スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボールはともだち!!

こんばんは☆ 今日は朝から雨降りの一日でした。夜になってからはむしろ雨脚が強まって
もうすぐ日付も変わろうとしている今ではかなりの土砂降りの様子(><)
明日からは少しずつ回復に向かうとのことですが、どうぞ山間部や河川部にお住いの皆さまは
土砂災害などにはご注意くださいませ(--)

今日はリビング中の引き出しという引き出しをひっくり返しまして、人生初の断捨利してみました!
あちこちから何につなげるのかよくわからないコードが大量に出現!
ほぼ引き出し2つ分ほどを占拠していた電気コードとその部品(っぽい)を前に、わたくしが

「なんで、何に使うかわからんのにこんな溜め込んでんのやろ?」

と思わずつぶやいたところ、傍らに居たボス夫さんから

「何に使うかわからんから残しといたんやろ~」との返答が・・・なるほど!!(^^;

他にも娘が幼稚園の頃(たぶん)にわたくし宛にくれた

『こんにちはおげんきですかあしたいけるといいですねとてもがまんした』

という前後の状況が全く謎の手紙だの、ティッシュペーパーに包まれた(たぶん娘の乳歯)だの
どうにも処分に困る品々も続々と発掘されます(^^;

自分自身ではわりとなんでも潔く捨てている方だと思っていたんですけれど、こうして改めて断捨利の精神で
仕分けてみると「なんでこんなものが?」というものもたくさん溜め込んでいるものなんですね~。
何に使うかわからないコードや昔の携帯の取り扱い説明書、いつか直そうと思ってたちぎれたネックレスに
期限の切れた薬まで・・・どんどん処分した結果、半分近い引き出しが空っぽになりました\(^▽^)/

それからテレビの裏で埃まみれになっていたコード(こちらはもちろん使用中ww)をひとつひとつ確認して
要らない機器に繋がってた分を外して整理、テレビの位置も移動してプチ模様替えをいたしました♪
ちょっと向きが変わっただけなんですけど、休日登校していた娘が「なんか違う部屋みたい~」と
戸惑ったほど、なんだか目新しい気分です(*^^*)

そのときは気が付かなかったんですけど、作業が終わった夕方頃から左手首からひじにかけて
打ち身でもしたようにズキズキし始めまして・・・(><)
ボス夫さんの話によると、相当がさつに行動していたらしくて、あちこちぶつけてたみたいです(^^;;;

・・・・・・・・マジか全然自覚ないんやけど(笑)

とりあえず湿布を貼っておきますトホホ

line17.gif

と相変わらず前置きが長いですが(^^;
母の鍼灸院からの帰り道ふらり立ち寄り社寺レポ第2弾『白峯神宮』編をお送りいたします。
kako-IhvzCcr9WnQPwNY3.png
白峯神宮は幕末の頃(1868年)、父宮である孝徳天皇の遺志を継いだ明治天皇の御手により建立された
崇徳天皇をお祀りする社です。
その社地は、蹴鞠(けまり)の宗家であった飛鳥井家の屋敷の跡地であることから、現在ではサッカーをはじめ
球技全般およびスポーツの守護神として篤い信仰を集めています。

kako-exxmQy4Csjl2i9f9.png
細やかな細工が美しい御門をくぐると真正面に拝殿が見えてまいります。
kako-LEJW5pJBA8UmtGQZ.png
平安宮内裏に則った『右近の橘 左近の桜』は比較的よく目にする様式ですが、こちらの桜はとくに
『撫子桜』と呼ばれています。「なでしこ」といえば・・・
そう!女子サッカー日本代表チームの代名詞ともいえる愛称『なでしこジャパン』を思い出しますね。
とくにお互いに由来があるわけではなく本当に偶然なのだとか(@0@)
わたくしが参拝させていただいたときにはすでに散りかけていましたが、そのたおやかな中にも芯のある風情は
まさに「なでしこ」の名にふさわしい美しさでした☆

kako-04ZZSFDFsX2hGRQS.png
拝殿の細工には16弁の菊の花が。これは天皇家の御紋であり、その格式の高さがうかがえます。

この白峯神宮の建つ地は元々、蹴鞠の師範を家業とした飛鳥井家の屋敷跡であったことから
毎年4月14日と7月7日に蹴鞠神事の奉納が行われるそうです。
kako-r7aUoT4TOxzQBVGD.png
当日は優雅な平安貴族の衣装に身を包んだ蹴鞠保存会の方々が、飛鳥井流の見事な足さばきを
ご披露なさるのだとか(^^)

蹴鞠・・・すなわち現代では球技全般に通じるということで、スポーツの守護神として技術向上と勝利を
願う摂社地主社には、飛鳥井流の邸内社であった精大明神が祀られています。
kako-eXjwaNfsRWXzikvS.png
本殿の奥にはさまざまな競技のボールが奉納されていました!

kako-AKYDLL94qghrLRbB.png
『蹴鞠の碑』・・・中央やや右寄りにある『縁起の石碑』を一回しして球運を授かるのだとか。

他にも2社の摂社があります。
kako-Yx8jDRm9yX1yh2ul.png
武道の神としてお祀りされている伴緒(とものお)は、保元の乱で崇徳天皇に付き従い
天下無双の弓の名手と言われたその腕で奮闘したとされる源為義・源為朝親子を祀り
武道・弓道上達の神として信仰されています。
伴緒社を守っている駒さんは全体に丸みを帯びた愛らしいフォルムが印象的で控えめなコでした(*^^*)

kako-xL7gDe8rlzv9L2F4.png
こちらの潜龍(せんりゅう)では白峯龍王命・紅峯姫王命・紫峯大龍王命をお祀りしていますが
この神は、昭和30年に本殿にて御火焚祭の斎行中、炎の中に出現した(!)三柱の龍神だそうです。
脇にある潜龍井の水を飲むと、諸々の悪縁を断ち災難除・病気平癒などに霊験があるのだとか。

崇徳天皇の御霊をお祀りしている御廟の横をぐるりと回り込むと本殿の前に出てきました。
kako-K9JPCIA5zqibxhmB.png
多くの絵馬や必勝祈願の千羽鶴のほかにも・・・
kako-BJp0QVBp5MneohN1.png
本当にさまざまな球技のボールに勝利の一年を込めて奉納されているんですね~!!
こちらではプロのスポーツ選手も多く足を運ばれていると聞いて、さっそく奉納されている色紙をチェック☆
kako-dqh28JaXRkVxn8gX.png
男子バレーボール日本代表の福澤選手を発見!!去年のお正月にいらしたようですね(*^^*)
そしてあの「キャプテン翼」の作者である高橋陽一先生の色紙も!こちらはなんと今年のお正月のようです。

おおっとっ!!!見つけましたよビッグネーム☆☆☆
kako-2J4nzTNAKMQIe53v.png
本田圭佑選手☆
こちらは2年前、まだVVVフェンローに在籍してらした頃のものでしょうか?

・・・なーんて物知り顔に言ってますが、実は全くサッカーのことはわかりません(笑)
本田選手は『ユニフォームを着てらっしゃれば顔はわかるたぶん』レベル(^^;;;

本田選手も奉納なさった白峯神宮の絵馬はやっぱりサッカーにちなんでます♪
kako-OZhlzpEiLyOH0uzF.png
よくよく見ると鞠水干の背中に背番号が・・・(笑)

その他にも、百人一首で知られる崇徳天皇の和歌を詠んだロマンチックな絵馬も。
こちらは恋愛成就にご利益がありそうな(*^^*)
kako-VMll6XeYjLEKYR6Z.png

kako-TCQzBBWFCAR8pSfW.png
社殿の前に堂々と建つ狛犬はなんとも愛嬌あふれる可愛らしいお顔です♪太くがっしりとした足は
まさにスポーツの神さまにふさわしく、頼もしさを感じさせます。

最後に白峯神宮に植えられた名木の松をご紹介いたしましょう。
kako-SKsxMNawNrqCW73w.png
こちらはかの昭和天皇が御手自ら植樹なさったものだそうです。
真っ青な空に向かって迷いなく伸びている姿に感銘を受けますね(*^人^*)

kako-dpALddpsUPKvfv9l.png
家内安全と夫婦和合のご利益がある三葉の松
松は普通二葉か五葉ですが三葉の松はとても珍しく、その三葉が仏具の三鈷に似ているところから
『三鈷の松』とも呼ばれています。三葉は父と母と子が仲睦まじく暮らす様子に例えられ家庭円満を現す他に
松葉が黄金色になって落葉することから、その松葉を身につけると金運のご利益があるとも言われています。

街中にあるこじんまりとした神社ながら、あれこれと見どころの多い面白い神宮でした♪
将来はプロのスポーツ選手を目指すみなさま、ぜひ一度、足をお運びになってくださいませ(^▽^)/

スポンサーサイト

作ったり作らなかったり

GW初日となった本日は、夏も顔負けの青空と陽気に恵まれました(^^)
ボス夫さんはゴルフ、娘はデート。わたくしは当初の予定通り断捨利・・・・・の予定でしたが
あんまりにもお天気が良すぎて、なんだか一人だけ家に居るのももったいないなぁ、と(笑)

そんなわけで大幅に予定を変更いたしましてww『おひとりさまそぞろ歩きツアー』敢行!
その模様はただいま鋭意編集中でございますので、おいおいご報告させていただきます(*^^*)

ちょっぴりチラ見せ(笑)
kako-VHPfHykzRhn1tEzt.png
・・・乞うご期待☆

2台の新しいPCと母のタブレットとの格闘がまだまだ続いていて、なにかとあれこれ滞りがちな毎日ですが
そんな合間を見計らいつつ頑張っておうちごはんを作ったり・・・
kako-EopHssAK73auIVqD.png
トマトかに玉
水菜と三つ葉のサラダ 焼き揚げのせ
残り物の高菜スープ

やる気スイッチが見つからずに出来合いもので間に合わせて、おうちごはんを作らなかったり・・・
kako-vItqf4hxA8BNhJCH.png
アボカドとあれこれお刺身
なんやかんやお惣菜
ホタルイカの酢味噌和え
袋から出すだけサラダ
冷奴
なばなと玉ねぎとわかめのお味噌汁

相変わらず出来合いの方が豪華な我が家の食卓(^^;

かに玉はちょっと目先を変えて、甘酢あんにざく切りトマトを加えてみました♪
kako-jTxdWCB2VLaWFniV.png
どうしてもきれいな円形にならないので、オムレツみたいにも見えますけど味はしっかり中華です(笑)
中身は長ネギとカニかまと非常にコストパフォーマンスに優れた仕様となっております(^皿^)
kako-QOrUOv29t47z1QYi.png

サラダはここしばらくマイブームの水菜&三つ葉♪でも実は娘、三つ葉が苦手なんです!
『そろそろ三つ葉は勘弁して』って言われちゃいました(^^;
ぱぴちゃんのねーねさま直伝のトーストお揚げさんは大好評なんだけどなぁ。
kako-rRufMGdbkw5BtjV7.png
先日作った大根の皮とおかかひじきのきんぴらが余っていたので、これまた余り物の高菜漬けを
軽く水にさらして塩抜きしたものを合わせて鶏がらスープに合わせて中華風のスープにしてみました☆
アイディアは良かったんですけどメインがかに玉だったのですごく汁っぽい食卓に(笑)

スーパーで買ったお惣菜あれこれ♪
kako-THFbT4f8nIHC61cf.png
最奥から時計回りに・・・茄子の生姜煮・春キャベツの浅漬け・柚子なます・白和え・根菜と枝豆のサラダ
近頃のスーパーで売られている出来合いにもお野菜のメニューがずいぶん増えてきましたねー!!
ついつい買いすぎてしまうのは、心のどこかに罪悪感があるから?!(笑)

おまけ・・・・・彼氏クンと神戸のアウトレットモールに買い物へ出かけた娘からお土産(*^▽^*)
kako-0b1xX4hKdUviHDwq.png
リアルアンパンマンファミリーww

神戸にあるアンパンマンこどもミュージアムにて販売されているそうです☆
メープルマーガリン味の食パンマンと名前通りカレーパンマン、そしてチョコの瞳が愛らしい
メロンパンナちゃんと食べやすい種類をチョイスしてきてくれました♪♪♪

店頭には他にもこんなラインナップが並んでいるそうです!!
kako-SMQtNhMDpVF9msny.png
ちょっと行ってみたくなってきたぞ~(*^^*)

これからお天気は下り坂だとか・・・・明日こそ断捨利がんばろう!!(笑)

本満寺探訪

いよいよGWですね☆
どーんと豪勢にご旅行などなさる方、久しぶりの帰省で親孝行にいそしまれる方、
おうちでのんびり疲れを癒される方、全然変わらず仕事や学校や部活に明け暮れる方・・・
どうぞみなさま、それぞれに良い週末となることをお祈りしています(*^人^*)

ちなみにわたくしは、断捨利&大掃除を敢行しすっきりとした空間へと我が家を生まれ変わらせる

・・・・・予定です(笑) 

さて、もうかれこれ二週間も前の話になりますが(って自分で言ってビックリ!時の流れが速すぎて・・・)
腰痛に悩む母を鍼灸院へ送っていった帰り道に見かけたお寺へと寄り道してまいりました☆
kako-ImSJpuF3yfLrg1uX.png
京都にはいわゆる観光寺と呼ばれ常時公開されているお寺以外に、原則非公開の所も少なくはありません。
母を送っていくたびに前を通っていた『本満寺』さんも、もしかしてそういった非公開のお寺かもしれないと
おっかなびっくりご訪問させていただきました(^^; 後日調べてみたところ・・・・・

 本満寺は日蓮宗京都16本山のひとつで、ご利益巡りである『洛陽十二支妙見巡り』のに当たり
 『出町の妙見さま』として親しまれている。室町時代に本圀寺から分立し、以降たびたび
 焼失の憂き目に遭っているがその都度再建され、現在の本堂は昭和2年に再建されたものである。

 1867年には新選組隊士のひとり田中寅蔵が、御陵衛士への隊替えを画策したものの拒否され
 当寺に潜伏していたが、捕縛され西本願寺で切腹となった。
 

ふむふむ、なんとあの新選組とも由縁のあるお寺だったんですね~(@0@)
ちなみにわたくしが出かけた一週間ほど前に、地元ローカル局の夕方ニュース番組でも紹介されたそうです!
おお!!意外と有名なお寺だったんですね~☆
kako-fJUiT415OnMUMBec.png
総門です。『西山門』と呼ばれており、くっきりとした雲海の木鼻が目を引きます。
kako-JdvT8uF6jXv4SzeE.png
降り鬼は尾を振り立てた獅子でしょうか。小振りで可愛らしいさまながらしっかりと境内を守っている様子が
とてもいじらしいですね(^^)

総門の手前にあるのが妙見宮です。
kako-cRFWYxq6casyOQn6.png
干支妙見のひとつで丑にあたります。干支妙見は京都の中心である御所・紫宸殿を中心とし
十二支の方角に祀られた妙見宮のことです。つまり、この本満寺にある妙見さまは御所から見て
丑の方角すなわち北北東にあたるというわけですね☆
江戸時代よりそれぞれの妙見宮をめぐり開運、厄除けを祈願する『洛陽十二支妙見めぐり』
盛んに行われていたそうです。来年のお正月はこの妙見めぐりに挑戦してみようかな~♪

