スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーズンオフの東福寺 その2

今日もまた冷たい雨模様に逆戻りの京都。。。寒いけどなかなか雪にはならないんですよね~
インフルエンザが爆発的に流行ってるようです。どうぞみなさまくれぐれもお気をつけくださいませ。

さてそれでは
16b.jpg
シーズンオフの東福寺の続きです(^^)

東福寺は『八相の庭』と呼ばれる庭園が大変有名です。
この八相の庭とは、お釈迦様の生涯において八つの重要な出来事(八相成道)を表す
蓬莱・方丈・瀛洲・壺梁・八海・五山・井田市松・北斗七星をなぞらえて配された四庭のこと。
昭和13年に近代造園家の重森三玲によって作庭され、方丈を囲んで東西南北四方に配されています。

それではまずは210坪からなる広大な南庭から順に見て回りましょう。
17_20150128234950d4c.jpg
古来中国の神仙思想では、東の大海の彼方に仙人が住む蓬莱・方丈・瀛洲・壺梁の四仙島があり
仙薬や財宝があると信じられてきました。
南庭ではこの四仙島を巨石で、『八海』を渦巻く砂紋で、『五山』を西方に置いた築山で表現しています。
南正面に設けられた唐破風の表門は昭憲皇太后(明治天皇の皇后)により寄進されたものだとか。

ぜひ、この素晴らしい枯山水庭園を一望してみてくださいませ💛
18_20150128234951955.jpg
 サムネイルをクリック☆するとパノラマ画像がご覧いただけます(*^^*/

東福寺の枯山水庭園はその壮大さと清廉な美しさから龍安寺や南禅寺と並び大変人気が高く
桜や紅葉のシーズンにはこの長い広縁に座る場所もないほどたくさんの参拝客で賑わうそうですが
ただただ寒いだけ(笑)の1月末ともなるとさすがに人の姿もまばら。おかげさまで、
19_201501282349523b0.jpg
奇跡の一枚、撮り放題(笑)

まっすぐに続く広縁をつきあたり建物に沿って右へ曲がると西庭が見えてまいります。
21_2015012823501418f.jpg
葛石を使って方形に区切られたサツキの刈り込みと砂地が大きな市松模様に図案化されています。
これは古代中国の田制(田を『井』の字に区切ることで等分する)、井田(せいでん)にちなみ
『井田市松』と呼ばれています。
トラディショナルな南庭の枯山水に比べて非常にモダンで現代的な印象のお庭です。

次の角を曲がるとご覧いただけるのが、よりいっそうスタイリッシュな北庭
22_201501282350167f5.jpg
ウマスギゴケの緑と敷石の白の色鮮やかなコントラストは、まるで鏡の国のアリスに出てくる
チェスの世界を再現したかのよう!
球形に刈り込まれたサツキとも絶妙の調和を保っていて、彫刻家イサム・ノグチはこの庭を
『モンドリアン風の新しい角度の庭』と評したそうです。
23_20150128235018986.jpg
この敷石は元々、南庭に建てられている表門(恩賜門)に使われていたものなのだとか。

最後に小さな敷地の中に限りない広がりを見せる東庭を見てみましょう。
20_20150128234953b7a.jpg
雲文様の地割に円柱の石が七つ、北斗七星の形に置かれています。後方には天の川を模した生垣が配され
足下に夜空を覗き込むような小宇宙を造りだしています。

現在、京都では第49回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開という企画が開催されています。
さまざまな寺社でふだんは非公開の文化財が特別に公開されるといもので、ここ東福寺も該当していました。
24_20150128235019f42.jpg
偃月橋(重要文化財指定)という木造の橋を渡るとしっとりとした緑陰に囲まれた表門が見えてきます。
こちらが東福寺塔頭のひとつ龍吟庵。第三世住持、大明(だいみん)国師の住居跡で
なんと応仁の乱以前から残る日本最古の方丈建築なのだとか!国宝にも指定されているとのことで
ぜひカメラに収めたかったのですが、建物は撮影禁止ということで残念ながら断念orz
ちなみに表門(写真右)は桃山時代のもので重要文化財に指定されています。

龍吟庵で一番の見どころといえば、やはり重森三玲の手によって設えられた名庭の数々でしょう。
DSCN4973.jpg
・・・いきなり何もない庭?(笑)

いえいえ、実はこれも立派な庭園です。方丈正面にあたる南庭は称して『無の庭』
一木一草をも用いずただただ簡素な白砂だけが広がる空漠の世界は見る者の心によって
変幻自在の印象を与えるのかもしれませんね。
竹垣にまるで稲妻のような珍しい装飾が施されていますが、これは次のお庭に関係します。

25_20150128235021fcb.jpg
西庭はすなわち『龍の庭』。寺名の『龍吟庵』にちなみ、巨大な龍が海中より出でて黒雲を得て
天へと昇らんとする姿を石組みによって表現しています。
26_2015012823504911b.jpg
中央に置かれた青石にご注目(写真左)
ピンと立った二本の長石が龍の角を、そこから斜めに伸びている巨石が龍の鼻先になぞらえられているのが
お分かりいただけますでしょうか。この龍の顔にあたる石を囲むように渦巻き状に石が置かれていて
波間に見え隠れするとぐろを巻いた胴体を表しています。
白砂は海の波、黒い砂は黒雲を意味し、周囲の竹垣には雷紋と非常に凝った見立てがなされています。
27_201501282350513cf.jpg

こちらのお庭もパノラマ写真でその全貌をお楽しみいただけます。サムネイルをぜひクリック★
DSCN4976.jpg

方丈の背後には庭はなく、大明国師の座像を安置した開山堂が建てられています。
29_20150128235054a34.jpg
『霊光』と墨された扁額は北朝3代将軍、足利義満の手によるものだとか。

東庭はまた非常に珍しい枯山水庭園です。称して『不離の庭』
30_201501282351338b7.jpg
赤砂を全面に敷き詰めるというなかなかパンチの効いた石庭は、幼少の頃、狼に襲われそうになった
国師の身を二頭の犬が守ったという故事に基づいて作られたのだそうです。

この赤砂は鞍馬の赤石を細かく砕いたものが使われていますが、この赤石自体が今では非常に
入手困難となっており貴重なものだそうです。
40.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
稀代の天才作庭家、重森三玲の世界を存分に堪能できる東福寺の寺庭めぐり・・・
桜も紅葉もありませんが、これらのお庭を拝見するだけでも足を運ぶ価値が十分にあると思います💛
むしろ人が少なくてじっくりと楽しめて良かったかも~~(≧▽≦)

DSCN4996.jpg
次回は龍吟庵以外にも数多くある塔頭を散策いたします♪


明日天気になあれ・・・切実に(-人-)
スポンサーサイト

シーズンオフの東福寺 その1

更新だけは・・・・と言いながらまたまたご無沙汰しておりました、あすもですm(_ _)m
沈没していた理由は後述するといたしまして、本日は先週末におでかけした東福寺
ご紹介したいと思います(*^^*)

01_20150125205927cad.jpg
京都市内の東側にある東福寺は臨済宗の大本山であり京都五山の第四位の禅寺です。
1236年当時の摂政であった九条道家が、奈良で最大の寺院である大寺と最盛を極めた興寺に
なぞらえようと両山から一文字ずついただいて、京都最大の伽藍を造営しました。
確かに寺名に使われる漢字はわりと似通っているものが多いですよね。
京都には他にも東寺や西福寺、金福寺などがあって、参拝する側としてはちょっとややこしい(笑)

駐車場に車を置いてまず一番に目に飛び込んでくるのが大迫力の三門です。
02_20150125205928cfc.jpg
1425年に足利義持が再建し現存する禅寺の三門としては日本最古のこちらは国宝指定。
非常に均整の取れたシンメトリーがどっしりとした安定感を感じさせます。
手前の思遠池は季節になると水面を埋め尽くす蓮の花でいっぱいになるのだとか。

正面の柱間が5つ、うち中央3間が通路になってる『五間三戸』造り、二階二重門で左右に階段と山廊を有す
威風堂々とした御門です。構造的には大仏様でありながら視覚的には禅宗様の折衷という凝った造りで
正面二階には北朝第四代将軍足利義持の筆で『玅雲閣』なる扁額が掲げられています。
小さく見えますが実はコレ、なんと畳三畳分もあるのだとか!!
03_2015012520593163e.jpg

続いて、この三門越しに見えるのが本堂にあたる仏殿です。
05_20150125205934908.jpg
高さ25.5メートル間口41.4メートルにもおよぶ大建築は、明治時代に焼失したのを昭和9年に再建しています。
昭和期の木造建築としては最大級で、三門に勝るとも劣らない重厚感たっぷりの伽藍です。
06_20150125210009cd0.jpg
内部の天井に描かれた蒼龍図は京都を代表する画家堂本印象の手によるもの。

仏殿のすぐ近くで負けじと威容を誇る一本の大木。
07_2015012521001117f.jpg
イブキというヒノキ科の木で高さは16.5m周囲は3.36m。10mにも及ぶ枝張りの古樹です。
江戸時代に刊行された『都名所図会』にも円柏(いぶき)の古樹は開山国師、宋国より携へ来る
記載されており、また1700年頃に描かれた東大寺の境内図にもその姿が描かれているそうです。
京都市登録天然記念物に指定されています。

