百貨店のバレンタインフェアへ買いに走った甲斐があったよwww
(詳細はコチラの記事をどうぞ♡)

・・・・・ん??そういえば、娘がパパにあげたのって試作品のカップケーキ一個じゃなかったっけ(^^;
超~~~エビタイやーん(笑)実は娘宛ての方が高額だったりする・・・

じゃーん☆☆
kako-fBNi0iXKx3lSuscK.png
・・・・・・・・・・並べてみて分かる肌色の違い=年齢の違いやねぇ(--;;;
どっちがどっちの腕かゴソウゾウニオマカセシマス(笑)

ガラス工房の様子。
kako-rlsRz9xXbUwYwfGa.png
こちらでは吹きガラスの体験もできるのだとか(^^)

次回は再び北国街道をウロウロする予定♪ 思いがけない施設もあるでよ!www

長浜そぞろ歩き その3~北国街道ランチ編

春の嵐が吹き荒れた一日・・・みなさま大禍なくお過ごしでしたでしょうか。
明日からまた寒くなるという予報も耳にします。まだまだ気の抜けない気候が続きますが
どうぞくれぐれもご自愛くださいませm(_ _)m

閑話休題・・・本日は長浜、北国(ほっこく)街道をご紹介したいと思います(^^)
まずは車を停めたJR長浜駅の駐車場のすぐ裏にある博物館から。
kako-aIAmgKwZQEyGQLYQ.png
旧長浜駅舎をメインとした鉄道博物館長浜鉄道スクエアです。
長浜の鉄道史や琵琶湖水運に関する資料、北陸線を走った鉄道の模型車両などが展示されており
正面に立つ旧駅舎は日本に現存する駅舎の中で最も古いものだそうです。
kako-0rkMDHdd15fBj4js.png
1882年に北陸線の始発駅として建設された初代の長浜駅は第1回の鉄道記念物に認定されています。
英国人技師が設計した洋風2階建ての駅舎は煉瓦をはめ込んだ窓やレトロな形の煙突など、
とてもシックな雰囲気です(*^^*)

kako-kIEWRKCTB7uBoEkl.png
こちらは駐車場側から見た施設の建物なんですが、どうやら昔の車庫だったのではないかと思います。
車庫への引込み線があった敷地を駐車場にされたんでしょうか。煉瓦壁が時代がかっていい雰囲気です♪

kako-h7rGZT2MPpIQ2vzo.png
正面に飾ってあった車軸や駐車場から垣間見えた施設・・・はい、お察しの通り入場しておりません(^^;
娘が一緒だったら見学してたと思うんですけど、ボス夫さんはさっくりスルーでしたorz
ちなみに、こちらの施設には駅長室や待合室など当時の面影がそのままに残っており
北陸本線に関する鉄道資料や鉄道模型の他に、D51形蒸気機関車とED70形交流電気機関車が
展示されているそうです。ご興味をお持ちの方はぜひ♪

kako-73vNQyzzKkL1Luu3.png
琵琶湖の北東岸を北上し、余呉湖の北にある柳ヶ瀬県境の栃ノ木峠をへて北ノ圧に通じる北国街道は
かつては北陸と京阪神を結ぶ重要な街道でした。長浜はその宿駅として、また湖上交通の要として栄えました。
明治時代に、鉄道を誘致したり銀行が作られるなど次々と最新の公共施設が建設された街道筋は
昔ながらに立ち並ぶ紅殻格子や虫籠(むしこ)窓の家々と近代建築が溶け合った歴史を感じる散策道として
観光客の方々にも大変人気のあるスポットです。

kako-YzxvIKI1B1Cgsp8A.png
みぞれ混じりの小雪が降り続くあいにくの天気でしたが、北国街道を歩く人波が途切れることはありません。
街道沿いにあるお店もたくさんの観光客の方々でにぎわっています。

青い暖簾が印象的な旧家は長浜の自治を委ねる「十人衆」の一家である安藤家の邸宅です。
賤ヶ岳の合戦で豊臣秀吉に協力したことから十人衆の役を賜り、以後長浜町の発展に力を尽くしたそうです。
現在の建物は明治38年から大正4年にかけて建てられたもので、北大路魯山人が手掛けた装飾美でも有名。
また、もう一つの見どころが庭園。「古翠園」と名付けられた庭園は庭師・布施宇吉によるもので
巨石をあしらった池泉回遊式に通じる庭園で、四季折々の風情を楽しむことができます

・・・って、はいお察しの通り、こちらもスルーです(涙)ボス夫さんいわく

『知らん人の家見て楽しいか?』

た、楽しいもんっ!うう~見たかったよ安藤さんち・・・・(T_T)

古色豊かな太鼓楼は浄琳寺のもの。残念ながらこちらは観光寺ではないので拝観は叶いませんでした。

右下:雰囲気のある格子戸が目を引く建物・・・いかにも旧家風の町屋造りに由緒を感じますが
   何の施設だと思われますか?実は
kako-oTPbxLcoIxVN0hkJ.png
なんと大学のキャンパスなんですって!!大学生と市民の交流の場として活用されているのだとか。

さてさて、いい具合にお腹も空いてまいりました(笑)
寒空を歩いてきたので温かいものをいただきたいですね!・・・ということでお邪魔したのがこちら
kako-Z3DO3pgq4s0oIega.png
手打ち蕎麦みたにさんです♪間口の広い玄関に洗いざらしの真っ白な暖簾が目を引きます。
kako-pOswWfpigQyEiSk2.png
店先の足元に埋められた陶板タイルが素敵~♡ スタイリッシュな和風にしつらえられた店内は広々としていて
テーブル席の他にゆったりとした小上がりも。小物にまで気を配った木と土壁のインテリアがとってもおしゃれ♪
席に着くとすぐに運ばれてきたのは香り高い蕎麦茶でした。冷えた身体に優しい甘さが染みます~(*^^*)

ボス夫さんがオーダーしたのは小天丼とお蕎麦のセット。
kako-TOoxNV6bQkSDOQZl.png
小天丼とはいってもぴんと尾が立った海老と数種の野菜天が乗った食べ応えたっぷりの丼です。
写真ではちょっとわかりにくいのですが、ご飯に蕎麦の実が混ぜられていて食感にアクセントを添えます。

わたくしは鴨南蛮蕎麦を・・・ここ長浜は鴨料理でも有名なんだとか(^^)
kako-3RIbqoVErgzMkGs3.png
手打ちにこだわっておられるというお蕎麦は太めでコシのある太切り蕎麦。焼き付けた白ネギの甘さと
鴨の濃厚な出汁に、ほんのり香る柚子が利いています。うっすらと赤みの残る絶妙の火加減で仕上げた
鴨の身はすっと噛み切れるほどの柔らかさながら、舌にねっとりと絡む食感がたまりません(≧▽≦)

あっという間に完食wwww それでは今度は可憐で美しいガラス細工を観に行きましょう!
kako-iuqQV7I0eoWwWgJN.png
太閤さんにちなんだ千成瓢箪柄のマンホールを発見☆


                                             裏あすも不定期便

おとといときのうの晩ごはん(閑話)

こんばんは♪
前日までとは一変、今日はポカポカと温かくまるで初夏のような明るい日差しが
まぶしい一日となりました。こんな日は身体も伸び伸びとリラックスして、いつもよりも
ヨガのポーズが気持ちよく決まります(*^^*)
ずーっとこんな日が続けば・・・と思っていたら明日の予報は春嵐だとか!(@0@)

どうぞみなさま、突風と驟雨にはくれぐれもご注意くださいませ。

さて、忘れないうちに一両日のおうちごはんをメモっておきましょう☆
まずはおとといの晩ごはんから~
kako-hah6r9u6rwtUWCy6.png
鶏肉の回鍋肉(ホイコーロ)
茹で野菜の和え物3種
(もやしと絹さやのナムル・菜の花とワカメの柚子酢味噌・ゴボウとにんじんの胡麻マヨ)
中華風ベジブロススープ
大根の葉とちりめんじゃこの混ぜご飯

kako-Icy5Bf5ySwFYu77t.png
今回のベジブロスには南瓜の種が入っていたからでしょうか、やや黄みがかった甘めのスープになりました!
ホタテだしと合わせて少し中華風に仕立ててみたのですがホタテの塩味とベジブロスの甘みがよく合って
バランスの良い味に仕上がりました(^皿^V 具はブロッコリーとタケノコ、エノキ、青ネギです。

炊きたてのご飯に、ごま油で炒めた大根の葉とちりめんじゃこを混ぜ込んでお醤油を少々落とします。
他のおかずがけっこう濃い味なので、できるだけあっさりと。あっさりしすぎ!という声も聞かれましたが(笑)

