スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞鶴ドライブ その2~赤れんが博物館編

お久しぶりの更新でございます(^^;
特に体の調子が悪かったとか身の回りに何かあった・・・とかでは全然なく(笑)
今週からヨガの夜クラスに通うようになったんですけど、レッスンを終えて家に帰ると
ビールが美味しくて美味しくてwwwwwそんな理由でホントすみません(爆)

では気を取り直して・・・

護衛艦の迫力と売店のゆる~い品揃えを存分に堪能した後、車を5分ほど走らせると
舞鶴赤れんが博物館に到着です♪
kako-EgSLitTeGBx7OKV9.png
舞鶴市には明治33年から大正10年頃までに、海軍が建設したものを中心に多くの建造物が現存します。
この赤れんが博物館の建物は1903年(明治36)に旧舞鶴海軍の魚雷庫として建設されたもので
本格的な鉄骨構造のれんが建築物としてはわが国に現存する最古級のものとされています。

館内には舞鶴を中心とする国内の赤れんが建築物はもちろん世界各国の建築れんがについて
幅広い見識と充実した資料が展示されています。
kako-janFkfTnlcb42a7o.png
資料を直接撮影するのは禁止されていますが、館内のスナップ写真はOKということで少しだけ(^^)

世界で初めて『れんが』が作られたのは今からおよそ1万年前だとか!中学校の歴史で習った
四大文明~エジプト・メソポタミア・インダス・黄河~の発祥地ですでに使用されていたそうです。

ところで素朴な疑問・・・れんがとは何ぞや?

 粘土や頁岩、泥を型に入れ窯で焼き固めて、あるいは圧縮して作られる建築材料。(ウィキペディアより抜粋)

ということで博物館にはホフマン窯と呼ばれるれんがを作成する代表的な窯の内部が再現されています。
kako-GAPOMzxwWMSRH7Y6.png
(写真を撮り損なったのでパンフレットより引用しています。転載不可)

『最もなじみのあるれんがといえば?』といわれて思い浮かぶのは、赤いれんがではないでしょうか?
「3匹のこぶた」で末っ子が築き上げた家もやはり赤いれんがが用いられている挿絵が主流ですね。
あのドーム上の屋根や、他にもトンネルなどに使われている積工法を簡単に体験できるコーナーも♪
kako-F43qng36CEPdrtTQ.png
れんがの模型をパズルのように下絵に合わせて組み立てていくと・・・
                    
kako-yzfr2NhBmVxdph3w.png
美しいアーチ状に積み上がりました☆☆☆

ヨーロッパで主流であった赤れんが建築もたくさん紹介されていました。
中でも面白かったのが、世界で最も有名な名探偵シャーロックホームズの作品とともに
ロンドンのさまざまな赤れんが建築物を説明した写真展示(^^)ミステリファンとしては見逃せません♪

京都の大学でも多くの赤れんが建築が採用されています。
大河ドラマでも話題になった『同志社大学』。そのほとんどの建物が印象的な赤れんがで造られており
京都市に現存する最古のレンガ建築である彰栄館や同志社礼拝堂は国の重要文化財に指定されています。
博物館内にはこうした京都の大学のれんがも多く展示されていました。

国内のれんがの歴史はそのまま近代開拓史でもあります。
展示の中には有名な網走監獄に関するものも。赤れんがの正門が印象的な建物ですが
そこで使われている表面に艶のある煉瓦は、窯の中に塩を入れその塩が分解する1,160度以上の高温で
焼き上げるため独特の釉薬をかけたような黒褐色の色をしているのだとか。
当時の受刑者に対する厳しい懲罰措置は、現在ではとても考えられないものだったそうです。
単純にれんがの紹介だけにとどまらず、当時の風潮や社会背景についても丁寧な説明板が
たくさん展示されていました。

残念ながら写真には撮れませんでしたが、特にそのデザイン性に興味を引かれたのが
東南アジアのれんが。
インドネシアやタイの寺院を飾ったとされるそれは、素朴ながら優美な神々の彫刻に
釉薬をかけて焼かれた光沢のある石肌がよく合っていて、とても美しいものでした。