鐘楼がありました♪
kako-LPUWwo3YSveWTDGf.png
鐘楼の屋根にも凝った鬼瓦と蓮の花の細工があしらわれています。
kako-ttVGl4YxAAqLEaM2.png

kako-JClvpYziJXNbtnpq.png
七面大明神・・・第14世日遠上人が七面山(現在の山梨県・身延山)にて千日修行の結果
          感得したとされる七面大明神(七面天女」)がお祀りされています。
ソメイヨシノの時期は早や終盤に差し掛かっていましたが、八重桜はこれからが満開の頃を迎えます♪
七面大明神の前にも見事な花をつけた八重桜が!
kako-SzL2JiAf5oMQLU7m.png
大ぶりの花びらが重なったその姿はまるで牡丹のようにも見えます(*^^*)

さあ、いよいよ本堂が見えてまいりました~
kako-QrjUQAZsL3cXR3XC.png
昭和2年に再建された本堂。13間4面のシンプルな造りですが、よく見るとなかなか興味深いものが・・・
kako-0BIeT9Fdlq05TjQS.png
左上:「廣布山」と書かれた扁額は、日蓮上人のお手を写したものだそうです。
右上:こちらの降り鬼は見事な逆立ちを披露している(笑)獅子です。
kako-LjcIbuHAvjbVk18y.png
いかがでしょうか、この雄姿!(^^)甍の海で波乗りに興じているようにも見えますwww

左下:保護網に囲まれて大切にされている象の木鼻。ぴったりサイズの金網はコレ特注かしらん?
右下:参拝させていただいた時もお寺の関係者らしき方が庭をお掃除されていました。
    若い色の苔の上に桜の花びらが散り敷かれていてとても綺麗です(*^^*)

後で調べたところ、墓所には戦国武将の山中幸盛のお墓もあったそうなのですが、この時はわからず
一般の方のお墓も多くありましたので入苑は遠慮させていただきました。
その代り、入口近くにあった見事なシダレザクラはばっちりカメラに収めさせていただきましたよ(^▽^)
kako-Ho4aSGIzhynXGCN1.png
石碑を覆うように枝を伸ばしている花はちょうど満開を迎えていました☆
kako-L1uwb6KqC8uoxmFe.png

この本満寺にはもう一本、シダレザクラの大木がございます♪
kako-RikRlcirdEcEprU4.png
同じシダレザクラでもこちらはすっかり葉桜になってしまっていました(^^;
どうもこちらの桜が一週間前のテレビ番組で紹介されたようです。
kako-LjfeYTjfHhFlDUxj.png
見事な大木・・・きっとテレビ取材の頃にはさぞかし見ごたえがあったことでしょうね~!!

本満寺のフェイスブック情報によりますと、ただいまは牡丹の花が盛りを迎えているのだとか。
機会があればまたお邪魔してみたいですね!

そろそろ鍼灸院に行かないかしらん、お母さ~~ん(笑)
kako-LiVp9789lIx0Sgay.png

手抜きごはん

連日、初夏のような陽気と気持ちの良い青空が広がっていますね♪
桜の花もすっかり散って、代わりに若々とした新緑が眩しく感じます。
沖縄では早くも梅雨のはしりの雲が沸き立ち始めているのだとか!
今年もあっという間に一年が過ぎ去っていきそうな予感・・・(^^;

kako-CwpI5aXPaFzhiu8i.png
ヨガスタジオに向かう途中にある近所の公園で、藤が見事に咲いているのを見つけました♡♡♡

line6.gif
さて久しぶりのおうちごはんネタでございます(^^;;;
ここ数日の忙しさを言い訳に、記事に上げるのもお恥ずかしい手抜きメニュー連発で恐縮ですが
どうぞご笑納くださいませ~www

手抜きごはん その1・・・そういう時はやっぱ鍋!!
kako-TEau3lZBOqhuZlbB.png
しかも湯豆腐!!具も少なくて済みますので(笑)

kako-RXefft1RTeUUBxTc.png
副菜は筍と蕪の葉、ワカメの柚子酢味噌和えです。ベジブロススープで茹でてから茅乃舎さんの
柚子酢味噌をたっぷり回しかけただけの簡単メニュー☆
美味しい調味料があるとそれだけで調理がラクラクになりますね(^-^V

京都の湯豆腐というと、
お昆布を敷いた土鍋に角切りにした豆腐が3つ4つ・・・
とういうような、料亭の紹介写真によくある構図を思い浮かべがちですが、おうちでそれをやると
家族からブーイングが起こりそう(笑)なので、白菜や白ネギ、水菜などのハンパに残っていたお野菜と
えのきだけ、冷凍庫に眠っていた鶏ムネ肉を添えてボリュームアップを図ります。

副菜も調味料頼みでお鍋の具もハンパもの&残りものの手抜きごはんですが、せめて主役のお豆腐だけは
ちょっぴりグレードアップ☆九在屋さんの『はんなりもめん』を使ってみました!
kako-cFBu5HrGRcMU0t66.png
木綿豆腐とは思えないほどきめの細かい美しい白肌美人(♡▽♡)ふるふると震えるほどに柔らかくて儚げなのに
お鍋に入れても煮崩れしにくく、一口いただけば濃厚な大豆の甘みがいっぱいに広がります♪
昆布出汁で煮ただけですがポン酢もごく少量で充分な旨みが感じられました(^^)

kako-ZS6w4TU0CkSyhsKS.png
ちなみにこちら1丁432円也!・・・高~い!でもさすがにお値段だけのことはありましたよ!!

手抜きごはん その2・・・とにかく品数少なく洗い物少なく!!
kako-Eg7oElRx2CFoQSJY.png
押し麦入りのリゾット風カレースープとベビーリーフのサラダ

kako-BSilvPFQi5JqNEUj.png
パックから出して水洗いするだけで食べられるベビーリーフは『何もしたくないとき』のありがた~い味方☆
刻んだトマトを乗せてちょっぴり見映えを良くしてみました(笑)

以前、上賀茂さんの手作り市で購入した本格カレースパイス、役に立ってます♪♪
kako-kNvBCWROAlZJr0lX.png
 チキンブイヨンのスープに、賽の目に刻んだニンジン、タマネギ、キャベツとベーコン、押し麦を入れて
 火にかけます。蓋をしてしばらくコトコトと煮込み、汁気が半分くらいに減ってきたら
 ブイヨンスープをお玉に少し取り分け、 カレースパイスをよく溶いてから鍋に戻します。
 少量のめんつゆで味を調えてお皿に盛ったら完成☆

押し麦が入っているのでスープだけれど食べごたえはあります☆
カレー味があまり得意ではないボス夫さん用にいちおう白ご飯も出したのですが、

 『・・・リゾットをおかずにご飯て!!(苦笑)』

とツッコまれちゃいました(笑)
この日はホント全然キッチンに立つ気がしなかったので、究極に手軽なメニューとなりましたが
意外にもこのカレースープ、ボス夫さんにも娘にも評判が良かったです・・・逆転ホームラン~ッ(^皿^v

ようやくまともに作ったきのうの晩ごはん
kako-mf1zhTbLNrQZAaGB.png
鶏モモの照り焼き
余り野菜のきんぴら
白菜と出汁がら昆布の炊いたん
なばなのゴマ和え
自家製おかかふりかけと大根の塩もみ

・・・・・献立の8割が残りもの一掃メニュー(笑)
kako-L93bJ3ZnCqTgIDQc.png
左上:週末にかつお出汁を取った際に出た大量の出汁ガラかつお節の半分とひじきをめんつゆで炒り煮して
   いざというときの非常食にしていたのが役に立ちました!大根の皮とお弁当の残りのちくわを細切りにして
   「かつおひじき」と一緒にきんぴら仕立てに♪余ったなばなの切れ端も入ってます(^^)
右上:出汁がら昆布は細く切って白菜の芯葉といっしょにあっさりと炊きます。
   放っておいても勝手にできあがる一皿(笑)
左下:『なばな』と『菜の花』の違いがいまいちわかりません。見た目はちょっと違うっぽいんですけど
   どちらも食用菜の花・・・ですよね~??
   摺りごまに白味噌を混ぜて和えてあります。みなさまから教えていただいた『水っぽくならない裏技』
   ここでも存分に有効活用されてまーす(^人^)
右下:薄切りにした大根に自家製おかかふりかけ(これも出汁ガラかつお節で作りました!)を振りかけたら
   軽く塩してジップ袋に入れて揉み揉みするだけ♪

メインは娘とボス夫さんの大好物を☆・・・ずっと手抜きだったのでちょっと罪ほろぼし気分で(笑)
kako-DQpRcQEw7qRYfgla.png
 鶏モモは身の厚い部分を削いで開き塩とお酒を振って10分ほど置きます。ごま油をひいたフライパンに
 皮を下にして並べ、押しつけるようにしながら中火で焼きつけます。鶏の脂が出てきたら
 縦半分に切って種を除いた万願寺唐辛子を肉の隙間に並べ、鶏の皮に焼き目が付くまでじっくりと焼きます。
 一度、万願寺唐辛子は取り出し、お酒とヨシダソース(なければみりんとおしょうゆ)とめんつゆを合わせた
 甘ダレを回しかけて蓋をし、時々タレを肉の表面にかけながら弱火でじっくりと火を通します。
 火を止めてしばらくおいてから切り分けた鶏肉と、万願寺唐辛子をお皿に盛ったら、フライパンに残った
 甘ダレを少し煮詰めてから、鶏肉にかけて完成です(^^)

罪ほろぼしなのでいつもよりていねいに作っております(笑)残った分は翌日火を入れ直してお弁当のおかずに♪

明日は娘を連れて実家に戻ります・・・・・って、家庭はほどほどに円満なんですけど(笑)
無線LANを繋げて母のタブレットを設定しに行ってきます、つか設定してもらいます(^人^;;

                                       今週のお花・・・寿命短すぎ!(泣)

今年の桜コレクション

こんばんは~(^^)

ようやくアカウント設定が終了しました!!あれこれ試行錯誤していた昨夜は途中で力尽きて
そのまま寝てしまったんですけれど、なぜか今朝、旧マシンの方に『POPサーバーが確認できました』と
メール連絡が来ていて、試しに新マシンを開けてみたら普通にログインできたっていう・・・?????

原理はさっぱりわかりませんがとにかく普通に使える状態になったのは嬉しいです♪
一抹の不安を残しつつ、やっとスタートラインに立ちました☆

ちなみに本日の記事は新しいパソコンで作成しております!

今まで使っていたマシンとキーボードの幅が微妙~に違っていて、Enterキーを押すつもりが
ナンバーズロックを連打するわたくし・・・(^^;まだまだ慣れるまでには時間がかかりそうですトホホ

line1.gif

さて、みなさま今春もお花見を楽しまれましたでしょうか。
今年は開花が遅れたわりに満開時期が前倒しとなったために見頃の時期が少ないことに加えて
週末になると天候に恵まれずという感じで、なかなか思うような満開の花に出会えないことも
あったかもしれませんね。

ちょうど新しいマシンへデータを移行するついでに、今年の桜を集めてみました(*^^*)

まずはおそらく京都市内で最も早く満開を迎えたであろう御池桜が一足お先に満開でした!
kako-v9ulPaR9Z0MfTDCZ.png
3月15日 御池中学隣、創生館にて撮影

その2日後、仕事の途中に寄った神社で早咲きの花を堪能♪
kako-HkkntMXQ2HFTDbpo.png
3月17日 平野神社にて撮影

京都市内に開花宣言がなされた日、近所の桜も美しく花開いていました!
kako-Xb1Fmlo7PlYb8y9y.png
3月27日 拙宅近所にて撮影

線路沿いの桜並木も今年は美しく咲いて、ヨガスタジオへ向かう道々とても楽しませていただきました!
kako-s5pPtLlzrMKKtNzx.png
3月31日 拙宅近所にて撮影

今年は夜桜にも挑戦♪昼間の可憐さとはまた違う妖艶な雰囲気がありました。
kako-7424VshVLioq1NtH.png
4月1日 高台寺にて撮影

高台寺からの帰りに、最も人の集まる名所「円山公園」のシダレザクラもチェックです☆
kako-6LLzgRv4OHpydT2b.png
4月1日 円山公園にて撮影

手作り市をひやかしつつ見つけたソメイヨシノ(^^)
kako-6Oa9CK7o3EsHAq8H.png
4月5日 梅小路公園にて撮影

おじいちゃまに美味しい和食をごちそうになった夜、きれいなお月様と一緒に。
kako-P8nL08nPbm59BtCC.png
4月8日 エンゼルハウス京都こども文化会館前にて撮影

今年のお花見の集大成というべきでしょう!見事なソメイヨシノとシダレザクラを堪能しました♪
kako-BfoVF43nKJRrDoJ0.png
4月9日 平安神宮神苑内にて撮影

さて、まだ詳しい記事にはなっていませんが、母を送った帰りに名残のプチ花見をしてきたんです(^^)
幾重にも濃紅の花びらが重なりあう八重桜や「たわわに垂れる」の表現がぴったりのシダレザクラの大木。
kako-bi6tN3zNUKtv8IUf.png
kako-sKpxmNdwrNzhV901.png
4月11日 本満寺の境内および墓所入口にて撮影

kako-Nc7ffU6tueWZDvy7.png
4月11日 白峯神社にて撮影


・・・・・こうして振り返ってみると思っていた以上にたくさんの桜に出会うことができた今年の春。
もちろん名所と呼ばれる地の大きく華やかな満開の花も素晴らしいものがありましたが
同時に、近所の一角で精いっぱい花びらを開く可憐な桜もいじらしく愛らしいものでした。

さあ!桜の季節も終わりいよいよ新緑がまぶしい行楽シーズン、ゴールデンウィークも目の前ですね!!
みなさまどうぞ事故などございませんよう、楽しく充実した連休をお過ごしくださいませ。

ちなみに我が家のGWはひたすら断捨利&大掃除の予定(--;;;

裏あすも不定期便~めざせ!歌うま王!!

3日ぶりの更新となってしまいました。時の経つのは早いものよのぅ(違)

先日の日曜日。ボス夫さんは朝からゴルフで不在やったんですけど、
珍しく娘の予定が空いていたんで母娘そろってカラオケなんぞに行ってきました~(^皿^)♪
最近のカラオケボックスて、飲み物もノンアルコールはほぼセルフ。
フロントの前にドリンクバーの機械がバーンと置いてあんねんや(@0@)
フードの注文も室内電話と違ぉてタッチパネル式のリモコン機で事足りるさかい
腰をかがめて手刀を切りながら、熱唱してる人の前を横切る必要もあらへんし、
ホンマ便利な世の中になったもんやな。
徹底的なコスト削減でフリードリンク付き一室2名さま、3時間たっぷり歌ってわずか2300円也☆
そら中学生もようけ遊びに来るはずや~

とまあそれはさておいて。初めての母娘ふたりカラオケのコンセプトは・・・

 『採点式カラオケで90点以上マークする!』

最近、関ジャニの番組で浸透してる精査採点式 みなさんご存知ですやろか。
ウチらの若い頃にあった採点式カラオケは、歌い終わってしばら~くすると
『○○点』と数字が発表されるやつで、とにかく音程が正確で大きな声を出して歌ぉたら
高得点が狙えるっていうごくごく単純なシステムやったんですけど
最近のって、歌っている最中に音程グラフがバーッと流れて、ちょっと音を外してもすぐ分かるし
なんや『こぶし』とか『ビブラート』とか『フォール(って何やのん?)』とか、エエ感じの歌ごころも
ちゃーんと拾い上げて加点してくれるスグレモノ☆
点数には細かい分析とかコメントもついてて、お互いあれこれと盛り上がれるんが面白うて人気らしい。

ふっふっふ・・・実はひそかに歌には自信がありますねん! ←旧方式では満点を出したことも☆

『DAMの精査はなかなか90点以上が出ぇへんで~』っつう娘の発言もどこ吹く風、余裕綽々で
一曲目を歌ってみたんやけど・・・・・・・・

見事、撃沈(笑)

いやいや、いちおう85点は超えてるしまだ喉もあったまってないしね今の曲はちょっと
チャレンジっていうかほらあのアレ、軽~く様子見ってとこやからこれからやからウン・・・

次に娘が唄ったんですけど、これがまた親の欲目を差し引いてもなかなかのもんやないの?!
音程の正確率も9割以上たたき出してるし、これやったら90点以上も余裕やん?と思いきや・・・・・

やっぱり、撃沈(驚)

どうやら彼女の場合、ビブラートがかからない声質らしくていまひとつ加点が足りひんかったもよう。
さあこうなってくると俄然、チャレンジ精神に火ィついてきたでーーーっ!!!(燃)
とりあえずいつも歌い慣れたマイ定番ソングから始まって熱唱系、しっとり系、ハジケ系・・・
娘と交代でマイク握りながら手当たり次第に歌っていくんやけども

全て、撃沈(愕) どないしても90点以上が出せへ~~ん!!