仏殿を挟んでこのイブキの木とは反対の方向、山手の方に目を向けてみましょう。
08_201501252100123c9.jpg
石造りの奉納鳥居がずらりと並ぶ参道を行くと五社成就宮に辿り着きます。
東福寺の鎮守社として、石清水八幡宮・賀茂・稲荷・春日・日吉という主流五社を合わせて祀っています。
『みんな、オラに元気玉を分けてくれ!』みたいな?(笑)
09_20150125210014e82.jpg
毎年11月第二日曜日にお火焚祭が催され、家内安全・無病息災・商売繁盛・学業上達の祈願が行われます。

五社成就宮の狛さん
10_2015012521001529f.jpg
ちょっぴり背が低めでコロンとしたシルエットがブサ可愛いwww

こちらは東福寺の大鐘楼で江戸時代のもの。
成就宮の隣にひっそりと建っていますが、これも京都府の文化財に指定されています。
11_20150125210100a8c.jpg

東福寺には他にもたくさんの堂が建ち並んでいました。
12_201501252101024b9.jpg
浴室(左上)は禅寺のものとしては国内最大で東大寺の湯屋に続いて古いものなのだとか。
内部は正面板敷きの上に2つの蒸し風呂が並び後方に釜と焚き口があるとのことですが原則非公開。
禅堂(右上)は選佛場とも称され、修行僧である雲水が座禅はもとより寝食を行う場。
室町時代に再建され、日本国内最古にして最大の僧堂です。

浴室と禅堂は国の重要文化財に指定されいます。

経蔵(左下)には東福寺開山の円爾弁円が宋から持ち帰った一千余にもおよぶ経典が収められています。
方丈の唐門(右下)は庫裏とともに明治天皇の皇后である昭憲皇太后より恩賜されたものだとか。
二条城や西本願寺のような華美さはありませんが非常に繊細で緻密な装飾が素晴らしい!
13_2015012521010461c.jpg
14b.jpg

庫裏とは僧侶が居住する場であり寺内の食事を整える台所を兼ねています。
現在では寺務所としているお寺も多く、東福寺の庫裏も方丈庭園の受付となっていました。
15_20150125210107d74.jpg
切妻を正面とする禅宗式寺院で白い壁に映える格子状の架材が印象的。
16_20150125210150076.jpg
皇太后の恩賜とあってか装飾もたおやかにして繊細で非常に女性的な建物という感じでした。
降り鬼のお尻が擦り剥けていてちょっと痛そう~(^^;;

それでは次回、いよいよ方丈庭園を見て回ります。乞うご期待☆


 ↓裏あすも不定期便~シバラクハサワリタクモナイ

今週はスープウィークで行こうと思います!

こんばんは☆

某主婦雑誌の最新号に感化されましてww今週はスープを主役にした献立を
いろいろ考えていきたいと考えています♪
名づけて“スープウィーク”
さっそく今晩からスタートです(*^^*)
01_20150125232924641.jpg
有頭海老のスープ
じゃがいもとソーセージのグラタンチーズ焼き
鶏ハム 山椒バージョン

大々的に銘打ったわりにはおかずが少ないですけど(^^;
02_20150125232927518.jpg
グラタン(左)は市販のホワイトソースを使うと超お手軽です♪皮を剥いてレンジで加熱したじゃがいもを
スライスして輪切りにしたソーセージと合わせたら市販のホワイトソースをかけてたっぷりのチーズを乗せ
オーブントースターで15分加熱するだけ(^m^)

最近お気に入りの鶏ハム(右)は、ちょっとアレンジして炊いた山椒を巻き込んであります。
風味はそのままにピリピリとした辛みが和らぐので、普段は苦手にしている娘もしっかりと食べてくれました♪

本日のスープ
03_20150125232927653.jpg
 ニンニクは薄くスライスし、白ネギはみじん切りにしておきます。お好みの野菜も大きさを揃えて
 切り分けておきます(今回は玉ねぎと椎茸を使いました)。海老は頭は外さずに足だけをちぎり
 殻の間から背ワタを抜いて軽く塩しておきます。鍋に油をひいてニンニクと白ネギを
 弱火でじっくりと炒めて香りを立てたら海老を加えてさっと炒め、野菜も加えます。
 水とお酒を加えたら時々灰汁を掬いながらじっくりと煮込み、塩コショウで味を調えます。
 (ちょっと物足りなかったので香味ペーストをちょい足ししました)
 
海老の風味と旨みが溶け込んだスープ、めっちゃ美味しいです(≧▽≦)
しっかりとダシをとるためにもぜひ有頭海老を使って殻ごと大胆に炊いちゃいましょう♪

おうちで手軽に作れる主役スープなら、娘と食事時間が合わない時にもノープロブレム☆
たっぷり作っておいて残りは明日の朝ごはんに・・・なんていうのもいいですね(*^^*)

*****************************

日曜日は一日が過ぎるのがあっという間に感じます(^^;
明日からまた気合を入れて頑張るぞオーーッ!!

・・・・・といきなり体育会系ノリで鼓舞しているのには理由がございまして。
会社の決算(1月末)が迫ってるんです実は(@_@;; 
毎月の損益についてはいつも税理士さんにお願いしているんですけど、
2月というのはちょうど確定申告の準備時期なうえに、多くの企業事業所は3月を決算月に
規定されているので、毎年それはそれはお忙しくされているんですね。

そのため今年も税理士さんの方から、迅速に処理を終えるために可能な限り早急に
必要資料を揃えて提出して欲しいと要請をいただきまして・・・つまり来週からが一年で一番の繁忙期。

そんな時期にまさかの事務所のパソコンを新調するとか言い出すか?社長=父よ!

ウチの父は『思い立ったが吉日』の人なので待ったが効きません。今日っつったら今日!!みたいな(^^;

逆らってもしゃーないのでこの週末にヨド○シでちゃっちゃと購入してまいりました。
明日月曜日のお昼には搬送されてくる予定なんですが、設置も設定もわたくしの仕事。
今使っているパソコンから膨大なデータを移行だけでも時間かかりそうだなあ。。。
しかも税理士さんに提出する資料はパソコンで作ってるので、まずはマシンを使える状態にしないと
何一つ作業が進まないっていう(--;

ああ、せめて3月に入ったらヒマになるし店頭価格も下がるのに(泣)

そんなわけで、皆さまには、年末からずーーーっと読み捨て御免ばかりで礼を失しておりますことを
ただただ心苦しく恐縮に思ってはおりますが、今しばらくのご無沙汰をご容赦いただけますよう
平にお願い申し上げます<(_ _)>

せめて更新だけは出来る限り頑張りますので☆(^皿^/
05_201501252329328d0.jpg
東福寺レポも感動が薄れないうちにカミングスーン!!

久しぶりに家族が揃いました♪

こんばんは☆
やっと雨も上がって気持ちよく晴れた日曜日、皆さまはいかがお過ごしでしたでしょうか。
我が家では久しぶりに家族全員が同じ食卓を囲むこととなりまして
おじいちゃまおススメの鉄板焼き屋さんでご馳走になりました♪
01_20150124211047058.jpg
広島焼きゅうちゃんです。京都だけど広島焼き(笑)
親しみやすい庶民感覚の外観とアットホームな雰囲気の気取らないお店です。
油が飛び散りやすい店種ですが、厨房も客席のカウンターもピカピカに磨かれていて気持ちいい~☆
ご店主さんやスタッフさんの心意気が感じられますね(^^)

バイトや外出続きでなかなか一緒に晩ごはんを食べられなかった娘も、今夜はパパの隣で
ゆっくりリラックスです💛💛💛
022.jpg

・・・・・・・・・・おや?お気づきの方はいらっしゃるかしらん。。。

実は娘、ロングヘアーをばっさりカットしました!

1ヶ月前はこんな感じでした(^^)・・・あ、もちろんほうれい線のない左の彼女ですよ~(笑)
03_20150124211049aca.jpg
高校以来のショートカットですが、以前に比べてなんだかちょっとオトナっぽくなったような気がします。
しばらくずっと髪が長かったので、後ろ姿が見慣れな~~い!ついつい2度見しちゃいますwww

閑話休題(笑)
それでは美味しいお料理の数々をご覧いただきましょう♪
04_20150124211052179.jpg
鉄板焼き系。。。左上から時計回りに、タン塩焼き、鶏モモ塩焼き、ホルモン焼き、げそ焼き
テンポよく出てくる焼き物はどれも適度な歯ごたえと旨みがあってウマウマ~☆
今日は娘が運転してくれるので、安心して生ジョッキに手を伸ばせますね(^m^)

05_20150124211053845.jpg
母のおススメ、チーズオムレツはキレイに焼き上げられてますね~☆
お箸を入れると中身はふっくらフワフワとろっとろなのだ(≧▽≦)

ウチの母はチーズ好き(笑)
06_20150124211119432.jpg
チーズポテト焼き(左)はフライドポテトとチーズを合わせてじっくりと焼いてあります。
外側のチーズがパリッパリ、中身のポテトがもっちりした新食感☆☆☆これウチでもできないかなぁ(^^)

オーソドックスな焼きそばは麺がかなり細め!香ばしく軽い口当たりで、お好み焼きと一緒に食べても
お腹にもたれないのがいい感じです💛

07_20150124211120b56.jpg
長芋のバター醤油焼きはもちろん長芋のホクホク感もメロウマなんですけれど、なんといっても
上に乗った海苔が絶妙に軽くて潮の香が効いてるんですよ~☆☆☆
薄手の海苔を1枚ずつ丁寧に炙ってあると思うんですが、韓国海苔とはまた全然違った感じです。

