スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神さまだって夫婦はそんなもの

こんにちは☆

そろそろ1月クールのドラマも出揃ったようで、みなさまどの番組をご覧になってますか?
ざっと見て面白そうと思ったのが、金曜10時の『ウロボロス』や火曜9時の『ゴーストライター』。
やっぱりわたくしサスペンス系が好きなようですww
あとコメディ系だと火曜10時の『まっしろ』、月9の『デート~恋とはどんなものかしら』も面白いです。
真希ちゃんも杏ちゃんも観てるだけで可愛エエ~~~(≧▽≦)
そうそう、水曜10時の『残念な夫』も夫婦あるあるな感じが笑えます。

残念な夫といえばなにも人間界だけのことじゃありません。日本神話の中にもちゃっかり居ましたよ(笑)

京都市の西方、梅津という所ににある梅宮大社は四姓(源平藤橘)のひとつ橘氏の氏社です。
01_20150121114202ae7.jpg
創祀は奈良時代前期といわれていますが、のちの嵯峨天皇の時代に皇后であった橘嘉智子すなわち
檀林皇后が祈願をして皇子を授かったことから子授け・安産の神として現在の地へ遷座されたそうです。

真っ赤な鳥居が目立つ社ですが、意外と周囲の住宅街にしっくりと馴染んでいます。
あまりに馴染みすぎているからでしょうか、何度も前を通っているのに今回が初めての訪問(笑)

02_2015012111420547e.jpg
こちらは子授け・安産の神であると同時に、祭神が酒解神 (さかとけのかみ)であることから
酒造の神としても多くの信仰を集めています。
随神門(楼門)にもたくさんの酒樽が奉納されていますね~。
元禄の頃に建てられ、一度は台風禍に見舞われましたが1968年に再建されました。
本殿や拝殿とともに京都府登録文化財に指定されています。
03a_20150121122539be6.jpg
随神門内の左右には随身として豊磐間戸命(トヨイワマドノミコト)・奇磐間戸命(クシイワマドノミコト)の
2神の神像が安置されていました。どっちがどっちかはよく分かりませんが(笑)

随神門を潜ってまず最初に目にするのが大きな松の木。
04_20150121114208351.jpg
堂々たる幹と整った枝ぶりのゴヨウマツは、『区民誇りの木』にも指定されています。

05_20150121114207544.jpg
拝殿は桁行三間・梁行三間の入母屋造に屋根は銅板葺と非常にオーソドックスな造り。
こちらも元禄時代に創建、随身門と同じく文政11年(1968年)に再建されています。

境内にもたくさん奉納された酒樽が整然と並んでいました。
06_20150121114242c4f.jpg
日本酒の事は全然分からないんですけど個人的には『都鶴』というネーミングがいいなww

奥に進むと本殿が見えてまいりました。
07_2015012111424399f.jpg
檜皮葺に三間社流造の本殿には酒解神をはじめ、大若子神 (おおわくこのかみ)小若子神 (こわくこのかみ)
酒解子神 (さかとけこのかみ)の四神が祀られています。
どなたもあまり耳慣れない神さまですが、木花咲耶姫命(このはなのさくやひめのみこと)瓊々杵尊(ににぎのみこと)
といえば、日本神話を読んだことのある方には聞き覚えがあるのではないでしょうか。

 山の神であるオオヤマツミノカミはニニギノミコトの元に、姉イワナガヒメと妹コノハナサクヤビメという
 二人の娘を嫁がせますが、その外見がたいそう醜かったイワナガヒメだけが返されてしまいます。
 オオヤマツミノカミは 
 「イワナガヒメを添えたのは天孫(ニニギ)が岩のように永遠でいられるように、
 コノハナノサクヤビメを添えたのは木の花が咲くがごとく繁栄するようにとの誓約であったのに
 イワナガヒメだけを送り返すならば、天孫とその子孫の寿命は花のようにはかなくなるだろう」

  と怒ったため、それ以来ニニギの子孫である天皇も古来の神々ほどの長寿は得られなくなりました。

 このニニギノミコト、コノハナサクヤビメと結婚したのはいいのですが、ヒメが一夜で懐妊したことから
 自分ではなく国津神の子ではないかと疑ってヒメを問い詰めようとします。疑惑を晴らすべく
 コノハナサクヤビメは「天津神であるニニギの本当の子なら何があっても無事に産めるはず」
 産屋に火を放ってその中で出産をし、無事にホデリ・ホスセリ・ホオリの三神を授かったのです。