娘は音程とリズムは正確やけれども表現加点がなかなか出ぇへんので点数が伸びないタイプ。
わたしは表情加点はぎょーさん出るけど、基礎点である音程とリズムに難ありのタイプ。

ふたりでひとつ、てバロム1かっ!(古~ww)


何曲も歌ぉてるうちにもはや歌を歌って点数を出すのか点数を出すために歌うのか
よう分からんようになってくる。
『もうプライド(何の?)捨ててもいいよね?!』とか言いながら
簡単そうな曲ばかり選んで、自分が好きで歌おう思てた曲はどんどん後回しに・・・
こういうのって世間では『本末転倒』って言うんちがったけ~?!

けっきょく気が付けば。何も食べんと、ひたすらウーロン茶で枯れた喉に水分補給しながら
3時間休憩ナシでエンドレスに熱唱する親子

こんだけ頑張っったのにいっぺんも90点の文字を見ることもなく、とうとう終了5分前を迎えてしもたorz
(余談:5分前通知も昔はフロントから電話がかかってきたけど今はリモコン機に表示される方式☆)
いったいどないなってんねん!!

喉は痛いしお腹も空いたし成果は出ないしでもうしんどいねんけど、曲のイントロ聞いたら無意識に
マイク手に持ってセッティングしてしまう自分がエライわホンマ。
ちなみに順番の関係上、ラストの一曲はわたしがオーダーしたポルノグラフィティの「サウダージ」

 わ~た~し~は、わ~た~し~と、はぐ~れる~わけ~には~いかないから~♪♪

と微妙に今の心境とマッチした歌詞やなぁ、とか思いながらまあ最後なんで
それなりにテンション上げて歌い切った結果・・・

ついに、90点マーク!!!!(号泣)

やったで~娘、おかあちゃんやったったで~~~っ!!\(T▽T)/
最後の最後でまさかの目標達成っちゅうね☆思わず母娘で肩を抱き合わんばかりの大感動!!
・・・・・なんやろこの達成感(笑)

娘が撮影してくれた証拠写真↓
kako-BHqEpOecFAYb8NOl.png
・・・ギリギリやけどね(笑)

いやホンマ、May.Jとかさくらまやとかスゴイわマジで。
テレビに出てる人ってやっぱり普通の人とはちゃうんやね~と、しみじみ感心した帰り道・・・
寒の戻りの北風が、かっさかさの喉に滲みるわぁ~。

それにしても、そうか~ポルノグラフィティやったか自分・・・・・


                                   愚痴のような言い訳のようなとにかくお詫びとお知らせ

日本のものづくり

今日は、春から新しく任された業務に関連して、大阪の展示会を見学してまいりました。
大阪の街を車で走るのは久しぶり!・・・といってもハンドルを握ってくれたのはボス夫さんですが(笑)
kako-zyveen1S832uXSXl.png
阪神高速16号湾岸線から、真っ赤な橋梁が特徴的な港大橋を渡ってインテックス大阪
一路目指します☆京都からはおよそ1時間強。青空がとても気持ちよくてちょっとしたドライブ気分で♪

今回見学した展示会はこちら。
kako-UTg0wWWJrPrXupKn.png
INTERMOLD2014 第25回金型加工技術展
「最先端の金型加工と成形加工技術」の専門見本市として素形材産業に携わる各社の最新情報を
得ることができる展示会。いわば日本のものづくりの根幹となる技術の最先端を学べる場なのです。

金型成形や精密切削加工を行う最新のマシニングやCADシステムについてのレクチャーやサジェスチョンは
今まで仕事上、携わってこなかった現場レベルの情報でしたので非常に勉強になりました☆
新しい業務を始めるにあたってどこから手を付けようか、正直困惑していたのですが、今回の展示会で
少し足がかりが見えてきたようにも思います(*^^*)

わたくしどもの仕事とは直接関係はないんですけれど、最近とみに話題となっている3Dプリンティング
実演などもあって、あれこれ見て回るだけでもすごく面白かったです!

最近は、優秀なコストパフォーマンスと向上著しい技術を武器にアジアを中心とした海外企業の
台頭めざましいものがありますが、まだまだ日本企業の技術力と精密性にも秘めたポテンシャルがあり
ものづくりNIPPONを堂々と世界にアピールできるんじゃないかと感じた一日でした!

帰りに天保山に寄り道してちょっぴりデート気分も♡
kako-Ipf9rNDXYM0644mo.png
天保山には関西最大級の水族館海遊館や大観覧車、ショッピングセンターなどの施設が充実♪
湾内ではちょうど観光船サンタマリア号が出航するところでした(^▽^/
オープンスペースに目を向けるとジャグラービットさんのジャグリングパフォーマンスも♪
ファイヤートーチを使った迫力あるジャグリングを軽妙なトークとともに次々とキメていらっしゃいましたよ~
kako-yRPRlshEALRFQYaA.png

・・・・・・・・・と前置きが長くなりましたが(笑)ある意味、こちらもモノづくりということでww

きのうの晩ごはん
kako-kMDx9QJDOMOrgbXD.png
肉じゃが
出汁ガラ昆布の野菜巻き
レンコンときゅうりのもずく酢和え

出汁ガラを使った節約料理を作ってちょうど一週間・・・全ての出汁ガラを使い切りました(^^v
kako-50hijjeNzsNCteb2.png
ホントは白身魚を巻くつもりだったのがうっかり買い忘れ(笑)代わりに白菜を使ったら
えらいヘルシーな一品になりました(^^;
 出汁ガラ昆布は落し蓋をしながら、お酒、めんつゆ、みりんで作った煮汁が半分量になるまで
 ことことと煮込み、そのまま冷まして味を染ませておきます。白菜は一枚ずつはがして芯を削ぎ
 人参は細めの拍子木に切ってそれぞれ軽く湯がいておきます。長方形に切った昆布を広げ
 白菜と人参を置いたら端から巻いて、巻き終わりを楊枝で留めます。カツオダシとめんつゆ、
 自家製の出汁ガラかつお節のふりかけをお鍋に入れて昆布巻きを並べたら、中弱火でさっと煮ます。
 半分に切ってお皿に並べたら、万能ネギの斜め切りを飾って完成☆


薄切りにしてさっと湯通ししたレンコンときゅうりの斜め薄切りに市販のもずく酢を和えたら
さっぱりしゃっきりの箸休めに♪カンタンかつ時短の一品です。

メインはシンプルな肉じゃが☆
kako-qz4CN3NJKQKD83Ko.png
弱火でことこと炊くよりも、一気に強火で煮立ててからしばらく冷まして味を馴染ませるのがあすも流。
こうすると短時間でもじゃが芋にしっかり火と味が通るんです☆

久しぶりの大阪にくたびれたので、きょうの晩ごはんはめっちゃ手抜きです(^皿^)
kako-svfIqfCCkhKkdSKk.png
昆布キムチ
和風焼きうどん
肉じゃがの残り

昨日の昆布巻きで余っていた昆布は細切りにして白菜キムチに混ぜ混ぜ♪しただけなんですが
これが超ウマメロ~♡♡♡ すりゴマを加えるとますます風味が増します(≧▽≦)
kako-Usx26lPJlHhMpaoh.png

洗い物も極力少なくてすむようにワンディッシュで。
kako-k1fshwcyV84hy5oA.png
具はキャベツ、人参、玉ネギ、白ネギと冷蔵庫に余っていた豚スライス少々。
味つけのポイントは香味ペーストとめんつゆに、またまた自家製出汁ガラかつお節ふりかけ(笑)
これがイイ感じに旨みが出て、あっさり和風のやさしい味に仕上がるんです♡
ご飯にかけるだけではなかなか減らないのでwwwお料理にも使ってみたところ案外にも便利な調味料に!!
明日また一週間分のかつお出汁を取るのでもう一度作ってみようかな~♪

ちょっとモノづくりに目覚めたかも~なんてな(^皿^)

                                           インテックス大阪でランチ☆

ご遠慮願うでござんすよ☆

昨夜の話。

すぐ近所に大きなドラッグストアが新しくオープンしたので、娘と一緒に偵察がてらのお買い物に行きました。
思っていたよりも広い店内にはお薬やコスメ、日用消耗品はもとより、食品とアルコール類がものすごく
充実しておりまして、なんとなく気がつけば「おうち飲み」モードであれこれ買い込んでましたwww

普段はビールかワインを好んで飲むんですけれど、石原さとみちゃんの可愛さ爆発CMでもおなじみの
「ふんわり鏡月」を試してみることにいたしました!
サントリー ふんわり鏡月 アセロラ 700mlサントリー ふんわり鏡月 アセロラ 700ml
()
鏡月

商品詳細を見る

アセロラにしたのはなんとなく身体に良さそうだから(笑)
家に戻っておつまみを広げて、パッケージに『氷を入れて注ぐだけ』とあったので
オンザロックでさっそく一口♪いただきま~す・・・アセロラの爽やかな甘みと軽い口当たりで
焼酎とは思えないほど、とても飲みやすいです(*^^*)
グラス片手に『BORDER』を観、『続最後から二番目の恋』を観、気がつけば娘もボス夫さんもお布団へ。
わたくしもそろそろお風呂に入って寝ましょうか・・・と化粧を落としに洗面所へ向かおうとしたところ

あれ?もしかして酔ってる??

急に立ち上がったのが良くなかったのでしょうか。ついさっきまで全然平気だったはずなのに
頭がずきずき胸がむかむかお腹がぐるぐる完全な悪酔い状態(><)
・・・とまあ、ここまでは何度か経験したことがある(笑)んですけれど、いきなり振って湧いたかのように

両鼻が完全に詰まった~~~!!

ホントに突然『んがはっ!!』という感じでまったく鼻呼吸が出来ない状態に(@0@;;;;;
それなのに鼻水がつるつると流れ落ちてくるんです。(お食事前後にご覧の方、汚い話でゴメンナサイ)
慌てて鼻をかもうとするのですが、なにしろ両鼻とも塞がってしまっているので押しも引きもままならず。

とにかく化粧だけは落としてそのまま寝てしまおうと布団に潜り込んだのですが、
頭は痛いしむかつきはひどいし渋り腹もひどくなってきます。そしてなによりも辛いのが

呼吸が出来ない~~~!!!

横になるとますます鼻が詰まります。ヨガを始めてから普段も鼻呼吸中心だったので口呼吸にすると
喉の奥がぱさぱさに乾くわ、息がちゃんと身体に入らないわ、鼻水は出るわで、てんやわんやの騒ぎです。
ま、てんやわんやに騒いでるのはわたくしだけで、ボス夫さんは隣で爆睡してるんですけどね(--;;

それにしても経験してみて分かる鼻づまりの辛いこと!
アレルギー性鼻炎で花粉症の娘はほぼ365日24時間を、これに近い状態で生活してるのかと思うと
その我慢強さたるやあっぱれ☆心から尊敬です!!・・・ていうか一日でも無理~っ(T0T)
よぉこんなんで学校行ったり仕事行ったりしてはんなぁ~(^^;

うとうとしては息が詰まって目を覚まし、とろとろしてはお腹を下してお手洗いへ・・・と惨憺たる夜を過ごして
ようやく夜明け頃に落ち着いてまいりました(´д`)=3
最後のひと絞りという感じの用を終えて(ホント汚くてスミマセンm(_ _)m)お手洗いから出てくると
いつのまにやら鼻の詰まりもウソのように治っていました!

胸のむかつきと頭痛はまだ少し残っていましたが、これは想定範囲内の二日酔いです(笑)
それにしてもあの鼻づまりはいったいなんだったんでしょうか???
もしかしてアルコールアレルギー?いえ、そんなのがあるのかどうかも定かではございませんが。

・・・・・・・とにかくしばらくお酒はご遠慮願うでござんすよ なんちて(^^;

後で確認したところ。
『ふんわり鏡月』のアルコール度数は16%だそうです。
うーん、思ったより『ふぅんわり~♡』じゃないのねorz


味ごはん

こんばんは(^^)
最近の新聞で読んだ話なんですが。
お寺や神社を訪れると街中に比べてずいぶん静かだなぁ、と思われたことはありませんか?
あれは科学的に根拠があるそうです!
その理由は・・・・・
kako-bD5KyxPapT28LE2q.png
『苔』なんだそうです。(写真は野々宮神社)
京都精華大の教授の研究によると、苔には高い吸音効果があるため、コンクリート敷きや
石畳の場所に比べて寺院仏閣などの庭園の方が騒音が響かないのだとか。
寺社の境内や神苑が深閑としているのは決して気のせいではなく、科学的実証があるということに
なんだかとっても感動した記事でした(*^^*) 

もう一件。 
京都市西京区にある松尾大社が一昨年の台風被害を受けて本殿裏山の樹木を伐採したところ
巨大な岩肌が現れたそうです。巨石=磐座(いわくら)が信仰の対象となるのは
世界的な原始宗教の典型であり(ストーンヘンジやメンヒルなど)日本でも多くの例がありますが
この松尾大社でも社殿が建てられる以前の太古から、松尾山頂上近くの磐座は
祭神が降臨した場所としてあがめられていたのだとか。今回の巨石発現は松尾大社の磐座信仰を
裏付ける有力な証拠となるかもしれません!
kako-7nq092zERoofZ3yL.png
(松尾大社 楼門および本殿)

line17.gif

今回のおうちごはんは特に『ご飯』に力をいれてみました♪
おとといの晩ごはん・・・
kako-5tXFG0bsswQrDiS8.png
小芋と蛸の煮物
小松菜と焼き揚げの胡麻和え
かぼちゃとニンジンのおみそ汁
牛蒡と茸の炊き込みご飯

いつも薄味になりがちな炊き込みご飯ですが、今回は思い切ってしっかりと味つけしてみました☆
kako-FmZT2eCbQ53bP9kd.png
大~成~功~☆☆☆・・・といってもカツオダシにめんつゆだけなんですけどね(笑)
 皮をこそげた牛蒡は縦半分に割って薄い半月切りに、エリンギと椎茸、ニンジンは細かい賽の目に。
 炊飯器に米と牛蒡、エリンギ、椎茸、ニンジンを入れたら、濃い目に取った昆布とかつお節の出汁、
 めんつゆ、酒を分量まで入れて普通に炊きます。炊き上がったら底から大きくかきまぜ蓋をして
 10分ほど蒸らしたら完成☆

鶏肉もお揚げさんも入ってませんが、牛蒡の旨みと茸の風味だけで充分美味しいです♪

kako-uUXSfiYRFMUxX2jS.png
オーブントースターでカリカリに焼いたお揚げさんのアイディアは、
いつも美味しそうなおうちごはんとキュートなぱぴちゃんたちの日常を綴ってくださっている
ぱぴちゃんのねーねさまのお宅ぱぴこ×2より参考にさせていただきました☆
普通の胡麻和えに加えるだけでより香ばしさが増して食欲もアップ↑↑です!