今日のメインは回鍋肉を鶏肉で作ってみました☆
kako-RUfva6g7Lc9VwhTy.png
 キャベツはざく切り、ピーマンは一口大に、鶏モモ肉も一口大の削ぎ切りにします。
 フライパンにごま油をひき、軽く小麦粉を叩いた鶏肉の皮を下に並べて焼き付けます。
 両面に焼き目をつけたら、キャベツとピーマンを加えてもう一度ごま油をほんの少し回しかけます。
 全体に熱が通ったら、お酒、味噌、テンメンジャン、コチュジャン、豆板醤を混ぜたものを加え
 ヨシダソース(なければお醤油とみりんかハチミツで)を回しかけます。
 煮からめるように炒めたらお皿に移して完成です☆

ヨシダソースはそのまま使うだけでなく隠し味としても役に立ってくれます♪少し甘めなので味噌炒めの
フォローには最適☆味に奥行きができてとても美味しく仕上がりました\(^▽^)/

ちなみに、野菜をフライパンに入れてから少量のごま油を絡めることでコーティングされ
野菜から水が出にくくなるので仕上がりが引き締まります!ぜひお試しを~

kako-tU0A7bp33qYmerCX.png
茹で野菜が美味しく感じる今日この頃・・・いろいろ小鉢の3種盛りです。
もやしときぬさやには黒酢・めんつゆ・豆板醤でナムル風に。菜の花と春ワカメは茅乃舎さんの柚子酢味噌、
ゴボウとにんじんには練り胡麻とマヨネーズに市販のピリ辛胡麻だれを混ぜたものを
それぞれ和えてあります。なぜかもやしと絹さやのナムルは、酢の酸味と豆板醤の辛みが全部飛んで
ふつうのめんつゆ和えになっちゃってました!なんでやろ~???

つづいて昨日の晩ごはんです♪
kako-n0QMfepQdzBNhme2.png
あまごの唐揚げ
グリーンリーフとカッテージチーズのサラダ
タラポテサラダ
茹で白菜の和え物2種
菜の花ともやしのおみそ汁

ボス夫さんが先日釣ってきてくれたアマゴはいつも、腹を抜いて冷凍しておきます。
一尾ずつラップしておくと使いたい分だけ簡単に使えるのでとっても便利(*^^*)
今回は頭を落として塩を振ってから軽く小麦粉を叩いて唐揚げにしました♪
kako-8gVSKh5jVHOZnt8q.png
こうすると塩焼きよりもたくさん食べられるので、早くハケるんですよ(笑)
なにしろ1シーズンで数十匹ほど釣ってくるので、どんどん消費していかないと~(^^;
そのままでも充分美味しいですが、お好みで山椒塩やポン酢を添えても◎

kako-7ec37u3owbB4Gwg8.png
市販のグリーンリーフパックはさっと水洗いするだけで包丁要らずなので最近のお気に入りです♡
たっぷりの三つ葉とカッテージチーズを合わせて、シーザーズ風のドレッシングでいただきました。

茹でて絞った白菜を二つに分けてそれぞれ柚子酢味噌と名古屋味噌をかけてあります。
白菜の甘みはとても美味しくてついついお代わりしたくなりますね(*^^*)

kako-t4aYjlp41uYO2UIG.png
 茹で潰したじゃが芋とオニオンスライス、薄切りのピーマンを合わせて軽く塩したら、ほぐしたタラコと
 マヨネーズを合わせてしっかり混ぜます。できればじゃが芋が温かいうちに手早く混ぜるのがポイント☆

実はマヨネーズが残り少なくて(^^;ちょっともっさりとした仕上がりになっちゃいました~
ボス夫さんはもさもさしたじゃが芋が特にニガテなので、ちょっと悪いことしちゃったな(謝)

おみそ汁はもやしと菜の花、ワカメをたっぷりと入れて。
出入りの酒屋さんに勧められて購入した塩蔵ワカメにすっかりハマってしまったわたくし(^^)
干しワカメよりも肉厚で食べ応えがある分、なんか健康になれそうな気がする・・・(笑)

明日は長浜レポの続きをお送りする予定!また長くなりそうですがよろしくおつきあいくださいませww 
それではただいまからヨガの夜レッスンに行ってきまーす♪

3.11

未曾有の災害となった東日本大震災から今日で3年が経ちました。
新聞の報道によると、今なお行方不明の方々が2633名、長期に渡る避難生活で
体調悪化や慢性疲労による「震災関連死」と認定された方々が3048名にのぼり
現在も避難生活を強いられている方々は26万7千人もいらっしゃいます。

そしてその背後には数字に上らない大勢の方々が、その心身に深い傷を負いながらも
復興を目指して日々邁進されていらっしゃることでしょう。

遠く西の地からどのように手を差し伸べればいいのか、今もなお正しい答えが見つけられずにいますが
せめて。

 その日いただけるものに感謝の思いをこめて大切に残らずいただくこと

 今日出会った人とのご縁をかけがえのないものと心得て有り難く思うこと

 そして3年前の今日のことを、決して忘れないこと

・・・これを自分なりの鎮魂とさせていただこうと、改めて心に刻みました。

どうぞ皆さまの前途に少しずつ少しずつ明るい光が差しますように。
その悲しみ苦しみが少しずつ少しずつ結晶し、金剛石の如く強く美しい輝きとなりますように。

長浜そぞろ歩き その2~盆梅展(後編)

長浜盆梅展の続きです(^^)


わたくしの背丈をはるかに越えるような古木がずらりと並ぶ本館を堪能した先には
隣接した新館、通称『梅の館』へと繋がっていきます。こちらにはやや小ぶりながら
珍しい品種や枝ぶり、花のつき方の妙が楽しめる盆栽がたくさん展示されていました。
kako-7Qpgj3HwtUZSLoBH.png
まるで海底の珊瑚のような枝振りの白梅や桜にも似た枝垂れの八重咲きの紅梅、
梅仁丹をそのまま散らしたような(笑)蕾が可愛らしい枝や、まるで伊勢海老かと見まごうものまでwww
一つ一つの表情が違っていてとても興味深いです(*^^*)

玄関に花を飾るのを生活の楽しみのひとつにしているのですが、そんなわたくしにとって
この盆梅の展示は、いろいろなあしらいについても教えてくれます。
kako-D47gdXatmxFST5Zk.png
山形にしなった枝を生かすようにわざと中心を外したしつらえが面白いですね!
逆にシンメトリーな木にリンクさせて90度に折られた屏風とのバランスも素晴らしいです。
kako-aFjIu2dztzUSzDs3.png
優美な曲線が美しい花台にあつらえたような高さの梅が絶妙です!なんだか我が家にも
床の間が欲しくなってきちゃいました・・・・え?どこに??(笑)

『梅の館』にはお茶席が設けられており、お菓子とお抹茶もしくは梅茶をいただくこともできます(有料)
kako-ViRej68BGnENqr7C.png
お菓子の種類はランダムに配られるようですが、わたくしたちがいただいたのは爽やかな酸味が香る
紫蘇の葉にくるまれたシンプルなお餅でした(*^^*)甘さ控えめでとても柔らか~い♡
一緒にいただいた梅茶とともに口の中で春が広がるような香りが楽しめました(*^^*)

季節柄、こんな可愛らしいしつらえも・・・
kako-GjYO4heoWZNz6mcv.png
梅の雛壇とは粋な演出じゃありませんか!白梅がお内裏様、紅梅がお雛様というわけですね!

そういえば我が家のお雛さまも早く片付けないと娘が行き遅れちゃう(笑)

さて、こちらにも珍しい品種がたくさんありますよ♪
kako-QTRAJmRClBIxkIEz.png
濃い黄色のシャープな花弁がまるで火花のようなこちらは黄金梅(おうごんばい)といいます。
この炎にも見える黄金色の花弁は世界的にもわずか数種しか存在しない非常に珍しいものです。

こちらもまたとても変わった梅です(*^^*)
kako-oXPnbcXJ6YZjNfa2.png
お分かりいただけますでしょうか?少々見にくいのですが、一つの枝から紅白二色の花が咲いています!
『輪違い(りんちがい)』別名を『おもいのまま』と呼ぶのだそうです・・・なるほど確かに
自由気ままな感じがしますねwww

お隣、中国から伝わってきた希少種も。
kako-5LiwDhiLqY09SLjl.png
まるで牡丹のミニチュア版??『金銭緑萼(きんせんりょくがく)』という名のこちらは
中国四川省が原産地。八重咲きの白梅なのですが、驚くべきはその花弁の枚数。
なんと80枚近くも重なるのだとか。フリルのように華やかながら真っ白な花びらと
浅緑に染まった萼が清楚な印象の美しい梅でございます♡

外は雪のちらつく寒空が広がりますが、慶雲館の中には明るい春が溢れていました!
個性的な造詣で咲く誇る梅の花の美しさと、その美しさを引き出すために手をかけられる
栽培師のみなさまのご尽力に感動しきりのひとときでした(*^^*)
kako-LD9xriEEyW971r4s.png

さて、せっかく長浜まで足を伸ばしましたのでもう少し散策いたしましょう♪
次回は北国(ほっこく)街道を歩きます。

                                              裏あすも不定期便

長浜そぞろ歩き その1~盆梅展(前編)

