スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明治の旧邸でイタリアン

明治時代に京都鉄道会社(山陰本線)を創設した田中源太郎の旧邸、楽々荘の一画にあるのが
リストランテチンギアーレです。cinghialeとはイタリア語で『猪』という意味ですが
なにゆえに猪と名づけられたのかは謎~ww

111501.jpg
大きな窓に面した明るい雰囲気のお店で、ライトグリーンを基調にした落ち着いた雰囲気が楽々荘の趣とも合ってますね。
母にお任せしたオーダーは季節のコースとのこと♪どんなお料理がいただけるのかとても楽しみです☆

まずはスープから。。。
111502.jpg
カボチャと三元豚のポタージュは、スープというよりもはやペーストと呼びたいほどに濃厚💛
とろりとした口当たりにカボチャのほくほくとした甘みと三元豚の濃い風味が絶妙のバランスです!
濃厚な分、量をやや控えめにしてあるのがまた『あと一口欲しい!』感を誘うのね~(笑)

続いて前菜。。。
111503.jpg
甘海老と冬野菜のカルパッチョ風を2色のソースでいただきます。目にも舌にも美しい一皿。
地産地消をコンセプトとするこちらで使われているお野菜はすべて亀岡市の農家から直接仕入れたものだとか。
瑞々しくて滋味に溢れたお野菜と秋の冷たい海でぎゅっと栄養を凝縮した甘海老の旨みをフレッシュに感じられます。

ふんわりと温められたパンは3種。サックリとした口当たりと柔らかさが嬉しいフォカッチャや香ばしいレーズンパン。
なかでもオニオンパンはたっぷりと入ったオニオンの風味が口いっぱいに広がって超~美味でした(≧▽≦)

季節のパスタは、秋らしい濃厚なボルチーニのクリームソースで。。。
111504.jpg
イベリコ豚のラグーとポルチーニのクリームソース自家製手打ち麺
フェットチーネのような平打ちパスタはもっちりとした生麺の食感が素晴らしい!じっくりとワインで煮込んだ
イベリコ豚も臭みやしつこさが全くなく、その旨みだけが凝縮されているので最後の一口までメロウマ~💛
ボルチーニをふんだんに使ってあるのが贅沢なパスタです。

メインはお好みで。。。
111505.jpg
わたくしがオーダーした和牛みすじの焼きしゃぶ(写真左)も、口の中でとろける柔らかさと上質なさしの甘みに
思わず悶絶しそうな美味しさでしたが、特筆すべきは母がオーダーした亀岡牛ヒレ肉のカツレツ(写真右)!
一口お相伴にあずかったのですが、さっくりとした歯当たりのあとに香ばしい香りが広がったかとおもうと
ヒレ肉の旨みがほろほろと体温でほどけていくよう・・・およそ揚げ物を食べているとは思えないさっぱりとした後口は
感動的ですらありました(*´∇`*)

正直、こっちにすればよかったかも~(笑)

締めくくりは美しドルチェで。。。
111506b
洋ナシのコンポートとバニラアイスをショコラムースとともにいただきます。
焼き菓子はブラウニーと素朴な手焼きのクッキー。甘い巨峰の実も添えられていました。
とにかくショコラムースの香りが濃厚で、まさにココアを食べているという感じ💛
洋ナシのコンポートがまたさっぱりと爽快でショコラムースとの相性もバッチグー☆でしたww

普段はなかなかできない昼からアルコールも楽しみつつ(笑)、めっちゃ美味しい絶品料理の数々を
堪能させていただきました。ありがとう、お母さん💛ごちそうさまでした~m(_ _)m

食後の腹ごなし(?)も兼ねて、七代目小川治兵衛の手による日本庭園を散策してみましょう♪
111507.jpg
紅葉も少しずつその深みを増して、未だ青い紅葉とのグラデーションがとても綺麗です。
季節ごとにお茶会が開かれるという『浮舟の間』がある和館を抜けると、奥行きと広がりを感じる庭園が
見えてまいりした!
111508.jpg
約700坪の枯池泉回遊式の庭園には舞台も設えられていて、さまざまな催し物や夏にはビヤガーデンなども
開催されているそうです。
111509.jpg
また、亀山城から移設された安土桃山時代の石燈籠や鉄製井筒も配されており、しっとりとした雰囲気に
アクセントを添えていました。

111510.jpg
食事の前に拝見させていただいた洋館の外観です(^^)
テラスの窓枠のデザインがとてもリズミカルで素敵ですね~。淡いライトグリーンの木枠がしゃれオツ💛
戸口にはさりげなくクリスマスリースが飾られていました。

それではしばし、美しい紅葉の様子をお楽しみくださいませ☆
111511.jpg
よく晴れた青空のもとに朱に染まった葉がキラキラと輝いてとても美しかったです(*^^*)

庭の一隅にはお稲荷さんが祀られていました!
111512.jpg

京都市内を離れてちょっとしたトリップ気分まで味わえる亀岡市の楽々荘。
素晴らしいイタリアンに舌鼓を打ち、見事な日本庭園と明治時代の旧邸に歴史の重みを感じて、と
本当に盛りだくさんな一日でした(≧▽≦)改めて母の心遣いに感謝です!

ママ、来年の3月はわたくしがご馳走する番やね(^^)奮発するからお楽しみに~www


至れり尽くせり



もうひとつ、誕生日プレゼントを買ってもらっちゃいました♪♪♪

IMG_4271.jpg
ANNA SUI LIP STICK V 402
こっくりとしたローズ寄りの赤がオトナ色のリップです(*^^*)
星形のテクスチャがめっちゃ可愛い~~~💛っていうかもったいなくて使えないわコレ(笑)
スポンサーサイト

コメント

No title

おおお!
なんて気品のあるお稲荷様!
素敵だわ~~。
そして、遊び心のある素敵なリップね。
あすもさんのイメージです。

あすもさん、もうすぐお誕生日なんですね。OMEDETO💛
とってもステキな歳の重ね方をしていらっしゃるあすもさんに、オイラは、くびったけi-233

2014/11/16 (Sun) 00:04 | こぶりんぼ #- | URL | 編集
こぶりんぼさま

こんにちは☆

楽々荘の持ち主だった田中源太郎氏は齢38歳にしてすでに
その地租(今でいう固定資産税ですね)が京都府下第1位、
貴族院議員にも多額納税により選ばれたということですから
お稲荷さんのご利益も相当なものじゃないでしょうか(笑)
思わず真剣に拝んじゃいましたwww

アナスイのリップ、めっちゃ可愛いでしょ~💛💛💛
実用性は全然ない感じですけど(^^;
なんとなく娘の視線が痛いのは気のせい・・・よね?

お祝いの言葉をありがとうございます(*^^*)
今年も平穏無事現状維持で誕生日を迎えられそうです。
『見た目は大人、頭脳は中二!』ですがwwこれからもぼちぼち
エエ感じに老いていければいいな、と(笑)

2014/11/16 (Sun) 16:51 | あすも #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。