08_20150124211121981.jpg
こちらがメインの広島焼き💛
ご当地広島ではなんというのか存じませんが、関西で『広島焼き』といえば
薄く焼いた皮にたっぷりのキャベツを乗せて押し付けながら蒸し焼き、焼きそばと卵を重ねて
あらよっ☆とひっくり返して焼き上げたもの。
お好み焼きと焼きそばをドッキングしたモダン焼きともまたちょっと違っているんですね~。
意外とあっさりしていてとても食べやすいのはキャベツたっぷりだからでしょうか。
お腹がすいていれば女子でも1枚ぺろりと完食できそうです(^^)

〆はインパクト大のこちら!
image1_20150124232057f53.jpg
その名もブラックバニラ(@0@)
イカスミ?海苔の佃煮??・・・・・いえいえ、実は中に竹炭が練り込んであるんだとか!
お味は普通のバニラでしたが舌触りがちょっとざらっとしていて、そこは炭っぽいちゃ炭っぽい(笑)

実家の両親も交えて久しぶりの家族水入らずの食卓、大変楽しく美味しゅうございました<(_ _)>

09_201501242111225dc.jpg
昼間、ボス夫さんと東福寺に出かけてきました♪ただいま鋭意編集中でございます!
またまた長~~~~~~~い記事になるかと思いますが、よろしくお付き合いのほどを💛

神さまだって夫婦はそんなもの

こんにちは☆

そろそろ1月クールのドラマも出揃ったようで、みなさまどの番組をご覧になってますか?
ざっと見て面白そうと思ったのが、金曜10時の『ウロボロス』や火曜9時の『ゴーストライター』。
やっぱりわたくしサスペンス系が好きなようですww
あとコメディ系だと火曜10時の『まっしろ』、月9の『デート~恋とはどんなものかしら』も面白いです。
真希ちゃんも杏ちゃんも観てるだけで可愛エエ~~~(≧▽≦)
そうそう、水曜10時の『残念な夫』も夫婦あるあるな感じが笑えます。

残念な夫といえばなにも人間界だけのことじゃありません。日本神話の中にもちゃっかり居ましたよ(笑)

京都市の西方、梅津という所ににある梅宮大社は四姓(源平藤橘)のひとつ橘氏の氏社です。
01_20150121114202ae7.jpg
創祀は奈良時代前期といわれていますが、のちの嵯峨天皇の時代に皇后であった橘嘉智子すなわち
檀林皇后が祈願をして皇子を授かったことから子授け・安産の神として現在の地へ遷座されたそうです。

真っ赤な鳥居が目立つ社ですが、意外と周囲の住宅街にしっくりと馴染んでいます。
あまりに馴染みすぎているからでしょうか、何度も前を通っているのに今回が初めての訪問(笑)

02_2015012111420547e.jpg
こちらは子授け・安産の神であると同時に、祭神が酒解神 (さかとけのかみ)であることから
酒造の神としても多くの信仰を集めています。
随神門(楼門)にもたくさんの酒樽が奉納されていますね~。
元禄の頃に建てられ、一度は台風禍に見舞われましたが1968年に再建されました。
本殿や拝殿とともに京都府登録文化財に指定されています。
03a_20150121122539be6.jpg
随神門内の左右には随身として豊磐間戸命(トヨイワマドノミコト)・奇磐間戸命(クシイワマドノミコト)の
2神の神像が安置されていました。どっちがどっちかはよく分かりませんが(笑)

随神門を潜ってまず最初に目にするのが大きな松の木。
04_20150121114208351.jpg
堂々たる幹と整った枝ぶりのゴヨウマツは、『区民誇りの木』にも指定されています。

05_20150121114207544.jpg
拝殿は桁行三間・梁行三間の入母屋造に屋根は銅板葺と非常にオーソドックスな造り。
こちらも元禄時代に創建、随身門と同じく文政11年(1968年)に再建されています。

境内にもたくさん奉納された酒樽が整然と並んでいました。
06_20150121114242c4f.jpg
日本酒の事は全然分からないんですけど個人的には『都鶴』というネーミングがいいなww

奥に進むと本殿が見えてまいりました。
07_2015012111424399f.jpg
檜皮葺に三間社流造の本殿には酒解神をはじめ、大若子神 (おおわくこのかみ)小若子神 (こわくこのかみ)
酒解子神 (さかとけこのかみ)の四神が祀られています。
どなたもあまり耳慣れない神さまですが、木花咲耶姫命(このはなのさくやひめのみこと)瓊々杵尊(ににぎのみこと)
といえば、日本神話を読んだことのある方には聞き覚えがあるのではないでしょうか。

 山の神であるオオヤマツミノカミはニニギノミコトの元に、姉イワナガヒメと妹コノハナサクヤビメという
 二人の娘を嫁がせますが、その外見がたいそう醜かったイワナガヒメだけが返されてしまいます。
 オオヤマツミノカミは 
 「イワナガヒメを添えたのは天孫(ニニギ)が岩のように永遠でいられるように、
 コノハナノサクヤビメを添えたのは木の花が咲くがごとく繁栄するようにとの誓約であったのに
 イワナガヒメだけを送り返すならば、天孫とその子孫の寿命は花のようにはかなくなるだろう」

  と怒ったため、それ以来ニニギの子孫である天皇も古来の神々ほどの長寿は得られなくなりました。

 このニニギノミコト、コノハナサクヤビメと結婚したのはいいのですが、ヒメが一夜で懐妊したことから
 自分ではなく国津神の子ではないかと疑ってヒメを問い詰めようとします。疑惑を晴らすべく
 コノハナサクヤビメは「天津神であるニニギの本当の子なら何があっても無事に産めるはず」
 産屋に火を放ってその中で出産をし、無事にホデリ・ホスセリ・ホオリの三神を授かったのです。


ああそれにしてもニニギノミコトよ。
新婚の妻に向かって『ホントに俺の子か?』はないやろ~
そりゃ嫁もキレますって!キレ方がアグレッシブ過ぎるけど(笑)
そもそも結婚相手を完全に顔だけで選んでますからね、彼。
まあ姉妹まとめて寄越すオオヤマツミノカミもどうかとは思いますが、イワナガヒメ可哀相すぎ(^^;
その後『ヤマノカミ』となって山に入ってくる女性全員に祟るとかもう完全にトラウマやん。

ついつい裏あすもが出てきちゃいましたが(笑)
この神話の中の、山の神オオヤマツミノカミが酒解神、“残念な夫”ニニギノミコトが大若子神、
“炎の妻”コノハナサクヤビメが酒解子神、そして産まれてきたホオリノミコトが小若子神に充たります。
ちなみにこのホオリノミコトはのちの山幸彦(お兄さんの釣り針を失くしてしまい海の中へ探しにいった彼ですね)

12_20150121114309857.jpg
狛さんはふっくらとして丸い感じですがお顔はなかなか精悍で迫力があります。

08_20150121114245e61.jpg
神紋は橘。もちろん橘氏にちなんでのことでしょう。
相殿には嵯峨天皇と壇林皇后、嵯峨天皇の皇子仁明天皇と壇林皇后の父である橘清友公が祀られています。

09_20150121114246d52.jpg
『梅』『産め』を掛けた子授け祈願の絵馬です。
この絵馬のデザインや社の名前からも推察できる通り、こちらは梅の名所としても知られています。
毎年3月第一日曜には『梅産(うめうめ)祭』が催され、お神酒や神苑の梅から造られたジュースが
振舞われるのだとか♪それにしてもこのネーミングwww

境内にも大振りの見事な梅の木がたくさんあったのですが・・・・・
10_20150121114248385.jpg

ま、1月半ばだったらこんな感じです(笑)梅のつぼみもまだまだ固そうですね。
11_20150121114307f24.jpg

めげずに神苑を拝見させていただきましょう!
入場料500円を支払って自分で鉄門を開けてお邪魔します(^人^)
13_2015012111431193b.jpg
思ったよりも広々とした神苑は、勾玉池と呼ばれる大きな池を中心に散策しながら季節の花々を
楽しむことができる池泉回遊式庭園となっています。
14_20150121114312ef0.jpg
季節の花々・・・・・・・・うん、季節が問題ですね(笑)
ちなみにもうちょっと暖かくなれば梅を皮切りに、八重桜、つつじ、杜若、花菖蒲、紫陽花、椿など
折々の花が美しく咲くことでしょう!コノハナサクヤだけに!!

16_20150121114329964.jpg
仕方なく池の鯉や幹の造作が面白い松などを眺めていたところ、ようやく見つけました☆
17_201501211143310ff.jpg
小さく咲いた白梅の花💛ぽってりとした花弁がとても清楚で可愛らしい~(≧▽≦)

他にも、ちょうどロウバイ(蝋梅)が見頃を迎えていました♪
18_20150121114333e82.jpg
名前に『梅』とついていることや甘い香りなどから梅の仲間のように思われがちですが全くの別種。
花弁が蝋のような色であり、臘月(旧暦12月)に咲くことからこの名がついたのだとか。

淡黄色の繊細な花びらが傾き始めた冬の日差しに透けて見えて、とても美しかったです。
途中で諦めないで良かった~~~\(^▽^)/

・・・というわけで。

古来神々の時代から夫というものは多かれ少なかれ残念なものなんですな~・・・なんて
不謹慎なことを考えつつ散策した梅宮大社。次回は花が咲き揃う季節に再訪したいものです(^^)
19_20150121114334247.jpg


常備菜があれば・・・

こんにちは(^^)
きょうの暦は大寒。一年で最も寒い日とされています。確かに寒いですね~(^^;
これからだんだん寒さが緩み、三寒四温しながら春に向かっていくわけですが
ダウンコートを脱ぐ季節が今から待ち遠しいです(*^^*)

さて。なかなか記事にはなりませんが(笑)おうちごはんもなんとか頑張ってマス☆
根っからサボリ症なので仕事がお休みの日にできるだけ常備菜を作り置きしておくのですが
先週~今週もそれらが大活躍してくれましたよ!