メインは蛸と小芋に蚕豆をあわせて春らしく(*^^*)
kako-YS1CCkQDdBjtNmRx.png
前回の失敗をふまえて(笑)塩した蛸はさっと煮てから一度引き上げて、小芋をゆっくりと炊き上げてから
再び戻して一煮立ちしています。やっぱり蛸は煮すぎないのがポイントですね!今回は柔らかく美味しく
仕上がりました\(^▽^)/

・・・続いて昨日の晩ごはん
kako-UXKQhgW6k1h0pQn1.png
豚高菜丼
千切り野菜の中華風ベジスープ
塩茹で蚕豆
大根の皮と出汁ガラ昆布と自家製かつお節ふりかけのきんぴら

kako-kojDYynzrOh9FnOF.png
豚バラ薄切り肉と高菜漬けをお醤油で炒めて炊きたてご飯に乗っけ盛り☆
これだけで充分ウマウマ~などんぶりの出来上がりです♪ポイントはたっぷりと加えた白ゴマ!!

今回の節約おかずです☆
kako-a9pYFAZSX5qbfRtv.png
 大根の皮と出汁ガラ昆布は千切りに、余っていたお揚げさんもほそぎりにしたら、ごま油でざっと炒めて
 めんつゆとお酒で味つけします。最後に出汁を取ったあとのかつお節で作った自家製ふりかけを加えて
 ひと煮立ちさせたら完成♪

出汁ガラのかつお節を炒って作ったふりかけは単純にご飯に乗せて食べるだけでなく、和え物や煮物、
きんぴらにも使えてとっても便利です♪
kako-F8urjor5yJcvx6dB.png

line17.gif

このブログを打ち込んでいるマシンのOSは未だにWindowsXPで、今まで重宝してきたのですが
更新停止に伴いまして、本日新しいパソコンの購入に踏み切りました!!
新しいOSはWindows8.1なんですけど、XPやWindows7とは全然違っていて、慣れるまでしばらくは
前途多難の予感!!(><)・・・ていうかほとんど分からん(苦笑)
新しいマシンはわくわくと嬉しいんですけどいろいろ設定が面倒なんだよな~ぐぬぬ
新着は週末の予定です。期待半分、不安半分の複雑な心持ちでニューマシンを待ちましょう。
もしもブログの更新が遅れましたら、

 
ああ、あすも苦戦してやがるな(笑)

とぬるい目で見守ってやってくださいませwww

平安の桜 後編

まずは前記事の訂正を。

4月14日付の『平安の桜 中編』 にて西神苑の白虎池をご紹介したのですが、
うっかり気がつかないうちに中神苑の蒼龍池まで到達しておりました(@0@;;;
いったいいつの間に???とまるでテレポーションしてしまったような心持ちなのですが
おそらくは「ラムネ」の幟が揺れる茶店と並んでる写真と間に何枚か挟んで、最後から2番目の写真、
この二枚が蒼龍池を写したものではないかと推測されます・・・ってもう自分でもよく分からないんですが(汗)

そういったわけでこの場を持ちまして訂正するとともに、今回の記事は四庭最後の東神苑より
スタートです☆

東神苑は四つに分けられた神苑の中でも最も開放的で悠大な風景が楽しめるお庭です。
kako-yepWOWpUniojtL0g.png
そのほとんどを占めるのが栖鳳(せいほう)(今度は間違いありません笑)。
面積はおよそ5,500㎡にもおよぶ広大な池は満々と水を湛え、抜けるような青空と桜、
周囲の建物を見事に映しこんでいました。
kako-04eWn7tWi1Uqm8Xg.png
特に岸辺に並ぶシダレザクラ並木の美しさには思わず息を呑みます!

対岸に見えるのは尚美館と呼ばれる建物。
kako-WmEqFjjTUBwQQWqa.png
京都御所より下賜されたもので元は瓦葺でしたが、景観を考慮して檜皮葺に改められたのだとか。
明治後半から昭和初期にかけて活躍した日本画家・望月玉渓の手による襖絵があるそうですが
残念ながら原則非公開とのことでしたorz
kako-91oFTmcQTOwLXk4D.png

栖鳳池を横断するように中華風の長い渡殿が見えます。
kako-ggyU90f3DPWjGYeC.png
こちらは泰平閣、通称橋殿と呼ばれているもので、尚美館と同じく京都御所から移築されました。
屋根は桧皮葺で、楼閣の頂には青銅の鳳凰が飾られています。kako-SO2bnzjXZPjoteDK.png

そうそう、橋殿=泰平閣は平安神宮の絵馬にも描かれていましたよ♪
kako-EFbN6Jgl1bPawsER.png
見事なシダレザクラとともに華やかな色彩が目を引く明るい雰囲気のデザインです。

この橋殿はもちろん歩いて渡ることができます。ここから観る池の風情もまた見事!
kako-HPWmJOwRKQj0O6UJ.png
橋殿から尚美館を望む風景。蒼林と桜、それを映す水面のコントラストがとても美しいです。
どこをどのように撮影しても絵になるという、素人カメラマンにはありがた~い景色(笑)

逆側には神宮会館を臨みます。
kako-xt2U6lGNlzz8nbiz.png
散り浮いた花びらの間を鴨が気持ち良さそうにお散歩していました(^^)

橋殿を渡りきるとちょうど尚美館の近くに戻ってくるのですが、そこにはひときわ見事なシダレザクラが!!
kako-6hiojmuCWP2qwaDR.png
とてもとても写真一枚には収まりきらないような大木です。今まさに満開を迎えており
その淡紅の花々がたわわになった枝は、ずっしりとした重みすら感じさせます。
kako-r5LiGPVwo7cCNFK5.png

長年京都に育ってまいりましたが、今までは行事の折に参拝するくらいしかご縁のなかった平安神宮
今回じっくりと見学させていただいて、平日の午前中とは思えないほどの賑わいを見せる人気もうなずける
本当に素晴らしい神社でした☆☆☆特に神苑は桜の季節はもとより四季様々の花に彩られ、
見どころの尽きない見事な庭園です。違う季節に訪れて新しい美を発見したくなる・・・そんなスポットでした♡

                                            ランチもお茶も春らんまん♪

おうちごはん おぼえがき

こんばんは☆
kako-EWxI6NBDQNfJilYy.png
まさに『雲ひとつない青空』とは、まさにこんな空!日焼け止めが手放せない季節になってきました。
そろそろ運転時にはサングラスも必要でしょうか・・・ついこの間まで雪がちらついていたのに、気がつくと
季節はどんどん流れて行ってるんですね(^^)

さて、本日2投目の記事は溜まったおうちごはんの覚え書きでございます。途中、日付が抜けてるのは
回転寿司だったりパスタだったりして(笑)

まずは4月9日(水)から。リア友さんと平安神宮の美しい桜を満喫した日の晩ごはんは・・・
kako-XbEUl9udggX7IZkv.png
チキンのクリームカレー煮
レンコンとベーコンのトマトソース炒め
水菜のサラダ

kako-OM0XM0sDocjomUfe.png
娘が以前買って来てくれたトマトソースを使ってみました♪丸ごとオリーブがごろごろと入っていて
とっても濃厚でウマウマ~(≧▽≦)シンプルにオリーブオイルで炒めただけのレンコンがあっという間に
本格イタリアン風の一皿になりました♪

メインは、以前上賀茂神社の手作り市で購入したカレースパイスを使った一品を。(過去記事はコチラ
kako-GOnUvAbpUga80QCj.png
写真ではキャベツとニンジンと玉ネギしか掬えてませんが(笑)鶏手場元をそのままどーんと入れてます☆
顆粒のホワイトシチューと一緒に合わせると、本格インドカレースパイスの香りがややニガテなボス夫さんにも
食べやすくなりました(*^^*)

続いて4月10日(木)の晩ごはん。娘も一緒に食卓を囲んだので彼女の好きなヒレカツにしました♪
kako-JA9uWIz4yQeamzrV.png
ヒレカツとたっぷり千切りキャベツ
小芋の酢味噌和え
きのこのガーリックオイスターソース炒め
チンゲン菜とニンジンのベジブロススープ

kako-DWD5OVti56B2XZx8.png
脂身の少ない豚ヒレを厚めに切って薄い衣で揚げるのが、娘とわたくしの好み♡
ボス夫さんにはちょっと味気なかったかしらん(^^;
たっぷりの千切りキャベツを山盛りにして某トンカツ屋さん風に♪

kako-ZlhbG4AQ1Ea8DqDU.png
副菜にはニンニクときのこをオイスターソースで炒めたものと茹で小芋に茅乃屋さんの柚子酢味噌を合えた一皿を。
やっぱり茅乃屋さんの柚子酢味噌は美味しい~(♡▽♡)すっかり欠かせない我が家の定番になりました!

ちょっと空いて(笑)昨日4月13日(日)の晩ごはん。ちょっとチャレンジメニューに挑戦です☆
kako-7ZAfGonTq3cuKQnE.png
鯵のキムチーズ巻き
スライスカボチャのマリネ
大根と出汁昆布と茹で卵のおでん風煮
鯵の骨煎餅
小松菜とワカメのおみそ汁

kako-WtiQfOx8WuV7C5QJ.png
 三枚におろした鯵は塩して水気を拭いておきます。尾を向こう側に置いて縦半分に切った大葉、
 細めの拍子木に切ったチーズ、キムチを乗せたらくるくると巻いて爪楊枝で止めます。
 薄く小麦粉をまぶして、サラダ油を熱したフライパンに並べたらゆっくりと転がしながら表面を香ばしく焼きます。
 お酒を振ったらふたをして蒸し焼きに。火が通ったらできあがり☆

いくつかバラバラになっちゃいそうになりましたが(^^;;なんとか格好がついたかな?
お味の方は大葉の爽やかさとキムチの辛み、チーズのこくがよくマッチして、何もつけなくても美味しいです♪

節約料理あれこれ
kako-YN4IZ2cAKFFnDxU8.png
半端に余ったカボチャは薄くスライスしたらフレンチドレッシングとお酢を混ぜ合わせたマリネ液に漬け込んで。
最近、週末に一週間分の昆布&カツオ出汁を作り置きするようになったんですが、出汁ガラも残さず使います!
大根と茹で卵に出汁がら昆布も加えて、ベジブロススープでことことと炊いたおでん風の煮物(右上)や
絞ったあとのかつお節と食べ忘れていた(笑)塩昆布をフライパンでよく炒って水分を飛ばした後に
細かく砕いたふりかけ(右下)などなど、毎週出汁ガラを使ったメニューをこれからもいろいろ考えていきたいな♪
三枚に開いた鯵の骨は、低温の油でじっくり揚げた骨煎餅に。残らずパリパリといただけます(^^)

最後に本日4月14日(月)の晩ごはんです。
kako-HqTUQlzaw8qDffmH.png
鶏と牛蒡の甘辛煮
レンコンとパプリカの塩きんぴら
きゅうりと大葉の塩もみ
水菜のお澄まし

kako-Lc3TcPZpPepZ77aS.png
いつも塩もみも水っぽくなりがちだったんですが、今回は以前みなさまからご教授いただいたポイントに
注意しながら作るとしっかりと味がついて歯ごたえもちゃんと残りました♪かえすがえすも感謝です♡♡♡

 レンコンは薄切りに、赤パプリカは一口大の削ぎ切りに、余っていた万願寺唐辛子もついでに合わせて
 ちりめんじゃことともにごま油で炒めます。全体に油が馴染んだらお酒、塩、みりんで調味したら
 蓋をして蒸し焼きに。火が通ったら蓋を取り水気をとばしたら粗挽き胡椒を振って完成!

完成してからしばらく置くと味が落ち着いてより美味しくいただけます(*^^*)

kako-i9ehNWRcRuduPCAA.png
お酢、みりん、めんつゆ、はちみつで甘辛酸っぱな煮物。ごろごろと乱切りにした牛蒡に鶏ももの旨みが染みて
ごはんがすすむ一皿になりました。娘ももりもり残さずに食べてくれてよかった~(^皿^v

春からちょっと新しい仕事を任されまして、にわかに忙しくなってきたきょうこの頃。
ブログ更新に手一杯で、なかなか皆さまのお宅にご訪問&コメントもできずにおりますが
どうぞ沙汰なしの失礼をご容赦下さいませm(_ _)m
kako-bnIE6fjIULRng6TS.png
では次回、平安神宮レポに戻ります☆

平安の桜 中編

平安建築の妙と日本庭園の美をご紹介させていただいております「平安の桜」シリーズ、
今回は目だけでなく舌でも和の楽しみを味わってみようと思います(*^^*)
薄紅に彩られたシダレザクラの枝をくぐり抜けるように南神苑を後にしますと西神苑に続きます。
kako-3gEtfvgY6KOcqnMs.png
周囲を蒼林にかこまれたこのお庭には『澄心亭(ちょうしんてい)なるお茶室があり、
桜の時期に合わせて(今年は4月1日~4月15日)、観桜茶会が開かれているということで
さっそくお邪魔いたしました♪六角形の踏石が続くなだらかな丘を上ると、キレイに整えられた植木の奥に
質実ながら風格のあるお茶室が見えてまいります。
kako-CiT9yPpXuMJbanb5.png
観桜茶会では茶室の中でもお庭にしつらえられた緋毛氈でも、席を選ぶことができるのですが
ちょうど、わたくしたちが到着したタイミングでお茶を立てていただけるとのこと!少しドキドキしつつも
お点前を頂戴することにいたしました。
kako-ZAGWM4b9nDjgMs24.png
意外にもフランクな雰囲気で写真撮影もOKだとか☆
二間続きの茶室は、手前の八畳を下切に炉が作られた書院風の造りです。棗には桜の花びらが舞い散り
いかにも観桜の座にふさわしいお道具が揃えられていました。
kako-sTK6o6L2kPvMkOrO.png
掛け軸には茶室の銘でもある『澄心』の文字が。お花のしつらえも素敵です(*^^*)

平安神宮の崇敬付属団体「澄心会」のご奉仕による茶会ですが、堅苦しさは全然ありません。
美しい所作で茶を立てられるそのお姿を、お邪魔にならない程度にそっと留めさせていただきました。
kako-g3n8gqf24uNARQdz.png

いただいたお菓子は京都の老舗店鶴屋吉信さんの上生菓子です。
ぽってりとした白肌に淡紅が色づき、可憐な花びらがはんなりと映えた可愛らしいお菓子♡
お味の方もまろやかで優しい甘味が、こっくりとしたお抹茶にとてもよく合っていました(*^^*)
kako-RpTbXdpozyadSmtt.png
お茶碗にはこれもまた桜の花と山吹がのびのびとしたタッチで描かれていました。