思わぬ寒の戻りに震え上がった週末、ボス夫さんとふたりで滋賀県は長浜市へと出かけてみました。
今回は、せめて春のきざしだけでも感じたくて『長浜盆梅展』をお目当てに車を走らせます(*^^*)kako-wE3omy203NpVLCTh.png
気温は低いけれどもとてもいいお天気です(*^^*) ちなみに娘は野球サークルの試合観戦に。
彼女を集合場所まで送ってから高速に乗りましたが、車の中はお日さまの光が当たっているからでしょうか。
さほど寒さを感じませんね~思い切っておニューのコーディネートで出かけてよかった♡
kako-R1Ydbhfp0McQYXuQ.png
先日アウトレットで買ったライダースにコーデュロイのスキニーと白ニットを合わせてみました♪
腰に巻いたチェックシャツとニット帽がポイント☆インナーにヒートテック&貼るカイロをフル装備(笑)

コレやったら先日の竜王アウトレットの方がぜんぜん寒いやーん♪

・・・・・と余裕をぶっこいておりましたところ
kako-241XHlXqRRTTRtr2.png
まさかの降雪&凍結による速度制限とか(寒)
うーむ、やはり滋賀県北部の天候はあなどれませんなぁ(--;;;
いちおうダウンコートも持参してきて正解だったヮ!!

line35.gif

さて、めざす『長浜盆梅展』が開催されているのが、長浜市の名跡『慶雲館』です。
kako-Al1M4PTR1H3g4RtB.png
明治19年(1886年)秋・・・明治天皇が京都行幸の帰路に船を利用し長浜に上陸される折に
その行在所として、当時、地場産業である浜縮緬製造業を営み、長浜を代表する豪商であった
浅見又蔵氏が私財を投じ、陛下の誕生日である11月3日に着工、建設したのが『慶雲館』です。
行幸は翌年2月21日であったと言いますから、わずか3ヶ月余りの突貫工事。行幸当日の朝に
ようやく完成する慌ただしさだったと伝えられています。

kako-Q5vVPeJ8eRbzurBJ.png
慶雲館の敷地は6000㎡あまり。急ごしらえとはいいながらもその建物は尾州産の総檜造り
寄棟造2階建ての豪奢かつ凝った造りとなっており、玉座が設けられた2階からは
琵琶湖と伊吹山が一望でき、当時の新聞には「美麗壮観同地に冠たるものなり」と掲載されたほど。

kako-s6ZXjimWEAPUuOhZ.png
『慶雲館』という命名は当時の総理大臣、伊藤博文によるものだとか。
庭園は慶雲館建設25周年を記念して明治45年(1912年)に造営されました。作庭は京都の7代目小川治兵衛。
表門から中門に至る前庭、中門から本館玄関前に広がる格調高い玄関前庭、そして本館の南に広がる
本庭(奥庭)で構成されています。前庭や玄関周辺に巨石を用い、見る人を圧倒する豪壮な意匠が特徴的。


左下:前庭には小さな祠が建てられ、梅の花に縁の深い菅原道真公が祀られているそうです。
右下:正門をくぐるとすぐ右側に、自然石の巨大な灯籠が目に入ります。高さ約5メートル推定重量20トン。
    慶雲館の巨石はほとんど滋賀郡志賀町から琵琶湖上を船で運ばれたと伝えられています

昭和27年に始まった『長浜盆梅展』は、故高山七蔵翁が湖北の山に自生する梅の古木を集め
丹精こめて育てあげたものを盆栽にして楽しんでらしたのですが、第2次世界大戦後の荒廃する世相の中
「より多くの人に見ていただき、喜んでもらえれば」と昭和26年に長浜市へ約40鉢を寄されたそうです。
これが長浜盆梅展の起源となり、以来、新春の風物詩として地元のみならず多くの観光客を魅了しています。
kako-pVxfD45MCGkV16Cq.png
長浜の盆梅の特徴はなんといっても他に類を見ない巨木、古木であることでしょう!わたくしの背丈を
はるかに凌駕する大振りの枝は、盆栽というよりは一個の立木として堂々とした風格を感じます。

kako-OwbKsIYRqGQZP1DZ.png
こちらは慶雲。建物と同じ名がつけられた一重咲きの白梅で樹齢は200年と伝えられています。

慶雲もそうですが、それぞれの梅には情緒豊かな美しい二ツ名が与えられているんです(*^^*)
kako-fHILcIpwn89reOZE.png
左上の梅は雛紗(ひなさ)・・・薄い桃色の花が女雛を思わせ白い幹が紗を纏うように見えることから。
右上は八重霞(やえがすみ)という典雅な名前の八重梅で樹齢はおよそ150年を数えます。
まるで這うよう緩やかに伸びるのは清音(せいいん)。京都は清水寺の貫主、森清範氏により命名された
一重咲きの白梅で、その長さは170cmにも及びます。
右下の薄紅梅は、樹上の花が吉兆を表す雲をイメージさせるところから名づけられた彩雲(さいうん)

kako-mggp08HRhIUXQt6I.png
長浜盆梅展の生みの親、高山氏にちなんだ高山(たかやま)は堂々たる迫力の八重咲き薄紅梅。
その樹齢はなんと400年と伝えられています(@0@)

緋毛氈を引いた和室に並べられた梅の枝の向こうから美しい本庭が望めます。
kako-O6Aq71p49DBYX8PZ.png
中央に深い涸池を穿ち、地形に大きな起伏をつけた立体的な構成が見事☆
金沢の兼六園でも見かけた『雪吊』も!やはりこの辺りも雪が多い地域なんですね~

kako-nxsSUWvFUohDFyWU.png
清楚な印象の一重の白梅は仁寿(じんじゅ)
論語に出てくる言葉で『仁徳があり長命であること』を意味します。

kako-EOVRbM4GlL1UMMg5.png
ちょうど満開を迎えた白や紅の梅の花からは馥郁とした香りが漂ってまいります(*^^*)
それにしても一口に梅といっても多種多様なんですね~一つ一つの花弁や枝振りの造詣が違っていて
いつまでも見飽きることはありません!

丹精込めて育てられ美しく剪定された盆梅の競演はまだまだ続きます~♪

                                                  おめでたい話☆

ヨシダソースと新しい食器♪

こんばんは♪

今日はボス夫さんと一緒に滋賀県北部にある「長浜」というところに行ってまいりました♪
これはこれでまたたぶん長~~~いレポートになりそうな予感(笑)
ただいま大量の画像を整理中でございます(^^; おいおい小出しにしていきたいと思いますので
その際にはまたどうぞお付き合いくださいませ♡

さて、先日ひょんなご縁から手に入れたヨシダソースですが、思った以上の万能っぷりで
ほぼ毎日使用しています(笑)これは早々に大瓶を仕入れる必要があるかも~wwwww

水曜日の晩ごはん
kako-WVxuOCRPlmv5A4tZ.png
根菜と高野豆腐のそぼろ炒め
ベー汁
大根の皮のヨシダソースきんぴら
グリーンリーフの柚子味噌ドレッシング和え

リア友さんとランチを楽しんだ後、キュートな雑貨が揃ったワンコインショップナチュラルキッチン
可愛らしい食器をいくつか購入したんです♪
kako-5oa6FyFpZfr1aSTV.png
左:イッタラ風のガラスカットプレートは100円とは思えない質感で、小振りなサイズ(φ14.5cm)がキュート♡
   ひと足早い芽吹きをイメージしてシンプルなグリーンリーフを乗せてみました(*^^*)
   以前、大阪に出かけた娘が買って来てくれた「柚子味噌ドレッシング」でほんのり和風テイストに♪
右:写真では色が飛んでしまったんですけど(^^;爽やかな釉青の小鉢も購入しました。
   蕎麦猪口のような可愛らしい小鉢には、ヨシダソースを利かせた大根の皮のきんぴらを小山に盛って☆
   縁取りの茶色とリンクして引き締まった印象になりました。

豚汁の「豚」をベーコンに変えた「ベー汁」(笑)
kako-JXYzgOO6EhHEOKCq.png
ベジブロススープと和風ダシをベースに、白菜、レンコン、里芋、豆腐とベーコンを合わせて
煮込んでいます。仕上げにお好みで粗挽き胡椒を振れば洋風に、生七味を溶かせば和風にと
フリーダムな汁物ですwww

kako-hUNSCJbFdkcksk8T.png
メインはちょっとヘルシーな一皿を♪
 タケノコとにんじんはみじん切りに、いんげんも細かい輪切りにします。熱湯に浸けて戻した高野豆腐は
 水気を絞り(火傷にはくれぐれもご注意を!!)手で細かく崩します。鍋にごま油を引いて
 野菜と高野豆腐を入れたらざっくりと炒めます。お酒とめんつゆ、みりんを少々で味つけをしたら水を加え
 落し蓋をして弱火で煮ていきます。汁気がなくなったらしばらく冷まして味を馴染ませます。