まずはうっかり記事にし損ねていたパスタから(笑)
0111.jpg
先日、あっさむさまから教えていただいた牡蠣のオイル漬けのパスタとハムキュウリサラダは
11日の日曜日の晩ごはんです。
0111b.jpg
 牡蠣を漬けていたオリーブオイルで玉ねぎをさっと炒めて牡蠣を戻し、少しお醤油を垂らしたら
 茹で上がったパスタを加えて混ぜ合わせ、ざく切りにした水菜を加えたら蓋をして10数えます。
 最後に粗挽き胡椒を振ったら完成です\(^▽^)/


お醤油だけなのに牡蠣の風味がしっかり出ていてメロメロウマウマ~~(≧▽≦)
このパスタのためだけにもう一度オイル漬けを作ってもいいかも♪と思わせる美味しさでございました。

15日木曜日の晩ごはん
0115.jpg
厚揚げのキムチ鍋
小芋の炊いたん
ごぼうのタラマヨ和え
出汁巻風玉子焼き
自家製海苔の佃煮

寒い日が続くとやたら辛い物を食べたくなるわたくし(笑)
0115b.jpg
いつもは海鮮や豚肉を使って作ることが多いキムチ鍋ですが、今回は厚揚げを使った一人鍋仕立てに。
一人鍋にすると3口コンロが塞がってしまうので、大きな鍋でまとめて作ってから小分けにしたら
後片付けが思いのほか面倒だった件(--;

出汁巻卵はちょっと隙間が空いてしまって見た目はただの玉子焼きになっちゃったんですけど(笑)
お味の方はボス夫さんから『今日のは美味い!!』とお墨付きをいただきました(≧▽≦V
DSCN4734.jpg
・・・つって味つけに白だしを使ってるだけなんですけどね~www

続いて16日金曜日の晩ごはん
0116.jpg
鶏ハム ガーリック味
小松菜とツナの煮浸し
大根のソテーたっぷりきのこのせ
白菜のホワイトシチュースープ

お正月に作って好評だった鶏ハムを再度作ってみました♪
0116b.jpg
ニンニクのすりおろしをたっぷりと塗り付けたんで、翌日に娘のバイトが無い週末を狙うwww
かなり日持ちのするこの鶏ハム、すっかり我が家の定番としてもう一本まだ冷蔵庫で待機中です(^^)

小松菜とツナの煮浸し・・・なんだか早口言葉みたいな料理名(笑)こちらもしっかりと水気を切ってから
保存容器に移すと数日は冷蔵できますが、ちょっと小松菜の色が悪くなってしまいました(^^;

0116c.jpg
 大根は厚めに切って皮を剥き、下茹でしておきます。お好みのきのこも石突を取って食べやすく
 切り分けておきます(今回はしめじと椎茸を使いました)。フライパンにゴマ油をひいて
 スライスしたニンニクを熱したら、大根を並べて中弱火でじっくりと焼きます。火が通ったら
 ひっくり返して、フライパンの空いたところにきのこを入れて蓋をし、さらに加熱します。
 大根を取り出してお皿に並べたら、めんつゆとみりんで味付けを。青ネギのみじん切りを加えて
 ひと混ぜしたら、大根の上に乗せて出来上がり♡

大根はソテーすると旨みと甘味がより強く感じられますね(*^^*)

17日土曜日の晩ごはん
0117.jpg
ブリのコチュジャン煮
もずくときゅうりのタラコ酢和え
蓮根ステーキ

今回、美味しネタをご教授くださったのはぱぴこ×2でメロウマおうちごはんを紹介されている
ぱぴちゃんのねーねさま♡♡
0117c.jpg
さっそく我が家でも♪♪♪とノリノリだったんですけどこれがですね、他のおかずでうっかりと
豚肉の薄切り肉を使い過ぎちゃったんですよ~orz
実際は豚肉が蓮根をぐるりと巻きつけられていて上には大根おろしが乗っかってて、それはそれは
めっちゃ美味しそうに出来上がる・・・・・はずだったんですけど、枚数の足りない豚肉を半分にカットしたら
蓮根の上乗せるだけになったのですっごく安定が悪いんですよ、大根おろしが乗らないくらい(笑)

ねーねさま、ビジュアル的にも手順的にもいろいろアレだったんですけど、蓮根の美味しさは
バッチリ引き出されてました!!次回、もういちど豚スライスを多めに買って(笑)再チャレンジです☆

0117b.jpg
メインのブリも事前に作り置いたもの。フライパンでさっと温めるだけなのですっごいラクチンなのだ♪♪

☆今回の作り置きリレー☆
0119a.jpg
15日のサブおかずとしてサーブしたごぼうのタラマヨ和えが、18日にはポテトサラダに変身!
そしてこのポテトサラダがさらに進化して・・・・・

0119b.jpg
春巻きになりました\(^▽^)/ 
ま、だいたいポテトサラダの末期は春巻きになるんですけどね、我が家の場合(笑)

そんなきのうの晩ごはん(^^)
0119c.jpg
豚肉と茸の名古屋味噌炒め
ごぼうのタラマヨポテサラ春巻き
豆腐の塩あんかけ

メインは作り置きしておいた豚肉と茸の塩炒めをアレンジしています。
0119e.jpg
はい、察しの良い方はもうお分かりですね!コレを作るのに豚肉を使い過ぎちゃったわけですエエ(笑)

0119d.jpg
豚のひき肉を使った塩そぼろも作り置きしてました(^m^)こちらはあんかけにして温めたお豆腐にかけます。
そぼろは塩と生姜を強めに効かせてあるので、他に味付けしなくてもちゃんと塩あんになりましたよ☆

こんな感じでこの一週間も我が家を支えてくれた常備菜の数々に感謝です(^人^)
ま、お休みの日は半日、常備菜作りで潰れちゃうのが難点なんですけどねトホホ

春まで冬眠?!

こんばんは(^^)
今日は久しぶりに海へ出かけてまいりました♪もちろん目的は釣り!
真冬の海風に吹き晒されることを想定して、古いスキーウェアを着込んで(笑)いざ出発☆

01_201501182102098c3.jpg
京都縦貫自動車道から舞鶴若狭自動車道へと走ると、車窓の向こうは雪景色。
なんだかスキーに出かけるのと錯覚しちゃいそうです(^^;

今回はざっくりと『日本海、福井県』くらいにしか目的地を想定していなかったので釣り場案内を辿りつつ
まず最初に到着したのが城山公園です。
03_2015011821021191d.jpg
鳶の群れが見つめるその先に・・・

02_20150118210211077.jpg
城山海水浴場があります。オフシーズンなのにずいぶんと車が多いなと思っていたところ、どうやら
こちらはサーフィンスポットのようですね~(@0@)福井県にこんなところがあるなんて知らなかった~!
冷たい風と水もなんのその、本当にたくさんの方が波を相手に楽しんでいらっしゃいます

・・・・・・・うーん、ここでは竿は振れませんね(^^;

砂浜に沿って海水浴場を離れると、小高い丘へと登る道が見えてきました。
登り口には古い鳥居が建てられています。この先にお社があるのでしょうか??
04_2015011821021444a.jpg
ちょっと怪しい雰囲気ではありますが、もしかしたらいい感じの岩場が見つかるかも!
とりあえずカメラを片手にどんどん進んでまいりましょう(^^)
05_20150118210217c2c.jpg
丘の途中にあった小さな祠は蛭子神をお祀りしたもの。蛭子神は海の神さまですので、きっとこの近辺を
見守ってくださっているんでしょうね。ボス夫さんと二人で本日の大漁をお願いしておきました(^人^)
祠の足元から海へと降りる道があるようです。海面からかなり近いところに石灯籠が据えられていますが
満潮でもここまでは上がってこない、ということなんでしょうか。

岩場の感じはとても良いんですけど、今日はあまりに波が強すぎるようですねウーン。。。
07_201501182103395af.jpg

公園内にある明鏡洞を見物してから次のスポットを探しに行きます♪
06_20150118210339d05.jpg
明鏡洞・・・高浜八洞の中でも代表的な洞穴で天候によってはボートで潜ることも可能です。
      昔の丸鏡の形をした洞を通して日本海の海水が鏡のようにキラキラ光って見えることから
      その名がつけられたとか。


城山公園からさらに走ること30分ほど。
音海小中学校裏にある漁港の脇を今回の釣り場に選びました(^^)
08_20150118210341543.jpg
穏やかな内海ですが適度に潮が動いていていい感じ♪
高まる期待に胸を躍らせつつ、蛭子神のご加護を信じて糸を落としてみたところ・・・



・・・・・釣れ~~ん!全く釣れる気がせん!!