ああそれにしてもニニギノミコトよ。
新婚の妻に向かって『ホントに俺の子か?』はないやろ~
そりゃ嫁もキレますって!キレ方がアグレッシブ過ぎるけど(笑)
そもそも結婚相手を完全に顔だけで選んでますからね、彼。
まあ姉妹まとめて寄越すオオヤマツミノカミもどうかとは思いますが、イワナガヒメ可哀相すぎ(^^;
その後『ヤマノカミ』となって山に入ってくる女性全員に祟るとかもう完全にトラウマやん。

ついつい裏あすもが出てきちゃいましたが(笑)
この神話の中の、山の神オオヤマツミノカミが酒解神、“残念な夫”ニニギノミコトが大若子神、
“炎の妻”コノハナサクヤビメが酒解子神、そして産まれてきたホオリノミコトが小若子神に充たります。
ちなみにこのホオリノミコトはのちの山幸彦(お兄さんの釣り針を失くしてしまい海の中へ探しにいった彼ですね)

12_20150121114309857.jpg
狛さんはふっくらとして丸い感じですがお顔はなかなか精悍で迫力があります。

08_20150121114245e61.jpg
神紋は橘。もちろん橘氏にちなんでのことでしょう。
相殿には嵯峨天皇と壇林皇后、嵯峨天皇の皇子仁明天皇と壇林皇后の父である橘清友公が祀られています。

09_20150121114246d52.jpg
『梅』『産め』を掛けた子授け祈願の絵馬です。
この絵馬のデザインや社の名前からも推察できる通り、こちらは梅の名所としても知られています。
毎年3月第一日曜には『梅産(うめうめ)祭』が催され、お神酒や神苑の梅から造られたジュースが
振舞われるのだとか♪それにしてもこのネーミングwww

境内にも大振りの見事な梅の木がたくさんあったのですが・・・・・
10_20150121114248385.jpg

ま、1月半ばだったらこんな感じです(笑)梅のつぼみもまだまだ固そうですね。
11_20150121114307f24.jpg

めげずに神苑を拝見させていただきましょう!
入場料500円を支払って自分で鉄門を開けてお邪魔します(^人^)
13_2015012111431193b.jpg
思ったよりも広々とした神苑は、勾玉池と呼ばれる大きな池を中心に散策しながら季節の花々を
楽しむことができる池泉回遊式庭園となっています。
14_20150121114312ef0.jpg
季節の花々・・・・・・・・うん、季節が問題ですね(笑)
ちなみにもうちょっと暖かくなれば梅を皮切りに、八重桜、つつじ、杜若、花菖蒲、紫陽花、椿など
折々の花が美しく咲くことでしょう!コノハナサクヤだけに!!

16_20150121114329964.jpg
仕方なく池の鯉や幹の造作が面白い松などを眺めていたところ、ようやく見つけました☆
17_201501211143310ff.jpg
小さく咲いた白梅の花💛ぽってりとした花弁がとても清楚で可愛らしい~(≧▽≦)

他にも、ちょうどロウバイ(蝋梅)が見頃を迎えていました♪
18_20150121114333e82.jpg
名前に『梅』とついていることや甘い香りなどから梅の仲間のように思われがちですが全くの別種。
花弁が蝋のような色であり、臘月(旧暦12月)に咲くことからこの名がついたのだとか。

淡黄色の繊細な花びらが傾き始めた冬の日差しに透けて見えて、とても美しかったです。
途中で諦めないで良かった~~~\(^▽^)/

・・・というわけで。

古来神々の時代から夫というものは多かれ少なかれ残念なものなんですな~・・・なんて
不謹慎なことを考えつつ散策した梅宮大社。次回は花が咲き揃う季節に再訪したいものです(^^)
19_20150121114334247.jpg


スポンサーサイト

コメント

No title

あすもさん、素敵な記事ね~~♪
お花も可憐だし、神話解説、面白い!!
神話の世界は、本当に、「アグレッシブ」という言葉がピッタリね。
笑いながら、人間の本質を知ります。

んで。
結論が、「夫というものは残念なもの」という結論~~~ッ(笑)!!??
すっごい真理を導き出しましたね、あすもさんッ!!