挽肉の代わりに高野豆腐を使っています(*^^*)これが意外と舌触りも似てるんです♪♪
精進料理では肉の代わりに使われることが多い高野豆腐・・・栄養価が高く保存も利くのでいざという時に
常備しておくと便利ですね。

きのうの晩ごはん
kako-cBUAIpEMqSXfq3aB.png
ヨシダソースのあんかけやきそば
白ネギとブロッコリーのベジブロススープ
ふろふき大根の柚子酢味噌和え
残りものいろいろ(笑)

この日のヨシダソースは鶏がらスープを合わせて中華風に♡
kako-X2O69x5fy3LDS4Ce.png
 ごま油で豚スライスともやし、玉ネギ、タケノコを炒めて、お酒、鶏がらスープを加えたらヨシダソース
 回しかけます。蓋をして炒め煮にし、具材に火が通ったら水溶き片栗粉でとろみをつけます。
 改めてフライパンにごま油を熱したら、中華麺を袋から出したそのままの形で押し付けるように焼き
 焦げ目をつけたらひっくり返します。少量の水を加えて蓋をして蒸し焼きにしたらお皿に移して
 さきほど作ったあんをたっぷりとかけて完成です☆

実は前日(木曜日)は、ショッピングモールで外食だったんですが

娘が「あんかけやきそば」を注文しちゃったミラクル(笑)

・・・なので、彼女の分は白ご飯にあんをかけて中華丼風にいたしました(^^;

こちらは両方ともベジブロススープがベースです♪
kako-JTzqDygomYh4QMXf.png
左:ベジブロススープで煮込むことで大根にほんのりとした甘みがつきます(^^)
  茅乃舎さんの柚子酢味噌をたっぷりとかけて爽やかな酸味と野菜の甘みを楽しめる一皿に♡
右:こちらはベジブロススープ&ホタテの貝柱のスープを合わせています。具はブロッコリーとゴボウ。
   ブロッコリーは厚く皮を剥いて輪切りにした芯の部分も加えてあります。
   仕上げに白髪ネギをたっぷりと乗せて中華風を強調しておきました(笑)

たかが100円されど100円、新しい食器が増えるといつもの食卓も目新しくてテンションが上がりますね☆
なんとなくヤル気スイッチが切れそうな時、安くて可愛いアイテムで自分に活を入れるのもいいかも(*^^*)


                                           ひさしぶりの裏あすも不定期便

おともだちごはん

昨日はまさかの雪、今日もみぞれが降りしきる寒の戻りとなりました。
この寒波、明日も続くそうですのでどうぞみなさまお風邪など召されませんように・・・

先週末から今週にかけて、友人と一緒に美味しいものをいただく機会に恵まれました\(^▽^)/
まずは金曜日、ヨガ友ちゃんとプチ飲み会から♪
kako-7xCobkVPno8nRmc7.png
狭い半間の間口にラスタな感じの木彫り看板、手作り風のブラックボードに描かれたメニューを
レトロなランプが照らし出すちょっぴり怪しい(?)雰囲気の入り口にちょっとドキドキ☆
大衆酒場Jamminさん。入ってすぐの階段を2階へと上がると、そこには思ったよりも広々として
とても家庭的な雰囲気の落ち着くお店でした(*^^*)

スキンヘッドがちょっぴりイカツい店長さんも、お話してみると気さくで優しいパパさんだったり
レゲエスタイルのインテリアからメニューもサルサとかタコスとかを思い描いていたら意外にも
和食やイタリアンな一品も目白押しだったりと、なにかと良い意味で期待を裏切ってくれます(笑)

kako-pddDd9RR75SkfLEn.png
左上:突き出しのつゆだく出し巻きは卯巻き風のふわふわとした柔らかい出し巻きに、あっさりとした
    和風あんがかけられた優しい一品♡ のっけからイメージを覆された感じ(笑)
右上:水菜サラダですが、バリエーション豊富な新鮮お野菜がたっぷり乗せられています♪
    レモンを利かせてさっぱりとしたドレッシングでいただきま~す☆
左下:パリパリとした食感がビールによく合うエビと大葉の春巻きは、ちょっぴりエスニックなたれで。
    おしゃべりに夢中になっていてもついつい手が伸びてしまう美味しさですwww
右下:アボカドユッケは目からウロコ!!とろりとした温泉卵を崩しながらいただくピリ辛ユッケだれに
   アボカドのまったりとした食感がベストマッチ☆これ、ちょっと家でも作ってみた~い!

和食のテイストを踏まえつつちょっぴりエスニックなアクセントという感じのメニューが並びますが
そのどれも新鮮なお野菜が豊富に使われているのがとても嬉しいです(*^^*)

お店のイチオシがこちら☆
kako-xHKo5FCb6hQ870dG.png
ジャークチキンは、ジャマイカの代表的な料理。鶏肉や野菜などをピメントと呼ばれるスパイスを
使ったタレに漬け込み、ピメントの木でじっくりとスモークされたものだそうです。
香ばしい皮とスパイシーな風味が魅力で、一度食べるとやみつきになりそう♡

kako-rZDmPXdAkwVhOtEm.png
次の一品は超~和風(笑)蛸の一夜干しを卓上七輪で炙っていただきます♪
そのままでもいただけそうなぷりぷりの一夜干しを、ほんのり炙って口にすれば、蛸の甘さが広がって
う~んメロウマ~☆ シンプルな塩でいただくと、よりその甘みと風味をじっくり味わえます♡
あんまり飲めないのになぜか日本酒が欲しくなってくるなぁ(笑)

kako-MjeLVqsbN4RkPomJ.png
ポテトフライは、茹でたジャガイモを一度潰してから成形しフライドしてあるようで、ほっくほく♡の食感です。
エスニックなスパイスの効いた塩が振られていてレモンをきゅっと絞るとさらに美味しさアップ☆
かと思うと揚げだし三種盛りなんてガチ和食もお出汁の味が絶妙であなどれません!
揚げだしはお豆腐・お餅・生麩でしたが、特に生麩の食感が好みでした(♡▽♡)

やや遅めスタートだったとはいえ、ふと気づけばAM2:00!

・・・・・・・アレ?前もこんな展開とちがったっけ?(笑)
っていうか、お店の営業時間って午前0時までじゃなかったっけ??(汗)

慌ててお会計をお願いするわたくしたちに『朝まででも全然OKっすよ~』
笑顔で答えてくださった店長さん、見た目はちょっぴりコワモテですが
やっぱり優しくてめっちゃエエ人やぁ~(*^^*)

line1.gif

続いては水曜日のランチです♪いつもお寺めぐりからウィンドウショッピングまでお付き合いくださる
リア友さんの案内でステキなパスタをいただいてまいりました☆
kako-sfbxCZe6SkXXzHdh.png
ビルの奥にひそむシックでスタイリッシュな外観のトラットリア ラパーチェです♡

kako-fw8PFlJIZosLJlBT.png
さりげないセンスが光るこちらのお店では、手打ちの生パスタと新鮮なお野菜を使ったバーニャカウダが
セットになったランチメニューをいただきました♡ 店員さんの接客も押しつけがましくなく気が利いていて
まさに『オトナのリスランテ』という感じです(*^^*)

kako-2UsfzRsl5zdkRLmR.png
まずはスープから・・・新玉ネギのポタージュは、最初の一口から舞い上がりそうな美味しさ!
とにかく玉ネギの甘さがハンパない!!よく『飴色になるまでじっくりと炒めて玉ネギの甘さを引き出す』と
いいますが、その甘みをもっとぎゅーっと濃厚に閉じ込めた感じとでも申しましょうか。
でも雪のように真っ白なスープなんですよね~(不思議)オリーブオイルを少しずつ混ぜながらいただくと
さらにメロウマバリウマ~♡♡♡ このスープに出遭えただけでもお店に来た値打ちがあるなぁ(*^^*)

kako-ZYCWOkwKfEEvmqFZ.png
自家製フォカッチャとグッシリーニはどちらも香ばしくて小麦の香りが立っています♪
このフォカッチャでさきほどのスープをキレイに拭い取っていただいたのはいうまでもなし!
わたくしのお皿、洗わなくていいんとちゃうやろか~(笑)
バーニャカウダには春の野菜がふんだんに盛られていました。中でも珍しいのが真ん中にまっすぐ伸びる
白いネギのような野菜・・・
kako-qDqI4g9QMcrzHuJy.png
これは『うるい』という山菜の一種なのだそうです。ユリ科の植物オオバギボウシの若葉で
サクッとした歯応えで山菜独特の苦味やクセがなく思った以上に食べやすいです。
ビタミン類・ミネラルの他にヌメリ成分の中に多糖類が多く含まれているので、リンパ球を増やして
病気に対する抵抗力を高める効果があるとされるのだとか。春にめざましい芽吹きをみせる山菜には
栄養がたっぷり詰まっていると聞いたことがありますが、その力強いパワーをしっかりいただきました!