とにかく魚の気配というものすら感じられません(><)
餌を撒いてもむなしく水面に漂うばかり・・・先日見ていた釣り番組では撒き餌をしたら最低でも1時間は粘れ!
とのことでしたが、1時間たっても白い泡が空しく揺れるばかり(泣)
風が穏やかで時折、陽が差すのであまり寒くないのだけが幸いですが、それでもさすがに真冬の海。
じっとしていると知らぬ間に鼻水が(笑)

結局4時間近く粘って釣れたのが
09_20150118210342adc.jpg
この1尾のみ(笑)ちなみにコレ、全長5センチにも満たないジャリ魚でした(^^;
もちろん、記念撮影の後は丁重にお帰りいただきましたよ~(笑)

餌はすべて使い切ってしまったので今日は竿じまいですが、もうちょっと未練がましく海沿いを走ります。
10_20150118210343faa.jpg
音海小中学校を挟んで反対側にあるのが大波止と呼ばれる場所です。
こちらはなかなか有名なスポットだそうで、シーズンになるとファミリー客を中心に賑わいを見せるのだとか。
灯台の近くで何人かの釣客の方が竿を振っておられましたが皆、どうやら烏賊狙いのよう。
やっぱりこの季節、魚は釣れないのかな~(^^;

11_201501182104238ee.jpg
鳶に見つめられながらスタートした今日の釣り紀行は、お尻を掻く猿に見送られて終了です(笑)

釣果があまりにも寂しかったので(笑)せめてお昼ご飯は美味しいものを食べたいね!ということで
買ったばかりのスマホで検索して見つけたのがこちらのお店☆
12_2015011821042697c.jpg
『やってます』の看板がユニークなまいづる茶屋さん。
実はこちら、駐車場が神社の境内・・・というかお店そのものが境内内にあるんです!
13_20150118210428df3.jpg
小さな祠と狛さんだけのこじんまりとしていますが、広々とした境内に木々が茂っていて古色深いお社です。

さて、店内はといいいますと
14_2015011821042947d.jpg
素朴な外観と同様、今風のお洒落さはありませんが隅々まで掃除が行き届いた清潔で明るい好印象♪
なかでもわたくしたちの目を引いたのが・・・
15_20150118210429bee.jpg
立派な魚拓の数々・・・うーん、かなり羨ましいですゾ!!(笑)

ボス夫さんが注文したのはちょうど今がシーズンの牡蠣づくし💛
16_20150118210505660.jpg
真ん中にどーんと据えられた大粒の牡蠣がインパクト大ですが、特筆すべきはその左上の豆鉢に入った
牡蠣の燻製です!これがもう、牡蠣の風味と旨みをぎゅーっと凝縮してスモークの香りが香ばしくて
めっちゃ美味しい~~~(≧▽≦)あ、半分いただきましたハイ(笑)

その他に牡蠣の天ぷらや牡蠣丼、牡蠣入り茶わん蒸しとまさに牡蠣づくしの贅沢御膳ですが、
この内容だったら1,480円でもナットクです(*^^*)

ちなみにわたくしがいただいたのは、ぽかぽかと温まる味噌煮込みうどん
17_20150118210506c15.jpg
こちらにも大粒の牡蠣がどどーーーんと4個も入ってます(≧▽≦)
ダシの風味がやさしい味噌味にぷりぷりの牡蠣、牛蒡や青菜などお野菜もしっかり入っていてメロウマ☆
18_20150118210507d79.jpg

釣果ゼロのリベンジをしっかり果たしてくれたお昼ごはんでした(笑)

19_20150118210510896.jpg
やっぱり冬の釣りはムツカシイですね~。。。素人釣師は春まで冬眠、かな?(^^;


きょうの晩ごはん

母とランチ♪

少し話は前後しますが、先週日曜日に母と一緒に出かけてまいりました(^^)
大雪に見舞われたお正月にお互い行けなかったお墓参りへ連れ立って、
そのあと、ずっと以前から一度行ってみたいと思っていたイタリアンのお店で
ランチをいただいたんです\(^▽^)/

01_2015011611342735a.jpg
タヴェルナ・イル・ヴィアーレさまです。
JR二条駅のすぐ正面にあるビルの1階にとっても洒落た感じのシックな外観が目につきます。
お昼時にはランチを求めていつもたくさんのお客さまで賑わっている様子。
夜はイタリアン生ビールやワインとお店ご自慢の生ハムを中心に本格イタリアンを気軽にいただけます。
02_20150116113430bc1.jpg
こじんまりとした店内にカウンター席と中央に大きなテーブル、厨房はピカピカに磨き上げられていて
シェフとホールスタッフの男性2名で切り盛りされています(^^)

ランチメニューの中に『お昼の郷土料理セット(限定10食)』なるものを発見☆
この日の郷土料理はカラブリア州のものだとか。カラブリア、カラブリア・・・・・
意外とイタリアの州の名前って知らないもんですね~(^^;
02b.jpg
ベースは地中海料理で唐辛子を多用しているのが大きな特徴。
また気候の関係で不作に見舞われることが多いために、オイル漬けやソーセージなどの保存食が
作られているのだそうです。

まずは前菜から。。。
03_20150116113433fb6.jpg
中央にあるのがカラブリア州名産のンドゥイヤ・・・すなわち唐辛子入りの豚肉ソーセージです。
エスニック料理の唐辛子辛さとは違って、じんわりと後から辛味が広がる感じです。
04_201501161134334ef.jpg
熟成された豚肉の旨みがじゅわっと滲み出て、それを後から唐辛子の辛味が追いかけてくるような
今まで食べたことのない美味しさ(≧▽≦)
なんていう名前だったか忘れてしまいましたが、もちもちとした食感のちっちゃな揚げパンも
ほんのり塩味が利いてメロウマ~♡前菜だけでもけっこうなボリュームがありました!

メインのパスタはカラブリア名物、豚のラグーを使ったショートパスタです。
05_20150116113459bd3.jpg
カゼレッチエと呼ばれる筒状にくるりと丸まったシチリアのショートパスタに濃厚なトマトソースが絡みます。
トマトと豚肉を煮込んで作るラグーがベースになっているソースだそうで、これもまた今までいただいた
トマトソースとは全然別物!まったりと濃厚でまさに肉食系トマトソースとでも申しましょうか、
後からじっくりじんわりとした辛味が広がって素晴らしい一品でした(☆▽☆)

カラブリア料理は別名『ピアット・ポヴェロ(貧しい食事)』なんて言ったりもするそうですが
なんだかクセになりそうな魅力があって、とっても美味しく感じられましたよ!(*^^*)

ちなみに母はお昼のランチセット。前菜とパスタ、メイン料理がセットになっています♪
06_20150116113501e9c.jpg
パスタはトマトソースボンゴレ。たっぷり乗せられた水菜のグリーンがとても綺麗です♡
メインのロースト・・・たぶんポークだったと思うんですけど、なんだったかなぁ??
お肉の詳細を忘れてしまうくらい(笑)インパクトが大きかったのがコチラ!!
07_201501161135021a4.jpg
この大粒のマスタードが、もぉ~ビックリするくらい美味しかったんです(T▽T)
ソースはバルサミコなんですけどその酸味とベストマッチする柔らかい辛味、ぷちぷちとした食感、
全然つんとこないのに鼻に抜ける爽やかさ・・・粒マスタードですが、これだけでも全然食べられます!
っつうかむしろ食べたい!!(笑)
なんていう名称なのかはわかりませんが、ぜひ入手したいな~♡

他にも自家製のフォカッチャやプチカプチーノがついてます。
08_20150116113504a81.jpg
カップ&ソーサーがめちゃめちゃ可愛い~(≧▽≦)エスプレッソのような小さなカプチーノですが
濃いめにたてられたコーヒーにふんわりとしたスチームミルクがたっぷり乗せられた本格派☆
最後の一口までとっても美味しくいただきました!

09_20150116113506b93.jpg

ネタがない!

おはようございます☆今日は朝からしとしと雨が降っています。
そのせいか幾分寒さはマシですが、どんよりとした鉛色の空を見ていると
明るい太陽が恋しくなってしまいますね。
急激な気圧の低下に気持ちも下がってしまいがちですが、今日も元気にまいりましょう!

さて、1月ももう半分が過ぎていいかげんお正月気分から覚めなくちゃ!
・・・と思ってはいるんですけど、新年早々身に着いたサボり癖がなかなか抜けずに困ってます。
ついつい楽な外食に流されちゃって、おうちごはんのネタがない!状態(--;

いや~これではイカン!お財布にも健康にも非常によろしくない!!
弛んだ自分に喝を入れて、またおうちごはん作りを楽しんで頑張らなくっちゃネ(*^^*)

今週の数少ないおうちごはん(苦笑)
01_2015011508053725e.jpg
白菜と椎茸の旨煮 牡蠣のオイル漬け乗せ
牛肉とキムチの卵炒め
小芋の炊いたん
水菜とカッテージチーズのサラダ
梅干と自家製海苔の佃煮

02_20150115080538c04.jpg
娘のお弁当に作った牛肉のすき焼き風煮が余っていたので、これまた残り物のキムチと一緒に
卵炒めにしました。いかに冷蔵庫の中身が乏しくなってきているかよく分かる一品(笑)

実家からお歳暮のお裾分けをもらったんですが、その中に待望の焼き海苔発見💛
さっそく自家製佃煮にしました。今回は山椒の炊いたん(これも貰い物ww)を混ぜて作ってみました。
風味が良くなってお醤油の尖った感じが緩和されたようで前回よりも美味しくできたぞ~(≧▽≦)

いつもはんなり穏やかなKYOTO LIFEを楽しんでいらっしゃる春夏秋冬 京のくらしのあっさむさまより
美味しい牡蠣の常備菜を教えていただきました(*^人^*)
03_20150115080539073.jpg
牡蠣のオリーブオイル漬けはニンニクの風味と鷹の爪の刺激で食が進みます♪
牡蠣の旨みが染みたオイルもお料理に使えるのがいいですね!
あっさむさま、いつもありがとう!ボス夫さんにも大好評でした💛