お茶をいただいたあとは外の景色も楽しみましょう♪
kako-hjcJUW3pFsGVk1ri.png
初夏を思わせるような明るい日差しに傘と緋毛氈の朱色が鮮やかに浮かび上がって、なんとも華やか☆
周囲の緑とのコントラストがとても美しいですね♡
kako-EmsgQyIudacvdD7o.png

こちらのお茶室では桜の季節以外にも、毎月第2日曜日(4月・8月を除く)午前9時~午後3時に
月釜が開かれているそうです(^^)ご興味のある方はぜひ足をお運びになってみてはいかがでしょうか。
kako-smN4FrPb0K5HMciu.png

それではお茶室をあとにして再び神苑を巡ります。
西神苑は白虎池と呼ばれる池を中心とした回遊式庭園で、もう少し季節が進むと花菖蒲が見頃なのだとか。
kako-RQetMnqgph3hZt2u.png
濃い緑に覆われた池のほとりは、まるで隠れ家のようなひっそりとした印象で
先ほどの南神苑とはまた違った魅力にあふれています。

kako-tugziqPXIvi9mOyI.png
この日は昼前ごろからぐんぐんと気温も上がって、まるで初夏を思わせるような強い日差しが眩しい!
上着を脱いでも汗ばむほどの陽気に、素朴な風情の茶屋も涼を求める方でとても賑わっていました。

水面に浮かぶ睡蓮と河骨の葉の周辺に散った桜の花びらが集まって可愛らしい模様を形作っています♡
kako-muGcwZqzHcTqEqZ1.png

ちょうど拝殿の裏あたりを通っているようです。木柵の隙間から一枚☆
もちろんその向こうは立ち入り禁止ですよ~(笑)
kako-mkNXZ5mWipd0ybIw.png

西神苑で出会った生き物たち(*^^*)
kako-1mVuioOfbF33QZHt.png

kako-75pgFBRzdonqYKlG.png
まだまだ身頃のソメイヨシノを横目に小さな石橋を渡って緑蔭の道を進めば、次は中神苑へと至ります。
南、西の神苑とはまたがらりと変わった風情をお届けできればと思いますのでどうぞお楽しみに(*^^*)

kako-AkHSTjoo5EXwzNfs.png

平安の桜 前編

先週の水曜日、リア友さんと一緒にお花見へ行ってまいりました♪
行先は京都で5本の指に入る超有名観光スポット平安神宮でございます。

娘の七五三参りや、近くにある美術館や動物園の帰りに立ち寄ったことはありますが
意外にちゃんとお参りしたことはなかった件(^^;
全国のみならず海外からもたくさんいらしている観光客のみなさんに混じって、おのぼり気分を満喫しつつ
じっくりと楽しんでみようと思います!

まず目に入るのが、緑釉瓦と朱色の太柱が印象的な応天門
kako-aRwjNPeoXlHfNYPe.png
平安神宮の歴史は意外にも浅く、創建されたのは明治28年のこと。当時の京都は幕末の戦乱のために
市街地は荒廃し、明治維新によって天皇とともに首都が東京へ遷ったことから衰退の一途にありました。
そんな中、復興に対する市民の熱意と全国の人々が京都に寄せてくださる厚意が実り、平安遷都1100年記念に
開催された内国勧業博覧会の目玉企画として平安京遷都当時の大内裏の一部復元がなされたのです。
祭神は平安京を造り上げた第50代桓武天皇。その後、皇紀2600年にあたる昭和15年に、平安京最後の天皇である
第121代孝明天皇の神霊が合祀されました。


平安神宮の応天門は、平安京大内裏の正庁である朝堂院の應天門を模しているのだそうです。
kako-mWIORdlAiay5Twtv.png
建設当時のまま残存しているこの応天門は、後述する大極殿や両楼閣とともに国の重要文化財に
指定されています。
高さ19.3mの堂々とした風格と華やかな朱に彩られた太柱や地垂木の美しさには溜め息が出そう!
緑釉瓦を佩いた屋根に乗せられた隅鬼瓦の表情にも迫力がありますね~

この応天門をくぐると、日の光を反射して眩しいほどに輝く白砂の向こう真正面に外拝殿すなわち
大極殿が見えてまいります(*^^*)
kako-yEUeAVRFJPb1SH4Y.png
高さ16.7m桁行は33.3mにもおよぶ宮殿建築は非常に整然としたシンメトリーなデザインで
これは平安京建設当時に参考とされた唐の建築様式の影響を多大に受けたものでしょう。
龍尾壇と呼ばれる一段高い段上に建ち、その境界を朱欄(手前の赤い柵)によって区切られています。

大極殿の左右にはこれも見事なシンメトリーで小楼閣が建てられています。方角を示す四神の名をつけられ
向かって左側(西)は白虎楼・・・
kako-tvx3piNWjmJhO1Cs.png
右側(東)は青龍楼・・・
kako-htfxxFgd9FYtDiKH.png
と呼ばれています。手前に設けられた手水場にもそれぞれ白虎と青龍の彫り物が置かれていました☆

kako-hS7FTbUleENIJQSz.png
細部にいたるまで繊細で緻密な装飾がなされていてとても豪華な印象です。
朱色が映えるのはその壁の白さにもあると思います。まるでつい昨日磨き上げられたような白壁に
日の光が当たってよりいっそう朱の鮮やかさが強調されていました。
kako-tTnEbFs8hO3M9idv.png

大極殿の前に植樹されている左近の桜・・・
kako-bpYb66ndFi3Swrxs.png
うーん、残念ながらすっかり散ってしまっていますね(><)
それよりも、こちらの木の方がまるで満開の桜のように見えませんか?
kako-TMMyyqT03RJ7gFKZ.png
これ、実は結ばれたおみくじなんです☆桜の季節のみ期間限定の(はな)みくじ
吉凶の代わりに桜の数が1~7つ描かれており、それぞれが
つぼみ、つぼみふくらむ、咲き初む、三分咲き、五分咲き、八分咲き、満開
というように運勢の善し悪しがわかるようになっているのだとか。
ほんのりと薄紅に染められたみくじを枝に結ぶと、桜の花が咲いたように見えるんですね♡

それでは本物の桜を観に神苑へと進みましょう!kako-LRAlLCpEghr2D1o1.png
白虎楼の屋根を乗り越えるように桜の花が伸びています(♡▽♡)これはかなり期待できそうな予感☆
kako-nl1Ub5vxAUqhvjyj.png

平安神宮神苑は社殿を取り囲むように東・中・西・南の四つの庭からなる日本庭園でその敷地面積は
およそ一万坪にもなります!明治から昭和にかけての名造園家である七代目小川治兵衛(植治)が
20年以上かけて造った名園で、国の名勝に指定されているそうです。

季節ごとの花が美しく咲くこの庭園、春はもちろん見事な桜を楽しむことができます♪
kako-M2ElVrGm2hGKWTLi.png
入り口の門をくぐり、南神苑に一歩足を踏み入れると、まず目にはいるのが一面に空を覆っている
紅しだれ桜のシャワーです(≧▽≦)そのあまりにも見事な満開に、ほとんどの人が歩みを止めて
夢中でカメラを向けれらるので早くも大渋滞(笑)わたくしどもももちろん『一因の一員』でしたがww

kako-s0vugZi6QA80FvIl.png
平安時代の庭園の特色である野筋(入り組んだ細い道筋)と遣水(幾重にも流れ込む小川)の様式を
踏襲されたしつらえは非常に奥行きと広がりを感じさせます。

それではこの美しい日本庭園を彩る華麗な桜を、存分にお楽しみくださいませm(*^^*)m
kako-cNrsLLGzP6jpDgkT.png
kako-rIAS2PBG3jgmdRzQ.png
遣水に花影が美しく映り込んでいました(≧▽≦)
kako-lgjFiRuDiWjAZbn5.png

平安神宮の創建と同じ年に京都市内に敷設された日本で初めての路面電車『チンチン電車』
展示されています。
kako-g8O99gsAnT9AZd31.png
kako-63GoIg8WKy12rX0d.png

桜のほかにも春を感じさせてくれる可憐な花たちが・・・
kako-IkwFDS5rCQVNUzDT.png

いかがでしたでしょうか(*^^*)
抜けるような青空と頭上から降りかかるように咲き乱れるシダレザクラが見事なコラボレーションを魅せ
そこに優雅な日本庭園の美が融合して、本当に素晴らしいお庭でした♡

次回は西神苑にて、また一味違った日本の美を目と舌で味わってまいります♪ 乞うご期待☆
kako-j9jO445v7YFI32fW.png

プチ高級和食

こんばんは~(^^)

先ほどまで春の新ドラマ、上野樹里ちゃん主演の「アリスの棘」を観ていました♪
のだめカンタービレのド天然キャラとは180度真逆の、怜悧で理知的な陰のある女性を
見事に演じてらっしゃる樹里ちゃん・・・彼女もカメレオン女優ですね~(@0@)
それにしても紀香サマはさすがの貫禄でございます!!
タワマンの最上階とシルクのブラウスが最も似合う女優ww
水着から伸びるおみ足の美しさにクラクラいたしましたぞ~(*^^*)

蛇足ながら・・・オダギリジョーさんの過去を演じてらっしゃった男の子ってあれ誰??
めっちゃ美形クンなんですけど~(♡▽♡)情報をお持ちの方、どうぞご一報を!!!

さてさて。先日の火曜日、ひさしぶりにおじいちゃまがご馳走してくれました\(^▽^)/
だいたい父がご馳走してくれるときは焼肉が多いんですけど、ちょうど前日に娘がお友だちと
焼肉食べ放題に行ってきたということで今回は却下(^^;何軒かあるいきつけの居酒屋系小料理店は
定休日だったり貸切だったりとなぜか間が悪く・・・

結果、記念日に連れて行ってもらう和食店へ連れて行ってもらうという
ラッキーな展開に!!
kako-bTlmmfDU2b1nbuax.png
和食と仕出しのお店糸源さんです。創業より60年余り、北野天満宮近くの北野下の森商店街
お店を構えていらっしゃいます。周囲には寺院も多く、地元では法事などにもよく利用されているとか。
我が家でもわたくしが子どもの頃から、何か行事の折ごとに連れてもらっていました(*^^*)

それではさっそくお料理のご紹介へとまいりましょう☆
kako-4Kr0FhQdgHPofTk1.png
春らしいお料理が並びます♡
左上から時計回りに・・・筍の木の芽和え、お刺身の盛り合わせ、若草蒸し、飯蛸の煮物
『若草蒸し』というのはノラマメ、つまりグリーンピースを茹でて裏ごししたものを饅頭に仕立てて蒸し
出汁でとったあんに沈めたもので早蕨があしらわれています。白身の魚やあなご、銀杏などが入っています。

わたくしは同じ蒸し物でもコチラの方を注文させていただきました(*^^*)
kako-yJ24d64EXsOLm4Ec.png
『桜蒸し』の名の通り、道明寺饅頭をあんかけ仕立てにしてあります。
道明寺とは蒸したもち米を干して粗めにひいた干飯を用いたもので、関西風桜餠の材料です。
さすがに中味は餡子というわけにはいきませんね(笑)若草蒸しと同じように白身魚やぎんなんなどが
ふんだんにあしらわれています。ほんのりと桜の香りと甘みを感じる道明寺饅頭に品のある出汁あんが
絡んで、いかにも京都の春らしいはんなりとしたお味です♡

続いては焼き物を中心に、温かいお料理を♪
kako-YOAdGyDV2NyIBSUx.png
左上から時計回りに、地鶏焼き、北海道産ししゃも、白えびの天ぷら、ホタテのバター焼きと茹で蚕豆
地鶏の付け焼きは娘の大好物♡歯ごたえのあるぷりぷりの身に香ばしい皮目がとても美味しい一品です。
ふっくらとしたししゃもはさすがに北海道産!当たり前ですがスーパーで買うものとはひと味もふた味も違うな~

糸源さんの揚げ物は衣が繊細で素材の味が生きているので、いくらいただいても胃もたれしません☆
kako-NrkCqgLD2IRbMYdX.png
左上から時計回りに・・・串揚げの盛り合わせ、天麩羅盛り合わせ、おまかせ寿司、出汁巻き卵
糸源さんはお寿司の美味しさでも定評があります(^^)父は自分が好物である分、魚に関しては
かなりうるさいのですが、こちらのお刺身とお寿司には太鼓判を押しているんだとかww
ふんわりとした出汁巻き卵も、父の大好物!!わたくしもお相伴させてもらいましたがふわふわな食感に
じんわりと滲みだす出汁の風味がたまりませn(≧▽≦)

今回は甘味までいただいております♡♡♡
kako-Ziag2p3qyxhd2OZ3.png
白玉あんみつは甘みを抑えた黒蜜としっとりとした餡子にもちもちの白玉、にぎやかなフルーツが入った
昔懐かしい感じです。甘いものはニガテなのになぜか白玉だけ大好きな娘にちゃっかり持ってかれて
わたくしがいただく時にはフルーツあんみつになっちゃいました(^^;

ひさしぶりに娘も交えた家族の夕食会に父も母も上機嫌で、お箸もお酒もすすんだ様子♪
わたくしたちも季節感たっぷりのお料理を堪能させていただきました。
もしかして思わぬ散財をさせてしまったかもしれませんが・・・

いつか出世払いでお返ししまーす(笑)

ごちそうさまでした(^人^)
kako-qhwsTFKO5sXgJjTB.png
月明かりの下、シダレザクラが夜風に揺れていました。

どうぞご注意を!!

テレビでもすでに注意勧告がなされていますが、三菱東京UFJ銀行を装った悪質メール・・・

ウチにも来ました!!(><)

たまたま我が家はUFJに口座を持っていないし、そもそもネットバンキングは利用していないので
すぐにおかしいと分かったんですが、驚くべきはその文章!!

4月1日から新システムに移行するにあたって、あなたの口座番号とパスワードが
きちんと登録されているかどうか下記のURLにてチェックしてください。
万が一、登録漏れがある場合は新システムに移行した時点で全ての操作が
不能となり口座も凍結されてしまいます・・・・・云々


とまあ一見、丁寧で親切に見せかけてかなり巧妙に不安を煽る内容になっているんです。
実際、口座を持ってないわたくしでさえ直接銀行に連絡して確認したほど(^^;
三菱東京UFJの窓口行員さんのお話によると

  メールで銀行側から口座番号やパスワードの提示を
  求めることは絶対にありえません


とのことでした。よく耳にしているこの注意勧告ですが、実際にそういった文章のメールが来ると
分かっていても不安になるものなんだな~と身をもって実感いたしました。
人間の心理って本当にあやふやなもの・・・どうぞみなさまもくれぐれもご注意くださいませ!