お待ちかねのパスタ、わたくしは春キャベツを鶏せせりのペペロンチーノをチョイス♡
kako-qVO6SnSumbmosqxl.png
春キャベツの柔らかさとせせりの歯ごたえにもっちりとした生パスタが絶妙に絡んだ逸品!!
ペペロンチーノですがあまり唐辛子の辛さは前面に出ず、一口食べ終わるごとにその風味だけが
ふわりと香るという感じでとても優しいお味でした(*^^*)
いうなれば『癒し系ペペロンチーノ』ってとこでしょうかwww

食後にはコーヒーがつくのですが、こんな嬉しいお茶うけも一緒にサーブしてくださいます♡
kako-fTyMswZHpyP1xk2y.png
『ガラーニ』と呼ばれるイタリアの伝統菓子でカーニバルには欠かせないドルチェなのだとか。
四角い薄い生地を揚げて粉糖をたっぷりとかけたものですが、中は空洞でスナックっぽい感じ♡
サクサクとつまんでいるとあっという間になくなっちゃいます・・・もうちょっと持ってきて~なんちて(笑)

気の合う友達とおしゃべりを楽しみながら美味しいお料理に舌鼓を打つ・・・うーん最高やぁ(≧▽≦)
ヨガ友ちゃん&リア友さん、幸せな時間をありがとう!

ヨシダソースでごはん

こんばんは☆

三寒四温と申しますが、それにしても気温の変化が目まぐるしいですね。
毎朝、何を着ればいいのか・・・・・服を購入したばかりなのに悩まされるってどういうこと?(^^;

さて我が家にまたひとつ、新しい調味料がお目見えいたしました☆
kako-vjF0HDa7mDHhXRm7.png
以前から気になっていたんですけれど、いつもお野菜たっぷりの美味しい一皿をご紹介くださる
さにーママさまのお宅ベジキッチンの2月19日付けの記事を拝見してからは
ますます使ってみたい気持ちがむくむくと湧いてまいりまして(^^)
ためしに購入してみようかと思い立ったちょうどその時に素晴らしい偶然が!!

実はわたくしの母は長年シャンソンのレッスンを受けておりまして、プロアマ問わず歌い手の方との
交流も多くあるらしいのですが、その中のおひとりがなんと
ヨシダソースの創始者、吉田潤喜氏のお姉さま
だったんです(@0@)
しかも、つい先日その方のライブに母が友情出演させていただいたのですが、そのお礼として
大量のヨシダソース(試供品用の小袋ww)をいただいたのだとか♡

・・・つまりは、このパッケージのファンキーなおじさんが弟さんなのね。
なんだろう、微妙~に生ぬるい気持ちになりますがwwwww


もちろん、ガッチリゲット☆してきましたよ(笑)
そんなミラクルなご縁で我が家のキッチンにやってきたヨシダソースをさっそく使ってみましょう♪
3月3日(月)のおうちごはん
kako-hqImYmHxKU6h8CpW.png
かぼちゃと鶏肉のヨシダソース炒め
アマゴの塩焼き
茹で卵とブロッコリーと菜の花のポテトサラダ
水菜のチョレギサラダ
白菜とじゃが芋のホワイトスープ
カニカマと鮭フレークの細巻き

kako-ODps7789taGrUyiU.png
鶏モモとスライスしたかぼちゃ、いんげんをヨシダソースで炒めてみました(^^)
けっこう甘めですが想像していたよりもあっさりとしてお醤油の旨みが利いた和風のソースです。
ベースに鶏がら系やニンニクを使えば中華風に、ケチャップやマスタードと合わせれば洋風に、
コチュジャンや黒酢ともよく合いそうなオールマイティ選手ですね☆

この日はなぜか品数が多かったなぁ~どれもさほど手はかからない簡単料理ばかりですけど(笑)
kako-tZUkOAIMIoHMzBNL.png
左上:レンジで加熱したじゃがいもを潰し、茹でたブロッコリーと菜の花、そして茹で卵を一緒に
    マヨネーズで和えてあります。菜の花はもちろん前日の残り~www
右上:ボス夫さんが釣ってきた今年最初のアマゴを塩焼きで♪もうすぐ春だなぁと、アマゴの身に浮かぶ
    赤い点模様と灰影の小判型の斑点(パーママークというんだとか)を見るたびに思います(*^^*)
左下:前々日に作った白菜とじゃがいものシチュー煮が少しだけ残っていたので、ベジブロススープで
    伸ばして白味噌を加えた汁物にしてみました。ほっこりと甘みのある洋風おみそ汁って感じ♪
右下:家族で行きつけの焼肉屋さんで教えてもらったチョレギサラダを再現してみました☆
    たっぷりの水菜にピリ辛ドレッシングをかけたシンプルなサラダなんですけどポイントは
    生の三つ葉を混ぜてあるところ(^^)三つ葉の香りがほどよいアクセントになって、深みが出ます!

kako-GL0SaNfECSd4Mw53.png
ちらし寿し用の寿し飯が残っていたので、これまた冷蔵庫を漁って見つけたwwカニカマと鮭フレークで
細巻きを作ってみたんですが、具がえらく端っこに寄っちゃいました(^^;;;

・・・残り物が多い日は品数も多いあすも家の食卓(笑)

ついでにきのう3月4日(火)のごはんもメモメモしておきましょう!
kako-sf30oC8ou6CBRSC0.png
野菜の含め煮
ワカメと豚肉の生姜炒め
長芋の柚子甘酢和え
豆腐のおぼろ汁

kako-LiJkmA6MmIZcCvjE.png
左:ベジブロススープをベースに、蕪、里芋、南瓜、椎茸、人参、インゲン、白菜を炊き合わせた
  徹頭徹尾ベジタリアンな一品です(笑)白ダシを加えたらしょっぱくなるかと危惧したのですが
  ベジブロス効果でしょうか、かなり甘みのある煮物に仕上がりました!
右:拍子に切った長芋を、黒酢、はちみつ、柚子のすりおろしを混ぜ合わせた甘酢に漬け込みます。
  お正月前に実家からもらった柚子を皮のついたまま丸ごと冷凍してあるんです(^^)
  これを凍ったままゴリゴリとすりおろすと、柚子の香り高い甘酢が手軽に作れちゃいます☆

いつもお酒を宅配してくださっている酒屋さんおススメの塩蔵ワカメを購入してみました。
普段は干しワカメを使うことが多いんですけれど、生ならではの風味を楽しめるメニューに挑戦♪
kako-wT21HcTSdY9BOH2j.png
 塩蔵ワカメは塩を落として1分ほど真水に浸けておきます。白ネギは薄い斜め切り、生姜は千切りに。
 フライパンを熱してごま油をひいたら豚スライス肉を一枚ずつ広げて並べ、両面をカリカリになるよう
 中弱火でじっくりと焼き付けます。一度豚肉を引き上げ、その脂でネギと生姜を炒めます。
 火が通ったら豚肉を戻し、お醤油をひと回しかけたらワカメを加えて軽く炒めます。
 仕上げに白ゴマを振ったらできあがり(^^)

ワカメは火を通しすぎるとどろどろになってしまうので、一番最後にさっと火を通すに留めるのがポイント☆
塩蔵の塩気が残っているので味つけは控えめでも充分です!

kako-pP1b9Cxq2sVn7X3l.png
左:短く切ったえのきを出汁で炊いたところに細かくすりつぶした豆腐を流し込み、一煮立ちしたら
  溶き卵を回しかけて味付け海苔をちぎって乗せるだけなんですが、そのほんわりとした優しい味と
  食感に癒される汁物です(*^^*)余っていた木の芽をアクセントに♪
右:毎年、父の友人から『山椒の炊いたん』をいただいてます(*^^*)山で収穫した山椒を
  丁寧に掃除してからじっくりと炊いたそれはいつも絶妙~~~!!
  ボス夫さんのアマゴとともに春の足音を感じられる我が家の風物詩です♡

外はまだまだ冷たい風が吹いていますが、ほんの少しずつ春の素材が食卓に上るようになってきました。
新しくレギュラー入りしそうな便利ソースも加わって、おうちごはんの幅もちょっと広がりそうです(*^^*)


                                       娘のラッキーすぎる野球観戦 

かもかもツアー その5美味しいご利益

長らく続いた閑話も休題いたしまして(^^;・・・下鴨神社最後のレポートです☆

下鴨神社にもたくさんの摂社末社がございます。前出の河合神社や相生神社もそうですが
その多くが重文指定されています。
kako-dXU9nUIvj9SQR6jv_20140304202304498.png
左上:『連理の賢木』(記事はコチラ)で有名なのが相生社。真っ赤な鳥居が印象的です。
    縁結びの神さまとして知られ、源氏物語の賢木の段にちなんだおみくじもあります(^^)
右上:三井神社は大変由緒ある神社で『風土記』の記中ですでにその名が見られます。
    本殿をはじめ拝殿や棟門も重文指定されています。
左下:『細殿御所』と呼ばれるこちらの建物は、歴代天皇の行幸や法皇、上皇の御幸の際に安在所として
     使われていました。向拝のついた流れ造りで、東側には『桔梗の庭』が作られています。重文指定。
右下:出雲井於(いずもいのへ)神社、通称『比良木(ひらき)社』です。この呼び名の由来は、
    社の周辺にどんな木を植えても葉の周囲がぎざぎざと柊(ひいらぎ)のように尖ってしまうことからだとか。
    こちらも重文指定。開運厄除のご利益があります。