そうそうオリーブオイルといえば、セブンイレブンPBのオリーブオイルがなかなか優秀です☆
お値段の割にちゃんとオリーブの香りも立っていてさらりとしたテクスチャがどんなお料理にも使える便利モノ。
24時間いつでも買えるっていうのも嬉しいポイントですね♪

そんな牡蠣のオリーブオイル漬けを使った一品。
04_2015011508054138f.jpg
白菜と椎茸を野菜コンソメでじっくりと蒸し煮にして、上に牡蠣をオイルごと乗せてみました。
あっさりとした白菜に牡蠣の旨みが移って、お箸が進む×2♪ 
オイルも意外とさっぱりとしていてしつこくないんです(^^v

日付はずずーーーーっと開いて昨日の晩ごはん(^^;
06_20150115084723e37.jpg
鮭と小芋のグラタン
牡蠣フライ・・・もどき
にんじんのラペ

昨日は夜ヨガの日だったので、ボス夫さんと娘に作った晩ごはん。
 先日作ってキープしておいた小芋の炊いたんと玉ねぎをホワイトソースと一緒にさっと炒めたら
 レンジで加熱した鮭と一緒に耐熱皿に移して上からもう一度ホワイトソースをかけます。
 たっぷりのチーズを乗せてオーブントースターで10分加熱したら完成☆

ボス夫さんから久しぶりに(ホンマめっちゃ久しぶり!)『美味い』の一言をいただきました\(^▽^)/
07_20150115080617766.jpg

牡蠣フライを作ろうと思って準備を進めていたら最後にパン粉を切らしてることに気が付きました!
これから買いに行くのも面倒だし寒いし、なんとかならんものか???とあれこれさがしたところ
見つけたのがお麩(笑)
これをおろし金ですりおろしてパン粉の代わりにしてみました。
08_201501150806195cf.jpg

・・・・・・・イヤ、牡蠣フライちゃうなコレ(笑)

どちらかといえばナゲットみたいな感じになったんですけど、だったら鶏肉の方が美味しいやろと。
ボス夫さんいわく、
『言葉に困る味やな~』
だそうで、とりあえず不味くはなかったらしいのでまあ良かったですイヤ良くないか(^^;

というわけで、ぼちぼちですがおうちごはんも始動開始してまいります!(遅)
お休みだった昨日は作り置きおかずもあれこれ作っておいたのでまた追々ご披露できればいいな♪


お弁当作りも再開いたしました☆

サクラサケ!

こんばんは(^^)

いよいよ受験シーズンも佳境に入ってまいりました。
すでに戦いを始めておられる方もこれからが正念場の方も
どうぞ持てる力を精一杯発揮できるように、身体の調子を整えて
心はゆったりリラックスなさってくださいませ。

今日、御池桜の前を通りかかったら早くも蕾が綻んでいました。
09_20150115002113554.jpg

今、この時も頑張っている彼、彼女たちへ微力ながらエールを送ります。

サクラサケ!

10_2015011500211559a.jpg

オトナ増量

こんにちは☆
雪の舞う極寒の中、昨日無事に成人の儀を迎えられたみなさまご家族さま。
お互いにおめでとうございました<(_ _)>

いやあそれにしても少子化と騒がれている昨今ですが、式典が行われる会場にはそれぞれ盛装を凝らした
すんごい数の若人たちが溢れんばかりに集っていらっしゃるわ、そんな晴れがましいご子息ご令嬢を
送り届けんとするご家族の車が尋常じゃない長蛇の列をなしているわといった状況で
ああ、日本人の絶滅はまだしばらく先の話になりそうやな!と安堵したっつうか
・・・・・・・・・大変でした(^^;

朝6時半に起きて娘を行きつけの美容室に連れて行きヘアセットをしてもらいーの、そこから30分かけて
移動して母の知り合いの方に着付けをしていただきーの、さらにそこから40分かけて式典会場に行きーの、
会場では先に到着していたリア友さん母娘と待ち合わせをしてたんですけど数百メートル手前から
周辺道路は駐車場を待つ行列やら乗降するために一時停車するやら違法駐車やらで
『車車車と書いて轟っ!』っていうくらい車車車で近づきすらできないので仕方なく
手前で降ろして駐車場を探しーの、その間にリアママさんが娘を無事に会場へ入れてくれてーの(アリガトウ!)、
やっとの思いでそのリアママさんと合流しーのなんとか駐車場を見つけーの、点在するカフェやレストランが
満員で断られーのようやく落ち着ける店を見つけーの、式典が終わっても
『中学や高校の友だちに会うからまだしばらくかかる』
メールが来ーの、駐車料金がもったいないので一度出庫しーの家に帰りーの、改めて1時間後に
リアママさんと共に会場へ迎えに行き―の、車車車人人人車車車の中なんとか娘たちを拾いーの、
遅いランチを食べーの。

・・・・で、ようやく家に到着したのは夕方4時過ぎでした。ああ、疲れた~~~~orz

いやもう思い返しただけでしんどい一日だったんですけど、それ以上にしんどかったのはほぼ一日中、
帯だの紐だので締め上げられていた娘たち(^^;
上手に着付けていただいてたとはいえ時間と共に相当苦しかったようで怒涛のような流れの中で
ようやくこの日初めての写真を撮る頃には、死んだ魚みたいな目になってました(苦笑)
DSCN4707.jpg
(顔は伏せておりますが、完全に無表情の娘www)

いや~前撮りしておいて良かった(^^;ホント同一人物か?っていうくらい人相が変わっちゃってましたよ。
まあこれだけ大変な人混みでしかもめちゃめちゃ寒かったので、いたしかたなしですけどね。
DSCN4705.jpg
とりあえず一刻も家に帰ってすべて脱ぎ捨てたい!と語る背中(笑)

家に帰ってすべてから解放された娘はその後約1時間、声をかけても全く反応しないほど爆睡いたしまして。
で。その後、大学の友人たちとドライブに出かけて行きました。その目的は琵琶湖一周だとか。
いやいやいやいや過労死フラグ立っとるがな!と思わずツッコんでしまいましたが、彼女は
『寝たから大丈夫』と意気揚々、元気に家を出て行きました。うーーーーむ、若いってスゴイわ!!

ちなみに、平成26年の京都府内新成人総数は26,073人で昨年と比べると 359人減(△1.4%)
男性13,469人、女性12,604人だそうです(京都府HPよりH25.12.17報告)

やっぱ減ってるんか~・・・あの盛況っぷりを見ているととてもそうは思えないんですけどね。
なにはともあれ、日本に新たな『オトナ』が121万人も増量されたわけで、彼ら彼女らが少しでも未来に
希望と夢を持てる世の中にできたらエエなあ・・・

と四半世紀も前に『オトナ』認定されたオバハンは思うわけですハイ


取り残されたオカンオトンオジイオバアの4人は、主役抜きの祝杯を挙げることに(^^;

祈 商売繁盛!

こんばんは☆

今日はボス夫さんの仕事が終わってから一緒に、十日戎に行ってまいりました。
一年間のご加護にお礼を申し上げて、昨年(記事はコチラ)の笹飾りをお返しし、改めて新しい笹をいただきます。
01_2015011023293171e.jpg
今年も境内は大変な盛況っぷりです!とても本殿前まではたどり着けそうになかったので、少々失礼ながら
脇に寄ったところから拝ませていただきました(^人^;

今年の笹はこんな感じ☆
02_20150110232933b18.jpg
下から絵馬、人寄せ、エビス神の御顔つき熊手。

戎大祭期間中はお清めした立派な福笹が神社から授与されていますが、あまりにも立派過ぎて
ウチの狭い玄関には置けませ~ん(^^;
100.jpg
境内内にある露店で購入した小さな笹ながら、去年もなんとか倒産の憂き目に遭うことなく無事乗り切れましたので
ちゃんとご利益があるんだと信じて・・・(^人^)
ちなみに去年と同じ店で買ったのですが、今年の笹の方がたくさん葉もついていて瑞々しく元気な感じ!
これはもしかして幸先良いかも~☆☆☆

・・・・・・・・と気を良くしながら屋台をひやかしたり。
03_20150110232935267.jpg
左:ネギ焼きによく似た味のまるまる焼き♪モチモチの生地が美味~(*^^*)
右:甘辛いタレの牛スジ焼きは七味を振っていただきます☆弾力ある歯応えの赤身とプルプルコラーゲンたっぷりの
  脂身の比率が絶妙(≧▽≦)また鉄板からめっちゃエエ匂いが立ち上るんだなこれが💛

お祭り気分を十分に味わってから帰宅の途についたのですがここで、思わぬアクシデント発生!

(以下、裏あすもがお送りします)

戎神社まで車に乗って来たウチら。神社に一番近い駐車場が運良ぉ空いていたんで迷わず停めたんです。
料金の方はどうやらお祭り値段らしいけど、この辺りの相場は元々高めなのでまあエエか、と。
で。。。いざ支払いの段になって、この駐車場では駐車位置番号を入力して提示された金額を払たら
ロック板が下がって出庫できる、とまあごく一般的な自動支払機やったんですね。事前に番号を確かめてへかって
自車の前まで走って番号を確認せなあかんとか少々モタついたものの、入力して清算ボタンをプッシュしたら
ちょうど1000円やった。これはこれでぼったくられ感満載やねんけど、まあお祭りやしね。
半分はお賽銭(イヤ神社とは何の関係もないけど^^;)のつもりで、千円札を投入しました。

・・・が。これが何度やってもなぜか突き返される。
『要らんのかいっ!』と機械にツッコんでたら、近くにいた警備のおっちゃんから衝撃の一言が!!