万が一こういった悪質メールを受け取った場合は、決してURLを開けずそのまま削除してください
と指示されました。気なる方は三菱東京UFJの公式HPにてぜひご確認を(^^;


line9.gif

4月からの新ドラマがぼちぼち始まっていますね!とりあえずチェックしていたのが
香取クン主演の『SMOKING GUN~決定的証拠』と小栗さん主演の『BORDER』♪

『SMOKING GUN』は民間の科捜研を舞台に繰り広げられるヒューマンミステリーで
なんといっても出演陣がとっても豪華☆科捜研の面々も一筋縄ではいかない個性派ぞろいで
それぞれのキャラクターにいわくつきの背景があるらしく、先が観たくなる展開です。
というかまず目に入るのは、鈴木保奈美さんの若い頃と全然変わらないお美しさだったり(♡▽♡)

『BORDER』はわたくしの大好きな作家さんである金城一紀さんの書き下ろし!となれば
観ないわけにはまいりません(*^^*)しかも、主演の小栗さん演ずる主人公の上役刑事を演じるのが
コワモテのカメレオン俳優、遠藤憲一サン!初回から、こちらの期待を上回る芸の細かさで
一癖あるキャラを緻密に演じていらっしゃいました(≧▽≦)
内容もさすがの金城節で、斜め後ろに着地点を持ってくるような構成がさすがです!!
単なる刑事ドラマや思わせぶりなサスペンスに落とし込まない独特のセンスにさっそくハマりそう♪

個人的には今のところ『BORDER』に軍配が上がってるかな~といったところですが
どちらのドラマも来週以降も要チェック☆です(*^^*)

っていうか・・・・・

 そろそろ小説も書こうよ、金城一紀サマ!(切望) 

京の鬼門☆比叡山を行く~その5 延暦寺西塔

こんばんは☆ 今日の京都はまるで初夏のようなぽかぽか陽気♪
ソメイヨシノもそろそろ散り際を迎えようとしていますが、今春最後(?)のお花見を
リア友さんとご一緒に楽しんでまいりました!(*^^*)
その模様は後日、改めてアップさせていただきます(ただいま鋭意編集中!)
昨日の晩は珍しく娘とおじいちゃま、おばあちゃまの予定が合ったので、
久しぶりに美味しいモンを食べに連れていただきました\(^▽^)/
こちらのレポートも後日アップ予定(ただいま・・・以下同文ww)

まずは、かれこれ10日に渡ってお送りしてきた『比叡山を行く』シリーズを完結させましょう!
滋賀県側から奥比叡ドライブウェイを走り横川を越えてさらに10分ほど進むと
西塔(さいとう)と呼ばれるエリアに入ります。閑静な杉木立に囲まれ、粛々とした雰囲気のこちらは
一般の方も予約すれば研修道場にて修行体験もできるのだとか。時代を遡れば・・・
kako-iZLamvjDzHHekEbV.png
かの親鸞さまも修行に励まれた場所なのだとか(@0@)

まず最初に見えるのが椿堂と呼ばれる古いお堂です。
kako-Q2LfcWNPwLjAWFew.png
参道から山の斜面下方に逸れた場所にひっそりと建つ椿堂。その名の謂れは
 昔、聖徳太子が比叡山に登られた時に使われた椿の杖を此の地にさして置かれたところ、
 その椿が芽を出して大きく育ったという因縁による


聖徳太子が置かれたものかどうかは分かりませんが(笑)椿堂の名に相応しく、背高に育った椿の大木が
あちこちにありました。花の季節の頃はきっととても美しいのでしょうね(*^^*)
kako-rQeagmAKQ6fRdyLM.png

ご本尊は千手観世菩薩。残念ながら非公開のようで、お堂の扉もぴったりと閉まったままです。
お堂の蟇股も『椿』でした☆
kako-HGzjax7yoPSNK8oY.png
下に貼られているお札はどうやら節分会のものらしいです。

参道をしばらく行くと双子のようなお堂が見えてまいりました!
kako-FiVfa4UwqH6AdRyt.png
向かい合う二つのお堂を渡り廊下が繋ぐ、とても珍しい構造です。

kako-nc9BYBD0NKZKcxX1.png
向かって右側が法華堂でご本尊は普賢菩薩、左側が常行堂で阿弥陀如来をご本尊としています。
そしてこの二堂をつなぐ廊下はにない堂と呼ばれており、その全てが重文指定です。
kako-H8ByDgxuhD4mckOC.png
かつてこの地で修行をしていた武蔵坊弁慶
この渡り廊下に肩を入れて担った(!)という言い伝えがあるそうな(@0@)
さすがは剛力で鳴らした弁慶らしいとてもダイナミックな伝説ですね~
kako-EinfmEb0mdS3irOV.png
駐車場にある「弁慶杉」・・・弁慶のイメージどおりの大木ですね~。
かなりズームアップ撮影しておりますが本当は小高い丘の上に生えているのです。

にない堂の下をくぐりぬけて石段を降りていくと、西塔の本堂にあたる釈迦堂、正確には
転法輪堂が堂々とした姿を見せてくれます。
kako-y53eLdTzBX2OXibR.png
延暦寺に現存する建築物の中でも最古のもので、元々は三井寺内園城寺の金堂でしたが、1596年に
豊臣秀吉の手によって西塔に移築したのだとか。国の重要文化財に指定されています。
kako-15iG6KaxDUe0eUgg.png
香炉に浮かび上がる『己』の文字・・・おのれ、つまり自分自身ということ?それとも十干の「つちのと」?
答えは分からないままですがとりあえずお焼香させていただきました(^^;

kako-QrB9inN2MC06jG4P.png
京都にある妙法院を創建された恵亮和尚(えりょうかしょう)をご本尊とする恵亮堂
この恵亮和尚も当時、比叡山において最も修力霊験に優れた和尚の一人であったそうです。
平家物語の一節によると

独鈷で自らの頭を砕き脳味噌を取り出して乳と混ぜ護摩と一緒に焚き込む

という荒技を駆使されたのだとか(^^;; 比叡山の和尚はホント、アグレッシブですね~(笑)

比叡山延暦寺の三塔の中でも、横川と西塔は比較参拝客が少ない方なのですが、さすがに週末ともなると
なかなか人波が途切れることはありません。およそ10分近く粘りに粘って・・・・・
kako-T4SuIXq9XJaezdrI.png
奇跡の一枚ゲット☆
・・・カメラを構えたまま中腰でひたすらシャッターチャンスを待つわたくしの姿に、ボス夫さんも苦笑いww

さていよいよ比叡山延暦寺三塔、残すは東塔のみとなりました。
伝教大師最澄が延暦寺を開いた発祥の地であり、総本堂根本中堂をはじめ各宗各派の宗祖を祀っている大講堂や
先祖回向のお堂である阿弥陀堂など重要な堂宇が集まっている、いわば延暦寺の総本山とでもいうべきエリア。
特に、根本中堂は国宝に指定されており、三塔の中でも最も人気の高いスポットなのです。

少しずつ影も長くなってきました。これは急いで回らねば!と気が逸るわたくしたちの車の前に
大型観光バスが3台立て続けに停まり、中から団体さん(たぶん日本の方ではない)がぞろぞろ~っと
列を成して降りてらっしゃいます。あっという間に混雑した入り口を眺めながらボス夫さんがひと言。

 『・・・・・もう、ええんとちゃう?』

どうやら限界点がきたようです(苦笑)思い返せば日吉大社から東照宮、横川、西塔と4ヶ所を
ほとんどインターバルなしで参拝していましたものね(^^; 元々それほど興味がないのですから
むしろよく忍耐していただいたというべきでしょうか・・・

結局とんでもない尻つぼみで竜頭蛇尾な締めくくりとなってしまいましたが(笑)後ろ髪を引かれつつ
比叡山シリーズ、これにてお開きでございますm(_ _)mチャンチャン☆

                                    
                                      へびのあし↓信心より食欲!

比叡山を行く・・・つもりがアレ?

こんばんは~♪
『比叡山を行く』レポも佳境に入ってまいりましたが、まずは取り急ぎこちらから↓
kako-l4HA3GFpeB6kGJf9.png
前々記事の『生野菜&茹で野菜が水っぽくならない裏技募集!』に対し
みなさまから多くのご教授を賜りましたこと、この場で厚くお礼申し上げますm(_ _)m
さっそく本日の晩ごはんの春雨サラダにて実践してみましたところ・・・

 パーフェクツッ!☆☆☆

今までになく素晴らしい出来となりました(*^^*)今回特に留意したポイントは

①茹ですぎない・・・春雨は熱湯に浸けて戻しますが、ほんの気持ち早めに上げて最後は余熱で仕上げます。
②ティッシュでくるくる・・・きゅうりは特に水分が出やすいので菜箸にティッシュを巻きつけて、ボウルの中を
                くるくると混ぜるようにしながら水気を吸っていきます。
③乾物に吸わせる・・・きくらげを熱湯に浸けて戻す際に早めに上げておき、野菜や春雨の水気を
              吸わせるようにしながら混ぜ合わせる。
④食べる直前に・・・あらかじめ和え酢を作っておき食べる直前に合わせる。
             その際、和え酢をまわしかけるのではなく、和え酢の中に具材を入れて拭うように和える。

きゅうりも千切りニンジンもパリパリっと軽快な歯ごたえで春雨にもしっかり味が染みています♪
やはり一つ一つの手順をおろそかにしないのが美味しいごはんへの近道なんですね(*^^*)
少々手間はかかりますが、サラダや和え物を作るのがむしろ楽しみになってきました!
ご教授くださったみなさま、本当にありがとうございます。おかげさまで美味しく仕上がりました(*^人^*)

ついでにきょうの晩ごはん
kako-IkjuWahbpXzSsALm.png
アスパラともやしの豚キムチ
春雨サラダ
タケノコのベジブロス煮 アボカド和え
チンゲン菜と出涸らし昆布の鶏がらスープ

kako-v8MZu29PtvgD9b9V.png
水の代わりにベジブロススープで茹でたタケノコとペースト状に潰したアボカドを合わせてお醤油を落とします。
いつも引きがイマイチなアボカドですが、今日はちょうどいい柔らかさでかつ黒ずみのない実に当たりました♪

今週から一週間分の昆布&かつお出汁を取って冷蔵庫にキープすることにしました♪
冷蔵庫用のお茶ポットを2本用意して、一本にはベジブロススープ、もう一本に昆布かつお出汁を作っておいて
お料理のたびに使っていく予定(*^^*)もちろん残った出汁ガラも無駄にはいたしません!

 鶏がらスープを沸かし、5mm幅に切ったチンゲン菜の根元部分と、出汁を取った出涸らしの昆布の細切りを
 入れたら中弱火で煮ていきます。香味ペーストとしょうゆ、お酒で調味し、チンゲン菜の葉の部分も加えて
 一煮立ちさせたら仕上げにごま油を回しかけて完成です☆


今日は娘がお友だちと晩ごはんを食べに出かけたので、アスパラを存分に使えます(笑)
kako-ZrV77niAO3iTLLvG.png
豚キムチにもやしとアスパラを加えてみました♪旨辛味がクセになりそう!

・・・・・・・気がつけば、比叡山レポを整える時間がなくなっちゃいました(^^;;;
代わりと言ってはなんですが、週末のごはんを駆け足でご紹介させていただきまして
お開きとさせていただきますm(_ _)m 

4月4日(金曜日)は、彼氏クンも一緒でした♪今回はコリアン料理でオ・モ・テ・ナ・シ♡
kako-GzUBlhhoyaNrpPzb.png
蒸し豚・九条ネギのチヂミ・白菜キムチ・・・近所の韓国料理食材店にて購入
チャンジャのカッテージチーズのせ
フォー風 鶏モモにゅうめん
キンパ

近所のコリア食材店の蒸し豚とチヂミは家族全員のお気に入りです♡彼氏クンも気に入ってくれるかな?
kako-UqMYxePjscn3iQev.png
チャンジャとチーズは意外と相性がいいんです♪今回はカッテージチーズが残っていたので
たっぷりと乗せていただきます(*^^*)

この献立の日にはトックを作ることが多い我が家ですが、この日はちょっと趣向を変えてみました。
見た目はベトナムの麺『フォー』に似た感じの、エスニックにゅうめんです(*^^*)
 塩とお酒を振りかけてしばらくおいた鶏モモ水からコトコトと煮込みます。茹で上がったらそのまま
 茹で汁につけた状態で常温まで冷ましておきます。その間にもやしをかるく下茹でし、そうめんも
 少し固めに茹で上げておきます。鶏モモ肉を取り出した煮汁にお酒、塩、しょうゆを加えて調味し
 (薄ければ鶏がらスープの素をちょっと加えて)、沸騰したところでそうめんを加えて一煮立ちさせます。
 お椀にそうめんを取り分け、一口大に削ぎ切りした鶏肉ともやしを並べて、熱い煮汁を流しいれます。
 仕上げに三つ葉をあしらってごま油を数滴落としたら完成☆


韓国風巻き寿司『キンパ』に初挑戦!!
kako-wzizTT0GS4NrwdT1.png
急に思いついたので具は余っていたソーセージ(笑)ヤンニョムとヨシダソースで甘辛く炒めてあります。
他には卵焼きと千切りニンジン、茹でた水菜、サニーレタスを具に、韓国海苔で巻いてあります。
ホントはごはんにごま油と白ゴマを混ぜ込むそうですがうっかり忘れてました(^^;
なので、ほとんど普通の巻き寿司に近い感じの仕上がりにwwwww

4月5日(土曜日) たまには娘の好物も作ってあげなくっちゃ(*^^*)
kako-PeV6gs8Scyc4p7sQ.png
トマトチーズハンバーグ
じゃが芋とブロッコリーの粒マスタードマヨ和え
キャベツの千切りサラダ

kako-5CNcrWKnGk29Hhfq.png
この時のサラダはまだどちらもちょっと水っぽいです(^^;
安売りしていたブロッコリー・・・表面はきれいだったんですけど中は黄色く変色していてガッカリorz
ちょっとでもマシなところだけ選り分けて使いましたがなんだかすごい敗北感を感じます(><;;

ハンバーグはつなぎのパン粉をできるだけ控えてその分よーく練りこみました☆
割れ防止にチーズをのせて、娘の好きなトマトも刻んでのっけ盛~♪♪♪
kako-E9UVUXVz2l3sm0sQ.png
もっちりジューシーで上々の仕上がりになりました(*^^*)娘もモリモリ食べてくれて嬉しかったです♡

4月6日(日曜日)は、娘が彼氏クンと野球観戦&夜桜デートに出かけたのでボス夫さんと二人ごはん。
せっかくなので(?)娘が食べられない鯖をいただきましたww
kako-QzlCmogNoyHPLqvM.png
鯖の味噌煮
ほうれん草の白和え
ベビーリーフのお浸し
竹輪と出涸らし昆布と大根の皮のきんぴら
牛蒡とワカメのおみそ汁
おかゆ・・・うっかりお米を切らしちゃいまして(^^;;冷凍してあったごはんを使ってお粥さんに!

kako-BEuSHI6e85bneKcs.png
具は、茹でてから醤油で洗ったほうれん草のみのシンプルな白和え。参考にした雑誌によりますと
崩しながら裏ごしした豆腐に、まずは練りゴマだけをしっかり混ぜ合わせるのだとか。こうすることで
ゴマの風味が格段に良くなるそうです(^^)馴染んだらめんつゆを少しずつ足しながら味を調整します。

kako-5FWW3hPDmtrXhAT4.png
ベビーリーフをさっとお湯にくぐらせてから絞り、かつおぶしと合わせてお醤油を落としたら
春の山菜にも似た和風っぽいお浸しになりました(@0@)ゴマ和えにしても良さそうです♪

節約きんぴらはすっかり定番料理に(笑)出汁をとったあとの昆布を細切りにして加えると
いっそう風味が良くなります♪今回はシンプルにめんつゆ味で・・・

体調が優れない時に鯖を食べると軽い蕁麻疹が出る程度のアレルギーなのですが、一度経験して以来、
鯖が食べられなくなってしまった娘(^^; ムリに食べさせることもないのでめったに食卓に上らなくなりましたが
ホントはわたくし、鯖が大好きなんです~(泣)
kako-1QEboP8etUxX0R3l.png
娘が不在だからこそのメイン(笑)
金山寺味噌を使用していますので麹がそのまま残る仕上がりです。これがまた美味しいんだ♪♪