さて、無事にお参りをすませたところでそろそろ小腹が空いてまいりました(笑)
南口鳥居を少し戻ったところにお茶屋さんを発見☆さっそく失礼いたしま~す。
kako-scitVwTWtg5zNGi2.png
のれんにも神猿が描かれている『さるや宝泉』さんです。
明治時代に姿を消してしまった葵祭の祭菓子「申餅」の復元がなされたお店だとか。
申餅は、京都の名物や土産を紹介した江戸時代の文献「出来斎京土産」に描かれていて
身体を清め、無事息災を願う御餅として、葵祭の日に食べる習わしとなっていました。
kako-xxXdfyu9vTBp3rIl.png
宮司に口伝される製法に従い、小豆のゆで汁で餅をつき丹波産小豆を包んだ“はねず色”が特徴の
可愛らしいお団子です(^^)わたくしは豆豆茶とのセットをいただきました♪
kako-LLQyjvODKXn9K5QU_20140304211027212.png
お団子は小豆の優しい香りが口の中に広がる素朴なお味です(*^^*)丹波産小豆はみっしりとした歯ごたえで
煮崩れも全くない美しい粒餡が美味~♡
豆豆茶はすなわち黒豆茶のことで炒った黒豆を煮出したまるで赤ワインのような色合いのお茶☆
5分ほどそのまま置いてしっかりと旨みが溶け出してからいただきます♪
kako-CuJ5xDkTQMFFH1TL_2014030420232261d.png

煮出した後の黒豆はお皿にとってお茶請けとしていただくことができます。濃厚な節分豆といった感じ♡
kako-1fZRxljB6Au65TO3_201403042023123cb.png
ボス夫さんが注文したのは『良縁ぜんざい』・・・前出の『連理の賢木』がある相生社に奉納された小豆の
おさがりで作られたというこちらのぜんざいには縁起良く紅白の焼餅があしらわれています。
相生社にちなんだ可愛らしいおまけつき(*^^*)↓
kako-iPQbNxHM6iLkpS5R_2014030421300528b.png
『えんむすびの鈴』だそうです♡ 家で待つ娘へのお土産にしましょう!

駐車場までの帰り道はのんびりと糺の森を散策しつつ・・・・・
kako-aMfZuOOnrRNUhZc4_2014030420231716c.png
傾き始めた日の光に照らされる緑がとても美しく、その間を流れるせせらぎに耳を傾ければ
心の奥まで清められるような、なんともすがすがしい心持ちになります(*^^*)

京都でも有数の古い歴史をもつ賀茂氏の氏神を祀る上賀茂神社と下鴨神社・・・
そのどちらも深い緑と清い水の流れに包まれた美しい社です。
思いもよらぬショッピングや美味しいおさがりも存分に楽しめて、充実した一日でした♪
kako-0VzXvlRdB4WzrAeV_20140304202307080.png


・・・・・・・・・・・・あ、加茂みたらし団子食べ忘れたorz

フライングひなまつり

今日は桃の節句~雛祭りですね(*^^*)
我が家にも妙齢の女子と、カテゴリの隅っこに元女子がおりますので(笑)女の子のお祭りは欠かせません♪
今年は頑張って2月の下旬から雛人形も飾りましたよ☆
kako-2rekzvXIvzi0hmok_20140303023343d21.png
娘が誕生した年におじいちゃまから買っていただいたせっかくのお雛さまなのに、娘いわく

  『なんかじっと見られてるみたいでコワい。部屋にあったら寝られへん』

などと申しまして(^^;しばらくは行き場がないままだったんですが、去年から玄関に飾ることにしました。
冷え冷えとした場所で大変申し訳ないのですがずっと暗い押入れの奥に閉じ込めておくよりはマシかと(苦笑)
なんとなく冷遇されがちな我が家のお雛さま、どうぞ娘が幸せな結婚をできますようお護り下さいませ♡
できれば玉の輿なんぞに乗せていただけるとなお良し☆

・・・・・ってちょっとムシが良すぎかしらん?(笑)

kako-wwAMtnJcOb7jztPy_201403030234101bd.png
『ママの顔の方がよっぽど恐いのになぁ』byボス夫さん 
な、なんだとう?!(#`皿´)=3・・・・・・・・あ、ホンマや(笑)

さあて、きょうの晩ごはんは毎年恒例の『桃の節句メニュー』を・・・といいたいところだったのですが
あいにく主賓(?)である娘はバイトで不在とのこと(^^;;
そこで、家族3人が揃って食卓を囲んだきのうの晩ごはんに前倒しでひな祭りしちゃいました♪♪♪
kako-Cx1wViBjTZz0ptZs.png
~桃の節句メニュー~
ちらし寿司
雛いなり
菜の花の柚子酢味噌和え
里芋と烏賊の煮転がし
ハマグリのお吸い物

以前から一度作ってみたいと思っていた稲荷寿司☆・・・子供の頃はあまり好きじゃなくて
ほとんど食べたことがなかったので、かなり我流ですが(笑)蕪の葉とイクラを上に乗せて男雛女雛
見立ててみました(*^^*)
kako-FHYJ1dU03l3cpXfR.png
菜の花は茹でこぼしてから水気を切って茅乃舎さんの柚子酢味噌を和えてあります♪

kako-CrgBbwWhAGGyRQX8.png
里芋と烏賊を甘辛く煮転がしたのですが、どうも烏賊を加えるのが早すぎたようでまるでスルメのよう
固くなっちゃいました(^^;香りづけと彩りに木の芽を乗せていただきます。
ハマグリのお吸い物には、久しぶりに生ワカメを合わせてみました(普段は乾物を使うことが多いんです)。
貝とともに潮の香りと風味が濃く出てイイ感じの仕上がりに~\(^▽^)/

我が家では年に一度、ひな祭りの日だけちらし寿司を作るのが恒例なんです☆☆☆
kako-aIarZFShCanZTPbh.png
今年は稲荷寿司もあるので少しご飯の量を控えめに(^^)普段は上に乗せる錦糸卵をお皿に敷いてから
甘辛に煮つけたツナ入りの寿司飯、ハマチ、サーモン、ホタテ、マグロのお刺身と絹さや、飾りニンジンを乗せ
白ごまを散らしています。アウトレットで買ったfrancfrancのお皿がさっそく活躍してくれました~♡

肝心のお雛さまを寒い玄関に差し置いて暖かい部屋で節句ごはんをいただきながら言うのもアレですが

 娘にはこれから花もほころぶ明るい春の訪れを
 わたくしには少しでも散り際の遅からんことを(笑)


どうぞよろしくお願いいたします(*^人^*)

女同士のショッピングドライブ♪

本日2投目です(笑)どんどん消化していきましょう!

今日は娘とふたりでアウトレットに行ってまいりました\(^▽^)/
1~2月と仕事を頑張った甲斐あってわたくしも娘も月末の実入りが思ったより多かったもので(笑)
お互いに完全自腹のお約束で、お隣の滋賀県は竜王にある三井アウトレットパーク滋賀竜王へと
車を走らせることになりました=3=3=3

ボス夫さんいわく『オレ、行かんでもええか?』とのことでしたので(笑)娘と二人だけで名神高速に乗って
およそ1時間半ほどの長距離ドライブです・・・ちょっとドキドキしちゃうなぁ(*^^*)

とにかく休日には行列ができるほどの人気スポットですし、娘の情報によると人気の高いショップでは
午後になるとソールドアウトになることも多々あるそうなので、出発は午前8時30分!!
お互いに化粧とオシャレだけはバッチリ☆朝ごはんはコンビニで(笑)と気合たっぷりでいざ出陣です♪

予報でお天気はやや崩れがちながら気温は高いと聞いていたのですが、竜王に到着する頃になっても
めっちゃさーむーいーーーーっ(≧0≦)
しかも思ったよりも高速が空いていたので開店の30分も前に高速を降りちゃいました。

 娘 『なんかめっちゃ張り切ってる人たちみたいでイヤや(笑)』

なんて言っても周囲には何にもありませんし、高速を降りたらアウトレットまではほぼ一直線で5分もかからず。
めっちゃ張り切ってる人のレッテルを覚悟しながら、一番近い駐車場に向かってハンドルを切ると

 すでに8割方埋まりつつあるし(驚)

いや~右も左も張り切ってる人だらけですやん(笑)ホント、すごい人気なんですね~!!