『これ、500円玉か100円玉しか使えしませんで』

いやいやいやいや!ここまで来てそれはないやろ!!硬貨で1000円て!!!
ふたりの財布を探しまくってかき集めてみたけど100円玉は6枚しか見つから~ん(><)

仕方ないんで隣にあった自販機でお金を崩すべく、たいして飲みとぉもないお茶を買う羽目に。
千円札を投入してボタンを押して・・・・・アレ?また突っ返されたんですけど??どないなっとんねん!!

よぉ見たら釣り銭不可のランプが光ってるじゃあ~りませんか。
うーむ、すでに同じワナにはまった人がぎょうさん居るっちゅうわけやね~とか感心してる場合とちゃう。
もうちょっと先の自販機に走ってみたんやけど、ああ人間考えることは皆同じ。
ここもあそこもどこもかしこも目につく自販機は全部釣り銭切れやないかーい!

さらに離れた路地の奥を探してようやっと釣り銭の出る自販機を見つけたら、これがお得な100円コーヒーやん!
おおっ!さっそくえべっさんのご利益か?いやあまりにちっちゃいけどな数十円て。
いやいや十円を笑うモンは十円に泣くっちゅうしね。ありがたーく釣り銭の900円を握りしめて再び猛ダッシュ。
再び駐車位置番号を入力・・・・・

は?1500円になってるぅぅぅぅぅっ!!

いやいやいやいやいやいやい~~~や~~~!なんぼなんでもそれはないわ。
そっちが硬貨でよこせっつうからこっちゃ駆けずり回って工面してきたんやんか!いうて10分も経ってへんし!!
よしんば時間が過ぎてたとしても30分500円はぼったくり過ぎやろ!サラ金でもそない取らんわイヤ知らんけど。
なんやキミはナニワの銀次郎かっ竹内のアニキかっ!!

言いたいことは山ほどあれど、機械相手にツッコみ続けたところで時間ばかりが無情に過ぎていくだけやし
とりあえずありったけの100円玉を投入してみたら、ちょうど1500円、おおギリギリセーフ。
これ以上のムダ金はなんとか使わんで済みました。

商売繁盛家運隆盛金運上昇の祈願に行ってこの展開ってどうなんやろかという気がせんでもないけど
まあなんとか車も出せたしね。ちっちゃい笹のご利益、だいたいこんなもんですわエエ。

・・・来年は電車で行こ。


04_20150110232938093.jpg
お稲荷さんのお札とえべっさんの福笹・・・なんか欲丸出しの玄関になった気がする件(笑)

年末の晩ごはん

こんばんは☆

日々スマホと格闘中のあすもです(^m^)娘に教えてもらいながらインスタグラムも始めてみました☆
まだ始めたばかりですけどちょっとずつ写真が増やそうと思ってますので、もしも気が向かれましたら
asumo1120で検索してみてくださいませ☆

さてさて、まだお正月休み気分が抜けない自分に喝を入れるためにも、年末のおうちごはんを
振り返ってみたいと思います。
『去年はけっこう頑張ってたんやで、あすもよ!』
01_201501082201289d3.jpg
大根とベーコンのコンソメ煮
餃子鍋の出汁でおじや
じゃがいものすき焼き風煮(残り物)
レタスとラディッシュのサラダ


・・・・・・・・・・ん?鍋一つで煮るだけ料理に、鍋あとのリメイクと残り物??
02_20150108220130578.jpg
ちょっと手抜き“風”ですが味は◎でしたよwww
特に、餃子鍋のおじやはキムチベースの出汁に餃子の旨みがしっかり溶け込んでメロウマでした(≧▽≦)
03_20150108220133254.jpg

次こそはしっかり手をかけているはず!
09_20150108220155e4f.jpg
卵うどんとネギトロ巻(市販品)

んん?!うどん?スーパーのお寿司???・・・・・・・・・ハハハ(乾笑)失礼いたしました<(_ _)>

ちゃんと作った日もあるんですよ~ホントホント(笑)
07_20150108220150d2c.jpg
茄子とイカのアラビアータパスタ
アボカドとベビーリーフのサラダ
プチトマトのハニービネガー漬け
クリームコーンスープ

一見上手くできた感じなんですけど、実は唐辛子の辛さの割に味が薄かったんです~(><)
こういう時って調味料は何を足せばいいんでしょうね。。。
08_201501082201533d9.jpg

もうちょっと頑張ってみました!
04_201501082201341d6.jpg
ベーコンのホワイトシチュー
長芋のガーリックソテー
レタスとラディッシュのサラダ

なんだか似たような食材ですがwwww
06_20150108220147938.jpg
もらいもののベーコンにじゃがいも、玉ねぎ、そしてたっぷりの茸類を入れてみました(*^^*)
実はコレ、クリスマスディナーだったんです(笑)ボス夫さんと二人だけだったのでちょっとショボいんですけどねww

05_20150108220137fe4.jpg
 長芋は皮を剥いて適度な長さに切り分けて1センチ幅の縦割りにします。ニンニクはスライスしておきます。
 フライパンにオリーブオイルを引いて弱火でニンニクをじっくりと炒めて香りが出たら一度取り出し、長芋を並べます。
 弱火のままじっくりと焼いたらひっくり返し蓋をして蒸し焼きに。全体に火が通ったらニンニクを戻して、めんつゆと
 みりんを加えて少し煮詰めたら完成です☆


ボス夫さんのバケットはシンプルなトーストですがわたくしは溶けるチーズを乗せて焼きましたwww
あ、これイケズじゃないですよ、何も乗せなくていいってボス夫さんが言ったんでハイ(笑)

・・・うーん、思ったよりも頑張ってなかった件(^^;

心を入れ替えて頑張ります・・・・・・・・・・・・・・・・明日から(笑)


↓きょうの晩ごはん

大切にしてね💛

年明け早々からさっそく無精を決め込んでいるあすもです<(_ _)>
スマホと格闘うんぬんもまあそうなんですけど、5日の初出勤からこっちやたらと細かいトラブルに追われて
おうちごはんを作る気にもなれないくらいバタバタしてましたorz

娘が教えてくれた美味しいラーメン店京都塩元帥さんで晩ごはん(^m^)
01_201501071753340d6.jpg

塩ダレ風の濃厚なスープにほんのりと柚子の香りがさわやかでめっちゃ美味しい~(≧▽≦)
コチラのお店は完全無化調無添加にこだわって、麺も防腐剤を使用せずすべてお店で製麺されているそうです。
02_20150107175336f36.jpg

駆け込みで仕事納めだった年末・・・自分ではやっつけで仕事をしたつもりではなかったんですけれど
やっぱりどこか気持ちが急いていたんでしょうか。年が明けてみたらまあ出てくるわ出てくるわ、凡ミスの数々。
事後処理に追われながら反省ばかりの苦い初出勤となりました(^^;

娘の方は昨日無事にバイト先の塾の冬期講習期間を終えまして、本日は1ヶ月ぶりの完全オフ☆
ちょうどわたくしも休日だったのでふたりで冬バーゲン真っ最中のアウトレットに行ってまいりましたよ~(*^^*)

アウトレットモールはお正月休み明けの平日ということでバーゲン期間中にもかかわらず激空き(笑)
IMG_0033.jpg
雪もまだ残ってますね~!オープンエアの通路はめちゃめちゃ寒かったです(><)

・・・・・そんな時は熱くて辛いものが恋しくなるのだ~♪
image1.jpg
お昼ごはんは韓国料理 bibim'さんのチーズスンドゥブをいただきまーす(^m^)

・・・・・・ん?なんかデジャブ??(注:去年も似たようなパターンでした笑。過去記事はコチラから)

寒さに負けずショッピングにいそしむことおよそ4時間(笑) 今回の戦利品をご披露させていただきます💛
DSCN4626.jpg
わたくしはBANANA REPUBLICのカーデガンとブラウス、LOWRYS FARMのセーターとパーカー、ダブルクローゼットの
チェックシャツにMACのチークとジェルアイブロウの計7点をゲット☆(左)
娘はLOWRYS FARMショートコート、BANANA REPUBLICのスキニーデニム、ARROWのモンスター柄のトレーナー、
プーマのスニーカー、nano universe BASEMENTのバッグ、MACのパウダリーファンデーションの計6点(右)
これだけ買ってお互い2万円以下でした~\(@▽@)/特に、娘のショートコート(左上)は3000円でおつりが!!
さすがは新春バーゲン☆めっちゃコスパの高い買い物ができて二人とも大満足の一日でした(*^^*)

さてみなさん。右の写真をよーーーーーーくご覧くださいませ。
アウトレットには見慣れない箱があるのにお気づきいただけますでしょうか。
DSCN4625.jpg
ラッピングボックスにも高級感漂うGの文字wwwそう!GUCCIでございます(≧▽≦)

実は、今年の娘の誕生日は記念すべき20回目ということで『一生モノの腕時計』をプレゼントすると
約束していたんです(*^^*)彼女の誕生日はまだ1ヶ月近く先なんですが、バイトや授業が忙しい上に
ちょうど大学の後期試験の日程にも重なってしまうため、少々気が早いですが本日購入することになりました。

アウトレットから伊勢丹へ(笑)

普段はほとんど足を踏み入れたことのないハイソサエティな貴金属・時計売り場に向かいますドキドキ☆
店員さんが白手袋してる買い物なんて生まれて初めてかも~(≧ー≦)
DSCN4629.jpg
娘が選んだのはとてもシンプルながら品が良くて長く飽きずに使えそうなシルバーメタルのデザインです。