・・・・・・・・というわけで、今日は予定を大きく変更してお送りいたしました(^^;
明日こそは
比叡山レポ最終回☆竜頭蛇尾コースを行く
でお会いいたしましょう(笑)

                                        今週のお花は母からのお裾分けです♡

京の鬼門☆比叡山を行く~その4 延暦寺横川

日吉大社から東照宮を巡る『比叡山を行く』レポ、4頁目でございます。
実は今回、めずらしくお弁当なぞ作ってみたわたくし(*^^*)
奥比叡ドライブウェイに向けて車を走らせること数分、到着した展望台にて
ふたり腰を並べてランチタイムとしゃれこみましょう♪
01_201404062110073a8.png
お稲荷さんとお握り2種(高菜ゴマ&アンチョビおかか)を主食に、おかずには定番の唐揚げと卵焼きと
茹でほうれん草の海苔巻き。香の物は野沢菜漬け・・・とごくそっけないものですが(笑)
眼下に広がる琵琶湖を眺めながらいただくごはんはとっても美味しく感じました(*^^*)
02_20140406211009268.png

しっかり腹ごしらえもできたところで、それではいよいよ比叡山に切り込んでいきましょう!!
比叡山(ひえいざん)は、滋賀県大津市西部と京都市北東部にまたがる山で
大比叡(848.3m)と四明岳(838m)の二峰から成ります。奈良の高野山と並び、古くから信仰対象の山とされ
伝教大師最澄によって開山された天台宗総本山比叡山延暦寺は世界文化遺産に登録されています。

今回のもう一つの目的である延暦寺は、東塔(とうとう)、西塔(さいとう)、横川(よかわ)という
三塔から成り立っています。
滋賀県側から入山したわたくしたち、まず最初に到着したのは横川エリアです☆
比叡山の最も北に位置し、三塔の中でも最も霊性を感じることのできるこの地域は、延暦寺の僧侶たちの
修験の場でもあります。
駐車場からしばらく歩いていくとまず目に入るのが・・・
03_20140406211012419.png
龍ヶ池弁財天・・・昔、この池には大蛇が住み着き修行僧や付近の住民に害を与えていたところ
            元三大師なる僧が大蛇に向かって『汝はその身を自在に変えられるというが本当か』と
            尋ね、大蛇が『本当だ。』と答えたところ『ならば大きい姿になってみよ』と命じた。
            大蛇は『お安い御用』とばかりに数十倍ほどの大きさに変化する。大師は
            『では今度は小さくなり我が手の平に乗れるものか』と問うて、大蛇がみるみる小さくなり
            大師の手の中に収まったところを観音力により閉じ込めてしまった。
            大蛇は元三大師に諭され悪行を悔い改めたのち弁天さまのお使いとして自らの神通力を
            人々の道中安全と心願成就に向けたという。


04_20140406211016175.png
今は池の水もほとんど干上がってしまい伝承の面影もありませんが『雨乞いの弁天さま』として
いまも信心されているそうです(^^)

大蛇はいませんでしたがカモがおりました(笑)
kako-6N5NnG7uHFuIsIKc.png

龍ヶ池から山手を見上げると朱も鮮やかな中堂が垣間見えます!さっそく登ってみましょう♪
05_20140406211003402.png
石段脇にはまだ根雪が残っていますね~(@0@)

横川中堂・・・横川のいわば本堂にあたり、遣唐船を模して造られたとされる舞台造りの建物は
           確かにまるで宙に浮かんだ船のように見えます。1942年の落雷で焼失した旧堂に代わり
           1971年にコンクリート製で再建されました。本尊の聖観音立像は重文指定です。
06_201404062111074a7.png

07_201404062111111a4.png
鬼瓦の表情にも迫力があります!
右:『護法石』には鹿島明神と赤山明神なる延暦寺の守護神の霊跡が宿るのだそうです。

堂内にお邪魔してみました(*^^*)
08_20140406211114854.png
さすがに真正面から撮影するのははばかられましたので斜めから(^^;
たくさんの奉納品が積まれていてその信仰の篤さを強く感じます。祈願の際には梵語を唱えるようで
願いに応じてふさわしいサンスクリット語が示されていました。

ぐるりと堂内を回りこむと壁一面に並ぶ金の観音像!!!
09_20140406211117503.png
これはごくごく一部なのですが、ずらりと並んだ観音像の数に圧倒されます(@0@)
こちらは供養を願って奉納されたものなのだとか。
10_201404062111043fb.png

中堂から少し山道を歩いていきます。
11_20140406211510bfc.png
鬱蒼とした杉林に囲まれた山道は、深閑としていて神秘的です。道々にまるで道祖神のように
石像が置かれているのがまた粛々とした雰囲気を醸し出しています。(-人-)

およそ10分ほど行くと四季講堂すなわち元三大師堂に到着いたしました。
12.png
こちらは元三大師の住居跡と伝えられています。
さきほど龍ヶ池の伝承にも登場したこの元三大師とはいったいどのような方なのでしょうか?

元三大師(がんざんだいし)・・・平安時代の天台宗の僧、良源。諡号は慈恵大師(じえだいし)。
                       第18代天台座主(天台宗の最高の位)であり、比叡山延暦寺の中興の祖。
                       当時、度重なる大規模火災で根本中堂を初めとする多くの堂塔を失い
                       荒廃していた当山を立て直し、焼失した堂塔を再建した。
                       『元三大師』の名は、命日が正月の3日であることに由来している。
こちらがそのお姿です!!
15.png
元三大師は別名『降魔大師』ともいい、密教の修行を極めた末にさまざまな異能を持っていたそうです。
まるで骨と皮だけになったようなそのお姿に、驚くべきは二本の角が生えているではありませんか!
「角大師」というこのお姿は、京の都を脅かさんとする鬼や妖かしどもと対峙する際に
自らもその身を鬼に変えることでより強い伏魔力を得たのだとか。
そもそも、この比叡山そのものが平安京から見ると北東、すなわち鬼門の方角にあり
魔や疫の侵入を阻む役割を担っていました。その比叡山の中でも北東に位置する横川は
いわば鬼門の中の鬼門!
もしかしたら元三大師は「ゴーストバスターズ」のような活躍をされていたのかもしれませんね!

比叡山の御坊はなかなかアグレッシブな方が多いようで、凄いゴーストバスターが元三大師の他にも
いらっしゃいます。たとえば慈忍和尚は『一眼一足』と呼ばれる一ツ眼の妖怪の姿に身を変えて
夜の山中を徘徊しておられたのだとか(^^;;;

閑話休題。話を大師堂に戻しましょう。
13.png
元三大師は現在ある「おみくじ」の原型を考え出されたとしても知られています。
堂内の案内によりますと、そもそもおみくじとは
 将来起こることを予想するものではなく現在の状況を見極め、今後どうあるべきかを示すものであり、
 心に深く迷いがある時に御坊にその旨を残さずご相談したのちに籤をひいていただくのだそうです。
 ちょっとした運試し気分で引くものではないのだとか(^^;


14.png
967年より、村上天皇の勅命によって四季に法華経が論議されたことから四季講堂とも呼ばれます。

16.png
蟇股には青い獅子の姿が垣間見えます。秋には紅葉が美しいのだとか。

せっかくですので『平安のゴーストバスター』のお札をいただいて帰りました(*^^*)
kako-C8A8Htpw10WRS92E.png
玄関の外に向けて貼ります。これは外部から侵入する「魔」を寄せつけないようにするため。

元三大師堂からさらに奥へ行くと大師のお墓である御廟があるそうなのですが、今回は時間の都合で断念(><)
ぐるりと回って横川中堂近くまで戻ってきました。中堂とは反対側の山肌に伸びる石段を登りますと
17.png
根本如法塔が見えてまいりました!
慈覚大師円仁が根元杉の洞の中で始めたとされる如法写経にちなみ、その塔の中には仏教経典を
書写したものが数多く納められているのだそうです。大正時代に再建されたその塔は非常に均整の取れた
シルエットが印象的で、周囲はほぼ全てが紅葉の木。深秋の景色はきっと想像以上の美しさでしょうね!
18.png

横川を後にして次のエリア西塔へ向かう途中で見つけたミステリゾーン(?)
19.png
一見、ごく普通の公園か休憩所のようにも見えますがその名も『狩籠(かりごめ)の丘』
ここには元三大師をはじめ比叡山のゴーストバスターズたちが狩り捕らえた魑魅魍魎たちが
閉じ込められているのだとか(@0@)写真中央やや右に見える三角の尖り石がその印でしょうか?

魔物たちの目を覚まさぬように、そっと離れましょう(^^; 次回は西塔を御案内いたします♪

閑話~おうちごはん一気放出☆

今日はボス夫さんと二人でお義母さんのお墓参りに行ってまいりました(*^^*)
帰りに梅小路公園に寄ってプチお花見と手づくり市の散策に・・・
kako-dviRaKmrZwuXRF13.png
冬に戻ったかのような冷たい北風とあいにくの花曇でしたが、園内のソメイヨシノは今が満開でした!

さてさて・・・比叡山レポが遅々として進まないのも気になりますが、ふと気がつくとごはんフォルダーの
画像もあっというまにいっぱいになってしまっています(焦)
今週はそれなりに頑張ってたので自分へのねぎらいも込めて、一気放出させていただきますm(_ _)m

30日(日曜)
kako-hy8cqLrg7344SlYH.png
鶏肉と白菜のみぞれ煮
もやしとアスパラの粒マスタードマヨネーズ和え
ささ身とたたききゅうりのピリ辛和え
人参と大根の皮とハムの中華風きんぴら

kako-9R8BoY5AO91u1V4A.png
モヤシとアスパラをさっと茹でてから粒マスタードとマヨネーズで和えたのですが、どうも水きりが不十分で
少し水っぽくなってしまいました(><)
ささ身ときゅうりのピリ辛和えも同じく・・・orz お野菜の水きり、どうもニガテです。
あまり力を入れて絞りすぎるとしなしなになってしまいますし、ペーパータオルで押さえてもイマイチ取りきれず。
みなさんはどのようにされていますか~??

この日のメインはあっさりとしたおかずでした。
kako-EKDMgWbs24Bwe4rz.png
ベジブロススープとめんつゆで鶏モモ肉と白菜をコトコトと炊いて、おろし大根をのせます。
最近ベジブロススープを使うようになってから、市販の粉末だしの素がしょっぱく感じるようになりました。
特に減塩やオーガニックにこだわっているわけでもないんですが、やっぱり人間の舌って正直なんですね☆

31日(月曜)
この日は実家から嬉しい差し入れがありました♪
kako-8Qa9Igj1cyI0Z5VU.png
叔父が栽培した椎茸です!とにかくすごく大きくて肉厚なんです♪
どのくらい大きいかと申しますと・・・・・・・・・・・・
             ↓

kako-he7ggJj61txiNKNh.png
左はスーパーで売られている椎茸です(笑)うーん、赤ちゃんの顔ほどもあるなぁ(@▽@;;
ボス夫さんのリクエストでシンプルな焼き椎茸にしてみました♪

kako-y0hqHOIrjW15rhnY.png
小松菜と厚揚げのオイスターソース炒め
水菜と三つ葉のサラダ
炒め茸のなめたけあんかけ
焼き椎茸
高菜と炒り卵の混ぜごはん

とりもなおさず茸づくしの食卓と相成りました(^^)
kako-zXZdxWQgOZ2KjXnF.png
焼き椎茸はオーブントースターで軽く下焼きをしてからフライパンで焼き付けています。
お醤油を振ったら蓋をして蒸し焼きに☆なぜわざわざ下焼きをしたかと申しますと・・・

従兄弟が生焼けで食べてしまってお腹を壊したらしいので(^^;;

幸い、わたくしどもは大変美味しくいただき、その後も快『腸』でございます(笑)

オリーブオイルでざっと炒めた茸(椎茸、シメジ、えのき、エリンギ)の上から別の鍋で作った
なめこの出汁あんをまわしかけます(^^)今回もベースはベジブロススープにめんつゆと少量のすり生姜で。

kako-yHi3TwFofyZUnSPM.png
サラダはいつもの水菜に刻みトマトを乗せてみました(^^)
冷ご飯が余っていたので解凍し、高菜と卵をごま油で炒めたものとお醤油で混ぜごはんに。

メインはひさしぶりにオイスターソースを使いました☆
kako-Jtm4HbHXtNYVxmkB.png
娘は「ほうれん草」は好きなのですが「小松菜」はいまいちな様子(^^;
『いちおうはちゃんと食べたで~』と言いつつ、彼女のお皿だけいつまでも緑豊かでした(苦笑)

4月1日はスローなイタリアンだったので(笑)・・・2日(水曜)
kako-fhAhLlYUmW0NH222.png
ブリの唐揚げ
タケノコとチンゲン菜の木の芽田楽風
椎茸とほうれん草の卵炒め
大根ときゅうりのチョレギサラダ
椎茸とエノキのベジブロス中華スープ

kako-iyPyN4D006Isewat.png
大根ときゅうりは千切りにして水気を絞ってから、コチュジャンやヤンニョム、ハチミツ、お酢を混ぜて作った
ピリ辛の韓国風ドレッシングを和えていただくのですが・・・・・やっぱり水っぽい(><)
うーん・・・どうしたものだろうか??どなたか裏技プリーズ!!

タケノコとチンゲン菜はベジブロススープで炊いたので濃い黄色に仕上がりました(笑)
安売りしていた木の芽を冷凍保存していたのですがこれを名古屋味噌といっしょにすり鉢で丁寧にあたると
木の芽田楽風の一品ができあがりました♪
木の芽の冷凍は、常温に戻すとどうしても葉の色がわるくなってしまうので、彩りには向きませんが
凍ったまますり鉢であたると香りも風味もちゃんと復活しますのでおススメです(*^^*)

kako-I60GEd5PYXka5z0j.png
ブリの唐揚げは、事前に塩をお酒を振っておいたので臭みもなく、低温からじっくりと揚げて
最後に高音で一気に水分を飛ばすと、香ばしく仕上がりました(^^V
レンコンスライスと万願寺唐辛子の素上げを添えて♡

3日(木曜)
kako-PzSXE0ZK4umogEo7.png
麻婆豆腐
ちくわと高菜の炒め物・タケノコと椎茸と大根の皮のオイスターソース炒め・人参のシリシリ
茹でスナップエンドウ

炒め物3種盛です♪←少しでも洗い物を減らす作戦(笑)
kako-uqmRw5NEwfNxV7X6.png
にんじんのシリシリはぱぴちゃんのねーねさまから・・・
タケノコと椎茸のオイスターソース炒めはボーノくんさまから・・・
それぞれアイディア&レシピを拝借いたしました(*^^*)
『しりしり』という感じの食感とともににんじんの風味をダイレクトに味わえる『シリシリ』と
タケノコと椎茸の旨みにオイスターソースが絡んでお箸が止まらない『オイスターソース炒め』、
どちらもとても美味しくて、食卓に乗り切らなかった分は晩酌のお供にさせていただきました♡

久しぶりの正統派☆
kako-ssh6U6TCJbJun8eU.png
『初心に帰ろう』をコンセプトに、奇を衒わず基本どおりに作った麻婆豆腐ですが
辛さが物足りなかったのは気のせい?それとわたくしの舌がより強い刺激を求めてるのかしらん?