ここからは娘と二人、買い物に集中しまくりましたので写真すらありません(^^;;;
kako-5BkT6VSADDufwHjH.png
(アウトレットモール図鑑さまより画像をお借りしています。転載不可)
この三井アウトレットパーク滋賀竜王は、去年の7月にリニューアルされて出店数も167店舗から237店舗に
大幅スケールアップ、関西初出店のお店も多数ある近畿最大級のアウトレットモールなのだそうです。
オープンテラスを囲むように建てられた開放感あふれる建物だけあって・・・・・・
だからめっちゃさーむーいーーーーってば!!
店内でお買い物をしてる間はまだいいのですが、一歩店の外に出ると身を切るような寒さ(--;;;

あまりに寒いので娘もわたくしもフードコートで選んだお昼のメニューは・・・
kako-FcljTwkSwVWlLHHr.png
わたくし:モード和食笹・元祖黒カレー家本舗『竜王限定春野菜の黒カレー』
  娘: 韓国料理 bibim'『スンドゥブセット』

・・・どちらもとりあえず辛さで体温を上げる作戦(笑)

ちなみにわたくし、ほとんどのカレー(ココイチの激辛は除く)はあまり辛いと感じない方なんですけれど
この黒カレーはめっちゃ辛かったです!!ただ、コクと辛みはかなり強いですが脂っぽさはないので
最後までとても美味しくいただけます(*^^*)娘のスンドゥブも相当辛かったのですが、こちらもキムチの旨みが
よく出ていて良いお味でした♡

お腹もいっぱいになったのでいざ後半戦へ!元気を取り戻して足取り軽く外へ出てみましたら・・・

 口周りだけ熱くて身体はやっぱり寒いし(苦笑)

教訓・・・3月の滋賀県をナメたらアカン!

そんなこんなでわたくしたちの戦利品です(*^^*)
kako-ULbVdN1WTePZZb58.png
娘(右)の一番お気に入りはは何と言ってもピンクベージュのヒールスニーカー♡♡♡
こちらはINGNIで購入しました。すっごく可愛くてしかもスニーカーだから歩きやすいんです!(by娘)
CECIL McBEEで買ったチェックのセットアップもお嬢さんっぽくって超ステキ(≧▽≦)
春からの通学が楽しくなりそうなラインナップですね☆

わたくしの一番の戦利品がこちら!
kako-AMquvUVVXUXiCFLZ.png
PAGEBOYで見つけたライダースジャケット♡
ずっと欲しいと思っていたライダースなんですけれど本革ってお値段も高いし扱いも難しいし何より重い!
このジャケットはそういうお悩みを全て解決の合皮製(笑)軽くてしなやかでドライクリーニングOK!
そして何よりも安い(笑) なんと税込で5000円以下で買えました!!
それでいて質感はかなり本物に近くて光沢が安っぽくないところも高ポイントです☆

kako-305tbR2K9Ly33WvY.png
ちょっと若ぶりすぎかしら~と思いつつも、かなりお気に入りの2点(*^^*)
左はmoussyの長袖Tシャツ。リップイラストがちょっと尖がっていてロックな感じwww
   逆にトラッドなボックススカートやシンプルな黒ジャケットに合わせてみたいですね♪
右はCECIL McBEEのミニタイト・・・デニムに見えますが最近流行のデニムスェットなので
   軽くて柔らかくて細身ながらすごくラクなんです♡真夏でも暑苦しくないのでオールシーズン活躍しそう!

普段はちょっと割高であまり手が出ないブランドなんですが・・・
kako-1EqOic86AqIyRIkq.png
BANANA REPUBLICの紺カーデは、控えめなケーブル編みと短めの袖丈で、背の低いわたくしでも
コンパクトにまとまりそうなところがお気に入り♪デニムやスキニーに合わせてカジュアルに着崩すのもアリですが
あえて王道のコンサバにまとめて女教師風のコーデも試してみたいですwww

アウトレットにあるのは洋服だけじゃございません☆
kako-x0r0EieJaXev0Rpm.png
FrancfrancBAZARはキュートでコスパの高いインテリア雑貨ショップ♪
特にキッチン雑貨は明るくてセンスの良い(しかもかなり安い!!)ものがたくさん揃っています。
幾何学模様の18センチ平皿は毎日の食卓を楽しくしてくれそうで、お料理のテンションもアップ↑↑

コレだけ買っても2万円以下で収まりました(^皿^V なかなかいいお買い物ができたんじゃないでしょうか♪
そして何よりも、娘とふたりまるで女友達のようにきゃあきゃあ言い合いながら思う存分ショッピングできたのが
とーっても楽しかったです☆☆☆ ボス夫さんにはちょっと悪いですが殿方がご一緒だとここまで気を遣わずに
お買い物に没頭することはできませんものね(笑)

また次のシーズンまでに頑張って軍資金を貯めたら女ふたり水入らずのショッピングデートに出かけたいな♡


                                                  ボス夫さんの戦利品

ネタ溜まってます(^^;

こんにちは☆☆☆

日々更新を心がけているんですがなぜかどんどんとネタが溜まってまいりました(^^;
やはり神社レポが冗長すぎるんだろうか・・・いや、ここは
 毎日充実してますのよ~オホホホ♪←嘘www
ってことにしておこうかしらん(笑)

ラスト一記事を残しておりますが、今日はかもかもツアーレポをちょっとお休みいたしまして
とりあえず溜まりに溜まったおうちごはんを消化していきたいと思います(*^^*)

まずは2/25火曜日のごはんから
022501.png
大根と鶏モモの塩ポトフ
きゅうりとタコのキムチ和え
三つ葉とパプリカのタラマヨサラダ
きのこと卵のケチャップ炒め

022504.png
さっと湯通しした三つ葉と、軽く湯掻いたパプリカ・もやしをタラコマヨネーズでいただきます♪
三つ葉は茹でてしまうとふにゃふにゃになってしまうので、お湯にさっとくぐらせるだけでOK☆

メインは鶏のダシがよく利いたポトフで温まりましょう!
 大根は皮を剥いたら大きく割るように乱切りにし、塩を振っておきます。鶏モモも軽く塩しておきます。
 玉ねぎは縦4等分に、ニンニクは包丁の腹で潰しておきます。
 鍋に大根を並べて隙間を埋めるように鶏肉と玉ねぎ、ニンニクを入れたら、ひたひたに水を加えて火にかけます。
 強火で煮立てて大根に火を通し、アクをすくったら弱火に落として蓋をしてコトコトと煮込みます。
 仕上げに好みで塩コショウを加えたら完成です☆

あっさりとした鶏がらスープのポトフにはもちろん茅乃舎さんの生七味がよく合います(*^^*)
022502.png

022503.png
左:お刺身用の茹で蛸は薄くスライスして、同じく薄切りにしたきゅうりとキムチに合わせてみました。
   ほんのちょっぴりレモン汁を加えてさっぱり感を出すのがポイントです☆
右:余っていたきのこは卵と一緒にオリーブオイルで炒めてケチャップをたっぷりかけてあります。
   炒める際に下味として少しだけウスターソースを回しかけるとコクと風味が増すのでおススメです。

続いて2/26水曜日・・・
022601.png
鮭のソテー レモンバターソース
紫キャベツのコールスローと茹で野菜
レンコンと赤パプリカの塩きんぴら
蕪とトマトの白味噌ベジブロススープ

022603.png
左:レンコンと赤パプリカはちりめんじゃこと一緒にオリーブオイルでざっと炒めたら
   リケンの『くせになるうま塩』というノンオイルドレッシングを回しかけただけ♪
   このリケンさんのドレッシング、ニンニクの風味が美味しくてめっちゃ使えるのでおススメですよ~(*^^*)
右:ベジブロススープに白味噌と豆乳を加えて白蕪とトマトのスープ仕立てにしてみました。
   仕上げにパセリを振ってイタリアンカラーに♡

022602.png
 鮭は水気を拭いてから塩コショウしたあと小麦粉を薄くまぶします。フライパンにオリーブオイルを熱し
 2~3分鮭を焼き付けます。裏返したら火を弱め蓋をして蒸し焼きに。ざっと火が通ったら取り出して
 オーブンシートを敷いた天板に乗せてオーブントースターで仕上げ焼きをします。その間に、鮭を焼いた
 フライパンにバターを溶かし、白ワイン・レモン汁・蜂蜜を加えて軽く煮詰めます。塩と醤油少々で味を調えたら
 お皿に盛りつけた鮭の上から回しかけて粗挽き胡椒を振ったら出来上がり☆

爽やかなレモンの酸味と甘みがパリッと焼いた鮭によく合います(*^^*)
紫キャベツのコールスローにはガーリックチップを散らして♡

2/27木曜日は久しぶりに、娘の彼氏クンも一緒でした☆☆☆
022701.png
大根と牛コマ肉のオイスターソース炒め
水菜のスィートチリサラダ
ピータン
春雨とニンジンのカレースープ