舞鶴赤れんが博物館・・・想像以上に興味深い資料が多数展示されていてとても面白かったです♪

kako-XraDlMVpXOMzX8aQ.png
博物館から海沿いを歩くこと3分・・・赤れんがパークものぞいてまいりました(^^)
イベントホールや催場を中心とする5棟の赤れんが倉庫からなる施設です。
こちらはまだまだこれからが期待されるという感じでしょうか。広い空間とシックな雰囲気を存分に生かした
イベントや展示を充実させて、より魅力的な観光スポットとして飛躍していただきたいですね☆
kako-8dPv1vMtd03OvsDi.png

                           次回は美味しい海の幸編に続く!
                            ・・・・・・・・・・・・・・・・ビールはほどほどに(笑)


                                             裏あすも不定期便
先日19回目の誕生日をむかえた娘。
今年はおじいちゃんにどんな誕生日プレゼントをお願いするんやろか?

 娘 『正直、今一番お願いしたいのって・・・・・・・・・・・・・やな、やっぱり。』


幼少のご子息ご令嬢をお持ちのみなさま!
誕生日のプレゼントは子どもの成長と共に、どんどん単価が上がっていきますぇ(^^;
ああ・・・・・『リカちゃんのドレス』とか言うてた頃が懐かしいワ~・・・ 

P.S. さすがに『車』とは、よう言わん(^^; せめて『頭金』くらいにしときよし(笑) 
スポンサーサイト

コメント

頭金!

こんばんは!

赤レンガ博物館も魅力的なんですが
すみません「頭金」が気になって気になって・・・
免許を取得されて初めての誕生日プレゼントが、車の頭金ということは
ご結婚されて初めての誕生日プレゼントは、マイホーム購入の頭金・・・?

かなり気が早く、ご主人にお叱りを受けそうですが(汗)
花大黒の頭の中は、こんな想像をしてしまいました・・・ゴメンナサイ!

2014/02/08 (Sat) 00:31 | 京都 花大黒 #- | URL | 編集
花大黒 ご店主さま

こんにちは~(^▽^)

ま、頭金も『頑張って自分で貯めや~』って言われるでしょうけど(笑)
大人になるにつれて欲しいものの単価って右肩上がりになるんですね~(^^;
ちなみにマイホームはダンナ様になる方に『ポン☆』と出してもらいなさい、と♪

できれば、『ご両親にもぜひ一棟建てて差し上げたい』なーんて方なら
なおのことよろし(笑)

2014/02/08 (Sat) 14:31 | あすも #- | URL | 編集

こんばんは、赤レンガ倉庫群、函館となんか雰囲気似てます。ちょうど山もあって・・・

子供が大きくなるとすべての単価が高くなりますよね。学校が上になるほど、どんどん・・・

でも頭金は凄いですね。

2014/02/09 (Sun) 20:12 | 知恵ママ #- | URL | 編集
知恵ママさま

函館は新婚旅行で訪れました(*^^*)とても美しくて雰囲気の良い街でした!
舞鶴れんが博物館では北海道の建築物についても詳しく説明されていましたよ♪
金森れんが倉庫に関する展示もあって、函館ビヤホールでお昼をいただいたことを
懐かしく思い出しました!

まさかの『車』発言にはビックリしましたが(笑)欲しいものの単価が上がる、という
ことが大人になるということと正比例するのかもしれませんね~(^^;
わたくしも、今欲しいものは?と聞かれたら『一戸建て』とかいいそうですもん(笑)
結局は『頭金』もジョークで終わってただいま保留状態ですwwwww
さあ、何に化けるでんでしょうかね~(苦笑)

2014/02/09 (Sun) 23:02 | あすも #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

1テーマの博物館は少なくありませんが、ここ「赤れんが博物館」は、レンガに特化した博物館です。 場所は、舞鶴市の舞鶴赤れんがパーク内にあります。 はたして、レンガだけの1テーマで、博物館は成立するものでしょうか? まずは、世界のレンガの紹介です。 いろんなレンガが展示されてます。 集めるだけでも大変だったでしょうね。 海外だけではなく、国内のレンガも紹介...

2015/10/03 (Sat) 00:28 | ミュージアムに行きました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。