・・・・・・・・というわけで、長々と記録させていただきましたが、まだまだ追いついてないっていう(^^;
とりあえず、しばらくは比叡山レポの続きをアップしつつ、ちょいちょいおうちごはんの記録を
差し込んでいくパターンになりそうです。
ちなみに次回は

 京の鬼門☆比叡山を行く~その4 ゴーストバスターズ編

をお送りする予定です♪またまた趣味に走っちゃうぞ~~~♪(笑)

京の鬼門☆比叡山を行く~その3 日吉東照宮編

こんばんは~今日はまた寒の戻りと申しましょうか花冷えと申しましょうか
本当に肌寒い一日でした(-0-;しかも時折、吹き荒れる突風とにわか雨のせいで
せっかく咲いた桜の花もあっというまに散らされてしまい・・・(><)
週末の天気もいまひとつパッとしないようですが、お花見に行かれる皆さま
どうぞ風邪などひかれませんよう暖かくしてお出かけくださいね♡

さて。長い長い閑話をようやく休題いたしまして『比叡山を行く』レポ再開です☆
日吉大社を満喫した後は、そこから徒歩10分ほどの所にある日吉東照宮を目指します。

途中にある早尾地蔵尊が祀られている六角地蔵堂
kako-ZX1ixoR64xSlYxvl.png
その名の通り製六角柱の建物です。こちらにお祀られている地蔵尊は伝教大師最澄が自作したとされ
その後、真盛上人として現世に現れ入滅された後は再び地蔵尊に戻られたとの伝説があります。
童子教育に力を注いだ最澄にちなみ『子育て地蔵』と呼ばれ、地元の信仰を集めておられます。

地蔵堂のすぐ隣にある早尾神社参詣口に・・・
kako-3zwDy5IyCc8g49gF.png
たくさんの荷物が置かれています。どうも学生さんのものらしいのですが。
               

kako-WYOj24xrozxh5PwV.png
どうやら運動部系の学生さんがこの階段をダッシュ☆されているご様子(@0@)
ひゃ~~~っ!これはかなりキツそうですね!!10段も登れば足が上がらなくなりそうです(汗)

心臓破りの石段を横目にロープウェイ乗り場の方へ向かってしばし歩くと比叡山高校が見えてきます。
kako-qrMQQoKe3214ltMM.png
きっと先ほどの学生さんたちもこの高校の生徒さんでしょう。校門からまたも石段が続いてるし(笑)
実際、ユニフォーム姿で顔を真っ赤にしながら走る生徒さんと何度もすれ違いました。

ダッシュもランニングもせずにのんびり歩いてるにもかからわず、なぜか二人とも息が上がり始めた頃
ようやく唐門が見えてまいりました♪
kako-11Hdodq3EnUfKuCg.png
日吉東照宮・・・徳川家康公の逝去に伴い1623年、南光坊天海によって創建されました。
             本殿と拝殿を石の間で連結する権現造の様式は日光東照宮の原型となり
             『関西の日光』とも呼ばれています。

kako-SObHYSOnNXwKpXxB.png
唐門に施された見事な細工の数々。剥落など一部損傷が激しい部分もありますが往年の絢爛さは
充分に感じ取ることができます☆つがいの鶴(右下)の生き生きとした様は今にも動き出しそう!!

そもそも、京都花大黒ご店主さまのブログにてコチラの記事を拝見したことから、その素晴らしさに
いてもたっても居られずにこの東照宮へやってきたわけなんですが、あれほどご店主さまからも
 内部拝観は日祝限定!と念を押していただいていたにもかかわらず

土曜日だし!
しかも締め切った門を見るまで気づいてないし!


そんなわけで先人(ご店主さま)の知恵に習い、わたくしも透塀の格子の隙間から
盗撮感覚でございます(^^;;;
kako-uqgN8PaA4EJJa56d.png
おおっ!!素晴らしい~(T▽T)遠目にもその細工の絢爛さがはっきりと分かります♡
できるかぎりズームしてみましょう♪
kako-mLApqPxTsE03itDZ.png
一番に感じるのはやはりその彩色の妙です。ほとんど剥落していますが創建当時はきっと
いたるところに金箔が使われていてもっときらびやかだったんでしょうね~(*^^*)

正面に見えるのは二頭の向かい合う虎!
kako-qZ74nfO7JhyiJigO.png
しなやかな背骨やがっしりとした後ろ足の腱など、あまりにもリアルで驚かされます。
当時の日本に虎は居ないはずなんですが・・・少なくとも猫との共通点は認識されていたのかしらん?
蟇股にはとぐろを巻く青龍、その下の長押にも龍の文様が描かれています。

kako-tjQreJquYtf28qaE.png
木鼻も大変色彩豊かで迫力のある獅子です。たてがみにも躍動感があってとても写実的!

透塀に沿ってサイドから本殿も見てみましょう♪
kako-C4SCbAsDDhMDanIk.png
かなり剥落が激しいのが残念ですが、壁面の描画も精緻でとても美しいです。おそらく本来は
金箔が貼られていたのではないでしょうか。創建当時はさぞ眩しいほどの輝きだったでしょうね~☆▽☆

kako-lCjbDHepHasRApnk.png
再び拝殿にレンズを向けまして種々様々な蟇股をチェックです♪
虎(左上)、亀・・・玄武でしょうか?(右上)、鷹(左下)・・・他にも吉祥や勇壮を表す動植物が
生きている姿そのままに彫り出されています!他にももっとご覧になってみたい方は
花大黒ご店主さまのブログよりコチラの記事をぜひチェックなさってください☆
『あの隙間からよくぞここまで!!』と感動するほどのラインナップがご覧いただけます(T▽T)

kako-4nyoPW7eV48BWxMg.png
建築装飾の魅力のひとつとしてわたくしが好きな、同じモチーフを繰り返し繋げていくフラクタル模様♡
この東照宮でもあちこちで数多く見られました。
kako-dX2zeePq7ohnMnco.png
曼荼羅も同じだと思うんですが、『整合の美』『均整の美』は仏教施設にとても似合っていると思います♪

東照宮ですので言うまでもなく祀られているのは徳川家康公の御霊。
あちこちに葵のご紋が記されていました。
kako-BiYywXIFXN2gnuqQ.png
屋根の細部にいたるまで手の込んだ細工がなされています(♡▽♡)

帰宅後『日吉東照宮』で検索したところ、日祝の内部拝観はどうやら写真撮影も可能っぽい~。
あぁっ!!なぜ日曜日に行かなかった自分っ!(泣)

ちょっぴりたそがれながら、せめて眼下に広がる琵琶湖と近江の町を眺めようじゃありませんか・・・
kako-pyqoa8UJhgxwV1JB.png

後頭部が禿げるほど後ろ髪を引かれつつも、東照宮をあとにいたしましょう。
いずれまたリベンジに参ります。次は間違いなく日曜日に!!

帰り道の石段・・・
kako-fKMsmTxE6Xles74v.png
イヤ、これ無理やろーっ!(もちろん迂回路を戻りました笑)

比叡山を行く☆まだまだ続きます・・・・・・・

夜桜を愛でる

本日も『比叡山を行く』レポはひとまずお休みいただきまして、夜桜見物のお話をさせていただきます。

最近、ボス夫さんの終業時間が早いこともあって『今年は夜桜を観に行きたいね』と話していたのですが
どうも今年の桜は足が速そうな様子。うかうかしていると見逃してしまうこと間違いなし!!ということで
昨日の晩、急きょ夜桜見物に出かけることにいたしました♪

駅を降りた頃には薄暮に浮かび上がる桜も・・・
kako-3pTTuPLZcwvPyEFw.png

食事を終えてお店を出る頃にはすっかり夜モードです♪気分もだんだん盛り上がってきたぞ~
kako-LJOQuZQAsMtMsNji.png

今回の目的はシダレザクラが有名な円山公園から少し奥に入ったところにある高台寺です。
こちらは桜の名所として全国的に名高く、京都のガイドブックにも必ず掲載されているメジャーどころww
夜間のライトアップがされているとのことで、今回ぜひ行ってみよう!との運びに相成りました。

それにしてもまあ平日の夜だというのに大変な人出です!特に四条通をまっすぐ東に突き当たると
京都を代表する桜の名所、八坂神社~円山公園に到るとあって、ほとんど身動きできないほどです!
そこで王道から少し外れて祇園界隈を抜けていくことに・・・って8割わたくしの趣味だったりしますけど(笑)
kako-hVPLHd3RTilou1wb.png
お茶屋さんがずらりと並ぶ祇園の路地に、ちょうど今開催されている『都をどり』の提灯が幽かに揺れて
とても風情があります(*^^*)祇園甲部の舞妓さん芸妓さんが一堂に会してその踊りと芸を披露される
都をどりは、京都の春を告げるとても華やかな舞踏公演です・・・まだ一度も見たことないんですが(^^;

祇園の町を通り抜けて東大路を越え、しばらく歩くと山門が見えてまいりました!
kako-E0SKN5fcq7stovUK.png
さすが指折りの観光名所!大変なにぎわいです。交わされる言葉も大変国際色豊かで
むしろ関西弁の方が珍しい気がしてまいりました(笑)

ただでさえピンボケや手ブレ写真の多いわたくしの撮影技術に加えて、周囲は真っ暗のナイトモード
・・・帰宅後チェックしてみましたら使える写真少な~っ!(--;;;
そんなわけでして、駆け足で流してまいりますがどうぞご了承くださいませm(_ _)m

・・・・・え?むしろ読み易いから歓迎ですと??(笑)

kako-noLymVTGPAM7y3ku.png
鷲峰山高台寺(じゅぶざんこうだいじ)は豊臣秀吉の死後、その菩提を弔うために
正夫人である北政所(ねね)によって開創された寺院です。当時の政治的配慮から徳川家康が
多大な財政援助を行ったこともあって、派手好きであった豊臣秀吉夫妻らしい壮麗さを誇る
大変華やかで美しいお寺です(*^^*)

左上:拝観入り口は庫裏から。とにかくものすごい人出なので拝観順路もきっちりと決められており
    参拝客はみな列を作って順路どおりにぞろぞろと歩いていきます(^^;
右上:まずは小振りながら見事に咲いた桜がお出迎えしてくれました♪
左下:遺芳庵と呼ばれる茶席。近世初期の商人で趣味人であった灰屋紹益が、夫人の吉野太夫を
    偲んで建てたもので、京都市上京区にあった紹益の旧邸跡から明治41年に移築したもの。
    こじんまりとした佇まいに侘びさびを感じますね~壁に大きく丸く切った窓が素敵♡
右下:高台寺第一世の住持、三江紹益禅師の木像が祀られている塔所開山堂。残念ながら
    撮影はNGだったんですが(><)礼拝堂中央の天井に描かれた北政所の御所車が描かれ
    (かなり剥落していましたが往年の華やかさは充分偲ばれます)長押や柱の細工も細やか☆
    いかにも桃山時代の爛熟した文化がうかがえる絢爛な塔所でした!

さて、高台寺の桜の中でも最も目玉となるのが方丈前庭に植えられたシダレザクラでございます。
ちょうど見頃のこの桜は日没から21:30までライトアップされて幽玄な一面を見せてくれます。
今年は今話題の3Dマッピングと融合させた企画がなされているとのことですが・・・
kako-Dp4jHFNiyrJKzjMo.png
方丈前庭の白砂や土壁に浮かび上がる光のページェントはなかなか興味深いのですが
どうも桜よりもこちらを強調されたいのか、従来の桜を照らすライトが定期的に点いたり消えたり・・・
たぶん墓苑もあるお寺ということで音楽などもないので、どうにも点滅する照明のタイミングが計れず
カメラを構えた参拝客の方からも、桜の照明が消えるたびに『あ~~~・・・』と落胆する声が(^^;
ボス夫さんとふたりで『コレ(3Dマッピング)要る?』って思わずツッコんじゃいました(笑)
照明が点くとこんな感じ☆
kako-vXOa6CCfWRSXFaZk.png

メインイベントの夜桜が微妙な感じだったんですが(いや、キレイはキレイやったんですよホント)
その直後に目を奪われるような素晴らしい風景が!!
kako-LAnZCR5sNZLg1hg6.png
お分かりでしょうか。写真ではその驚きの100分の1も伝えられないのがもどかしい~(T_T)
下半分は池の水面に映った逆さの景色なんです!
臥龍池という大きな池が中庭に造られているのですが、この水面に高台に建つ建物や
池縁に植えられた紅葉がその細部までくっきりと映り込んでいました。
その明瞭な逆像を見ているとまるで自分が空中に浮いているような不思議な感覚に・・・

正直、シダレザクラよりも断然こちらの方が見応えあり!!(☆▽☆)

ここまで美しくくっきりとした逆さ景色は珍しいのだとか。風がなく水面が完全に凪いでいるからこそでしょうね。
千載一遇の絶景に出会えたことに心から感謝です(^人^)
kako-IfGaeOiFNtihCo38.png
まるで夜のマンションを撮影したよう・・・開山堂もくっきりと映りこんでいます。

kako-XUnMoNWDYQEASOuU.png
美しくしつらえられた竹林を抜けて高台へ登ると、この高台寺を建立した北政所、すなわち
太閤秀吉の正室である『ねね』の墓所である霊屋(おたまや)が見えてまいります。
kako-9td4mZefNgW8jIxi.png
墓所ですのでもちろん撮影は禁止です(^^;厨子内に秀吉とねねの木像が安置されているのだそうで、
京都の街を一望に見下ろすことが出来る一等地にお二人の御霊を祀っておられるんですね~(*^^*)
華やかで大きなことが大好きであった夫婦らしく須弥壇や厨子には華麗な蒔絵が施されており
建物の細部にも絢爛な金箔に彩られた細工がこれでもか!というほどあしらわれています。

この霊屋と開山堂を結ぶのが臥龍廊(がりゅうろう)と名づけられた長い階段です。(左右下)
反り返ったような急角度と屋根を覆う瓦の様子がまるで龍の背のように見えることに由来しています。

kako-mlyczpThPk8L20HB.png
傘亭(右上)と時雨亭(左下)なる二つの茶室からは京都の街並みが一望できます。
傘亭は、竹が放射状に組まれ唐傘のように見えるところからその名がつけられたのだとか。
土間廊下で繋がっている時雨亭は茶室には珍しい二階建て。どちらも伏見城から移築されたものだそうです。

最後に見かけたのがなぜか首まで地面に埋まった二頭の龍・・・いまいちどういう意味かは分かりませんが
手前の龍の耳元にあしらわれた椿の花が妙に可愛らしくて思わず笑っちゃいましたwww

さすが人気の高い寺院だけあって本当に細部まで見応えのある華やかなお寺でした。
今度はぜひ明るい陽の下でじっくりと見学したいなぁ(*^^*)
kako-H8cNJHC6AsXuwp7t.png


                                      裏あすも定期便・・・きのうの晩ごはん

速報!!(4月1日)

4月1日付でスタートした税率8%の消費税増税に関して、政府は
これはエイプリルフールを盛り上げるためのウソである
と発表した。
すでに増税による値上げを公表している銀行や企業などでは混乱が必至であり、経団連では早くも
正式な抗議文書を提出する動きもある模様だが、消費者からは「嘘で良かった」など安堵の声も多く聞かれる。



・・・・・・・・・・・・・なんてな(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。