ちょっぴりフライングではありますが、無事にハタチの誕生日を迎える・・・はず(笑)の娘へ。
 20年間、元気で真っ直ぐに育ってくれて本当にありがとう!あなたを心から誇りに思います。
 これからも、この時計に負けない品格ある女性を目指してピカピカに自分を磨いてね☆
 ボス夫さんとわたくしからめいっぱい愛を込めたおめでとう!を捧げます(*^^*)


1ヶ月ぶりに家族3人で晩ごはん

新年のご挨拶~お正月のできごと

あけましておめでとうございます☆

みなさま良い年明けをお迎えのこととお慶び申し上げます。
旧年中は拙宅をご愛顧いただきまことにありがとうございました。
本年もみなさまとより深いご縁を賜れますよう精一杯運営してまいりますので
変わらずご贔屓のほど、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
00_20150104202000e16.jpg

さて、なんとか紅白が始まる前に大掃除を済ますことができた我が家、2014年最後の晩ごはんは
作り置きのお惣菜と一足早い年越しそばでしたww
01_20150104201828ec9.jpg
きのこの醤油炒め・ブリ大根の残り・筑前煮のマヨネーズ和え・ピーマンと大根の皮とじゃこのきんぴら・
スモークサーモン&レンコンの酢漬け・鶏つくねの年越し蕎麦

今年のお正月は初めてのおせちに挑戦したんです(*^^*)その時に余った鶏のひき肉だねを使ったつくねと
蕪の葉が入った年越しそばをいただきました・・・・・つか晩7時くらいだから全然、年越してないんですけどね(笑)

大晦日の夜、娘はサークルの友人たちと年越し鍋パーティー☆
生まれて初めてわたくしども親と離れて新年を迎えることとなりました。これも無事に成長した証しでしょうか(^^)
結婚して20年ぶりに夫婦二人だけの年越しは、ちょっと寂しくもありちょっと気恥ずかしくもあり・・・
まあでも、ほぼほぼいつもと変わらない夜でしたけどね(笑)

一晩明けて。朝からとても清々しく晴れ渡った空の下でお墓参りと実家での挨拶を済ませ、娘も合流して
みんなで新年を祝っていたら・・・
02_20150104201831a7d.jpg
まさかのドカ雪!・・・京都市内では50年以上ぶりの大雪だそうで、わずか数時間の間に
15センチ以上も積もっていました(@0@)早めにタイヤを替えておいて良かった~~~~

先ほどもちょっと触れましたが、今年は初めておせち重を作ってみたんです♪
ニ○リさんで重箱を、本屋さんで『大晦日だけでできるおせち』なるレシピ本を購入して(笑)奮闘すること3時間!
あすも渾身の力作がこちらです(*^^*/
03_20150104201834193.jpg
定番の黒豆や数の子などは例年通り母にお任せしたので、おせちというよりは行楽弁当っぽいですが(笑)
いちおう盛り付けはトラディショナルに則ってみました。

一の重♪
04_20150104201837e8f.jpg
(中央より時計周りで)
酢漬け蕪と昆布のイクラ和え・市松肉巻き・鶏ハム2種(ノーマル・生七味)・プチトマトのハニービネガー漬け・
牛蒡の甘辛煮・生ハム・カニ入り細巻き卵

本来は、祝い肴と呼ばれる黒豆、数の子、ごまめ(田作り)と金団などの甘い料理~口取りといいますが~を
市松に盛り付ける一の重ですが、ボス夫さんや娘が好んで食べてくれるおかずを少しおめでたくアレンジして
詰めてみました(^^)
おススメは鶏ハム
DSCN4572.jpg
 鶏胸肉を広げて身の厚い部分は包丁を入れて均等の厚みにしたら包丁の背で叩いて薄くします。
 砂糖と塩を擦り込んだら端から固く巻いていきます。(生七味入りの場合は鶏肉の上に生七味を塗り広げてから)
 空気が入らないようにぴったりとラップで包み密封できるジップ袋に入れて空気を抜きながら口をしっかりと閉じたら
 冷蔵庫に入れて4時間から一晩寝かせます。鍋に水とお酒を入れたら火にかけジップ袋に入れたままの鶏肉を投入。
 沸騰したら弱火にして加熱します。15分ほど経ったら火を止めてそのまま鍋に蓋をして冷めるまで置いておきます。
 ジップ袋、ラップを外して適当な厚みに切り分けたら完成☆


続いて二の重♪♪
05_201501042018394c0.jpg
(上から)紅白なます・レンコンの挟み焼・海老の旨煮・サーモンフライ・カニ身入りポテトサラダ
こちらは焼き物や揚げ物、酢の物を手綱盛りに。手綱というのは料理を斜め平行に盛り付けるもので、馬の轡に付ける
手綱のだんだら模様に似ていることに由来するそうです。
いかにも華々しい有頭海老を中心にしておめでたい感じを演出してみました(*^^*)
ちなみにこの海老を煮た出汁でおみそ汁を作ってみたらめっちゃ美味しかったです!
DSCN4582.jpg

最後に三の重♪♪♪
06_20150104201852706.jpg
(左から)煮しめ・かぼちゃの煮物・里芋の旨煮
三の重には煮物を盛り付けます。乱盛りといって具材をアトランダムにたっぷり入れる盛り付けで、にんじんや絹さやで
彩りを良くします。本来は煮しめオンリーでもいいのですが、たくさんの煮物はどうしても余りがちになるので
普段から食べ慣れているかぼちゃや里芋も加えてみました。里芋には柚子の皮を散らして色味を明るく演出します(^^)

味はさておき(笑)見た目はなかなか豪華に仕上がったと自負しているんですが、いかがでしょうか(≧▽≦)
初めての経験ということもあって面倒というよりは結構、楽しんで作れました♪
せっかくお重も買ったことですし、また来年も頑張って作りたいと思います☆

さて翌日2日になっても雪は溶けず、むしろ道路はカリカリに凍ってしまっていました(><)
お墓参りを予定していたのですが、山手の急坂を上るのはいくらスタッドレスタイヤでも心許なくて
急きょ後日に延期することに・・・根性なしの子孫でゴメンナサイね(^人^;;

その代わりと言ってはなんですが、わたくしとうとうスマホデビューいたしました☆
07_201501042018557e9.jpg
最後のガラケーユーザーを目指す!とか言ってたんですが、とうとう時代の波に飲み込まれました(笑)
機種は娘のと全く同じiPhone5sにしました。同じ機種なら教えてもらうのにも都合がいいかなと思いまして(^m^)
彼女は『わたしのをママにあげるから“6”を買えば?』なんて言ってましたけど(笑)

このニューフェイスのおかげで、一度もパソコンを開けるヒマがなかった3が日・・・(^^;
なかなか慣れなくて悪戦苦闘の毎日ですがなんとかLINEはできるようになりました♪返信、超~~遅いですけどねww

3日はまだ雪は残っていますがようやく晴れたので、初詣に行ってまいりました☆
まずは地元の氏神様である春日神社でお参り。。。
08_201501042018583a7.jpg
今年もどうぞよろしく見守ってくださいませ(^人^)

車で出かける例年とは違って今年は電車を乗り継いで参ります。
途中、美しく雪化粧した鴨川が真っ青な空に輝いていました(≧▽≦)
09_20150104201902f57.jpg

ここから京阪電車に乗り換えて目指す神社は
『年末ジャンボが外れたのでコツコツ商売に打ち込むしかないよね(笑)』
ということで、
11_20150104201921d4c.jpg
商売繁盛のご利益をもたらしてくださる“お稲荷さん”の総本山伏見稲荷大社でございます!
12_20150104201924dba.jpg
華やかな丹塗りの鳥居や拝殿がいかにもおめでたい感じで、お正月の雰囲気にピッタリの伏見稲荷大社は
初詣の参拝客数ランキングで常に全国上位にランクしており、その人出は毎年新聞のニュースになるほど!
この日も拝殿から本殿へ向かう道はこんな感じ。。。
13_20150104201927244.jpg
・・・とても本殿まで辿り着ける気がしない件(^^;
拝殿にもお賽銭箱が設置されていましたので、拝殿からお参りさせていただきました(-人-)
これだけの祈願を順々に叶えておられたら我が家にご利益が廻ってくるのは当分先のことになりそうですね(苦笑)

遅めの昼ごはんは、運良く待たずに入れたお店でお蕎麦と稲荷寿司をいただきました♪
14_201501042019302e5.jpg

伏見稲荷名物の『雀の姿焼き』はあいにく品切れでしたが(過去記事はコチラ)、代わりにウズラの姿焼きも・・・
15_201501042019320fe.jpg
香ばしさが勝るスズメに比べると、ウズラは肉厚で食べ応えがあります。甘辛いタレに絡めて炭火でじっくりと焼いた
姿焼き、味は大変美味しいのですが見た目がかなりズバリ☆なので(笑)地元でも苦手な方も多い名物です。

お正月休み最終日の今日は、ボス夫さんと二人で映画鑑賞💛
222_20150104230153243.jpg
(こちらの画像はお借りしているものです。転載不可)
まだ上映中ですので一言だけ・・・続編あるんか~い!イヤまあそうだとは思ったけどさ(笑)

あと、マイカーにリコールがあったので修理してきました。
16_2015010420200254f.jpg
リコールはこれで2回目(^^; 頑張れTO★OTA!(笑)

娘は一足早く今日から仕事再開です。ボス夫さんとわたくしも明日から出勤~
そろそろ日常モードに戻らないといけませんね(^^;

ブログも本日より通常営業の予定です・・・スマホが思い通りに動いてくれれば(笑)
それではみなさま、今年もどうぞよろしくお願いいたします(*^人^*)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。