そうですよね。
女友達と話してると、夫に失望したことのない人はいませんね。
誰もが「残念ッ(泣)」と思いながら、暮らしてるわね~~~。
ナゼでしょうね。
彼氏だった頃は、残念さなんて、ないのに・・・・。

「夫とは皆、残念なもの」という真理からスタートすれば、それを受け入れ、逆に、オトコの余裕のなさを愛せるようになるかもね。

オトコの方も、彼女だった頃はかわいかったのに、妻になったとたんに威張りだす事実に、呆れ果ててるでしょうな~~~。ウフフ。
でも、あすもさんは威張らなそうですね。希少価値よ♡

2015/01/22 (Thu) 03:04 | こぶりんぼ #MyJ0QW/M | URL | 編集
No title

お仕事、料理、ヨガ、読書、京巡り、釣り、そしてドラマ(集中鑑賞)
止めが、濃ゆ~い且つ深~いブログ更新
いったい何時寝るんですかぁ???
みたいな、超人あすもさん

梅宮大社が酒造の神で一杯並んだ酒樽
松尾大社にも一杯酒樽が奉納されていましたけど
京都西方とのことで場所をチェックしたところ両大社はすぐ近くなんですね
それにしても、梅の絵馬
梅・産めとは、おまけに羊が描かれていて、まさにウメェ~絵馬です(笑)
3月の梅産祭に行って手に入れたいですね

2015/01/22 (Thu) 07:58 | 植本多寿美 #JyN/eAqk | URL | 編集
こぶりんぼさま

こんばんわ☆ありがと~💛いつもながら趣味全開の自己満記事なのに
隅々まで読んでいただけてめっちゃ嬉しいです(*^^*)

最近、日本神話がマイブームなんですよ♪
よくよく読むと神さまって案外残念な方が多い(笑)
ついつい裏あすもが顔を出してツッコんできますwww

『残念っ!』の裏返しにはやっぱり期待があると思うんですよ。
こうしてほしいああしてほしいこんな風でいてほしい・・・
愛するがゆえにハードルが高くなるのが女のサガなのね~(^^;

ま、四半世紀も経てばハードルもどんどん下がってきますけどね
夫婦お互いに(笑)

あ、ちなみにわたくし結婚前から鬼嫁っすよ(爆)

2015/01/22 (Thu) 19:14 | あすも #- | URL | 編集
植本多寿美さま

こんばんは♪

趣味にばかり走って肝心の家事が日々おろそかなあすもです(笑)
好きなことだったらどんな忙しくてもOKなんですけどね~(^^;

そうそう、松尾大社も酒造の神さまとして有名ですね。
梅宮大社からはまっすぐ西に、車だとおよそ5分ほどの所にあります。
娘の七五三でお参りに伺ったんですが、晴れ着姿でご機嫌だったのが
境内で突然大泣きしまして。母もわたくしもなぜ彼女が泣いているのか
見当もつかず困ってしまったのを覚えてます。
実は、足が痛そうだったので母が草履を脱がせていつもの運動靴を
履かせてくれたのですが、それが彼女の気に障ったらしいです。
もしかして!ともう一度草履を履かせてみるとケロリ☆

まだ言葉も覚束ない数え年3つの頃のことでした(*^^*)

『ウメウメ祭』知らない人が聞いたら微妙に誤解を受けそうな響きですが(笑)
ぜひご来拝を!

2015/01/22 (Thu) 19:28 | あすも #- | URL | 編集
ドラマ三昧。。。

今期もそそられるドラマが揃ってますよね~
『ウロボロス』も『残念な夫』も『デート』も見てますよー♪
『ゴーストライター』は私には重くて?パスしちゃいましたー

残念な夫、あるあるネタの宝庫ですよね~w
でもでも!ダンナなら許せないコトでも。。。
玉木宏なら、そこそこ許せる気がしますぅ~~(≧▽≦)

てゆーか、あすもさんの梅フォトが美しすぎる~!!
めっちゃプロっぽいんですけど~~

2015/01/22 (Thu) 21:59 | 小藤 #- | URL | 編集
小藤さま

こんにちは!
今期は久しぶりに当たりが多そうですよね♪
中谷美紀さん、素晴らしい女優さんですけど重厚すぎて
テレビで観るとちょっと胃もたれしちゃいますよね(笑)
怖~~ていいながら毎週見てますwww

残念な夫の留守番ね、ホンマあるある(笑)
ウチも女子会に出させてもらって帰ってきたら
カレーがこびりついたお皿がまんまテーブルに放置されてたヮ~(--)

オットが玉木宏だったら・・・まず外に出ないなウン(笑)

写真褒めていただいてめっちゃ光栄です(*^^*)
ほんのちょっとしか咲いてなかったから思いっきり寄って撮ったので
たぶん傍から見たらすっげぇ怪しい人(笑)
ロウバイはちょうど陽の傾きと花の向きが良くてラッキーでした☆

2015/01/23 (Fri) 13:18 | あすも #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。