なぜか、娘の彼氏クンがごはんを食べていかれる時はチャレンジメニューの日が多いんです(笑)
この日は超我流エスニック☆メニュー(^皿^V
022703.png
オイスターソースの美味しさにようやく目覚めましたwwww牛コマ肉に片栗粉をまぶすことで、とろみがついて
柔らかくまろやかな仕上がりになります。ピーマンと長ネギの青い部分も加えてみました♪

実家からピータンをもらいまして・・・今までチャイニーズレストランでもう食べるばかりの状態で
盛られたものしか見たことがなかったのですが、袋から出してみてビックリ!!!
びっしりとおがくずで覆われていてどこから手を付けていいのやら・・・
パッケージの説明を読むと『おがくずを丁寧に取り除いてから殻を剥く』とあります。
うーん・・・このおがくず自体が殻のようにカチカチに固まってるんですが(^^;

なんとかおがくずをこそぎ落として殻を剥き始めると・・・
なんという異臭~www
kako-vxE5fVrtgiEN6dMg.png
 ピータン・・・アヒルや鶏の卵を強いアルカリ性の条件で熟成させて製造する。殻の表面に塗りつけられた
        石灰などのアルカリ成分が徐々に殻の内部に浸透し、卵の成分がタンパク変性を起こして
        固化、白身部分は黒色のゼリー状に黄身部分は翡翠色になる。


お店でいただくものより、硫化水素系・・・すなわち硫黄温泉のような匂いが強いように思います(^^;
あとで調べてみると、これは黄身が硬く保存性の高い硬心皮蛋と呼ばれるもので、一般的には
黄身が半熟状で匂いの弱い溏心皮蛋の方が好まれているのだとか。
ちなみに『スライスしてしばらく空気にさらし、匂いが減ったころに食べるとよい』のだそうです♪

彼氏クンもがんばって食べきってくれましたが(笑)さてさて、どんな感じだったんでしょうね~

022704.png
左:ざく切りにした水菜をスィートチリソースに和えてフライドガーリックを散らしています。
   チリソースには少し豆板醤を混ぜたので、辛さに弱いボス夫さんと娘にはちょっと刺激的すぎたかな?
右:ベジブロススープベースに、先日上賀茂神社の手づくり市で購入したZestFoodsさんのカレースパイスを
   合わせてみました♡ベジブロススープの甘さとカレースパイスの辛みがちょうどマッチして美味~♡
   カレーライスだけじゃなくいろいろな料理に使えそう☆って予感がバッチリ当たりました\(^▽^)/

2/28金曜日はヨガ友さんと飲み会だったので、ボス夫さんと娘のふたりごはんでした(^人^;;
022801.png
白菜とジャガイモのシチュー煮
グリーンリーフのツナクリームサラダ
玉ネギの焦がしソテー

022803.png
左:時間があまりなかったのでちょっと手抜きのサラダです(笑)グリーンリーフはパックから出して水洗いするだけ。
  ツナ缶とクリームドレッシングをよく混ぜ合わせてスライスしたきゅうりと一緒に和えました♪

右:白菜はざく切りに、ジャガイモは大きく2~3等分します。ベーコンも大きく切り分けたら潰したニンニクと一緒に
  オリーブオイルを熱した鍋でざっと炒めます。白菜の芯の部分とジャガイモを加えてひたひたまで水を加え
  ベジブロススープを加えたら(コンソメキューブを溶かしても可)蓋をしてコトコトと煮込んでいきます。
  ジャガイモに火が通ったらホワイトシチューの素を加え、白菜の葉も入れて再び一煮立ち。
  仕上げに粗挽き胡椒を振ったら出来上がり♪

お化粧しながらでも作れます(笑)おでかけの際にはありがたいメニューですね☆

022802.png
 オリーブオイルをひいたフライパンに、厚めの輪切りにして竹串を刺した玉ネギを並べて焼き付けます。
 軽く焦げ目がついたら塩を振って中弱火で蓋をします。片面にしっかり焦げ目がつくくらい蒸し焼きにしたら
 裏返して同じように蒸し焼きに。仕上げに醤油を落としてたっぷり粉チーズを振ったら完成です(*^^*)

しっかりと焦げ目がついた方が香りも高く甘みも増しますので、これまた放置OKのメニュー♪
あ、もちろんこまめに焦げ具合をチェックしてくださいね~(^^;

ふ~~~~っ!やっと2月の晩ごはんメモが終了しました。
今年ももう2ヶ月が済んでしまったんですね(@0@)まさに光陰矢のごとし!でございますなぁ・・・

かもかもツアー その4下鴨神社 前編

昨日やっと抱えていた仕事が一掃できました~\(T▽T)/
決算のための資料作りと通常の月末業務&給料計算がブッキングして例年忙しいんですが
今年はなぜかホントに忙しかったなぁ、でもこれで皆さまのお宅訪問&コメさせていただけると
ウキウキ☆してましたら・・・・・

 家の中がスラム(爆)

あのよく西部劇なんかで見る木の枝っぽいのが丸まってるヤツがひょろろろ~と転がってきそうな
すさんだ我が家のリビングを、今度はなんとかしなくっちゃ!!(@_@;;;

というわけで来週こそは皆さまのお宅に出没いたしますので(笑)どうぞよろしくお願いいたします♪

line1.gif

さて、いよいよ下鴨神社が見えてまいりました!
kako-cPtN37ODskv0Gu8F.png
鬱蒼とした深い緑の中でひときわ朱の明るさが目を引く南口の鳥居の足元に、山のように積まれた小石が
奉られています。これは生石(おいいし)御祓い場なる、第三十四回式年遷宮にあたり
石拾神事によって集められた生石=御石の御祓い場だそうです。

 石拾神事・・・式年遷宮の最初に執り行われるもので、平成二十七年に正遷宮となるご本殿の周囲に
            清浄な御石を、下鴨神社の氏子や崇敬者が揃いの法被姿で奉献する。


この集められた御石を敷き詰めた磐座を三年間清めることで、さらに力強い生命力を乞い願います。
古くは糺の森内に神地が設けられていましたが、明治四年に政府に接収されたため南口鳥居前に移動したのだとか。
気をつけて見てみると、鳥居の周辺にいくつもの磐座が作られていました。これが全て奉献された石なんですね~!

鳥居をくぐると見えてくるのが縁結びのご神木♡
kako-ILaXa1VZK2DR4BmO.png
京の七不思議のひとつに数えられる連理の賢木(れんりのさかき)でございます。
下鴨神社の摂社である『相生社』の御神威によって二本の木が一本に結ばれたと言い伝えられており
縁結びや安産子育、家内安全などの御利益があるのだそうです。ちなみにこのご神木は四代目!
代々を次いで糺の森の神域に生まれるのだとか。なんとも不思議なことですね~(@0@)

kako-m0BqvA5olbntnPpv.png
こちらは『君が代』の歌詞の中に歌われるさざれ石・・・といってもこの石だけを指す言葉ではないんです。
さざれ石というのは『小さな石』という意味ですが、長い年月をかけて小石の欠片の隙間を炭酸カルシウムや
水酸化鉄が埋めることによって、1つの大きな岩の塊に変化したものを指します。
これがつまり♪『さざれ石の 巌となりて』♪という現象なんですね(^^)
このさざれ石、実は日本全国に点在しており長野県では天然記念物に指定されています。
京都でも他に北野天満宮や勧修寺などが有名で、護王神社のそれは『日本一』の冠がつくだけあって
幅3M高さ2Mからなる大きな岩だとか。
下鴨神社のさざれ石はそこまで大きくはありませんが、丸く整った形がとても美しい石です♡

さあ、いよいよ楼門が見えてまいりました!!
kako-97ACnodCn6urgPNj.png
重文指定にふさわしい堂々とした威風と朱の鮮やかさに目を奪われます☆

楼門から正面にまっすぐ向かうと本殿へ通じる中門が設けられています。こちらも重文指定。
kako-mTiQCV4N52P8OooS.png
中門と本殿の間にあるのが言社(ことしゃ)と呼ばれるもので七つのお社が並んでいて
それぞれ十二支を護る神さまをお祀りしているのだそうです。
ちなみに、娘の干支は・・・しっかりと守護をお願いしておきましょう(*^^*)

・・・そして本殿の写真を撮り忘れるワナOh!Mygod!!

かろうじて細部だけ(笑)
kako-CXOajYTLADiKgAJ1.png

上賀茂神社と同じく下鴨神社にもまた清らかな曲水が流れています。
kako-osRI8i9NSQzFyj3k.png
池の上に建つのは井上社、別名を御手洗社といい、災難厄除のご利益があります。
御手洗池では夏の土用の丑に行われる「足つけ神事」が行われ、また葵祭の斎王代が池の水で手を清める
「斎王代禊の儀(さいおうだいみそぎのぎ)」の舞台でもあります。

その清らかで涼やかな流れの傍らでは、小さな春の息吹が・・・・・♡
kako-svMq6qxaR9djIwQL.png
紅梅の蕾が綻び始めていました(*^^*)


・・・・・・・・駆け足レポが続きますが次回、千秋楽でございます(笑)


                                                   チロリスト・レポートwww
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。